モンキー フル カスタム。 新型モンキー125のタケガワ181cc改が初公開

モンキー(MONKEY) フルチタン スパイラル OVER(オーバーレーシング) バイク用品・パーツのゼロカスタム

モンキー フル カスタム

バイクは移動するために開発された乗り物。 しかしバイクは車と違ってコンパクトに扱えるため、乗る以外にも、• 自分好みにカスタムする• 飾って楽しむ などの楽しみ方ができるのも醍醐味なんですよね!そんな 遊べるバイクにぴったりなのがホンダの モンキー125。 2018年に販売された比較的新しいバイクなのですが、様々なカスタムパーツが販売されていますので、簡単にDIYカスタムが可能なバイクなのです! また、モンキー125をベースにオリジナルバイクにカスタムしているショップもたくさん出てきました。 そこで今回は、モンキー125で人気のカスタムや、海外のカスタムショップが手がけるモンキー125のご紹介をしていきます! ベースで使われているモンキー125って? モンキー125は、ホンダから50年以上前に販売された「モンキー50」の後継車として2018年に復活したモデルです。 元祖モンキーは50ccのコンパクトなバイクとして長年愛され続けられてきましたが、排ガス規制の影響を受け、発売から50周年を節目に2017年に製造が終了されました。 しかしさすがは根強いファンが多いモンキー。 翌年2018年には、125ccのサイズにスケールアップして見事復活を果たしたのです。 ところが、復活しモンキー125は原付バイクであった当時の面影はなく、あまりの大きさに「デカ猿」とも言われ、一時はユーザーから賛否両論となりました。 とは言ったものの、気軽に乗れて好きなようにカスタムできる「遊べるバイク」のコンセプトは不変でしたので、ユーザーからは徐々に受け入れられ、再び人気が高まってきました。 モンキー125でよくカスタムされるところ 遊べるバイクとして有名なモンキー125は、プラモデルのようにカスタムできるのが大きな特徴です。 ちょっとモンキー125がカスタムされる部位を見てみましょう! マフラーカスタム ドコドコと単気筒のサウンドを響かせるモンキー125の定番カスタムは、やはりマフラーカスタムではないでしょうか? マフラーはメーカーによって形状やカラーリング、性能が大きく変わってくるため、カスタムバイクはまずマフラーを見れば持ち主の個性がわかるとも言われています。 お気に入りのマフラーに交換することで、見た目や走りはもちろん、音も楽しむことができますね! ハンドルカスタム アップハンドルにして乗り心地を良くしたり、セパハン仕様にしてレーシーな雰囲気にしたりと、自由にカスタムできます。 慎重に合わせて自分だけの最適なポジションに合わせることもできるため、バイクを買ったらまずは始めたいカスタムとも言えますね! ブレーキ・クラッチレバーカスタム 費用もかからず最も手軽にできるのがブレーキ・クラッチレバーカスタムです。 純正のシルバーだけでなく、ゴールドなどの様々なカラーリングに変更してもカッコイイのではないでしょうか? また、最近は転んでも折れない「可倒式」のレバーの人気が高まってきています。 スポーティなデザインにしたいのであれば必須のアイテムですね! ヘッドライトカスタム 目立ちたがり屋の人にとって光物のカスタムは必須とも考えられます。 HID化だけでなく、最近はLED化の人気も高まってきています。 さらにインナーのブラックアウト化や形状変更など、カスタム方法は人によってたくさんの方法があります。 動画にあるモンキー125のアメリカンカスタムを解説! モンキーのカスタムを本格的をしたいとお考えの方は、まずこちらの動画を参考にしてみてはいかがでしょうか? こちらはタイのカスタムショップ「」が手がけるアメリカンスタイルのモンキー125で、カスタムの一連の流れが映されています。 自分が作りたい形とは異なるかもしれませんが、カスタムバイクを手がけるための全体の流れをイメージできると思います。 動画を見る限り、カスタムは大きく4つに分けられます。 ハンドルアップ• ステップ・シートさげ• マフラー下向け• リアサスペンション交換 もちろん細かい部品の改造もされていると思いますが、切ったり貼ったりする大幅なカスタムというより、 ほとんどがパーツの交換がメインとなりますので、必要なパーツさえ揃えれば私たちでもカスタムできるというのがわかりますね! それでは動画内で実施されているカスタムをもう少し詳しく解説していきますね。 リアサスペンションを交換して車高を下げている 一見すると超シャコタンにも見えるアメリカンスタイルであるため「フレームは専用品を使っているのでは?」と思うかもしれません。 しかしベースのフレームと見比べてみると形状は変わっていませんので、どうやら フレーム加工は行なっていないようです。 ではどうやって車高を落としているのかというと、 リアサスペンションを短いものに交換しているのです。 そうすることで、自然とリア下りの姿勢が作れるようになりますね! もちろんリアタイヤとフェンダーの隙間がなくなるため、リアサスペンションが柔らかいとタイヤがフェンダーに当たってしまいます。 そのため リアサスペンションは通常よりも硬いバネを採用し、ストロークを抑える工夫がされています。 さらに スイングアームの角度を変えるとチェーンの長さも変わるため、チェーンは長いものに交換していますね! 低い車高に伴い、足のポジションも変わるため、ステップやシフトペダルも下げなければ乗り心地が悪くなります。 そのため エンジン下にサブフレームを追加し、そのベースにステップやシフトレバーを装着しているのがわかります。 サブフレームの装着も 溶接ではなくボルトオンとなっており、戻したい時にいつでも戻せるようになっているのもまた面白いですね! なるべく楽な姿勢にできるように、ステップは幅広で大型のものが採用されています。 あまり大きすぎるとバンク時に地面とこすってしまうかもしれませんが、そこはアメリカンですので仕方ないですね! ハンドルは純正と同じ形状ですが、アップハンドルになるように 目一杯長いものを使用しています。 純正マフラーを使うと下げすぎたシート位置にぶつかってしまうため、思いっきり角度を付けて サイレンサーを下向きに逃がしているのがわかります。 見たところチタン製を採用しているため、マフラーは専用品をオーダーメイドしているようですね。 モンキー125をカスタムする時に注意しておきたいこと モンキー125は比較的小型のバイクのため、自分で好きなようにいじれるのが大きな魅力です。 しかしいくら気軽にDIYカスタムできるからといってもやっぱりバイク。 そのため、 部品一つ一つを分解整備する時は丁寧に行うことを心がける必要があります。 間違っても「組み上げたらボルトが余った…」なんてことがないように注意してくださいね! また、モンキー125などの小型バイクは車やトラックからは見えにくいため、ウインカーやテールライトなどの保安部品できちんと周りに存在を知らせなければ危険となることもあります。 カスタムパーツの中には灯火類が極端に小さいものや、おまけ程度の大きさに変更されているものも少なくありません。 後方を確認するミラーの大きさも、パーツによっては小さすぎるものもあります。 そのため安全面を考えると、 極力保安部品はなるべく大きめのものを選ぶことをおすすめします。 まとめ モンキー125のDIYカスタムついてご紹介しました。 自分で乗るバイクを自由にカスタムできると、乗る楽しさとはまた一味違った楽しみ方ったができますね! また、モンキー125のカスタムは比較的簡単ですが、バイクの基本が詰まっているため、 メカ的な部分の勉強にも最適なバイクなのです。 そのためバイクを触ってみたいと考えている人は、まずモンキー125をDIYカスタムしてみることから始めてみてはいかがでしょうか? もし、カスタムベースで低価格なモンキー125をお探しであれば、一度にご相談してみてください!全国の拠点からモンキー125を探し、比較的良心的な価格で販売してくれます。 さらに、モンキー125は販売から時間が経過していない新しいバイクですので、売却するのであれば高値で売れる可能性が高いでしょう。 特にでは、カスタムパーツの価値もしっかり把握して査定をしてくれるため、かなりおすすめです!.

次の

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

モンキー フル カスタム

1967年に登場し50年間愛されてきたホンダの「モンキー」は、2017年夏に惜しまれつつも生産を終了。 そして、この夏に、125ccの小型バイクとして復活した。 排気量と車体を一新し、やや大ぶりに生まれ変わったが、そのデザインやモンキー魂はしっかりと継承され、ファンの間からは喜びの声が上がっている。 先ごとのバイクの日(8月19日)前後には、新型モンキーの納車を喜ぶ様子がSNSでも多数投稿され、価格. そんなモンキーの魅力の本質はどこにあるのか、全国から「モンキー」ファンの注文を受けている広島の専門カスタムショップ・R-STAGEの末岡氏に話を聞いた。 50年愛される理由は…圧倒的「かわいさ」さと、それぞれの「俺のモンキー」という思い• 末岡氏モンキーが好きになった理由は、この「カワイイ」ルックスですね。 実に遊び心をくすぐられるデザインで、何年経っても色褪せません。 だから長く愛されているのだと思います。 趣味でモンキーのカスタムを始めた頃に、ボアアップ(排気量UP)をしてくれるバイクショップを探し回ったのですが、どこからも断られました。 やっと一軒だけ作業してくれるところを見つけ、自分のモンキーをカスタムしてもらいに出したのですが…。 半年経ってお店の片隅に追いやられホコリを被っているのを見て愕然としました。 私と同じようにカスタムしたいけどできない人や困っている人がいるのではないかと思い、これを専門で扱うショップをはじめました。 末岡氏モンキーが生産開始されて50年が経ち生産終了となり、その長い年月の間で、モンキーのカスタムもほぼ出尽くした感がありました。 ですが、新型モンキーを見て、HONDAさんがモンキーをカスタムするとこうなるんだ…と言う反面、私ならハンドルを折りたたみにカスタムしたり、タイヤを太くして足回りに安定感を持たせたりしたい! とも思いました。 フルモデルチェンジで再登場してくれてほんとうに「ありがとう」と言う気持ちです。 新型の登場で、モンキーカスタムの可能性が広がった• 」っていう感じですね。 新型モンキーは排気量も上がりディスクブレーキが付き、昔のモンキーとはかなり違って見えますが、私はこのモンキーだからこそ、新しいカスタム手法が取り入れられるように見えます。 モンキーのカスタムはアイデア勝負みたいなところがあって、人が思いつかないようなカスタムをしていくのが楽しみのひとつです。 NEWモンキーには、この可能性が沢山秘められているように思えます。 1967年から販売され、2017年まで約50年続きました。 それだけ長く愛され続けている理由はどういうポイントだと思いますか? 末岡氏市販の車両を思う存分、自分色にカスタムして街中を走れることでしょう。 そして、カワイイスタイルなのにフルパワーのエンジンを搭載して走れるのも魅力です。 小さいのに速い!など、このギャップを楽しむユーザーさんは多いと思います。 R-STAGR様がこれまでに見た(もしくは手掛けた)、驚きのカスタムモンキーとはどんなものがありましたでしょうか? 末岡氏私が驚いたのは、10年ぐらい前にリアタイヤを6J(ノーマルは2. 5J)近くまで太くしてチェーンの位置もより外側にオフセットしてあるカスタム。 見た時には正直ビックリしました。 このアイデアは凄い!こんな方法があったのか!! と、半分悔しい思いで見ていました(笑)。 末岡氏ビッグスクーターのカスタムの流れの影響なのか、太いタイヤに低い車高のカスタムは現在の主流ですね。 オンリーワンの「バイクを操る楽しさ」を存分に感じられる1台 親子2世代に浸透• 最近ではお父さんの影響でモンキーのカスタムをやりはじめたと言う若いお客さまも結構いらっしゃいますね。 スクーターのおばちゃんに軽く追い抜かれてしまいます。 これが50ccで車の免許があれば乗れてしまう気軽さが支持されている要因のひとつだと思います。 エンジンがパワーアップしているのだから加速や最高速も50ccのモンキーの比ではないですしね。 足回り・エンジン・ブレーキなど操縦性に磨きをかけた優れたモンキーとなって生まれ変わったのですから、バイク好きには是非所有してみたい1台だと思います。 つまり、思い出のバイク。 バイクの車種の中でこれだけ趣味やカスタムに特化した車種は、ほかには無いと思います。 バイクと言うカテゴリーの中でも一番身近な手軽に入り込める楽しいバイクでしょうね。 オリジナルのカスタムパーツを販売・製作するほか、カスタムの相談・受注やミニバイクオーナーイベントなども実施。

次の

モンキー買取査定事例|2002年式のフルカスタムを20万円

モンキー フル カスタム

詳細についてはお問い合わせください。 詳細についてはお問い合わせください。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の