リツイートを表示しない。 Twitterのリツイートを非表示にする方法!【一括・特定のユーザー】

他ユーザーの「いいね」ツイートの表示を減らす「興味がない」の使い方

リツイートを表示しない

TwitterでツイートURLつきの発言をすると、使用するクライアントによってはツイート内にカード形式で展開されます。 自分の過去ログや他人の発言に対してソースつきでコメントを残せる一方、公式クライアントや一部のアプリでは引用された相手に通知が行くようになってます。 読んで「なるほど」と思うようなコメントだったら相手がどなたでも大歓迎ですが、残念ながらそういう幸せなケースは稀です。 毒にも薬にもならないような相槌なら他の通知に押されて流れていくのを待ってれば良いんですが、的外れな意見や攻撃的なツイートだと目に入るだけで心が削れてしまうことも。 そんな場合に受信したツイートを非表示にする方法です。 特定ツイートをミュートする 不快なツイートが着弾した場合、ツイート単位でミュート(見えなく)することが出来ます。 「このツイートに興味がありません」 ツイートの個別設定から「報告」を選ぶと、「このツイートについて問題の詳細をお知らせ下さい」というウィンドウが表示されます。 このツイートに興味がありません。 このツイートはスパムです。 攻撃的または迷惑なツイートです。 当該ツイートだけ非表示にすれば良い場合はここで作業完了です。 通知タイムラインをリロードすれば当該ツイートが見えなくなっているでしょう。 ミュート&ブロックする 「このツイートに興味がありません」の次の画面から、更に出てきたボタンを選ぶと相手の発言全体をシャットダウンできます。 当該ツイートだけでなく、 その人の発言そのものを見たくない場合はこの「ミュートする」を選んで下さい。 向こうの発言を見たくない以上に、こちらの発言も読まれたくない場合は「ブロック」を選びます。 ただしブロックしていてもツイートを完全に排除できるわけではないし、ブロックしている事実は相手に知られる可能性があります。 場合によっては新たな火種になり得るのでご注意ください。 通知オプションで絞る 先ほどの特定ツイートのミュートは、見てしまった発言を非表示にする方法でした。 つまり、不快なツイートの着弾を防ぐことは出来ません。 一方、公式クライアントの通知設定を変えることでツイートに対するリアクションの表示条件を絞れます。 Twitterの通知設定画面 残念ながら引用リプライだけを消すことは出来ないのですが、引用リプライがとにかく嫌いな場合は他の通知を犠牲にして非表示にすることができます。 Twitterが現在サポートしているすべての通知が表示されます。 たとえば自分の発言に対するリツイート・お気に入り・@リプライ・引用リプライといったアクションすべてが対象となります。 フォローしてるユーザからの通知 自分がフォローしてるユーザからリツイート・お気に入り・@リプライ・引用リプライされたときのアクションが表示されます。 フォロワーに対してフォローが少ないと通知欄が極端に寂しくなるんですけど、ほぼ相互フォローの知り合い同士で ほのぼのやりたいときはこちらのモードで。 すべての@ツイート 全ユーザからの@リプライだけが表示されます。 @ツイートモードでは、親しい人による発言も含めて引用リプライが一切見えません。 複数のツイートが大拡散中で通知欄がドカンドカンと流れていくようなときに、最低限@リプライが来てないかチェックできます。 フォローしてるユーザからの@ツイート 自分がフォローしてるユーザからの@リプライだけが表示されます。 この4つの中では最も表示件数が少ないモードです。 なお、これらの通知設定は一時的に切り替えることも初期設定を変更することも可能です。 初期設定を変更するにはWeb通知欄の項目をご確認下さい。 設定 > Web通知 おわりに そんなわけで特定のツイートをミュートにしたり、通知設定を変更する方法でした。 私も含めて引用リプライが苦手な人は少なくないと思うんですが、どうしてこれ相手に通知が行くようになっちゃったんでしょうね。 以前、引用リプライの使い方について100人以上にアンケート取ってみたら 相手に話しかける目的で使う人は少数派でした。 多くは備忘録や晒し目的で使っているため、受け手としては会話の成立しないコメントを強制的に読まさせられることになります。 一日に何十通も届くとさすがに削れますよね。 ::;. :::;.. 「この発言が通知欄にあるのを見るたび心がざわざわするなぁ…」というときにお役立て頂ければと思います。 月間20万PV感謝。 お探しの記事がありましたら検索窓やもお試し下さい。 所長ごあいさつ おち OCHI, Mizuki 花鳥風月をこよなく愛する体育会系。 趣味はバラバラに見えて科学繋がりです。 ochiken カテゴリ一覧• twitter で人気かも知れない記事• -2RT• 11254RT• 5572RT• 1896RT• 1791RT• 1469RT• 312users• 208users• 217users• 208users• 173users• 163users このカテゴリの人気記事•

次の

Twitterのすべてのリツイートを非表示にする方法

リツイートを表示しない

最新ツイートが表示されない、数日〜数週間前のツイートが表示 iOS版Twitterアプリに最新アップデート(ver. 60)を適用した一部ユーザーから、 ホームタイムラインに最新ツイートが表示されない問題が報告されており、ホームタイムラインに数日前や数週間前の日付が古いツイートが表示される問題が報告されています。 アップデート前は表示されてたのに… — 謎の原生代生物 Ardea0025FE Twitterアプリのアップデートしたら、だいぶツイートが消えた気がする😒自分のも他の人のも。 今回の不具合はあくまで最新ツイートが表示されないだけで、これまでのツイート自体が消えた訳では無いので、 画面右上の キラキラボタンから表示順をホーム表示に戻すと最近のツイートが表示されました。 最新ツイート順で表示すると数日前のツイートがトップに表示され、タイムラインが古い情報になる。 スポンサーリンク Twitterアカウントの再ログインで解決 ホームタイムラインに最新ツイートが表示されない不具合が生じているTwitterアカウントにて、以下の手順で Twitterアプリからログアウト〜再度ログインを行ったところ、最新ツイートが正常に表示されるようになりました。 「Twitterからログアウトしてもよろしいですか?」のボックスが表示されるので ログアウトをタップ。 (複数アカウントを所有していない場合はTwitterトップ画面からログイン) ツイートが表示されない、空白ツイートが表示される等の障害(追記) 2020年2月20日7時30分頃より、タイムラインのツイートが表示されない、ツイートが空白になる等の問題を報告するユーザーが急増しています。 この問題は同時刻に多人数から報告が挙がっていることから障害である可能性が高いため、Twitter側の対応を待つ必要があるかもしれません。 詳細は以下の関連記事にて。 関連記事 2020年4月9日に似た症状の不具合が再発(追記) 2020年4月9日にTwitterのタイムラインに最新ツイートが表示されない、古いツイートが表示される等の障害が発生しています。 こちらに関しては同時刻に多くのユーザーで同じ問題が生じていることから、Twitter側の一時的な問題かと思われるので改善されるまで待つようにしてください。

次の

リツイートを表示させない設定方法!うざいやつはこれで対処!

リツイートを表示しない

気が付いたら自分のTwitterのタイムラインがリツイートで埋まっていた、なんてこともあります。 自分が気になってリツイートしたものならともかく、 他人のリツイートで自分のタイムラインが埋まってしまうことに耐えられない、という人もいます。 実はTwitterでは特定のフォロワーのリツイートを表示しないように非表示の設定にすることができます。 Twitterはコミュニケーションツールとしての側面もありますが、他人のツイートをリツイートするばかりではコミュニケーションもできません。 この記事ではリツイートを非表示にする方法についてみていきましょう。 まずは具体的なリツイートの非表示の方法を見ていく前に、特に非表示にしたくなるリツイートとはどんなリツイートなのか見ていきましょう。 Twitterにはbotといって、自動でツイートやリツイートを連発しているアカウントもたくさんあります。 有名人の名言だとか、ある条件の情報のリツイートを連発することで、フォロワーがたくさんいるbotアカウントもあるのは事実です。 しかし、botとは思えないようなアカウントがまるでbotのように他人のリツイートばかりを連発しているのは、非表示にしてしまいたくなるアカウントの一つといっていいでしょう。 botではないのなら、その人の個性というのもTwitterを通して表現したほうがいいでしょう。 自分ならではの個性がなくて、リツイートばかりを連発しているような特定のアカウントのリツイートも表示しないように非表示にしたいリツイートといっていいでしょう。 また、自分の意見をリツイートしながら言っているといっても、リツイートに対して反論や暴言ばかりを投げかけているアカウントも、非表示にしたいものです。 後の方でも見るように残念ながら引用リツイートは非表示にすることができないのですが、 反論や暴言ばかりが自分のタイムラインに流れてくるのは、あまり気持ちがいいものではありません。 意味のある反論なら受けて立った方がいいものもあります。 しかし、中には自分のストレスを発散させるために誰かれ構わず反論や暴言をぶつけているような人もいるのが事実です。 そのようなリツイートは非表示にできるのなら非表示にしてしまいましょう。 引用ツイートばかりで非表示にできないのなら、フォローを外すかミュートを掛けて、目に入らないようにすることも大切です。 SNSというのは人々の間の共感の精神によって運用されるものです。 しかし、共感される内容が平和や優しさ、思いやり、といったプラスの方向に働くものばかりとは限りません。 フェイクニュースや暴力性を帯びたもの、人々の間に憎悪を増幅させるような、マイナスの内容に大きな共感が集まってしまうことがあります。 TwitterというのはSNSの中でも特に拡散力が強いものとして知られています。 フォロワーがリツイートしたリツイートの内容が、時としてTwitterを利用するユーザーのノイズになる可能性がある、ということでリツイートは非表示にした方がいいとのことです。 確かに、自分自身の意見ではなく、リツイートで流れてきた他人の意見や、特定の方向性の意見に影響されてしまうことが多いのであれば、リツイートは目にしない方が精神的に健全性を保つことができるでしょう。 リツイートの内容や使い方も考えたほうがいいでしょう。 リツイートを一括で非表示にする方法、ということでいろいろと一括非表示の方法を探してみたら、Twitterのデベロッパーツールを利用する方法というのを見つけました。 そこで、一括リツイート非表示設定をデベロッパーツールから試してみようと思ったのですが、デベロッパーツールが見つかりません。 いったいどういうことなのかと調べてみたら、 2018年の夏にTwitterのデベロッパーツールを利用するためには、開発者専用アカウントの登録をして、Twitter社からの許可がなければ使えなくなったとのことです。 どうやら以前は誰でも通常のTwitterアカウントからデベロッパーツールを利用することができて、そこにリツイートを一括非表示にできるコードを入力すれば、簡単に一括非表示の設定を行うことができたようです。 しかし、現在ではそのデベロッパーツールを簡単に使えなくなってしまったことから、誰でもリツイートを一括非表示設定することはできなくなりました。 リツイートを表示したくない場合には、一括ではなく、個別に非表示設定を行っていくしかありません。 Twitterでリツイートするときには、そのツイートだけをただ単にリツイートする方法と、自分の感想などを付け加えて書き込むことができる引用リツイートがあります。 特定のフォロワーのリツイートを表示しない設定にしても、引用リツイートを非表示にすることはできません。 暴言や反論ばかりが書き添えられている引用リツイートを見たくないときでも、何か一言でも感想などが付け加えられている引用ツイートは、表示しない設定にはできないのです。 フォローを外してしまったら、その人のツイートそのものを見なくて済むのですが、友人や知人でフォローを外すことができないこともあります。 そんな時には、フォローを外さずにミュートする、という方法もあるので検討してみましょう。 この記事ではTwitterでリツイートを非表示にする方法についてみてきました。 Twitterは140文字という短い文章で、ブログやFacebookなどと比べても気軽に投稿することができたり、いろいろと有意義な情報を得られたりする、本当に便利なツールの1つです。 しかし、リツイートばかりがタイムラインに表示されるのもウザく感じます。 フォロワーが多い人にとっては、一括でリツイートを非表示設定できないのは面倒くさいことですが、特にリツイートがうるさいと感じる特定の人のリツイートを非表示にはできます。 ぜひ 見たくないリツイートは非表示設定にして、自分の目に入るタイムラインをすっきりと、いい情報だけが掲載されるように整理していきましょう。

次の