ホームズ ペット。 ペット可賃貸(犬・猫)、マンション購入ならペットホームウェブ。アパート・マンション・一戸建てからペットOKのお部屋探し

【ホームズ】「ペット可(相談)の物件」を賃貸で探す

ホームズ ペット

ペット可マンションで犬を飼う際の注意点 ペット可マンションとはいえ、犬を飼う際に注意や配慮を怠れば、トラブルのもととなってしまいます。 マンションには共用部分も多くあり、飼い主はマンションの規約を守っていればいいということではなく、近隣住民に対する常識の範囲内の配慮も必要です。 ペット可マンションでこれから犬を飼おうと考えている方や、これからペット可マンションへの引越しを検討されている方は、以下の注意事項をしっかりと把握しておきましょう。 ペット可=犬であればどんな種類でも何頭でも飼えると考えるのではなく、マンションの規約を確認したうえで決めるようにしましょう。 退去時の費用が高額になる恐れがある 賃貸物件であれば、退去時に原状回復義務が生じます。 原状回復義務とは、経年劣化(通常使用に関わる劣化)を除き、契約前と同じ状況にして返還するという義務のことです。 マンションで犬を飼っていれば、においや傷などがついてしまうこともあるでしょう。 そうした場合は、原状回復義務が発生してしまうため、修繕費が高額になる可能性があります。 日頃からにおいや傷がつかないように注意を払う必要があります。 具体的には、クロスの上に剥がせる壁紙を張ったり、床にコルクマットやラグを敷いたりなどの方法があります。 また、においのもととなる糞尿はトイレトレーニングをきっちり行い、まめにシャンプーするなどの防臭対策をとるようにしましょう。 賃料が高めに設定されている 賃貸物件の全体数から見ると、ペット可の物件は少なく、エリアによっては競争率も高いため、家賃設定が周辺相場より高額になっている可能性があります。 なかには空室対策としてペット可としているマンションも存在するため、周辺の家賃相場と比較し、許容範囲内かどうかしっかり確認しましょう。 しつけ ペット可のマンションで許可を得て犬を飼うとしても、しつけは必須です。 マンションは共同住宅であるため、共用部分を歩いていれば他の入居者に会うこともあるでしょう。 必要最低限のしつけをしておくのは、飼い主の責務です。 鳴き声やトイレなど、最低限必要なしつけをしておくことは、トラブル防止につながります。 また、犬が他の入居者に噛みついてしまうケースもあります。 もしそのことが原因で他人がけがを負った場合、最悪のケースでは損害賠償責任を問われることも。 他の入居者にけがをさせないことはもちろん、マンション内での人間関係を良好に保つためにも、室外に出たときには一層の注意が必要です。 マンションで新たに犬を飼う際には申告が必要? すでにペット可マンションに住んでいて、新たに犬を飼おうとする場合、申告は必要なのでしょうか。 そもそもペットが飼えるマンションには、大きく2つのパターンがあります。 ペット可物件はその名のとおりペットを飼ってもいいという物件ですが、ペット共生物件はペットと共生する前提でつくられた物件になります。 つまり、基本的にすべての住人がペットを飼育することを前提に考えられた、ドッグフェンスなどペットに特化した設備がある物件です。 どちらのマンションでも、犬を飼うこと自体は問題ありませんが、前述のように、マンションによって細かく規約が定められているケースがほとんどです。 管理会社や大家さんと入居者側で、規約について認識の相違があれば、トラブルのもととなります。 犬を飼い始める前には、管理会社や大家さんへ申告、相談し、規約についても細かく確認しましょう。 マンションで の 犬 の飼育は マナーとモラル のもと 快適に 犬好きな方にとって、犬はペットという概念にとどまらず、家族同然で、共に暮らすことは幸せでとても楽しいことでしょう。 しかし、マンションには規約があり、他の入居者が住んでいることを忘れてはいけません。 家族の一員ともいえる大好きな犬と共に、周囲の人々にも迷惑をかけずに快適な生活ができるよう、いま一度マンションの規約を確認し、しっかりとマナーを守るだけでなくモラルのある行動を心がけましょう。

次の

旭化成ホームズはペットと暮らす家も提供している

ホームズ ペット

AI Dr. ホームズアプリ監修 獣医師・農学博士 石田 卓夫 先生 1950年東京生まれ。 国際基督教大学卒。 日本獣医畜産大学獣医学科卒。 東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。 米国カリフォルニア大学獣医学部外科腫瘍学部部門研究員を経て、1998年まで日本獣医畜産大学助教授。 現在は一般社団法人・日本臨床獣医学フォーラム JBVP 会長および赤坂動物病院医療ディレクター。 研究専門分野は動物の臨床病理学・臨床免疫学・臨床腫瘍学と感染症。 1998年から日本臨床獣医学フォーラム JBVP を設立し、新しい「人と動物と獣医師の関係」を目指す。 著書に、『ねこのお医者さん』『犬のお医者さん』(講談社)、『犬の家庭医学』(幻冬舎)のほか、獣医師向け専門書・教科書・翻訳書多数。

次の

【ホームズ】ペット可マンションで犬を飼う際に注意すべきこと

ホームズ ペット

ペットアイランド港北高田店への編集部紹介コメント ペットアイランド港北高田店は横浜市港北区の島忠ホームズ横浜高田店1階にある、トリミングサロンを併設するペットショップです。 横浜市営グリーンラインの高田駅第2出口から徒歩約6分の場所にあり、大型の駐車場を完備しています。 飼い主さまから親しまれているトリマーの皆さんは皆優しく、店内のとても温かい雰囲気が印象的でした。 取材の際にご対応いただいたトリマーの大坪さんからは、「手に伝わってくる小さな反応など、些細な変化にも注意を払ってお預かりしています」と、ワンちゃんに好かれる秘訣についてお話を聞かせていただきました。 近隣でトリミングサロンをお探しの方におススメのお店です。 ぜひ足を運んでみてください。 飼い主さまからもペットからも好かれる、愛情いっぱいのお店 こんにちは、横浜市港北区にあるペットアイランド港北高田店のトリマー、大坪です。 当店は生体・グッズ販売、トリミングサロン、ペットホテルなどのサービスを備えた総合ペットショップです。 2019年には4年目を迎え、お散歩の途中に多くのワンちゃんにお立ち寄りいただくなど、ありがたいことに地域の皆様にご支持いただいています。 広々と清潔な空間を維持し、お預かりの際も小さなケージに入れたりしない、トリミング時も無理に施術をしたりしない、開放的でストレスの無い環境とサービスを心がけています。 ベテランスタッフも多くおりますので、ケアのことだけでなく日常のお世話に関することなどもご相談ください。 安心してお任せいただけるように、誠心誠意サポートさせていただきます。

次の