宮沢 孝幸。 「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

京都大学ウイルス研究所 進化ウイルス研究領域 宮沢孝幸研究室

宮沢 孝幸

「危険なことわからんやつはとっとと感染しちまえ」。 とかく悪者とされがちなウイルスという存在について「実はウイルスはガンの研究にも役に立っているし、僕らがこういう体になったのもウイルスによってということが分かってきている。 とはいえウイルスは悪いことをしているので、二面性を持っているということだ。 何事も一面で考えてはいけないという話。 マスコミで叩かれたとしても、もしかしたら逆かもしれないということを常に考えている。 動物のコロナにはもっと面倒臭いものが山ほどあるので、今回のコロナは決定的に最悪なものではない」と話す。 その上で、気になる治療薬とワクチンの違いについて「治療薬は細胞の中でウイルスが増えないようにするもので、ワクチンは注射を打ってウイルスに対する免疫をつけるものだ」と説明する。 手裏剣のように抗体出す細胞と、自ら感染している細胞を倒すものに分かれ、身体中を回って防ぐ」と説明。 そこで注目されるのが、エボラ出血熱の治療薬・レムデシビルや新型インフルエンザの治療薬・アビガン、ぜんそくの治療薬・オルベスコ、HIV感染症の治療薬のカレトラなどの存在だ。 宮沢氏は「新薬の開発というのは1、2年では済まないので、治療薬ができる、と言ってしまうのは少し語弊がある。 今は既存の薬を使って、どれが効くかということを試している段階だ。 ネコのコロナで効くものがあって、ヒトにも効くかもしれないものもある。 ただ、もちろん既存の薬は新型コロナウイルス向けに開発されたもではないので、多くは効かないか、効いたとしても弱いはずだ」とした。 少しの人しか感染しないというウイルスは、この時点で自然免疫によって追い払うことができるものだということだ。 しかし、この自然免疫を突破するような新しいウイルスに関しては、免疫を獲得しなければならない。 これを作るのに7日以上かかる。 それはすごく強力で特異性が高く、抗体などが含まれる。 抗体には3種類あり、Mが最初に増えて、その次にGが増える。 この2つ全身を回ってブロックし、Aは粘膜のあたりで増えてブロックする。 こうした獲得免疫は体験しなければつかないが、ワクチンを打つことで獲得できるので、過去にワクチンを打っていれば、眠っていた兵隊のクローンのようなものが一気に増えて対応するということだ。 ワクチンがウイルスに効果があるというのは、そのためだ」と説明。

次の

KAKEN — 研究者をさがす

宮沢 孝幸

京大のウイルス研究者・宮沢孝幸さんがコロナウイルス対策を語る「言葉が汚くて申し訳ありませんが、。 叫び届きますように」び 京都大学・ウイルス・再生医科研究所の研究員である宮沢孝幸さんがコロナウイルスの感染拡大についてその対策を言及したツイートが話題になっています。 言葉が汚くて申し訳ありませんが、Facebookでの文章を貼っておきます。 かなり長い連続ツイートとなります。 これはわたくし個人の意見で、京都大学とはなんの関係もありません。 なおわたくしは1988年から一貫してウイルスを研究しております。 論文も英語で200報以上書いております。 叫び届きますように — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 まず、よく考えて! 今、感染拡大を止めるのが大切。 今回のウイルス、感染しても多くの人は気がつかない。 無症状なんだよ!でも、それが危うい。 他人に知らないうちに移しちゃう。 そして、中には発症して、死んでしまう人がでる。 まずは、意識改革だ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 「自分は今、感染している!(無症状で!)」 「誰にも移しちゃいけない!」 そう考えるとこから始まる。 コペルニクス的転回。 パラダイムシフト。 考えをひっくり返せ! 移らんようにするより、「移さんこと」に意識を集中する。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 それをみんなでやれば、たとえ今自分が感染していなくても、他から移されないということだ。 みんなでやれば、みんなが助かる。 このパラドクス、この理論、わからんやつは帰れ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 ウイルスが出てくるのは、咳とか唾とか呼気とか。 普通の呼気だけではうつらん。 (激しい運動は知らんが) 咳とか唾とかが相手に飛べばその人に移る。 でも、それは感染者のマスクでほぼ防げる。 マスクは今は高いけど、普段は一枚20円ぞ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 すごい効力なのに、たったの20円。 一枚あれば、洗って2週間は使える。 アルコールあれば、しゅっしゅで終わり。 なるべく鼻で息を吸え! 口呼吸で思い切りウイルスを肺の奥に吸い込むとかはやめとけ。 (肺の奥でウイルスが増殖しだしたら終わり。 ) — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 マスク入荷してきているようです! 花粉症なら鼻つまってるだろ!口呼吸だろ!だったら、なおさらマスクだ! 次にどこかについたウイルスからの感染。 実はこっちが重要! たいていは手から移る。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわるな、ましてや鼻くそはほじらない。 (かくれてやってもダメ!) 唇触るのもだめ。 口に入れるのは論外。 意外と難しいが、気にしていれば大丈夫! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 気になったら(どうしても鼻くそほじりたくなったら)、手を先に洗えば済むことだ。 洗って思う存分ほじるがよい。 人前で鼻が気になったら、上腕でなんとかしろ。 外出してて手が洗えないならアルコールスプレー。 それがないなら、ウエットティッシュー。 それもないなら、ぬれハンカチだ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 物理的にハンカチにウイルスちゃんを押しつけろ。 人が集まっているところ、怖いかも知れないけど、よほどやかましいところに行かなければ大丈夫だ。 人と集まって話をする時は、マスクしろ。 他人と食事する時は、黙れ。 食事に集中しろ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 味わえ!友達との会話は食事後でマスクして話せ。 それで十分だ! 家に帰ったら、速攻手を洗え。 アルコールあるなら、玄関ですぐに吹きかけろ。 ドアノブも拭いとけ。 酒?やめとけ。 そもそも体に悪い。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 酒を飲んだら、会話するだろ。 大声になるだろ。 それが危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ。 一ヶ月会社休んで回復したら、みんなの代わりに仕事しろ。 ただ、爺ちゃんばあちゃんの前には治るまで絶対でるな。 風呂はなるべく早く入れ!帰宅後すぐがベストだ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 たった、これだけ!これだけで感染爆発は防げる。 都市封鎖、サラリーマンのお前は何も困らなくても、飲食店は確実に潰れる。 他にもたくさん潰れるところは出てくる。 関係ないと思っていても、恐慌になったら、お前のところもやばくなるぞ。 他人事じゃない。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 いつかはお前もかかる。 かかった時助かるように、いまからなるべく栄養つけろ。 よく寝ろ。 タバコはこれを機にやめろ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 あとで、大学教員にふさわしい文章に変換します。 こちらの方が、届きやすいとの意見もあり、ツィートさせていただきました。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 ネットの反応 手を消毒するには厳しいですね。 何とかして欲しいのですが、外での代替策としては、ウェットティッシュで良く拭き、ビニール袋に入れて捨てる。 濡れタオルを用意して良く拭いて、ビニール袋に入れて、帰宅後選択する。 しかし、なんども拭くとなるとたいへんですよね。 ちょっと色がつくけど、イソジンか — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 めっちゃわかりやすいです。 ほんとにありがとうございます。 なのですが、絶対テレビでもこういうの流して欲しい。 若者はテレビ見ない?かもですけどおじいおばあちゃんは見ますよね、こういうの1番知って欲しいのおじいちゃんおばあちゃんです。 私は薬局で働いてます。 感染者がウイルス入りの飛沫を広げないためのものです。 無症状の感染者も着けていることで、拡散防止にはなっていると思いますよ。

次の

コロナ収束を早く迎えるための“逆転の発想”? 京大准教授・宮沢孝幸氏の「ウイルスの本質を踏まえた戦略」(ABEMA TIMES)

宮沢 孝幸

緊急事態宣言解除からまもなく1カ月。 12日に、大阪府の専門家会議では、自粛や緊急事態宣言などの対策にどれくらい効果があったのか、その検証が行われた。 吉村知事の「ピークアウトするのに、外への自粛は影響があったのかなかったのか」との問いに対して飛び出したのは、大阪大学核物理研究センターの中野貴志教授による「データを見る限りは関係なかったと思う」との見解だった。 重ねて吉村知事が「その後の緊急事態宣言も営業の自粛も効果がなかったということか」と尋ねると、中野氏は「なかったと思う」と回答した。 大阪では緊急事態宣言が出される前の3月末事典で、すでに感染は収束に向かっており、自粛の効果は限定的だったという指摘に、吉村知事は思わず天井を見上げて言葉を失った。 「この結果を見てびっくりしたし、朗報だと思った。 見事な一直線で、間隔もほぼ同じ。 理論値通りに値が落ちている。 専門家会議の資料に出てきたグラフを見ても、3月15日以降、4月上旬までの期間についても、直線的な下降線になっていた。 3月20日頃のお花見のシーズンに随分緩んだような印象があるかもしれないが、その影響も出ていない。 つまり、2月くらいから皆さんがかなり警戒されていて、自粛も始まっていたが、あの頃以上の自粛は必要ではなかったという可能性が出てきてしまったということだ。 K値が完全に信用できるものとは限らないが、西浦進教授によるRt(実効再生産数)を使ったグラフよりも未来を予測しやすい。 最初の立ち上がりから1週間くらいの推移を見れば、ある程度の将来が見えてしまうので、それを見ながら急ブレーキをかける政策決定をしてもいいのではないかと考えている」。 一方、4月7日時点で緊急事態宣言を発令したことは、やむを得なかったとも話す。 「あの頃は感染者数がどんどん増えていた時期でもあり、皆さんが焦っていた。 我々もビビっていた。 3月27日にはピークアウトしていたが、Rt(実効再生産数)は3月下旬まであまり下がっていなかったし、確信が持てるようになったのはゴールデンウイーク頃だ。 やはり4月上旬の段階ではやむを得ない判断だったと思う」。 その上で宮沢准教授は「もちろん自然免疫が上がっていて抑えられたというような、様々なファクターが考えられるし、ウイルスも変異するので、次ぎも同じかと言われると、そうとは言えない。 逆に言えば、欧米の活動自粛の基準に従わなくても、独自路線でコントロールできるということが分かったということなので、この点は利用すべきだと思う」とした。 そんな宮沢准教授は、かねてから「ウイルス100分の1作戦」を提唱してきた。 「猫の病原性コロナウイルスでは約1万個の感染性ウイルスが必要なので、感染者から体内に入るウイルスを100分の1にすれば感染はほぼ防げる」という考え方だ。 「たくさんのウイルスでなければ、我々の自然免疫などのブロック機能を突破することはできない。 そこで、完全にウイルスをなくすという発想ではなく、100分の1くらいにして、彼らが手も足も出ないようにするという発想だ。 もちろん例外はあるが、人々にゼロリスクを求めすぎる傾向があると思う。 狂牛病の時も、1人を守るために精肉店や焼肉店がバタバタと潰れてしまうことになった。 そういう国民の意識が変わってくれないと、政治家も人気取りの方にどうしても行ってしまうと思う」。 が「メディアも冷静さを失っていたと思う。 緊急事態宣言についてはもう終わってしまったことではあるが、もし第二波が来た時に、また同じことをやるのかどうかだ。 今までのことを学んで違う方法を取れば、経済的な活動を続けることもできるかもしれない」と話すと、宮沢准教授は「大変言いにくいことだが、やはり医者の側に立ってみれば、1人の命を助けるというのが最優先されるし、ああいう提言が出てきてしまうのはしょうがない。 しかしウイルス学的に、マクロ的に見ると、もっと違う提言もできたし、経済の面で見ればまた違う提言もできたはずだ。 それらを全体から俯瞰してまとめられる人が欲しかった。 ただ、首相には専門的知識は乏しいので、より専門家に近い人で、大所高所から見られる人が上に立てばよかったのではないか。 私は尾身さんがそういう立場になるべきだったような気もするが、尾身さんを非難することはできない」と話していた(ABEMA/『ABEMA Prime』より).

次の