セックス 依存 症 に なり まし た。 【ネタバレあり】セックス依存症になりました。のレビューと感想

嫌いな同僚とホテルに、月10回風俗…依存症の実情

セックス 依存 症 に なり まし た

依存の実体験が描かれたマンガ『セックス依存症になりました。 』(津島隆太著)の主人公は20代の頃から女性関係に奔放だったが、40才を目前に、性欲のコントロールを失う。 主人公はこう苦しみを表現する。 《セックスがしたくて吐きそうです 助けてください 助けてください!と叫びたいほどの性欲》 家庭崩壊につながることも少なくない。 会社員男性Bさん(37才)は、風俗通いが原因で離婚に至りそうだという。 「交際中に浮気がバレたのは、一度や二度ではありません。 結婚直後は落ち着いていたのですが、同僚と風俗に行ったら今度は風俗通いがやめられなくなってしまって…。 月10回は行きます。 貯金を使い込んでいたのが妻の知るところとなり、いま揉めています」 会社員女性C美さん(39才)は普段は男性と会話するだけで顔が赤らむほど奥手なタイプ。 しかし、「お酒が入るとがまんできなくなる」と話す。 「昼間は嫌悪感さえ持つ会社の同僚男性でも、飲み会で隣に座るだけで、ホテルに行きたくなってしまう。 朝には必ず後悔するのに、やめられないんです。 いまは飲んだときは、初めて入るバーや居酒屋など知り合いのいない場所で相手を探します。 もう男女のことで会社を辞めたくないので…」 主婦のD子さん(45才)は、不妊治療がきっかけになったと告白する。 「いくら不妊治療を続けてもうまくいかず、夫と夫婦関係はなくなりました。 そんなとき、軽い気持ちで出会い系サイトに登録したのがきっかけでした。 男性に抱かれているときだけ、誰かに求められているという満足感が得られるんです。 性病にかかったこともありましたが、夫にバレたことはありません」 性風俗への勤務経験がある女性も、依存に陥りやすいという。 「理由の1つは、不特定多数の男性と関係を持つことの警戒感が少ないことです。 本来は妊娠や性病感染のリスクがあって、信頼できる男性以外とは性交渉を避けるものですが、ハードルが低い面がある。 実際、セックス依存が疑われる女性のカウンセリングをしていると、過去に性風俗の経験があると告白する人は少なくない」(精神科の医師)•

次の

【ネタバレあり】セックス依存症になりました。のレビューと感想

セックス 依存 症 に なり まし た

妻と子供のことは愛している。 セックス依存には、家庭、仕事、社会的信用、それらを一度に失うリスクがある。 身を滅ぼすことはわかっているのにやめられない、その衝動の正体。 佐々木希(32才)という妻がいながら複数の女性と、時には多目的トイレで事に及んでいたアンジャッシュの渡部建(47才)。 「トイレだなんて、考えられない!」という反応が多い一方で、ドキッとしている人も少なくないという。 独身の女性A子さん(36才)が話す。 ひょっとして私も、渡部さんの件でニュースになっている『セックス依存症』なんでしょうか」 過去には、クリントン元米大統領、プロゴルファーのタイガー・ウッズ、俳優のマイケル・ダグラスらがセックス依存症だと報じられた。 アメリカの性的健康振興協会によると、全人口の3〜5%に当たる900万〜1500万人にセックス依存症が疑われるという。 精神科医の高木希奈さんは「実は『セックス依存症』という病名は存在しません」と指摘する。 いわゆるセックス依存も同じです。 セックスをしているときだけしか、相手が自分を必要としている、求めている、優しくされていると感じられないので、繰り返し求めてしまうのです」 依存の実体験が描かれたマンガ『セックス依存症になりました。 』(津島隆太著)の主人公は20代の頃から女性関係に奔放だったが、40才を目前に、性欲のコントロールを失う。 主人公はこう苦しみを表現する。 《セックスがしたくて吐きそうです 助けてください 助けてください!と叫びたいほどの性欲》 家庭崩壊につながることも少なくない。 会社員男性Bさん(37才)は、風俗通いが原因で離婚に至りそうだという。 「交際中に浮気がバレたのは、一度や二度ではありません。 結婚直後は落ち着いていたのですが、同僚と風俗に行ったら今度は風俗通いがやめられなくなってしまって…。 月10回は行きます。 貯金を使い込んでいたのが妻の知るところとなり、いま揉めています」 会社員女性C美さん(39才)は普段は男性と会話するだけで顔が赤らむほど奥手なタイプ。 しかし、「お酒が入るとがまんできなくなる」と話す。 「昼間は嫌悪感さえ持つ会社の同僚男性でも、飲み会で隣に座るだけで、ホテルに行きたくなってしまう。 朝には必ず後悔するのに、やめられないんです。 いまは飲んだときは、初めて入るバーや居酒屋など知り合いのいない場所で相手を探します。 もう男女のことで会社を辞めたくないので…」 主婦のD子さん(45才)は、不妊治療がきっかけになったと告白する。 「いくら不妊治療を続けてもうまくいかず、夫と夫婦関係はなくなりました。 そんなとき、軽い気持ちで出会い系サイトに登録したのがきっかけでした。 男性に抱かれているときだけ、誰かに求められているという満足感が得られるんです。 性病にかかったこともありましたが、夫にバレたことはありません」 性風俗への勤務経験がある女性も、依存に陥りやすいという。 「理由の1つは、不特定多数の男性と関係を持つことの警戒感が少ないことです。 本来は妊娠や性病感染のリスクがあって、信頼できる男性以外とは性交渉を避けるものですが、ハードルが低い面がある。 実際、セックス依存が疑われる女性のカウンセリングをしていると、過去に性風俗の経験があると告白する人は少なくない」(精神科の医師) セックス依存が原因で借金に苦しんでいるケースも多い。 中間管理職でそれなりに収入もある、バツイチ独身のE子さん(45才)はこう明かす。 でも性欲は増すばかりだし、やっぱり人肌が恋しくて…ホストクラブに行ってみたんです。 案の定ハマってしまい、収入に見合わないお金をつぎ込むようになってしまいました。 いまでは貯金をすっかり使い果たし、借金までしています。 「最初は息抜きにちょっとエッチな動画を見るだけだったのに、気づいたら1日に6時間も見るようになってしまった。 会社から資格試験を受けるよう指示を受けているものの、動画の見すぎで勉強ができず、もう何度も試験に落ちています。 出社しても、次は受からなくてはというプレッシャーで仕事が手につかない。 それでも見てしまうんです」(30代男性) 「夫とは円満で夫婦生活もあります。 でも、どうしてもやめられなくて…。 1人で家にいるときには、日中何時間も耽ってしまいます。 さらに、外出先の映画館、試着室、トイレでも…。 やめよう、やめようって思っているのに」(40代女性) アパリクリニック理事長で精神科医の梅野充さんが解説する。 「治療はカウンセリングが中心で、うつ病などの治療薬を用いた薬物治療はごくまれです。 アルコールや薬物依存と同じで、当事者同士が経験を語り合う自助グループの活動も行われています。

次の

【30話まで毎日無料】セックス依存症になりました。

セックス 依存 症 に なり まし た

by これを読むためにめちゃコミに登録しました こちらをTwitterで知ってから、毎週必ず週プレの連載で読んでいました。 グランドジャンプに移籍して、めちゃコミでも掲載されると知り、こちらの漫画目当てで早速登録しました。 この作品を、単純に「面白い」と言っていいのかどうか悩みます。 形容する言葉を選ぶのが難しい作品です。 もちろん文句無しで最高に面白いのです。 しかし、簡単に ある意味軽薄に 面白いと言うには、余りにも読後の感情が複雑すぎる。 読めばわかりますが、この作品は津島先生の人生そのものです。 トラウマ、心と体に受けた傷、乗り越えてきた過去、出会った人々、自身の率直な感想など…全てをさらけ出されています。 これでもかと迫り来る先生の人生を知り、一読者としても居ずまいを正さずにはおれない。 人生において、自己を知り、改革することは辛い。 辛すぎる。 津島先生ほどの過去をお持ちの方なら尚のこと。 それなのに、徹底的に自己と向き合われて、客観視されている先生に感服の一言です。 とにかくすごい作品です。 登場人物たちについては、もう十分すぎるほど作品中で心理分析されていて、個人的に腹落ちしているので、一介の読者があれこれ分析したりしたくないので触れません。 とにかく、この作品を読むと、人間の脳の不思議さと無限の可能性を感じます。 人間は哺乳類であり、地球上の動物と出自は同じでありながら、ここまで複雑な脳を持ったことから、全ては始まっている。 長ったらしく語ってしまったが、とにかくおススメです。 ぜひ単行本化して欲しい! by 依存症との闘い ネタバレありのレビューです。 性の問題だけでなく、様々な依存症は絡み合っているという。 主人公のツシマ君は、性行為だけでなくアルコールにも依存。 彼は幼少期の父親からの身体と性的な虐待から自分を慰めないと眠れないという精神構造となって、そのまま第二次性徴を迎えて性的依存(女性依存)を深めていく。 そして中年期になって問題行動はピークとなり、精神科受診して自身が性的依存症と知る。 それからの自助グループでの回復の過程は、読んでいるこちらも辛くなるぐらい壮絶で、ツシマ君には頑張ってほしいと思った。 依存症は一生付き合っていくものであり、自分の癖や認知の歪みをしっかりと自覚することが大切だとわかった。 もし作者の方が当事者なのであれば、よくぞ頑張って描いてくれたと労いと感謝をしたい。 by 偏見 ネタバレありのレビューです。 性的依存性を誤解していました。 性欲が強くて、性的行為しまくりたいという人のことを指していると思っていました。 私も週プレで読んでましたが、とても為になりました。 性的依存性はいろんなパターンがあるのだな、と。 そして私自身も依存なんじゃないか、と気が付きました。 自分の快楽はどうでもいいどころか快楽はほぼ感じたことはなくて、男が喜ぶことで心が満たされます。 この満たされた気持ちがたまらなく快感で、性的行為を求めてました。 ネット上ではこの作品は賛否が分かれているようですが、性的依存とは何か、ということが知れる作品はこれしかないと思います。 誤解や偏見を無くすいい作品だと私は思います。 是非読んでいただきたいです。 ちなみに津島さんは今も性的シラフ継続中だそうです。 その人自身の問題ではなく、ほんと、どうしようもない病気なのだと。 そして読んでいて、自分にもそういった節があることも気付けて他人事では全くないなとひしひしと感じています。 自分を卑下するのではなく、自認して、自分が幸せと感じる方向に日々を暮らしていきます。 この書籍に出会えてよかった。 もし、私の大切な人や家族が依存症で苦しいとき少しでも微力でも理解や手助けになったらと思います。 先生、大変なご苦労があったかと思いますが 今も続いているかもしれません このように本にしてくださってありがとうございます。

次の