高等 教育 の 修学 支援 新 制度。 高等教育の修学支援新制度

進学をあきらめないで!「高等教育の修学支援新制度」を活用しよう

高等 教育 の 修学 支援 新 制度

スケジュール• 時間割・シラバス・履修• 学習指導面接• 大学院学生交流連合• 定期試験・追加試験・レポート• 特色ある教育プログラム• 論文・学位• プロフェッショナル育成コース• 入学前先取り科目認定基準• 休校期間中に行うフィールドワークの科目申請(大学院生)• 「環境デザイン特別演習1・2・3」関連提出書式• 研究臨床体験プログラム• 学業成績表• 研究会• Webシステム• 研究会• 卒業論文• BYOD Bring Your Own Devices• 授業評価アンケート• 各種手続き 証明書• 通学定期• 学生証再交付• 氏名・住所・保証人変更• 各種申請• 各種書式• 研究倫理審査申請• 申請書類• 医研 修士• 医研 博士• 海外研究活動届• 学位論文(修士・博士)• 留学・休学・退学 留学・休学・退学・在学期間延長• 学外研究・学会活動届• 欠席届(実習)• 大学院研究費• 論文関連• 委任状• 修士論文関連• 博士論文・学位申請関連• 欠席届• 学部・大学院修士4年一貫教育プログラム• 5年早期卒業制度• 危機管理支援サービス・海外旅行総合保険• 研究交流オフィスA利用申請書• 卒業試験• その他• 学生生活 問合せ・アクセス• 閉鎖期間中は事務室も閉室しますので、窓口・電話・郵送での問い合わせは対応できません。 「よくある質問」をご確認のうえ、「在学生お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。 保証人の皆様• 特別学生• 研究助成・研究活動支援• ニュース・アーカイブ• 各種リンク• 国による高等教育の修学支援新制度 慶應義塾大学は、2020年度から開始される国による「高等教育の修学支援新制度」の対象校となりました。 「高等教育の修学支援新制度」の対象者は、本学在学にあたり以下の支援を受けることができます。 単位は円(入学金以外は年額)。 年度中に区分が変わった場合、減免額・給付額が変更となります。 受験生の皆さんへ 「高等教育の修学支援新制度」の給付奨学生採用候補者となった新入生の皆さんは、入学後(4月入学者は4月上旬頃、9月入学者は9月下旬頃)に所属するキャンパスの奨学金担当窓口で授業料減免ならびに給付奨学金に関する手続きを行っていただきます。 入学手続時には、本制度に関する手続きはありません。 入学手続後、入学センターより宅配便で送付される入学後の必要書類や塾生サイト内の各キャンパス奨学金のページにて本制度に関する申請手続の詳細を必ず確認してください(看護医療学部の新入生は、入学後、所属キャンパスの掲示板を確認してください)。 給付奨学生採用候補になっている新入生の皆さんへ 高等学校等を通して本制度の予約採用に申し込み、給付奨学生採用候補者となったみなさんは、入学後、入学金と授業料の減免を受けるためには、給付奨学金の手続きとあわせて以下の授業料等減免申請書を提出していただく必要があります。 申請受付等について 申請方法や受付期間はキャンパス毎に異なりますので、必ずWEBサイトならびに所属キャンパス掲示板等で確認してください。 申請書類について 授業料等減免申請書は、以下からダウンロードできます。 必ず両面印刷したもので提出してください。 在学生の皆さんへ(給付奨学生採用候補になっていない新入生を含む) 申請受付期間について 年2回(春と秋)に新規申請の受付を行います。 次回申請受付は、2020年4月上旬頃を予定しております。 申請期間はキャンパス毎に異なりますので、必ずWEBサイトならびに所属キャンパス掲示板等で受付期間を確認してください。 詳細は『奨学金案内』で確認してください。 申請書類について 大学で用意した所定用紙を以下からダウンロードできます。 必ず両面印刷したもので提出してください。 jp認証が必要• jp認証が必要• 本制度について不明な点がある場合は、所属キャンパスの奨学金担当窓口で確認をしてください。 家計急変を事由とした申請について 予期できない事由により家計が急変している場合、条件を満たせば家計急変を事由とした申請も可能です。 詳細はから確認いただけます。 在学予約採用に申請した在学生の皆さんへ 2019年11月に募集した「在学予約採用」に申請された方の採否結果は、2020年4月中旬以降が予定されています。 「在学予約採用」により採用された場合、 4月21日(火)に給付奨学金の振込がありますので、申請された銀行口座を確認してください。 採用者への配布物(奨学生証、誓約書など)は、4月下旬以降に日本学生支援機構から大学に送付される予定です。 届き次第、所属キャンパスの奨学金担当窓口から連絡をしますので、その案内をご確認ください。 採用後の手続きについて 採用された場合、下記の手続きを行う必要があります。 締切までに提出がない場合、奨学金の振込が停止されることがあります。 授業料減免について 授業料減免は日本学生支援機構から通知される区分に基づき、大学が実施します。 減免額が決定しましたら、5月下旬以降、保証人宛に通知いたします。 その金額に基づき、学費の振込用紙が発送されます。 2019年1月以降に家計が急変した方 在学予約採用の家計判定は、2018年1月~12月までの家計状況に基づき行われています。 大学等における修学の支援に関する法律施行規則第7条第2項の 規定に基づく確認申請書の公表.

次の

高等教育の修学支援新制度(授業料等減免と給付型奨学金)

高等 教育 の 修学 支援 新 制度

年収の目安として、「両親と大学生、中学生」のモデル世帯で、 年収380万円未満が対象といわれています。 が、 収入ではなく、学生および生計維持者(父母)の課税標準額をもとにした審査となるので、「両親と大学生、中学生」の世帯で、 年収380万円を超えていても対象となる場合があります。 確かな金額など 授業料等減免制度については、 各学校の学生課 や、 奨学金窓口 に問い合わせてみてください。 日本学生支援機構奨学金相談センター 電話:0570-666-301(月~金,9:00 ~20:00) *土日祝日,年末年始を除く。 通話料がかかります。 *給付型奨学金のほか,貸与型奨学金や返還のご相談も可能です。 自身が対象となるか、大まかに調べるには、が便利かとおもいます。 世帯の収入がどのくらいか• 進学先の学校の種類(大学か、短期大学か、高等専門学校か、専門学校か)• 自宅から通うか、一人暮らしか などによって異なります。 [ 貸与型奨学金に関すること] 奨学事業係 電話:03-5253-4111(代表)(内線 3051) e-mail::gakushi mext. jp 奨学金の制度(給付型) 新しい奨学金制度がスタートした、この高等教育の修学支援新制度は、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。 また、給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。 高等教育の修学支援新制度の注意点 この高等教育の修学支援新制度は、 国の給付型奨学金と学費の減免はセットとなっています。 そのため、給付型奨学金に採用されても、進学先の大学等が減免認定校でなければ、両方の支援制度が受けられないのでご注意ください。 2020年度に申込を希望する方は以下のリーフレットをご確認ください。 【高校生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 【大学生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 緊急採用(第一種奨学金/利息の無いタイプ)・応急採用(第二種奨学金/利息が付くタイプ) 現下のきびしい経済状況等を考慮し、失職、破産、事故、病気、死亡等、もしくは火災、風水害等の災害等、又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、次により奨学生として採用されます。 補足 「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象です。 予約採用は本制度の対象外となるので、現在高等学校に在学中の方は、緊急採用・応急採用に申し込むことはできません。 緊急採用(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ 申込先 現在在学している学校で申込みをしてください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 休学中、留年中(過去の休学が事由によるものは除く)、留学中の人は、申込みできません。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程) 1.学力基準 以下のいずれかに該当する者。 大学等における学業成績が、平均水準以上である者• 特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者• 大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者• その他特別の理由により、緊急採用の対象とすることが必要であると学校長が特に認める者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者• 家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と学校長が特に認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 入学月を限度として家計急変の事由が発生した月以降で申込者が希望する月。 貸与終期 採用年度末まで。 ただし、1年ごとに「緊急採用奨学金継続願」を提出することにより、修業年限を限度として延長することができます。 詳細は現在在学している学校に問い合わせてください。 貸与月額 第一種奨学金(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ の貸与月額(平成30年度以降入学者)は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 それぞれ以下のページによりご確認ください。 自宅外通学について 2020年4月から実施される新たな給付奨学金制度においては、自宅外通学の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合のみ自宅外月額の支給を受けることができます。 【 定義】• 「自宅通学」とは、学生等本人が生計維持者(原則父母)と同居している(またはこれに準ずる)と認められる場合をいいます。 「自宅外通学」とは、「自宅通学」に該当しない場合であり、学生等本人の居住に係る家賃が発生し、かつ自宅外月額の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合をいいます。 なお、「自宅外通学」の各要件を満たさないことが判明した場合は、原則として満たさなくなった時点に遡って「自宅月額」へ変更します。 大学 2. 短期大学 3. 大学院 4. 高等専門学校 5. 専修学校(専門課程 6. 通信教育課程 1. 通信教育課程 通信教育課程については、学校の奨学金窓口にお問い合わせください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)• 今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者• 学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 家計急変の事由が発生した月または採用年度の4月以降で申込者が希望する月。 ただし、入学した月より前に遡って貸与を受けることはできません。 貸与終期 標準修業年限が終了するまで。 貸与月額 第二種奨学金(第二種奨学金)/(利息が付くタイプ)の貸与月額は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 (ただし、第二種奨学金(海外)の場合、大学の医・歯・薬・獣医学課程の増額、大学院の法科大学院法学課程の増額はできません。 ) 1. 短期大学 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 3. 高等専門学校 本科1~3年生 第二種奨学金は対象外です。 本科4,5年生・専攻科 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 5. 支援対象ではないと通知がきた。 想定より、支給額が少なかった。 4月から始まる新制度(授業料等減免・給付型奨学金)については、9月頃に申込みをすれば、(以前、所得の基準を満たさずに支援対象外となった人も)新たに10月分からの支援の対象となる可能性があります。 いずれの場合も、申込受付は、学校を通じて行います。 授業料の支払いに困っている。 生活費に困っている。 料金は本人負担となります。 ご承知おきください。 繋がりにくい場合は、お手数ですが時間をおいておかけ直しください。

次の

大学の学費・入学金減免と返済不要の給付型奨学金がセットになった「高等教育の修学支援新制度」が令和2年(2020年)4月開始!

高等 教育 の 修学 支援 新 制度

・1. ・2. ・3. ・4. 1. 令和2年度高等教育の修学支援新制度への対応方針 大阪大学における令和2年度以降の授業料等免除について 令和2年4月より、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、留学生を除く学部学生を対象とした新しい修学支援制度が始まりました。 これに伴う本学の授業料等免除についての方針の詳細は以下からご確認ください。 高等教育の修学支援新制度の対象機関について 本学は、確認申請を行った結果、本制度の対象機関として文部科学省より認定されました。 文部科学省の確認を受けた申請書は以下からご覧になれます。 【大学等における修学の支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書の公表】 (2019年9月20日掲載) 3. 新しい支援制度はこの2つの支援を合わせることにより、大学等の高等教育機関で安心して学んでいただくものです。 日本学生支援機構の給付奨学金を受給する学部生に対し、大学が授業料減免等を認定します。 そのため、採用された奨学金の支援区分により、授業料・入学金の減免額が決定することになります。 なお、支援区分は世帯収入に応じた3段階の基準で決まります。 また、高校や大学での学業成績だけでなく、明確な進路意識と強い学びの意欲、学修状況等をしっかり確認をしたうえで支援を行います。 本制度の対象となるかどうかの目安が確認できます。 詳細は下記のページより確認してください。 そのため、その学修の状況に一定の要件を課し、これに満たない場合には直ちに支援を打ち切ることとしています。 (ただし、そのことについて災害、傷病、その他やむを得ない事由があると認められる場合には、打切りや警告の対象になりません。 また、「授業料等減免」「日本学生支援機構給付奨学金」については下記のページに詳細を掲載しています。 それぞれのページを確認してください。 詳細は ------------------------------------------------------------------------- <問い合わせ先> 【授業料等減免】 吹田学生センター TEL:06-6879-7088,7089 【日本学生支援機構給付奨学金】 豊中学生センター TEL:06-6850-5037,5038,8372.

次の