ツヴィリング。 人気包丁ブランド「ヘンケルス」と「ツヴィリング」の特徴と選び方

人気包丁ブランド「ヘンケルス」と「ツヴィリング」の特徴と選び方

ツヴィリング

ZWILLING, HENCKELS, MIYABIのナイフコレクション。 三徳包丁、シェフナイフなど様々な種類の包丁をご用意しております。 また包丁のメンテナンスに欠かせない、砥石などのシャープニングアイテムや、まな板、ナイフブロックなどの周辺アイテムも充実しています。 おすすめ包丁• ツヴィリングの包丁について 1731年に双子マークが登記されて以来、ツヴィリングはナイフを中心とした高品質・高機能なモノづくりに一貫して邁進してきました。 286年以上を経た現在も、双子マークのナイフはツヴィリングを代表する製品として国境を超えて幅広く愛用されています。 包丁の種類 刃渡りの長さ、刃形の違いで、様々な種類の包丁があります。 用途によって使い分けることによってよりスムーズに調理することができます。 EASY TO USE ブレードとハンドルの重量バランスを取ることで手に負担が少なく疲れにくい構造を採用し、ハンドルはエルゴノミックによって「握り易さ」「力の入り方」に優れています。 DESIGN FUNCTION ツヴィリングは持ちやすさを考慮した特別なデザイン設計と、美しいシルエットの調和を追求しています。 包丁のお手入れ どんなに良い包丁でも使っていると切りにくくなってしまいます。 切りにくい包丁を使っていると余計な力が入り、疲れにくくもなってしまいます。 ご家庭で定期的にメンテナンスをしてください。 関連カテゴリ•

次の

凄まじい切れ味の包丁!ツヴィリング「MIYABI6000MCT」

ツヴィリング

ツヴィリング(ZWILLING)とは? ドイツ生まれのキッチン用品メーカーです。 正式には ツヴィリングJ. ヘンケルスと言います。 ヘンケルスも同じメーカーのブランドなので、聞いたことがある人は多いかもしれませんね。 日本刀の美しさと切れ味を受け継ぎながら、 手になじむグリップが特徴です。 MIYABIの中でも手が出しやすい「6000MCT」 僕が使っているMIYABI6000MCTは高級包丁の中でも お手頃です。 2万〜3万円程度で買えるので、ちょっと頑張ればいけます。 これより高い包丁だと切れ味の差はあまり無くなってきます。 たしかに高い方が切れますが 普段使いにはオーバースペックですね。 包丁は上をみたらキリがないです。 (笑)高いやつなんて5万、6万します、、、(デザインとかはすごいカッコいい グリップの握りやすさが秀逸 この包丁を買う決め手になったポイントは グリップの握りやすさです。 これより高級ラインの包丁やダマスカス模様のカッコいい包丁をお店で握らせてもらったんですが、しっくりきませんでした。 やっぱり包丁を使う上で大切なのは 手との一体感が重要です。 包丁を変えたいなぁって方は「握りやすさ」にこだわってみてくださいね。 これぐらい切れるよ!って言う動画 わかりやすい食材のトマトを切ってみました。 これほとんど力を入れていません。 「スーーーーっと」切れますよ。 ダマスカス模様は「デザイン」 ダマスカス模様の包丁ってかっこいいですが、実は 切れ味に関係ないんです。 「え〜!?」って思うかもしれませんが本当なんです。 切れ味は刃の硬度で決まるので模様はデザインなんですね。 高級ラインの包丁は刃の鋼材、デザインもこだわって作成させます。 なのでお値段が高くなるんですよ。 良い包丁でもお手入れは必要 「良い包丁を買えばずっと切れる」と思いがちですが、そんなことはありません。 笑 良い包丁は刃に使っている金属が硬めなんです。 この硬い金属のためで 切れ味が長持ちしやすいんですね。 長持ちなだけなので、使っている内に切れ味は落ちてきます。 1000番の砥石があれば刃もきちんと付けられますし、ある程度のカケにも対応できます。 1000番より細かい番手を使えばより切れ味がもちますが、そこまではいらないかなぁってとこが僕の感想です。 包丁の刃が欠けてしまったら 冷凍物を切ったり、固いものを無理やり切ったりすると刃が欠けてしまいます。 もし刃が欠けた場合は200〜500番手の砥石を用意しましょう。 200〜500番を使い粗めに研いでカケを直します。 仕上げに1000番で刃をつけたら完成。 大体のメンテナンスはこれでokです! さらに切れ味求める さらに切れ味を求める方は2000〜5000番手の砥石で仕上げをしてください。 ここからは自分の満足度ですかね。 (笑) 切れる包丁は「時短になる」 切れる包丁に変えてから1番実感していることは 料理にかかる時間が短くなったことですね。 料理って切る工程の時間が長いですから、切れ味の良い包丁を使えば結果的に時短になります。 「もっとはやく包丁を変えていれば」こんな感想がすぐにでました。 (笑) 料理へのモチベーションも上がる いい包丁を使っていると料理へのモチベーションが上がるんです。 いい包丁使っている自分かっこいい、、、みたいな。

次の

包丁・ナイフ

ツヴィリング

ツヴィリング(ZWILLING)とは? ドイツ生まれのキッチン用品メーカーです。 正式には ツヴィリングJ. ヘンケルスと言います。 ヘンケルスも同じメーカーのブランドなので、聞いたことがある人は多いかもしれませんね。 日本刀の美しさと切れ味を受け継ぎながら、 手になじむグリップが特徴です。 MIYABIの中でも手が出しやすい「6000MCT」 僕が使っているMIYABI6000MCTは高級包丁の中でも お手頃です。 2万〜3万円程度で買えるので、ちょっと頑張ればいけます。 これより高い包丁だと切れ味の差はあまり無くなってきます。 たしかに高い方が切れますが 普段使いにはオーバースペックですね。 包丁は上をみたらキリがないです。 (笑)高いやつなんて5万、6万します、、、(デザインとかはすごいカッコいい グリップの握りやすさが秀逸 この包丁を買う決め手になったポイントは グリップの握りやすさです。 これより高級ラインの包丁やダマスカス模様のカッコいい包丁をお店で握らせてもらったんですが、しっくりきませんでした。 やっぱり包丁を使う上で大切なのは 手との一体感が重要です。 包丁を変えたいなぁって方は「握りやすさ」にこだわってみてくださいね。 これぐらい切れるよ!って言う動画 わかりやすい食材のトマトを切ってみました。 これほとんど力を入れていません。 「スーーーーっと」切れますよ。 ダマスカス模様は「デザイン」 ダマスカス模様の包丁ってかっこいいですが、実は 切れ味に関係ないんです。 「え〜!?」って思うかもしれませんが本当なんです。 切れ味は刃の硬度で決まるので模様はデザインなんですね。 高級ラインの包丁は刃の鋼材、デザインもこだわって作成させます。 なのでお値段が高くなるんですよ。 良い包丁でもお手入れは必要 「良い包丁を買えばずっと切れる」と思いがちですが、そんなことはありません。 笑 良い包丁は刃に使っている金属が硬めなんです。 この硬い金属のためで 切れ味が長持ちしやすいんですね。 長持ちなだけなので、使っている内に切れ味は落ちてきます。 1000番の砥石があれば刃もきちんと付けられますし、ある程度のカケにも対応できます。 1000番より細かい番手を使えばより切れ味がもちますが、そこまではいらないかなぁってとこが僕の感想です。 包丁の刃が欠けてしまったら 冷凍物を切ったり、固いものを無理やり切ったりすると刃が欠けてしまいます。 もし刃が欠けた場合は200〜500番手の砥石を用意しましょう。 200〜500番を使い粗めに研いでカケを直します。 仕上げに1000番で刃をつけたら完成。 大体のメンテナンスはこれでokです! さらに切れ味求める さらに切れ味を求める方は2000〜5000番手の砥石で仕上げをしてください。 ここからは自分の満足度ですかね。 (笑) 切れる包丁は「時短になる」 切れる包丁に変えてから1番実感していることは 料理にかかる時間が短くなったことですね。 料理って切る工程の時間が長いですから、切れ味の良い包丁を使えば結果的に時短になります。 「もっとはやく包丁を変えていれば」こんな感想がすぐにでました。 (笑) 料理へのモチベーションも上がる いい包丁を使っていると料理へのモチベーションが上がるんです。 いい包丁使っている自分かっこいい、、、みたいな。

次の