ファイナンシャルプランナー一級 参考書。 ファイナンシャル・プランニング 技能検定 1級

5分でわかるファイナンシャルプランナー!仕事内容や年収、資格を解説

ファイナンシャルプランナー一級 参考書

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、個人や中小企業の相談に応じて、資産に関する情報を分析し、ライフイベントに沿って資金計画を立て、資産設計のアドバイスを行う仕事です。 年金、金融資産運用、保険、税、不動産、相続・事業承継等を総合的に検討します。 資格の種類は国家資格の1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士と、日本FP協会が認定する民間資格のAFP、CFPがあります。 勤務先はFP事務所・会社、銀行、信用金庫、証券会社、保険会社、投資顧問会社、不動産会社、その他事業会社などで、職種は営業や経理などです。 金融機関などに勤務するFPを企業内FPといい、そうではないFPを独立系FPといいます。 プライバシーに配慮し、お客さまと信頼関係を築くことができる方はFPに向いていると言えます。 ファイナンシャルプランナー FP は、顧客の相談に応じ、資産に関する情報分析、ライフイベントに沿った資金計画をたてます。 その資金計画に基づき、顧客に対し、資産設計の提案や相談を行います。 顧客の多くは、個人ですが、中小企業などの法人もいます。 私達は、資産運用、マイホーム購入、相続、保険加入などの場面で、お金の問題に直面します。 お金に関する相談は、身近な人にもしにくいものです。 また将来への漠然とした不安をもっていても、将来までの見通しを立てることは困難です。 FPは、専門的なプロの立場から、ニーズ把握を行い、適切な提案や助言を行います。 顧客がお金の面で困ることなく、リスクを軽減しながら、目標を達成し、安定した生涯を送れるよう手助けするのが、FPの役割です。 FPは深い知識と顧客ニーズを把握するコミュニケーション能力が求められる仕事です。 ファイナンシャルプランナーは、ライフプランニング全般の相談業務に携わるほか、講演活動や執筆活動など人によってさまざまな仕事をしています。 金融機関などの企業に所属して働く人もいれば、独立して自分で仕事をする人もおり、同じファイナンシャルプランナーといっても人によって仕事の内容や働き方、1日の過ごし方は大きく異なります。 <金融機関に勤めるファイナンシャルプランナーの1日> 8:00 出社 8:40 朝礼 9:00 お客さまの元を訪問 10:30 契約書類の最終チェックをして購入手続きへ 12:00 休憩 13:00 新規開拓先へ訪問して資産運用の提案 15:00 新しい投資信託の勉強会 16:00 翌日の顧客訪問のための準備 18:00 帰宅 FPとして働くために、必ず通わなくてはならない学校はありません。 FP自体に学歴は問われませんが、銀行などでは、大卒以上で求人をだしているところが多いです。 実務で求められる国家資格の2級FP技能士は、独学でも取得可能な内容です。 独学取得が不安な方向けに、資格スクールや通信教育は多く開講されています。 費用は通学であれば20万前後、通信教育であれば10万前後です。 より深い知識が必要になるAFP、CFPの資格取得を目指す場合は、基本的に、AFP認定研修を修了する必要があります。 2級FP技能士を取得している場合は1~3万円前後、2級FP技能士を取得していない場合には5万円前後です。 ファイナンシャルプランナーの資格・試験の難易度 資格により難易度は異なる 現代社会では、少子高齢化、給料の削減、増加する税負担など、さまざまな社会不安が生まれています。 日頃の家計管理、教育資金、老後の生活設計、住宅ローン、年金や社会保険のことなど、人々が抱える将来設計の悩みも多様化しています。 そのようななか、総合的な知識をもち、専門家としての立場からアドバイスを行うFPの需要は増加しています。 これらの理由から銀行や保険会社でも、FP資格の取得を社員に推奨しています。 FP資格取得が昇給や昇格と関連づいていることも多いです。 FP資格を持っていることで、これらの企業へ就職できるとは限りません。 しかし、金融や不動産の営業、営業アドバイザーとしての求人は多く、FP資格は強みとなることは間違いありません。

次の

FP3級に独学で一発合格するための勉強方法【やる気レベル別に解説】

ファイナンシャルプランナー一級 参考書

【このページの目次】 CLOSE• ファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーを日本語に訳すと「資産運用相談員」なんてところでしょうか。 主に資産運用を考えている個人客からの相談を受けて、生命保険や医療保険の見直し、株式投資、国債、預金の運用などの資産運用のアドバイスをおこなうのが主な業務です。 例えば、お客さんに株式投資を勧める場合、リスクを考えて、業種を分散させるなど、長期で安定して利益が出る方法をアドバイスします。 場合によっては不動産投資を勧めたり、金の積み立てを勧めたりもします。 お客さんの資産を守り、いかにリスクを最小限にとどめながら増やしていく方法をアドバイスできるかがファイナンシャルプランナーの腕の見せ所です。 関係団体: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 率直に申し上げて、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験に合格しても就職や転職に役立つことはありません。 ネット上でファイナンシャルプランナーについて調べてみると、ほぼ例外なく「就職・転職やキャリアアップに活かせる」などと紹介されていますが鵜呑みにして高い通信講座を申し込んではいけません。 ファイナンシャルプランナーと聞くと、横文字外資系的でインテリっぽく聞こえますが、実際は、生命保険や損害保険、医療保険などのセールスレディが名刺に「ファイナンシャルプランナー」と書くためだけに利用している程度の資格です。 一応は国家試験なので、合格すればそれなりに意味はありますが、特にこの資格を持っていても特別な業務ができるわけでもなく、資格を持っていなくても同様の業務はできます。 転職・就職にはあまりプラス評価の材料とはなりませんが、国家資格ということもあり一応は堂々と履歴書に書くことはできます。 しかし、あまりPRしすぎても、分かる人には「ふ〜ん」といった程度です。 自己啓発のために学習したとPRするぐらいがよいでしょう。 あくまでも「自己満足的」な資格で役立つ機会はほとんどありません。 ファイナンシャルプランナーには1級から3級までありますが、1級はそれなりに難しくなかなか合格できません。 1級まで目指そうと考えるのなら、他の国家資格を目指した方がよいでしょう。 あるいは簿記検定を目指す方が役立つ機会は多くあります。 3級は比較的容易に合格できるので受験しても3級までで止めておきましょう。 関連資格: ファイナンシャルプランナーの将来性を徹底研究! 使い道があまりない資格 資格試験を紹介しているサイトや通信講座の会社のサイトを見ると、「有望資格」や「役立つ資格」、「使える資格」、「将来性のある資格」なんて紹介されていますが、実際はさほど使い道のない名称だけの資格です。 単に教材を売りたいがための資格にすぎません。 ファイナンシャルプランナーの試験に合格したからと言って、資産家が資金の運用に関してアドバイスを求めてくるわけでもありませんし、重大な取引を依頼してくるわけでもありません。 ましてやこの資格があるから特別な仕事ができるわけでもありません。 当サイトの筆者であるぼくもこの資格は持っていますが、なんとなく受験しただけで特に目的があったわけではありません。 就職や転職に使えるなどと過度に期待しない方がよいでしょう。 生保レディーが取得すると名刺に印刷できてよいかもしれませんが、生保レディーは誰でもなれますし…。 ファイナンシャルプランナーは国家資格とはいえ、役立つことも少なく、時間をかけて取得する意味のない国家資格といえます。 試験日 お申込み 試験は通常年3回、1月、5月、9月に実施されます。 試験日の3か月〜2か月前に申し込みます。 受験資格 「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、特に制限はありません。 どなたでも受験できます。 試験内容 学科と実技がが行われます。 学科も実技もともに筆記です。 実技といっても数字を算出する計算問題などの出題です。 学科の応用問題といったところです。 学科:筆記(マークシート式)は全60問で択一式 実技:筆記(記述式)で40問 【学科】• ライフプランニングと資金計画から10問• リスク管理から10問• 金融資産運用設計から10問• タックスプランニングから10問• 不動産から10問• 相続・事業承継から10問 【実技】• FP総論から2問• 金融資産運用設計から4問• 不動産から3問• リスク管理から4問• タックスプランニングから3問• 相続事業・承継から3問• ライフプランニング・総合問題から21問 試験に関する詳しい情報はをご覧ください。 ファイナンシャルプランナー おすすめテキスト・基本書 最も利用者が多いテキストです。 魔法のようによくわかる、というのは大げさですが、出来るだけ表現を噛み砕いて分かりやすい文章で書かれているのが特徴です。 そのためどの章から学習しても入りやすく、最初から学習しないと全体を理解できないということはありません。 スマホでも学習できるのが大きな特徴です。 これと問題集があれば合格できるのではないでしょうか。 種類 評価 テキスト 初心者でも分かりやすいように無理なく学習を続けるための工夫がしっかりとされています。 テキスト内は1日目、2日目からはじまって31日目と区分けされており、1日で学ぶ分量が決められています。 「1ヶ月で学ぶ」ことを目標にしていますが、もちろんこの通り学習して1ヶ月で合格できるはずはありません。 FP試験の入り口と言える3級の学習を快適にスタートするための最初の1冊です。 後は問題集で実力をつける必要があります。 種類 評価 テキスト ファイナンシャルプランナー おすすめ問題集.

次の

ファイナンシャルプランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ファイナンシャルプランナー一級 参考書

FP3級を取得するための勉強方法とオススメ参考書 まず初めに申し上げますと、FP3級試験は非常に簡単な試験です。 管理人も30以上の資格試験を受けてきましたが、 過去二番目に 簡単な試験でした。 ちなみに一番簡単だった試験は、計算技術検定4級です。 落ちる方はよっぽど 『容量が悪い勉強をしている』、 『やる気が無い』、 『そもそも受験しない』といったところでしょうか・・・ まぁ、大半が 『できない言い訳(だって、でも、忙しい等)』をするような人が不合格になるような試験ですね。 会社に言われて勉強するけどヤル気がない、初めての資格勉強で少し不安が残る。 ファイナンシャルプランナー(FP)3級を取得するための勉強方法 ファイナンシャルプランナー(FP)3級の試験はとても簡単です。 何度も繰り返し解いて、何回も間違えてしまうところも出てくると思います。 そうゆう苦手な問題は試験直前に読んどけばいいです。 試験が始まったら、その部分だけ 問題用紙にメモ書きすればいいだけです。 本当に必要なことは実務をこなしながらじゃないと分かりません。 本当の勉強は資格を取得した後、業務を行うようになってからです。 つまり資格を取得してスタート地点に立つことができます。 まずは覚えることより、試験合格を目指しましょう!! ファイナンシャルプランナー(FP)3級を取得するためのオススメ参考書 ファイナンシャルプランナー(FP)3級のおススメ書籍は 2冊あります。 一冊は 参考書、一冊は 問題集になります。 どちらも みんなが欲しかったシリーズになります。 まずは 参考書と 問題集を買いましょう。 FP試験は、試験傾向が安定しており 難問・奇問はほとんどありません。 勉強すれば必ず報われる試験です。 みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2019-2020年 みんなが欲しかった! シリーズ 参考書は、 「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」をおススメします。 とても分かりやすくまとめられており、試験会場で使っている人も多かったです。 また、どこのサイトを見ても必ずと言っていいくらいに紹介されている参考書になります。 まずは 「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」を購入して勉強しましょう。 リンク オンラインスクール:ECCビジネススクール• どうしても自分の勉強方法が分からない。 どうやって勉強していけばいいのかわからない。 ひとりじゃ不安だ。 など、どうしても不安な方はオンラインスクールを受講するのも一つの手です。 ECCビジネススクールの 合格実績は全国平均の2倍! 28年の実績と 合格まで導くチューター制度などサポート体制では他校に勝るものがあり、 初心者はもちろんファイナンシャルプランナーを目指す幅広い層から支持を受けているFP講座です。 実績も証明されており、オススメできるオンラインスクールです。 参考:FP3級の合格率・勉強時間 FP3級の 合格率は 50%~70%です。 「ちょっとマジメに勉強したら受かる」というくらいの試験です。 勉強時間は 30~60時間程度(1日1~2時間を1ヶ月)が一般的なようです。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級の学習範囲 ファイナンシャル・プランナー(FP)で学ぶのは、次の 6分野です。 ライフプランニングと資金計画• リスク管理• 金融資産運用• タックスプランニング• 不動産• 相続・事業承継 範囲が多くて戸惑うかもしれませんが、正直なことをいうと全てとても簡単内容となってます。 広く浅く覚えていくことができますので安心して勉強してください。 生命保険や損害保険、自動車保険、傷害保険など幅広いです。 ファイナンシャル・プランナー(FP)を取得するメリット 学習・資産運用の世界では 「複利」のパワーが働くと言われています。 住宅資金、老後資金、教育資金で今後悩むことがあるかと思います。 かん〇生命の不正な勧誘など話題になりましたが、民間保険会社は合法詐欺とも言われています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)を勉強すれば、上記の事で悩むことのないようにマネーリテラシーを身につけて、将来豊かな生活を送れるようになります。 早ければ早いほど有利になります。 20歳~30歳である程度のマネーリテラシーを身につけていれば、その後の暮らしはグっと有利になります。 FP試験は、今後の人生を経済的に楽にする良いきっかけになってくれるはずです。 まとめ この記事では、• FP3級を取得するための勉強方法とオススメ参考書• ファイナンシャル・プランナー(FP)3級の学習範囲• ファイナンシャル・プランナー(FP)を取得するメリット について解説させていただきました。 正直なことを言うと、ファイナンシャル・プランナー(FP)3級程度の資格では、就職等に有利になることはあまりありません。 ただし、今後の人生を豊かに暮らせるような知識を身につけることはできる試験内容です。 ぜひ勉強してマネーリテラシーを養ってください。 では、でした。 Twitter: もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

次の