トリニティ オンライン ショップ。 トリニティ原価マスク39円の通販購入方法は?安く高品質な理由と価格/送料/入荷はいつかも

原価マスク(トリニティ )が通販で販売開始!購入サイトと方法は?なぜ原価で販売できるかや口コミや評判も

トリニティ オンライン ショップ

今回、販売するマスクは中国で携帯電話メーカーと協業し、工場のクリーンルームで製造しているそうです。 『ほこりなどの侵入を防ぐ三層構造フィルター』 『1枚ずつの個包装』 と、アベノマスクの汚れやゴミ付着の問題があっただけに、清潔なマスクはより惹かれるものがあります。 その上「 原価」とあれば価格高騰したマスクにうんざり気味の消費者も嬉しい限りですね。 そしてもうひとつ このトリニティさんのマスクが評価されているのには理由があります! パッケージに原価を記載した「原価マスク」。 これは 転売などを防止抑制することを目的とされているそうですよ。 さて、このトリニティの原価マスクはどうすれば買えるのでしょう? 【トリニティマスク】 価格:2,176円(税込) 枚数:50枚入り(個別包装) 購入制限:ひとり4箱まで 注意:購入後7日間の再購入はできません 購入方法 1・トリニティ株式会社の にアクセスする。 2・画面中央までスクロールして『三層不織布マスク(原価マスク)をカートに入れる 3・決済する 以上が購入方法なのですが、「カートへ入れる」をクリックするとアクセスが集中しているためか、その後はまったく動かない状況が続いています。 そして現在は、大幅に注文が上回ったとの事で受注を中止しています。 トリニティマスク また次頑張ろう😭 — mozukukun mozukukun18 トリニティマスクが買えない! シャープマスクの予約販売には約470万件の応募があったそうです。 なのでトリニティの原価マスクも相当数のアクセスがあったのでしょうね。 やはり 「買えない」「繋がらない」の声がNETには多くあります。 シャープさんのマスク応募に負け… トリニティさんの原価マスクにも負け。 今回分終了とのこと。 — なおなお naonao365 やはり、トリニティマスクだけでなくマスクが入手できないという「マスク不足」が続いています。 テレビでは閑散とした街の状況が映されますが、スーパーなど生活必需品を販売するお店には人が密るのは避けられません。 手作りマスクをしている方も多く見受けられるようになりました。 トリニティ「原価マスク」の再販はいつになるのでしょう? Sponsored Links トリニティ原価マスクの口コミ さて、原価販売で大きく注目されているトリニティのマスクですが、価格についてなどの口コミがあるようです。 でもコロ前は一箱500円しなかったのにな。 ウイルスの影響でマスクが高騰したのは 高額転売や 需要と供給のバランスも崩れたためだけでなく 生産元の中国での生産製造にダメージがあったことも大きな理由のようです。 また、ウイルスの影響で 材料の価格自体も値が上がっているとのこと。 アイデアが斬新だけど、利益は取ってほしい 自分達の仕事の付加価値がゼロと思わないで欲しい というような声もありました。 また、トリニティのマスクは同時期に一般向けに販売開始された SHARPのマスクと比べられることが多いです。 SHARPのマスクは三重県にある自社工場で生産され、SHARPの公式通販サイトで応募し、当選者が購入できるという形で販売されました。 こちらも アクセスが集中してサイトへも繋がらないという状態でしたね。 そこで、こんなツイートもありました。 結局今回は締め切ったけど、一応自社生産なシャープと違って委託生産なだけに、次回の有無と価格設定の維持可否が気になるところ。 今回は 価格:2,176円(税込)で販売できたものの 次回も原価価格2,176円(税込)で 可能なのだろうか?という心配です。 これは中国の 現地での原材料の価格や、製造状況によると思うので気になるところではありますね。 ともあれ、トリニティさんのような企業はマスクだけでなく、今後の活動も応援したくなるのは間違いありません。 受注再開を待ちたいと思います。

次の

トリニティ ブランドのご紹介

トリニティ オンライン ショップ

キーワードから探す• ブランドから探す• 機種から探す• iPhone• iPad• Apple Watch• Laptop• AirPods• Smartphones• Tablets• カテゴリから探す•

次の

スノースクートプロショップ SNOWSCOOT SHOP TOOLATE SPORTS

トリニティ オンライン ショップ

日本全体が感染拡大を防ぐために、より一層一致団結していくべきこの時に、転売や高額な価格で取引をされ、売っているものも粗悪品が多く見受けられます。 こういった状況を打破し、できる限り多くの方に使っていただけるように、適正な価格で届けたいと考えました。 【原価でマスクを販売】 私たちは普段中国に製造委託をしてスマートフォン関連製品を作っています。 その工場のいくつかがマスクを製造しています。 今回、携帯電話を製造している会社がクリーンルームを活かしてマスクを製造しているということで、特別に協力いただき、このマスクを原価で販売します。 通常、海外で製品を製造して日本に輸入し、オンラインストアで販売する場合、製品原価には少なくないコストがかかってきます。 しかし、今回これらを一切計上せずに、あくまで製品原価のみで販売することにします。 当然、我々には利益は一切ありません。 【転売対策】 原価で販売すると、転売をされてしまうことが懸念されます。 購入された方が転売されるか否かをオンライン販売で見分けることは不可能です。 そのため、1回の注文で4箱(200枚)までの数量制限をさせていただきます。 また一定期間(購入後7日間)は、再購入ができないシステムとさせていただいています。 さらに、製品のパッケージに原価構造のイラストと私たちの販売価格を印刷してしまいます。 これにより、元の販売価格が書いてあれば、転売する人はそれよりも高く売るのは難しくなるのではと考えています。 【製品仕様】 () 特長• ほこりなどの侵入を防ぐ三層構造フィルター• 安心・清潔な1枚ずつの個包装• 隙間を防ぐノーズワイヤー• 呼吸が快適な立体プリーツ設計• 耳が痛くなりにくいゴムを使用 本体サイズ• 枚数:50枚入り(1枚ずつ個包装) 価格• 単価:1枚あたり39円 (税込43円) 送料• 送料:1箱495円、2箱以上は一律506円• 1回の注文でお一人様4箱(200枚)までとさせていただきます。 一定期間(購入後7日間)は再購入はできません。 公共施設、医療機関などに限り、20箱(1,000枚)までに対しては送料858円(北海道、本州、四国、九州を除くエリア(離島)はプラス2,035円)で販売いたします。 () 【最新入荷・出荷状況】 【入荷予定日 5月11日】 中国政府の規制が日々刻々と変わり、不測の事態が発生する可能性があります。 納期状況は随時アップデートいたしますので、下記の購入ページよりご確認お願いいたします。 新型コロナウイルスにより倉庫の人員も限られているため、フル稼働で出荷を行ないますが、ご注文をいただいた順から発送いたします。 注文数によっては遅れる可能性がありますことをご理解いただけますようお願いいたします。 ご迷惑をおかけいたしますが、コストを一切かけないため、このような対応となることをご理解のほどよろしくお願いいたします。

次の