原子に宿る魂。 宇宙の全ての物質は、エネルギーで出来ている

にゃんこ大戦争の真レジェンドストーリー、魂底からの帰化「原子に宿る魂」...

原子に宿る魂

魂底からの帰化6 原始に宿る魂 星1速攻 攻略メンバー 所持金アップのにゃんコンボを採用。 最初のガガガガを処理するためにネコ半魚人、後から出てくるブラッコ用にかさじぞう。 あとは真田、セイバー、覚醒ムートで一気に城を削っていきます。 ちなみに、半魚人は攻撃力アップと速度アップの本能をMAXにしています。 (速度は今回は不要です) 真田幸村は基本攻撃力アップの本能がMAXです。 レベル50にしていれば本能なしでも大丈夫そうな感じではありますが、本能を解放していない状態では試していませんので保証はできません。 魂底からの帰化6 原始に宿る魂 星1速攻 攻略に使用したアイテム 「魂底からの帰化6 原始に宿る魂 星1速攻」の攻略はネコボンで行いました。 スピード勝負なのでネコボン必須です。 スポンサーリンク 魂底からの帰化6 原始に宿る魂 星1速攻 攻略立ち回り 開幕からネコ半魚人を生産。 本能解放して初めて使いますが、速度がめちゃくちゃ速いですw 基本攻撃力アップを解放してもワンパンはできません。 2発で倒せるので、お金が増えたら真田を生産。 同時に、壁とかさじぞうも生産します。 2体目のガガガガを倒すと一気にお金に余裕ができるので、セイバーを生産。 大狂乱ライオンや壁2枚、かさじぞうもガンガン生産していきます。 3体目のガガガガを倒したら覚醒ムートを生産します。 後は、再生産可能になったキャラから常時生産です。 お金は余りまくっているので金欠の心配はありません。 時間湧きでブラッコが出てきますが、壁で抑えているうちに城を削ります。 ブラッコが残った状態でクリアできたので、ブラッコ用に入れていたかさじぞうは不要だったかもしれません。 そのまま城を破壊してクリアです。 これで、「魂底からの帰化6 原始に宿る魂 星1速攻」の攻略は完了です。 createElement 'script' ; ad. dataset. googlesyndication. getElementsByTagName 'script' [0]; sc. parentNode. removeEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. addEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'keydown', onLazyLoad ; window.

次の

原始に宿る魂 星1 速攻攻略 魂底からの帰化6 にゃんこ大戦争|にゃんこ大戦争攻略ノート

原子に宿る魂

魂と言ってしまうから抵抗があるのかもしれませんね。 エネルギー体と言うと納得できませんか? エネルギー【Energie】物体が物理的な仕事をすることのできる能力。 エネルギー(魂)が人間の体を利用して存在する。 もちろん、魚も鳥も石も砂も水も微生物も、、、。 これらは全てエネルギーによって存在する。 スピリチュアルでは動物の魂はそれぞれ(犬、ネコ、馬、、、等)のグループソールに吸収されるそうですが、人間の場合は個々に存在するそうです。 魂にもランクがあるようですね。 もちろん上に行くほど神(パーフェクトなエネルギー)に近づきます。 動くという動作を考えてください。 身近なところに答えがあります。 肉体は単なる肉体ですので、動かしてるエネルギー(魂)とは別々に考えるのが自然でしょう。 死後の世界なんてのは基本的には存在しません。 魂が永遠に存在するかどうかは証明できませんが、現世は肉体を羽織っているだけですので、肉体が滅んでも魂は存在し生き続けます。 地獄とか、天国は想像でしかありません。 魂の個々の個性によって地獄に落ちる人もいますし、天国に行く人もいるでしょう。 摩訶不思議ですが、人間の魂は他の動植物に比べて優秀ですので価値観の違う想像力を持っているということです。 まず、自分の個性に気づいてください。 頑固である、神経質である、短気である、やさしい、嫉妬深い、、、。 ここが重要なポイントです。 自分自身が理解できれば肉体が滅びても魂が存在するかどうかの疑問点に答えが見つかります。 なるほど、説得力のある回答ですね^^ しかし、ここで新たな疑問が生まれました。 単なる肉体。 これを動かしているエネルギー 魂 が存在する。 そういうわけで、肉体消滅後も魂が残るとします。 だとすればその魂はいつまで残るのか? 回答者様もおっしゃるとおり、永遠に存在するかは証明できませんよね。 では、何が契機となって滅びるのでしょう? もうひとつ。 仮に魂が残るとして、 それはこの世に浮遊し続けるのか? それとも 未知なる世界へと行って生き続けるのか・・・ 考えれば考えるほどわからなくなりますね^^; こうしてみると私の質問文も曖昧でしたね^^; 失礼しました。 回答者さまの見解は十人十色である個性が魂そのものである ということでしょうか? 支離滅裂なお礼で申し訳ありません; 回答ありがとうございました! 「人間の転生と宇宙の法則」 *人間は肉体の死後、3秒位で人間の胎児や新生児に転生する。 *人間は男にも女にも転生する、白人や東洋人や黒人や宇宙人にも転生する。 *生まれ変わる場所は、色々な国々に転生し又、他の惑星にも転生するし、他の惑星からも地球へ転生する。 *人間は人間にしか、生まれ変わらない、他の動物ではボデイが合わない *善業の者は良き場所へ悪業の者は悪しき場所へ生まれ変わる。 * カルマの清算や自分に与えられた奉仕のやり残した仕事の実践がある。 *地獄は本来宇宙には創造されていないし、又、霊界には人間は行かない。 *創造主の聖なる息子や娘としての、人間の義務や奉仕を行う事が担わされている。 *人間の心と宇宙の意識(叡智、命、神)との一体化をする為の進化の目標がある。 *前世は各人が潜在意識(宇宙の意識)と心が結ばれ一体化すると、脳裡の過去世の映像で思い出せる。 *自分が進化する為に自我(エゴ心)のエゴの克服を行う事が担わされている。 *人間は愛(慈悲)と奉仕に生きる為に、良き想念や行いを自分の進化や全体の福利の為に行う事を担わされている。 *永遠の生命を得る可能性を示さない人は15回~16回の転生で魂が除去される。 *生命の宇宙の法則や原理を理解して進化向上した者は他の進化した惑星へ転生が許される。 *来世は貴方の進化や退化の程度、次第です。 今回は、失礼な内容なのかも、しれませんが、悪意はまったくありませんので、ご了承をくださいね。 他の回答者様の回答、お礼の記載を見ると、なにが、知りたいのか、さっぱりわからなくなります。 魂の存在の科学的な証明?? 、それも、どこまで、知りたいのか?? 、宗教論とは別の次元で?? ・・などなど。 一度、この質問を締めて、要点を整理し、第二段の質問を期待してしまいます。 死と魂というものは当然、実験で得られるものではないし、一度、死を経験したら当然、もう一度、帰ってくることは基本的に不可なので、『私の体験談は・・』などの論文、学説が、出るわけはないし。 ただし、もし出ても、やはり宗教関連となってしまうのは、事実なのでね。 もし死、魂の本質に興味を持つなら、このことだけは、頭のすみにでも、記憶していただければと思います。 いつか「死」が訪れることを心の深い意識で、その存在を認めた時に、私の回答や、皆様の回答が、理解できるはずです。 これは自分自身の病気、ケガなどのきっかけかもしれません。 私の幽体離脱は、擬似的な死の体験かもしれませんが、初めての経験の時は恐怖を覚えました。 なれると「また抜けそうだ」と割り切れるので、楽なのですが。 ですから、実際の死を認めた、又は経験する直前には、相当の恐怖が、訪れるものと感じます。 今回は、ありきたりな内容になりましたね、結果的に。 以上 ANo. 17です。 回答へのご丁寧なお礼をいただきましてありがとうございました。 疑問に関してです。 >これを動かしているエネルギー 魂 が存在する。 >そういうわけで、肉体消滅後も魂が残るとします。 >だとすればその魂はいつまで残るのか? >では、何が契機となって滅びるのでしょう? 魂は滅びない。 断言しちゃうと嘘っぽいですね。 いづれ大きなグループソールに吸収され再び魂は存在し続ける。 私が言う個性はイコール個々の魂に繫がります。 自分自身の想像力を考えてください。 頭の中に描くことが個々の魂そのものです。 従って時間など存在しない。 魂は形あるものではなく全てを描くことの出来るエネルギーである。 >仮に魂が残るとして、 >それはこの世に浮遊し続けるのか? >それとも >未知なる世界へと行って生き続けるのか・・・ この世でもあの世でもなく、未知なる世界でもなく、、、 意識の中。 想像力の中に行き続ける。 そして、段階を経て再び現世に帰って、いや、修行にやってくる。 魂の向上に。 このように魂とか神とか宇宙とか、、、いろいろディスカッションすることがほんとうに必要とされることだと思います。 なぜならば、私たちはそういった能力を持ってるからです。 神をも創造する想像力を、、、。 A ベストアンサー 30代既婚者男です。 まずはお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 >夢に出てこないのは、残された私たち家族の事を何とも >思っていないのでしょうか? >伝えたい事も何もないのでしょうか? 大丈夫ですよ。 お父さんはいつでも、あなた達家族のことを思い、そばにいます。 夢に出てこないから、何とも思っていないという事にはなりません。 お父さんがあなたに伝えたいこと。 それはいつもあなたに向けて 伝えられています。 目を閉じて、静かにお父さんのことを想ってみてください。 必ず、お父さんからのメッセージが、あなたへと届きます。 あなたが、お父さんを思うだけで、意識のアンテナが繋がるのです。 それは映像や実際の言葉として届くのでは無く、あなたの日常の中の 様々な形で届きます。 あなたがふと目が留まった本やテレビに流れる言葉であったり、 ふと浮かび上がる思いなどです。 寡黙なお父さんだったからこそ、あなたに伝えたかった言葉は たくさんあるはずなのです。 でも、お父さんは多くを語らずとも、自らの生き方をあなたに 見せることで、伝えたかったのかもしれませんね。 >本当なら病気だって辛いはずなのに、「痛い」とか「苦しい」とか、 >そういった弱音を家族の前では決して言いませんでした。 この中に、お父さんの優しさと強さを感じます。 夫として、父として、最後までお父さんは、お父さんらしい生き方 でしたね。 父親として、最後まで強くあなた達家族を守りたいという思いでは ないでしょうか? 残していくあなた達家族の為に、お父さんが出来る精一杯の愛情 なのです。 あなたに今、お父さんにしてあげられることは、 あなたの人生を強く今を生きることなのです。 お父さんが安心して、次の場所へと進むことができるような 生き方をしてください。 それが残された者の使命ですよ。 最後に紙に書こうとした言葉、 それはきっと、「ありがとう」だったのではないでしょうか。 最愛の我が子と出会い、これまでの人生はお父さんにとってとても 幸せだったと思います ですから、夢に出てこないことをあまり悲観しないでください。 目を瞑り、心をお父さんへと向ければ、今もきっとあなたの心に お父さんの言葉が届いているはずですよ。 30代既婚者男です。 まずはお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 >夢に出てこないのは、残された私たち家族の事を何とも >思っていないのでしょうか? >伝えたい事も何もないのでしょうか? 大丈夫ですよ。 お父さんはいつでも、あなた達家族のことを思い、そばにいます。 夢に出てこないから、何とも思っていないという事にはなりません。 お父さんがあなたに伝えたいこと。 それはいつもあなたに向けて 伝えられています。 目を閉じて、静かにお父さんのことを想ってみてください。 必ず、お父さ... A ベストアンサー ない と言い切れるなら 根拠を論理的に説明してください ある と言い切れる根拠を 論理的にご説明します 論破?? 論がなければ 論破できない 古いアナログ的なお考えのようなので 貴方のお考えを勝手に 整理させていただきます 引き続き 今回は科学的にご説明いたします 最初におことわりしておきます 想定 仮定 の領域を出ませんので 意識は頭の脳から と言う考えは疑問があります 生命科学の最新の分野で 意識や精神は 深層心理学(ユングやフロイト)や アナログ的なニューロンなどの伝達や 広がりでは説明できなくなりました DNAの突然変異は ランダムに発生するが 実は 量子の揺らぎに起因している可能性と指摘されています 意識が現実を作るのです ニューロンのなかの極小のチューブの振動 である 量子重力効果が 意識となり現実の貴方を作るのですが 量子もつれ 等で知られている通り それは 宇宙の情報と一体なのではないか? 宇宙の現意識 の存在が生命たらしめている 意識たらしめている可能性があります 意識は量子レベルにおける 物質の振る舞いを定義していると ロジャー・ペンローズ スチワート・ハメロフ が述べています 意識は 観測で極小の粒子が変わる事が 分かっています 意識は乱数表に変化をもたらすことも知られています 人間の意識は 計り知れない 未知の世界です 量子レベルの情報や意識は 宇宙からでは? 宇宙の原意識を 神と捕らえるか 仏教の究極の法則と捕らえるか いずれも 哲学 宗教の領域に入ります 詳しくはカット 心の仕組みは驚くほど判明していないのが 現在の生命科学です 脳は860憶の神経細胞でできていて その電機的な基礎は 理解されているが 心 思考 記憶 感情 人間の脳をマップ化するのは 不可能です 量子コンピューターがあれば 可能かも? 人ゲノムが完成したが DNAがコードしているタンパク質については ほとんどわかっていないのが現状です ちょっと長くなるのでこの先はカット すなわち 人間の知恵は あまりにも小さいと言う事です 意識の存在 魂とは を述べるには 科学的検知には限界があり 哲学 宗教の側からの解明が 必要となります それは この次 ない と言い切れるなら 根拠を論理的に説明してください ある と言い切れる根拠を 論理的にご説明します 論破?? 論がなければ 論破できない 古いアナログ的なお考えのようなので 貴方のお考えを勝手に 整理させていただきます 引き続き 今回は科学的にご説明いたします 最初におことわりしておきます 想定 仮定 の領域を出ませんので 意識は頭の脳から と言う考えは疑問があります 生命科学の最新の分野で 意識や精神は 深層心理学(ユングやフロイト)や アナログ的なニューロンなどの伝達や... A ベストアンサー >肉体が亡びても魂は永遠なら、永遠の世界に魂が溢れてしまいます。 放置すると永遠の世界に魂が溢れてしまうのですね。 そこで、そうならないように転生輪廻のシステムが構築されたのですね。 このシステム作ったのがお釈迦様なんですよ。 日本人の殆どの人は数十万回以上の転生を経験していますね。 でもまだまだ迷っているでしょ。 システムを知らない人は洗濯機を回すようにぐるぐるやられるのです。 洗濯機の転生と呼んでますね。 このシステムに気づいた人はちょっと別格で扱われるようになりますね。 洗濯機から出て、生まれたい時を自分で選べるようになるということですね。 これを解脱といいますね。 こんなのがあの世の常識ですね。 分光とかみたまわけ、と呼んでますね。 分かれたあなたたちがまた転生して個性化していくのですね。 つまり、鼠算式に増えているのです。 進化した魂は地球も飽きてくるでしょうから他の星にということもあるのですね。 中国やインド、アフリカで人口が増えているのは、ちょっと違って宇宙からの魂の移民を受け入れているからなんですね。 だからあの人達は少し変わっているのですね。 こんなのがあちらの世界の常識ですね。 あの世の常識を知るものもいますから、気軽に質問してくださいね。 >肉体が亡びても魂は永遠なら、永遠の世界に魂が溢れてしまいます。 放置すると永遠の世界に魂が溢れてしまうのですね。 そこで、そうならないように転生輪廻のシステムが構築されたのですね。 このシステム作ったのがお釈迦様なんですよ。 日本人の殆どの人は数十万回以上の転生を経験していますね。 でもまだまだ迷っているでしょ。 システムを知らない人は洗濯機を回すようにぐるぐるやられるのです。 洗濯機の転生と呼んでますね。 このシステムに気づいた人はちょっと別格で扱われるようになりま... Q 母の死からもうすぐ100日になります。 母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。 ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。 それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。 百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。 私の母と同じ病気で亡くなった方だったのですが、亡くなってすぐの様子は 入院中に出来なかった色々な事をして結構気楽にやってるよという話だったので、死んでも無ではないんだなぁ、母も病気から解放されて楽になったかな、ということが私の支えでした。 ホーキング博士の「死後の世界はない」という発言がちょっと淋しくて、でも博士もまだ生きているわけだしと思うのですが、 「無ではないかもよ」というエピソードを聞かせて頂いたら嬉しいです。 今回は、死後の世界があるかないかではなく、(生きている人にはわからないのだから) 「無ではないかも」限定でお願いします。 百箇日過ぎたら、より前向きに生きて行きますのでよろしくお願いいたします。 母の死からもうすぐ100日になります。 母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。 ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。 それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。 百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。 私の母と同じ病気で亡くなった方だったので... A ベストアンサー うちのじいちゃんが死んだ時。。。 霊感の強い従兄の子が、葬式で「あそこにじいさんいるよ」と言っていた。 自分は霊とか信じないタイプだから「ふ~ん」って流していたけど、その従兄の子は、葬式までうちに来た事がなかったんだよね。 んで、じいちゃんが生前、部屋の出入りに使っていた窓があったんだけど、そこから出入りしているよ~と従兄が教えてくれたのには驚いたよ。 そこの窓から出入りしているのを知っているのは、うちの家族だけ。。。 どう見ても、通常は出入りに使うような窓ではないから、従兄が知る訳ないんだよね。 「マジで。。。 ?」と思ったけど、それを聞いたうちの父ちゃんは「そうか、じいさんが歩いているか。。。 」と嬉しそうにしていたよ。 うちのじいちゃん、死ぬ時はもう歩けなかったからね。 死んでから、膝の痛みも無く、歩けるようになったんだな~と思ったな。 怖い幽霊とかは見たくはないけど、家族とか「もう一度会いたい」と言う人であれば、幽霊でもいいから会いたいと思うよね。 Q 先日、とても良くしてくださった義母が亡くなりました。 今49日前のお逮夜まいりをしているところです。 今度の日曜日にもお骨のある実家へ行くのですが、私としては何か義母のために出来ることがあればと思い、本屋さんで「般若心経」というもの(とても簡単なものなのですが)購入しました。 本を読みながらではありますが、これを読みたいと思っています。 でも、私が良かれと思っても、見当違いのものであると残念だし、他の誰かの気持ちを害するといけないので、伺いたいと思いました。 義母は特に信仰していた宗教はないようです。 お葬式の時は「真言宗」の方がお経をあげてくださったと聞いています。 (特にこちらからの指名ではなかったそうです)お逮夜参りの時は、特に他の親戚などはおらず、孫と義父と主人でやっています。 主人は「色々宗教とかあって、それ、違うんじゃないの?」と別に嫌がっていませんが、良く解らない様子です。 よろしくお願いいたします。 何か義母のために出来ること、教えてください。 A ベストアンサー 多くの方が仰っていますが、残念ながら不可能だとお考えください。 というのは、現在いわゆる幽霊や死後の世界というものは人によって様々に というか好き勝手に 言われており、自称霊能力者たちに都合のいいように作られています。 彼らの詐欺的行為によってあなたのご主人との思い出を汚されてしまう可能性を考えると、おやめになられたほうが賢明でしょう。 また、テレビ マスコミ は基本的に自分たちの視聴率のみが重要なもので、そのためならば嘘を流すことも厭いません。 特に、アンビリーバボー、USO、これマジ、といったものはもちろん、特命リサーチ、あるある大辞典など、嘘や誇張の情報を平気で流しております。 あれは基本的にエンターテインメントとお考えください エンターテインメントですから芸人さんや単なるタレントなどが司会やゲストをしています。 また、あのような番組に出ている自称霊能力者が実はカルトの教祖だったりすることなどは比較的多いケースです。 ご主人が最後に何か言いたいことがあるとするなら、それはあなたの思い出の中のご主人に尋ねるのが最もよいでしょう。 A ベストアンサー 宗教的な考え方についていけないが、生まれる前は何もなく死後にも何もない、という考えにも賛同できないという方のために、 こういう考え方もある、ということをお伝えしておきます。 この考え方は、 人間は、その「肉体」と「意識」(俗に魂とか霊などと呼ばれているもの)とからできており 「肉体」は、その誕生から死までの間だけ存在するもの 「意識」は、生前・死後も存在し続けるもの と仮定しています。 >人間って生まれる前は何処にいるのですか? >死んだらどこにいくのですか? 人間は、現在の「意識」として生まれる前と死んだ後は、同じところにいるそうです。 (分かりやすく言うと、俗に「あの世」と呼ばれる場所です。 ) その場所は、各宗教で言われているような「地獄」のようなところではなく、「天国」や「極楽」のようなところだそうです。 この、「地獄」とは、 宗教の指導者が、生きていく上で「悪い行い」を人々がしないように、 「悪いことをするとこのような場所へ行くことになる」という例えを表現したもので、 実際にそのような「場所」が存在するのではなく、 死後の自分の魂が、生前の自分の行いを振り返っているとき、自らの行為が他人へ及ぼした「悪影響」を知って、苦しむ様子を表したもの、だそうです。 この過程は、死後、誰もが通る過程であるため、「地獄」を避けることはできないそうです。 ただ、「地獄」の過程は、永遠に続くものではなく、死後の意識が生前の悪事を「反省」すれば、普通の「あの世」へ行けるのだそうです。 この、「あの世」へは、行ったきりではなく、多くの場合、また人間として生きるため、この世へ再び生まれてくるそうです。 #5の回答に、「すぐ」とありますが、「あの世」では「時間の概念」がないそうで、そのため「すぐ」と表現されてしまうようです。 人間の時間に直すと、ほぼ死の「直後」から、数百年もの間があくこともあるそうです。 「あの世」では、次の人生のための準備をしているそうですが、特別な使命のある人はその準備を瞬時に済ませ、本当に「すぐ」に生まれ変わることもあるのだそうです。 ただしそれは、いわゆる「復活」ではなく、あくまで人生の最初からやり直すことになります。 逆に、準備が出来ない場合は、ある程度の期間、肉体を持たないままでいることもあるようです。 ただし、すでに人間として十分に修行を積んでしまった魂は、もう人間として生きる必要がないため、再び生まれ変わってくることは、(ほとんどの場合)ないのだそうです。 >僕の友達が生まれる前の記憶があると真剣に語っていたのですが…。 「意識」が存在し続けているので、その「記憶」もまた、存在し続けているようです。 ただ、これらの「記憶」は、「現在の自分の記憶」と混ざってしまうと不都合なことが多いので、通常の状態では思い出せないよう、隠されているようです。 たまたま、「現在の自分の記憶」がまだ少ない幼児の頃などに、そのような「記憶」を思い出す機会が度々あった人は、「現在の自分の記憶」にもそれが記憶されるため、「生まれる前の記憶がある」という自覚があるようです。 >死んだらまた新しい人間としてやっていくのですかね? 「意識」は存在し続けるようですが、それが以前と同じものである、ということは、表面的には分からないそうです。 以前生きていたときとは、入っている肉体の性質も違うし、違う人生を生きるために、性格も違っていることがあるからです。 その意味では「新しい人間」と言えますね。 次にどんな人間になるか、どんな人生を送るかは、ほぼ「あの世」で決めてくるそうですが、どこまできちんと決めてくるかは、その「意識」によって違うそうです。 ところで、いくつかの宗教では「魂」は不滅である等の考えを否定しているものがあります。 それらの宗教は人間が生きていく上で非常に厳しい気候・風土に根ざしたもので、 再びそのような厳しい「この世」に生まれて来ることなど、辛くて考えたくない、という人々にも教えを広めるために、 「死後は再び生まれ変わることがない」という考え方を取り入れたようです。 「生まれ変わることはない」のですから、いわゆる「前世」も、存在していてはいけないのです。 起こっている現象は同じことなのですが、それを表現する人のとらえ方・表現のしかたが異なるため、まるで違うことを言っているような、大きな相異が起こっているようです。 この「違い」のために、過去のみならず現在も、多くの人間の命が失われていることは大変に嘆かわしいことですが、もしかすると、それらの「違い」を理解し、乗り越えることも、われわれ「人間」の使命のひとつではないかとも思うのですが・・・。 以上に述べたような考えは、単なる空想だ、と片づけてしまうこともできるのですが、 ある程度の部分、「科学的に」証明されているようです。 それについて詳しくは、参考URLの本をご参照下さい。 宗教系の考え方になじめない人や唯物論者の方には、最適な参考書だと思われます。 実際、この本は、人の生死の場面に多く係わる医療系の方々や、「心の問題」を多く抱えてはいるが宗教を取り入れてはいけないことになっている公立校の教師の方々によく読まれているようです。 なお、このような考え方に賛同できない方もいらっしゃると思いますので、押しつけがましくならないよう、「自信なし」で書かせていただきました。 amazon. この考え方は、 人間は、その「肉体」と「意識」(俗に魂とか霊などと呼ばれているもの)とからできており 「肉体」は、その誕生から死までの間だけ存在するもの 「意識」は、生前・死後も存在し続けるもの と仮定しています。 >人間って生まれる前は何処にいるのですか? >死んだらどこにいくのですか? 人間... Q 母が父の死から立ち直るにはどうしたらよいでしょうか。 皆様のお知恵をお貸しください。 昨年の春に父が定年を間際にして急逝しました。 母は父の定年後に二人で一緒に旅行に行ったりすることを楽しみにしていたようで、父の死に大きなショックを受けたようです。 (もちろんみんなショックを受けましたが。 ) 私も弟も結婚して別の家に住んでいるため、それ以来母は一人で生活していましたが、父への依存が大きかっただけに父がいない生活に耐え切れなかったようで、うつ病になってしまいました。 私は夫の仕事の関係もあり、母が住む実家から約60km離れた場所に住んでいるため、あまり頻繁に会いに行くことはできないのですが、時間を作って週末に会いに行ったり、ときどき我が家に泊まってもらったり、毎日電話をかけて話を聞いたりとできる限りのことはしているつもりです。 それでも寂しさを紛らすことはできないようで、会ったり話したりするたびに寂しいという言葉を口にします。 本来ならば家族である私か弟が母と一緒に生活してあげるべきなのだとは思いますが、私は嫁いでいる身ですし、幼稚園に通う子どももいるので、そう簡単に実家に帰るわけにはいきません。 弟も実家から少し離れたところに住んでおり、将来的には実家を弟が継ぐことになっているのですが、今の家から実家に戻ると通勤時間が10分から1時間半になってしまうことと、実家が今の家よりも田舎にあり子育てに不向きな環境だと考えていることから、実家に帰ることに消極的です。 母も、弟が不満を抱きながら家に帰ってきても毎日文句を言われたりして居心地が悪いだろうと考えているようです。 母が実家と土地を処分して家族のもとへ行けばよいと考える方もいらっしゃると思いますが、実家は先祖代々から守ってきた土地で、父の両親が他界したときに父がその土地やお墓を守るという約束で父の兄弟に相続を放棄してもらっているという事情があるため、勝手に処分することは許されないと母は考えているようです。 母も自立したいと考えてはいるようなのですが、やる気が起きないらしく、仕事などを始めても長続きしないようです。 (もちろん、がんばらなくていいということは伝えるようにしています。 ) かといって何もしないで家で過ごしていると、どうしても父のことを考えてしまって落ち込んでしまうそうです。 ほんの少しでもよいので母が今よりも幸せな生活を送れるようになるためにはどうしたらよいでしょうか。 ご回答のほどよろしくお願いいたします。 母が父の死から立ち直るにはどうしたらよいでしょうか。 皆様のお知恵をお貸しください。 昨年の春に父が定年を間際にして急逝しました。 母は父の定年後に二人で一緒に旅行に行ったりすることを楽しみにしていたようで、父の死に大きなショックを受けたようです。 (もちろんみんなショックを受けましたが。 ) 私も弟も結婚して別の家に住んでいるため、それ以来母は一人で生活していましたが、父への依存が大きかっただけに父がいない生活に耐え切れなかったようで、うつ病になってしまいました。 A ベストアンサー レスありがとうございます。 例えば「趣味」です。 趣味とは、よほど大事なものなのです。 よく加藤 諦三さんが著書で仰っております。 私は四十代男性ですが、二十代の頃、英会話サークル校で同席だった女性が、 「私の母は、歳を取った時困るから、寂しくなるから、だから趣味を持ちなさいって言うの。 だから私は英語を習いにきているの」と言っていました。 又、高齢者の施設等では、習字でもカラオケでも俳句でも絵でも「趣味」というものを重要視します。 「趣味」とは、要は「自分が好きなこと」です。 「自分が好きなこと」とは、 例えば幼児にとっては「自分という存在の全て」に近いものです。 人のために生きる。 そしてそれに区切りがつく時がくる。 その時、やはり「自分を支えるもの」が必要なのです。 元より真の自立の意味とは 「自分の力だけで自分を支えて立てること。 自分の力だけで生きられること」であります。 そのために、趣味というのは時に、とても大切なものであろうと思うのです。 精神的な自立。 自分だけで自分を支え立てること。 これができないとしたならば、 厳しい言葉になりますが、それは「甘え」。 或いは「依存 他者依存 」とも云えるのか、と。 しかし元よりお母様を責めるつもりは毛頭ありません。 ご容赦下さい。 特にこの年代の方々は、趣味だとか言っている間もなく、ひたすらに自分のことを捨ててまで、 懸命にご家族のために生きてこられたのだと思うのです。 ですからお母様は立派な方だと思います。 脳血管障害でも何でも、高齢になってそういう運命がやってきた。 病気で倒れた。 そしてリハビリです。 例えばそんな時、自分を支えてくれるものは「趣味」であったりもします。 もう一度やりたい。 この気持ちがリハビリの意欲となったりもするのです。 そんなことで、一つの具体的手段として、お母様に趣味を持つことをお勧めされるのも宜しいのかな、と。 或いはもし既に趣味をお持ちなら、それに一層力を入れるよう、手助けをして差し上げるのです。 そして、趣味というものの大切さを、さりげなく諭して差し上げるのです。 レスありがとうございます。 例えば「趣味」です。 趣味とは、よほど大事なものなのです。 よく加藤 諦三さんが著書で仰っております。 私は四十代男性ですが、二十代の頃、英会話サークル校で同席だった女性が、 「私の母は、歳を取った時困るから、寂しくなるから、だから趣味を持ちなさいって言うの。 だから私は英語を習いにきているの」と言っていました。 又、高齢者の施設等では、習字でもカラオケでも俳句でも絵でも「趣味」というものを重要視します。 「趣味」とは、要は「自分が好きなこと」... Q タイトルどおりなんですが… 亡くなった大切な人(ペットも可)が「そばにいる」「見守ってくれている」と思った瞬間はありますか? 私は先日母を亡くしましたが、その数日後に夢を見ました。 母より3年前に父が亡くなっているんですが、夢の中で私は遺族として家族の葬儀に参列していました。 私が「おかしいな、この光景は母の葬儀の時の光景なのに…」と思った瞬間、参列している人たちが私に 「お母さん残念だったね」 と声をかけました。 はっとして母の姿を探すと母はどこにもおらず、祭壇に母の遺影がありました。 私は慌てて「お母さん、消えちゃ嫌だ!」と叫び、その声で目を覚ますと、右手を誰かが握っている感触がありました。 母が末期がんで入院している時、私が病院に行くと必ず私の右手をぎゅっと握って離さなかった、その時と同じ感触でした。 それからはっきり目が覚めると徐々にその感覚もなくなっていきましたが、母がそばにいてくれると思いました。 皆さんの、「見守ってくれている」と思った体験をお聞かせください。 タイトルどおりなんですが… 亡くなった大切な人(ペットも可)が「そばにいる」「見守ってくれている」と思った瞬間はありますか? 私は先日母を亡くしましたが、その数日後に夢を見ました。 母より3年前に父が亡くなっているんですが、夢の中で私は遺族として家族の葬儀に参列していました。 A ベストアンサー 妹が20代で癌で亡くなっているのですが、3.11の前に、何回も何回も夢に現れて、なにかを私に必死に伝えようとしていました。 いっしょに津波の映像が出てきて、うちは内陸県なのになんで津波?と思っていました。 3月10日に、ちょうど2時ごろ家でうたた寝をしていたら、妹の影がすっと見えた気がして、直後ものすごい揺れに襲われ、大地震だ、と叫びながら起きました。 それで翌日、3.11が来ました。 うちは6弱の揺れで、被害はなかったのですが(花瓶やお皿はたくさん割れましたが)私が極度の地震恐怖症なのを妹は知っていたので、ああこれを教えに来ていたんだな、と思いました。 亡くなってからもう30年近いのですが、見守ってくれてるんだな、と思えました。 A ベストアンサー 亡くなられた方が夢に出てくるのが、良いか悪いかといっても、見ちゃったものは仕方ないですね。 そう思いませんか? 専門家が、なんかかんか言おうが言うまいが、見ちゃったものは、取り消せません。 そんなことを考えるよりは、その方のことが、記憶の片隅にあったから、思い出したのでしょう。 そのきっかけは、何かあるのかもしれませんが、それをあれやこれや考えるよりは、せっかく思い出したのですから、ご供養して差し上げましょう。 お仏壇が身近にあれば、お茶をお供えして、手を合わせて祈りましょう。 楽しい思い出があれば、それを思い起こしながら、感謝しましょう。 お陰様で。 感謝します。 これだけ添えれば、十分だと思います。 きっと思い出してくださった仏様にとっても、うれしいことだと思いますよ。

次の

『魂の法則 108項』 立春の章(1項~9項)Cotoishiya(こといし屋)

原子に宿る魂

速攻しない前提で話を進めます。 まず蛾を倒して資金を集めます。 そして土偶の最初のに火力を集中させて急いで落とします。 次の土偶が来る前に倒せればOK。 あとは金欠にならないよう戦えばよし。 注意点は城に蛾やラッコが隠れているので少し引き付けてから戦うこと。 使えるキャラの解説に移ります。 まず壁ですが呪いが来るし属性も混ざっているので古代ネコやちびガウのような特性依存でなくゴムやラーメンのような基礎体力の多いキャラを使います。 次に量産アタッカーですが土偶の攻撃に耐えれるにゃんでやねんが適正です。 KBせずに耐えてくれます。 ラッコをすぐ倒せる地蔵もいますが、KBしやすく呪いにかかるので注意。 最後に大型ですが、まず量産型は体力の多いにゃんまやベビーに前田がいいです。 特攻型は古代種にめっぽう強いぶんぶんライダーが適正です。 またムートやラッコをすぐ倒せる真田もいいです。 とにかく以上の点で考えてすれば勝てるはずです。

次の