頷厭 押すと痛い。 右のこめかみが痛い5つの原因を解説!正しい対処法を学ぼう!

こめかみを押すと痛い原因がヤバい!左右どちらが痛むかで違う?

頷厭 押すと痛い

引用: こめかみを押すと痛い原因の一つとして、眼精疲労の可能性があげられます。 どういうことかというと、こめかみ部分に集まっている神経は目から入ってきた情報を処理し、脳に伝えるという重要な役割を果たしています。 そのため眼精疲労がたまると連動して、こめかみを押すと痛い、という状況を作り出してしまうのです。 神経が常に緊張状態になってしまいやすく、血流に影響がでてしまいやすいです。 その結果、こめかみを押すと痛い、となってしまうのです。 特に最近では、パソコンやスマートフォンといった電子機器の仕様を続けることで、眼精疲労がたまってしまいます。 さらにその操作に集中してしまい、まばたきが減りやすくなりますので、こめかみ周辺の血行不良状態を生み出しやすくなります。 またパソコンやスマートフォンを見ていると、目がとても疲れやすいと思いませんか?それはパソコンやスマートフォンから出ているブルーライトが原因です。 そもそもブルーライトというのは、可視化できる光線の中で、一番光量の強いものです。 厚生労働省のマニュアルでも1時間パソコンやスマートフォンなどのデジタルディスプレイを見て作業をした際は、15分ほどの休憩を取ることを推奨しているくらいです。 そのため、パソコンやスマートフォンで操作する場合、十分に注意して、作業などを進めてください。 引用: こめかみを押すと痛い原因は神経痛の可能性も考えられます。 たとえば加齢などを原因として、脳に流れている血管が動脈硬化したり、劣化を起こしてしまうこともあり、顔の神経を圧迫し、痛みを生じてくることもあるそうです。 実はこめかみを押すと痛い原因には、直接関係なさそうな首の痛みからくるものもあります。 リウマチにより頸椎がゆがんでしまったり、ストレートネックや頭を下に下げたままの姿勢を取り続けたりすることによって、こめかみを押すと痛い原因になったり、顔に起こる神経痛の原因になったりします。 その中でも上部頸椎から異常が来る可能性もあります。 上部頸椎とは、首の骨の中でも頭蓋骨に近い骨のことです。 ここに異常が出た場合、こめかみを押すと痛い原因になる頭痛のほかに耳鳴り、首痛、肩こり、腰痛などを伴うことがあります。 こうした上部頸椎の歪みは、歪みを矯正してしまうと、すぐに痛みが消えることがあるということです。 特に神経については、ストレスから痛みが生まれてくる場合もあります。 ストレスを受けることによって自律神経が乱れると、血管が収縮することも。 結果的に血流が滞り、神経痛を起こしてしまう原因にもなります。 ストレスやコリからこめかみを押すと痛い原因になる場合もあります。 そのため、神経痛やストレスなど、大きくならないように気をつけ、こめかみを押すと痛い原因は少なくできるようにするにしましょう。 その中でもこめかみを押すと痛い原因になりうるものがいくつかあります。 こめかみを押すと痛い、こめかみのあたりがずきずきと痛む、そんな場合、考えられる原因として片頭痛があります。 こめかみの部分の血管が広がることで、その周辺の神経が押され、圧迫されることが原因で起きる頭痛です。 主に頭の片側だけで起きやすいタイプの頭痛ですが、場合によっては両側が痛む場合もあります。 その片頭痛を起こす原因には、季節の変わり目であったり、温度の変化が大きい場合、天候の変化などが考えられます。 そしてそのとき、こめかみを押すと痛いと感じる可能性が高いです。 また心身のストレスから解放されたタイミングで急に血管が拡張することもあり、ストレスを感じられないときにこそ、片頭痛が起きることもあります。 緊張性頭痛の場合、たいていは頭の横の筋肉だったり、肩や首などの筋肉が緊張することで起き、こめかみのあたりが押すとズキズキと痛むようになります。 肩や首などの筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。 こめかみを押すと痛い原因となる緊張性頭痛を起こす原因は、精神的ストレスや身体的ストレスからくることが多いです。 また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる緊張性頭痛の場合もあり、また片頭痛を併せ持つ人もいます。 それだけこめかみが押すと痛いと感じてしまう原因になりうるものには、頭痛が大きな原因となりえるのです。 特に右側のこめかみが押すと痛い場合には片頭痛の可能性が高いです。 左側の場合にも片頭痛などの可能性も考えられますが蓄膿症など、また違う病気の可能性も考えられます。 そのことから起因して、こめかみを押すと痛いという感覚になる場合もあります。 顎関節症はあごの筋肉の緊張からきている場合もあり、顎関節症が原因で、こめかみを押すと痛い状況になっている可能性もあります。 あなたはあごの噛み合わせに問題はないですか?変に歯を食いしばってしまうことはありませんか?そのようにあごの筋肉を間違った形で負荷をかけ続けるとそれが原因で頭痛をひこ起こしたりする場合もあります。 その場合、こめかみを押すと痛い原因となります。 そもそも顎関節症というのは、顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや口が開かないなど機能低下を起こすことを言います。 もし顎関節症が悪化してしまった場合、口があがなくなったり、顎に痛みやしびれがあるなどの症状が起こり、日常生活にも支障をきたします。 また、顎関節症が原因で肩こりや頭痛・食欲不振など 全身の症状も出てくる場合も少なくありません。 特にこめかみを押すと痛いと感じるような頭痛が起きることも多いです。 こめかみまわりを直接セルフマッサージしてしまい、応急処置をしてしまうのも手ですが、こめかみを押すと痛いと感じる原因となりそうな場所のツボを押してしまうのもおすすめです。 結果的にこめかみを押すと痛い場合に、セルフマッサージや動画でケア方法を探し、実践することも効果的ではあると言えます。 しかし応急処置となってしまい、根本の解決には至っていないため、おすすめの方法はこめかみを押すと痛いと感じられるようになった根本の原原因を解決できるツボを押しましょう。 顔には約60のツボが集中しており、その多くがこめかみを押すと痛い原因を根本から軽減できるものになります。 例えば肩こりや頭痛などにアプローチできるものや、眼精疲労などを軽減できるものもあります。 そのため、こめかみを押すと痛い原因に根本からアプローチできるツボを探して、試しにどんどん押してみましょう。 気づいたらこめかみを押すと痛いと感じにくくなっている可能性も考えられます。 そのため、自分自身がリラックスして、こめかみを押すと痛いと感じる原因の一つのストレスを軽減する方法も効果的であると言えます。 リラックスできる音楽を聴いたり、セルフマッサージ用の動画を探して、動画を見ながらケアしてみたり、お気に入りのお茶を飲んだりすることで気分のリフレッシュもできます。 そうしてリラックスできたことで、緊張性頭痛や片頭痛などの、こめかみ部分に痛みを感じやすくなる原因の一つを減らすことができます。 眼精疲労などの場合、ストレスから解放されるために動画を見たりすると、余計に目が疲れ、こめかみを押すと痛いと感じる可能性もあるので、状況によって方法をわけてくださいね。 こめかみが痛いと感じるときの原因に合わせ、セルフマッサージがいいのが、ケアの動画を見て応急処置をするのがいいのか、使い分けてください。 寝るや目が疲れたな、と感じるときにはホットのアイマスクなどを試してみていただくと、リラックスしやすいです。 セルフマッサージをした後などにはさらに効果的に使用することができます。 ここまででこめかみを押すと痛いと感じる原因とその対処方法をあげてきました。 何らかの理由でこめかみを押すと痛いと感じた場合は笑える動画などを活用しリラックスしたり、セルフマッサージの動画を探して、動画を見ながらマッサージするなどしてみてください。 それでもよくならない場合は、ほかに痛みの原因があるかもしれません。 その場合は、動画などからまねしたセルフマッサージやケアではなく、マッサージのプロの手を借りたりしてみてくださいね。 実際、どうしようもない場合や病気を患っている場合もあるので、おかしいなと感じたら、できるだけ早く病院に行ってください。 取り返しのつかなくなる前に早めに対処して、健康的な生活を送りましょう! 人気の記事• 賛否両論の異性でサシ飲み。 今までにサシ飲みをしたことがありますか? サシ飲みとは、マンツーマンで向き […]• 飲み会の挨拶は緊張してしまうもの。 颯爽と飲み会で挨拶してみたい人は多いと思います。 できればちょっとみんなを […]• 人の名前が覚えられずに困っている人必見! 社会で生きていくには人との関わりは非常に重要です。 仕事だけ […]• 玉の輿とは? 玉の輿に乗りたい女性は多いでしょう。 玉の輿とは、誰もが知っているように年収の高い男性と結婚をし […]• バレたらまずいファーストピアス ピアスをつけることは女性にとっても男性にとっても一度は憧れるものではないでしょう […]• 大麻で逮捕された芸能人まとめ! 薬物の所持や利用で逮捕される芸能人は非常に多く、令和現在でも後を絶ちません。 […]• 皇族の性事情がやばい? 今回は、国民の多くの人が心の底で実は気にしているけれどなかなか真相を知る機会がない… […]• ドラム缶女性焼殺事件とは? 現在、「ドラム缶女性焼殺事件」という事件をご存じの方はどれくらいいらっしゃるので […]• 伊勢崎市同居女性餓死事件とは? 伊勢崎市同居女性餓死事件とは「犯人・金井幸夫」とその家族が共謀し、女性を暴行 […]• 尖閣諸島問題とは?【2019年最新版】 2019年最新版として「尖閣諸島問題」の概要を解説 令和がスタート […]• モンゴル帝国がレイプしまくってた? 歴史の授業でもよく耳にする圧倒的強さを誇ったモンゴル帝国ですが、実は歴史的に […]• ガンを宣告された芸能人! 現在の「ガン」は完治する場合も多く、昔よりは怖い病気と感じることが少なくなってきて […]• 田口八重子さんとは? 田口八重子さんの名前を聞いたことはありませんか?北朝鮮による日本人拉致被害者の1人で、 […]• A級戦犯とは? かつて大日本帝国とアメリカ合衆国が戦争をした後の裁判。 それが東京裁判です。 東京裁判では「絞首 […]• イケメンの多い私立高校ランキング【首都圏編】 皆さんは、イケメンを見ることが好きですか?目の保養とはよく言っ […]• イラク日本人青年殺害事件とは? イラク日本人青年殺害事件とは、旧政権の残存勢力だった「イスラム過激派」により […]• 国際結婚とは? 国際結婚とは読んで字のごとく「国籍を異する」者同士の結婚(婚姻)であります。 日本にお […]• 山岳ベース事件とは? 山岳ベース事件 連合赤軍による内ゲバ事件。 活動拠点の山岳ベースで「総括」と称する仲間 […]• 2020年に伸びそうなインフルエンサーを紹介! インターネットが世界中に網羅され、スマホで自分のライフスタイ […]• イラク日本人青年殺害事件の概要 2003(平成15)年5月、イラク戦争が終結した後もイラクの国内情勢は混迷を […].

次の

頭ツボマッサージ

頷厭 押すと痛い

頭痛がひどい! よくHair Lounge Wにいらして頂いてるお客様からよく聞く 頭痛のお悩み。 頭痛の原因としては、 肩凝りや 眼精疲労、 首の凝りなどが挙げられます。 特に仕事がら1日パソコンを使われる方は眼精疲労になりやすく、 肩凝り、首の凝りもひどくなりやすく、頭痛もちの方が多いいです。 身体は全て繋がっているので、身体の1ヶ所が悪くなると全身にひびいてきてしまいます。 あらゆる凝り、眼精疲労から起こる頭痛。 これは本当に辛いです。 私も以前から頭痛もちなので辛い気持ちがとてもよく分かります。 痛みが急にくることもあるため、 「頭痛薬は必需品!」何て人も少なくないはず! わたしももちろんそうです! 中々こういう身体のお悩みは美容室での会話には出てこないと思いますが、 Hair Lounge Wではカットをさせて頂いた後、 約2分程のマッサージを サービスでさせて頂いているため、お客様とよく身体の疲労に関するお悩みについてお話しをさせて頂いています。 大体のお客様はやはり、肩が凝っていらっしゃいます。 そのため、日頃から 頭痛に悩まされている方が非常に多いです。 そんな時にしてあげるといいのが、 頭のツボを押すこと! 頭にはツボがたくさんあります。 そして、そのツボによって あらゆる効果があるんです! では、 頭痛がひどい時はどこを押したら良いのでしょう!? 頭痛に効果のあるツボ 頭痛・眼精疲労・肩凝りに効くツボは耳回りと襟足に多く集中しています。 和りょうというツボ。 ここは主に 目に良い効果がたくさんあり、 疲れ目、かすみ目、視力の改善効果、老眼の予防にもなります! 次に和りょうのツボから指1本分上に上がったところ。 偏頭痛、めまいの改善効果と耳鳴りがある時に押してあげるといいです! このツボから少し下がり、耳の1番高いところの位置にあるツボ。 完骨(かんこつ) 後ろから見るとココ! 頭痛の改善効果があります! また、脱毛の改善、不眠症の改善効果にも期待できます。 次は完骨のツボから襟足に向かい少し下がったところ。 最後に、風池からまた少し襟足に向かって下がったところ。 以上、ご紹介した通り、頭には肩、首、目の疲れ、また、その症状によって起こる頭痛に効くツボがたくさんあります。 ツボ押しのポイント 初めはツボの位置が分かりづらいかもしれません。 ツボを探しだすポイントとしては、 上記の写真の位置を触ってみると、 少しくぼんでるところがあります。 2013年9月4日 Hair Lounge Wに入社。 中学3年間はバドミントン部。 高校は帰宅部で勉学に励みました。 【現在の住まい】 海老名市内 実家暮らしの4人家族。

次の

右のこめかみが痛い5つの原因を解説!正しい対処法を学ぼう!

頷厭 押すと痛い

頭痛の原因と種類を見分けることは大切! ストレスや疲労で、時々起こる頭痛に悩まされている方は多いかもしれません。 しかし、「頭が痛い」と言っても、いろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状も色々あります。 実は頭痛は、その原因によっていくつかの種類があります。 首や肩や頭の筋肉が緊張することによって起きる緊張性頭痛、頭の中の血管の拡張によって起こる片頭痛、目に後ろにある動脈が拡張して起こる群発性頭痛などがあるようです。 また、頭痛の中にも命の危険伴うものと、そうでないものがあります。 この記事では、いろいろな頭痛の症状を理解して頭痛の種類を見分け、頭痛を解消する方法をご紹介します。 頭が痛くなる原因とは? 1. 睡眠不足 頭痛は、睡眠時間や睡眠の質と深い関係があると言われています。 例えば片頭痛は、睡眠不足によっても、睡眠のとりすぎによっても起こるようです。 また、緊張型頭痛も、睡眠不足で頭痛の症状を悪化させると言われています。 群発頭痛では、頭痛の発作によって睡眠を妨げるようです。 また、睡眠時無呼吸性頭痛やいびきのある人は、睡眠時に無呼吸状態が起こり、酸素不足によって起床時に頭痛を起こすと言われています。 ですから、頭痛の原因が睡眠障害から来ているということは、よくあるようです。 見出し「<日常生活の注意点>」より参照 2. 気候の変化 気温や気圧、湿度の変化によって起こる病気のことを「気象病」や「お天気病」と言います。 実は、頭痛を気象病としてとらえるドクターもいるようです。 気圧や気温・湿度の変化は、自律神経や血管血流に影響を与え片頭痛を誘発したり、梅雨や台風の時期には、筋肉の疲労物資の蓄積を増やし肩こりや頭痛を誘発すると言われています。 確かに、冬の寒い日や、雨の降る前に頭が痛くなる、という人は多いようですね。 見出し「片頭痛」より参照 3. 生理痛 女性の生理周期に関係した頭痛もあるようです。 生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減によって周期が繰り返されますが、生理直前のエストロゲンの量が急激に低下する時期に頭が痛くなると言われています。 エストロゲンの低下はセロトニンという脳内物質の低下と関連して頭痛を起こすようです。 しかし、ある統計では、5割以上の女性が生理周期と頭痛の関連に気が付いていないということが明らかになったようです。 たまに頭痛があるという女性の方は、一度意識して確認してみてください。 見出し「生理周期と頭痛の関係」より参照 4. 二日酔い お酒を飲みすぎた翌朝、頭が痛い! これはまさに二日酔いでしょう。 二日酔いで頭痛が起きるのは、アルコールの過剰摂取によって血流が促進され、その結果体温調節のために体の水分量が失われることで、脳の細胞にも脱水症状が起きるからだと言われています。 二日酔いのときにみそ汁や梅干しが効くと言われるのは、塩分摂取が脱水症状の改善を促してくれるからのようです。 見出し「二日酔いの頭痛 」より参照 5. ストレス ストレスは、頭痛の原因のなかでも大きな位置を占めるようです。 脳がストレスを感じると、セロトニンという脳内の神経伝達物質が増加し、脳の血管を収縮させてしまうと言われています。 脳の血管が収縮すると、それが拡張するとき頭痛が生じ、これが片頭痛と言われるようです。 また、ストレスで頭の筋肉が硬くなることで、血行不良が起こり、緊張性頭痛が起こると言われています。 ですからストレスは、慢性的な頭痛を生み出すと言ってもいいでしょう。 見出し「つらい頭痛・・・」「その原因は・・・」より参照 頭が痛いときはやっぱり風邪? 頭が痛いとき=風邪とは限らない! 頭痛=風邪、と考える方は意外に多いかもしれません。 しかし、頭痛の9割が片頭痛か緊張型頭痛と言われているそうです。 また、風邪の場合はウイルスの気道感染ですから、頭痛に加えて必ず熱や鼻やのどの症状が伴うと言われています。 症状が頭痛だけの場合風邪と考えるよりも、他の病気を疑ったほうがいいでしょう。 頭痛に風邪様症状が伴う場合に気を付けることは、副鼻腔炎や髄膜炎との区別が必要なことです。 副鼻腔炎や髄膜炎は風邪薬では治すことができず、治療が遅れると慢性化したり重症化する病気と言われています。 頭の痛みが強い場合には、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「2. 心配な頭痛」より参照 妊娠中の風邪が原因の頭痛は要注意! 妊娠中に風邪で頭痛があるとき、風邪薬の服用には注意が必要です。 妊娠中期以降には、風邪薬に含まれる解熱鎮痛成分のアスピリンやイブプロフェンの服用は胎児死亡の可能性があり、禁忌となっているようです。 また、妊娠初期から中期に起こりやすい緊張性頭痛でも頭痛薬の服用にも注意が必要です。 頭痛薬よりもストレッチやマッサージなどで頭痛を緩和する方法をすすめるドクターは多いようです。 また、妊娠後期の頭痛は、高血圧症や脳血管障害など胎児や妊婦の生命にかかわる場合があるので、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「妊娠していますが、かぜ薬を飲んでも大丈夫ですか?」より参照 子供が頭が痛いと言い出した時 「髄膜炎」や「脳炎」の初期症状は、風邪によく似ていると言われています。 ですから、子供が頭痛を訴え、かつ風邪症状がある場合には、髄膜炎や脳炎との識別が肝心です。 髄膜炎は、ウイルスや細菌が原因で脳のクモ膜と硬膜の間に、脳炎は脳実質に炎症が起こる病気です。 ですから、重症化すると命に関わったり後遺症が残ったりするので、ママが早めに気が付いてあげることが大切です。 また、子供も片頭痛を起こすようです。 子供の片頭痛の特徴は、2時間ほどの短い頭痛発作の場合もあること、頭の片方だけでなく両側を痛がるケースが多いこと、吐き気や食欲不振を伴うケースが多いことと言われています。 見出し「頭部を痛がっている場合」より参照 おすすめの風邪薬は? おすすめの風邪薬は、解熱鎮痛剤の配合された風邪薬です。 アセトアミノフェンやイブプロフェン、サリチルアミドなどの解熱鎮痛薬は頭痛にも効果があります。 また、無水カフェインは眠気を覚ましたり。 側頭部とも言います。 この場所には、側頭骨、側頭筋、側頭神経、側頭動脈があります。 側頭筋は後頭部の方向に広がっている比較的大きな筋肉なので、この筋肉が緊張すると、頭痛が起きると言われています。 また、側頭動脈炎という病気では、こめかみの片側もしくは両側の浅側頭動脈という血管に炎症が起こり、頭が痛くなると言われています。 見出し「側頭動脈炎のポイント」より参照 左こめかみが痛いときの病気 こめかみの右か左の片方どちらかが痛くなる場合には、片頭痛や群発性頭痛が考えられると言われています。 緊急に対応が必要な病気として、脳梗塞や脳腫瘍があげられますが、これらの病気では、頭の特定の場所に痛みが起きるという言い方はできないようです。 ですから、激しい頭痛や、長期に続く頭痛の場合には、早めに医療機関を受診するといいでしょう。 脳の血管の拡張が原因で起こる。 目の充血、鼻づまり、鼻水、発汗など の自律神経症状が伴う。 原因は、目の奥の内頸動脈という太い血管が拡張して起こると考えられている。 20-30代の男性に多い病気。 脳梗塞では頭痛よりも、めまい、手足が動かない、痺れる、うまくしゃべれないなどの症状多い。 頭痛がある場合は、緊急性が高い。 朝起きると頭が痛いのが特徴。 見出し「頭痛外来」より参照 右こめかみが痛いときの病気 片側のこめかみだけに痛みが起こるというのは、緊張性頭痛ではあまり起こらないようです。 緊張性頭痛 では、頭全体の締め付け感、圧迫感や頭重感があると言われています。 しかし、解離性動脈瘤という病気の場合、片側だけの首の後ろから後頭部にかけて、頭痛が起こるという特徴があるようです。 解離性動脈瘤と言う病気は、動脈血管の膜に亀裂が入り縦に裂けることで起こり、くも膜下出血や脳梗塞の原因となると言われている怖い病気と言われています。 急激に首をひねる動作(スポーツやカイロプラクティックなど)で発症し、めまいが伴うと言われています。 見出し「日常的な頭痛のタイプ」より参照 【後頭部編】頭が痛いとき — 筋緊張型頭痛に多い症状 後頭部の痛みとは? 後頭部はどのようになっているのでしょうか。 後頭部は後頭骨によって覆われています。 また後頭部には、首から椎骨動脈や脳底動脈という太い血管が伸びています。 また、後頭神経が後頭部から頭のてっぺんに向かって走っています。 また、首の後ろ側から後頭部にかけて、後頭下筋群と言われる大後頭直筋や小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋などの筋肉があり、肩の筋肉(僧帽筋)と接触しています。 後頭部に痛みがある場合は、これらの骨、血管、神経、筋肉に何らかのトラブルが起きているということが考えられるようです。 見出し「椎骨脳底動脈系梗塞とは」より参照 後頭部が痛いときの症状は? 後頭部が重苦しく痛い時には、めまいが起こることがあるようです。 めまいは、その種類によって症状が違うと言われています。 例えば、目がぐるぐる回ると言われる回転性のめまいは内耳の三半規管の異常が原因で起こると言われています。 後頭部痛に回転性のめまいが伴う場合には、小脳出血や脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全などの病気が考えられるようです。 また、動揺性のめまいと言ってふわふわするような、吸い込まれるような、と表現されるめまいが起こることがあります。 この動揺性のめまいは、首周囲の筋肉の緊張による血流障害がによって起こると言われています。 後頭部痛とこのようなふわふわしためまいがある場合には、緊張性頭痛が関係していて、吐き気を伴うこともあるようです。 見出し「5. 肩こり頭痛はストレッチと運動で予防」より参照 後頭部が痛いときの病気 後頭部が痛い場合には、前述したように緊張型頭痛が考えられますが、他にも考えられる病気があります。 後頭神経痛や副鼻腔炎は緊急性は無いようですが、くも膜下出血の場合は、すぐに医療機関を受診することが必要でしょう。 自然に治る場合があるが、痛みが強く、長く続く場合には、鎮痛剤を使用する。 副鼻腔炎を起こすと、近くにある三叉神経を刺激するので、前頭部痛や後頭部痛が起こる。 発症してすぐは、手足の麻痺は起きない。 嘔吐や意識障害を伴い、緊急に対処しなければ、命の危険がある。 頭部CTや髄液検査で診断をする。 見出し「副鼻腔炎と頭痛」より参照 頭が痛くなると吐き気を伴う原因 片頭痛 吐き気が起こる原因 片頭痛では、頭が痛いというだけではなく、吐き気や嘔吐も起こることがあると言われています。 ですから、ドクターの中には、片頭痛の発作時にはトリプタン系という血管の収縮を押さえて痛みを止める薬と同時に吐き気止めの薬(ナウゼリンやプリンペランなど)の服用をすすめる場合があるようです。 これは、せっかく服用した片頭痛の薬を吐いてしまうことを防ぐためと言われています。 見出し「片頭痛の発作には、一般の頭痛薬は効果がないことが多く、ひろがった動脈を元に戻す薬が特効薬として使用される。 」「吐き気止めの薬で片頭痛の痛みが止まることもある 飲んだ薬を吐いてしまえば薬の効果は期待出来ない」より参照 吐き気と一緒に起こる症状は? 片頭痛の発作では、寒気やめまい、腹痛、下痢、だるさなどが起こることがあります。 これは、前述したように嘔吐中枢という神経が刺激されることにより、迷走神経が反応し、腹筋の収縮、冷や汗や血圧低下、めまい、顔色が青くなる、頻脈、徐脈などの症状が起きるからだと言われています。 また、片頭痛に伴う症状として、光や音、匂い、気圧や温度の変化に過敏、風が顔に当たると痛い、頭皮が痛くてブラッシングできない、ピリピリしてメガネをかけているのがイヤ、手がしびれる、ベルトがつらい、などが起きるようです。 これは、アロディニア(異痛症)と言って、片頭痛で脳血管が拡張することにより三叉神経を刺激することで起こる過敏症状と言われています。 見出し 冒頭「嘔吐は何らかの原因により」より参照 吐き気は熱中症で起こる? 熱中症が原因で、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。 熱中症では、喉が渇いたという自覚症状が無くても、症状が進行していることがあると言われています。 熱中症では、頭痛や吐き気の他にも立ちくらみ、めまい、疲労感、発汗、筋肉痛、体温の上昇、意識障害などの症状が現れるようです。 夏の時期の頭痛には、注意が必要だと言えるでしょう。 見出し「熱中症とは?」より参照 妊娠している場合は? 妊娠の初期から中期にはつわりの症状として、頭痛と吐き気が起きることがあります。 このつわりに伴う頭痛は、緊張性頭痛と妊娠によるホルモンの変化が関係していると言われています。 しかし、妊娠中は女性ホルモンの量の安定により片頭痛の発作は、少なくなると言われています。 嘔気と頭痛の症状が強い場合、妊娠と気が付かずくも膜下出血と間違われることがあるようです。 こうした場合に、CTなどの放射線検査を受けてしまうと後で胎児への影響が心配になったりすることがあります。 ですから、女性の場合は、頭痛と吐き気がある時には、まず妊娠の可能性を念頭に置いておくといいかもしれません。 見出し「頭痛」より参照 頭が痛い時に気持ち悪さを伴う原因 緊張性頭痛 気持ち悪くなるのは何で? 頭痛があると気持ち悪くなることがあります。 緊張性頭痛では、強い吐き気や嘔吐とは違い、気持ち悪さ(むかつき)が伴うことがあると言われています。 これは、緊張性頭痛が、ストレスに起因した自律神経の乱れと関係しているからかもしれません。 ストレスが起こると頭の筋肉が収縮し、ブラジキニンという痛みに関係した物質が分泌され、神経を刺激して頭痛が起きると言われています。 また、慢性的なストレス受けると、交感神経が活発になり自律神経の働きに影響を与えるようです。 自律神経が乱れると、機能性胃腸症という状態になることがあると言います。 機能性胃腸症では胃の働きが低下したり胃液の分泌が減少したり、胃の知覚過敏、胃の拡張能の低下が起こり、胃もたれや不快感を起こすと言われています。 ストレスは早めに対処しないと、頭痛だけでなく胃にも影響を与えてしまうということでしょう。 見出し「どんな症状?」より参照 気持ち悪さと共に起こる症状は? 緊張型頭痛は、肩のこり・首のこりの症状が非常に強い場合があるようです。 そのため緊張型頭痛 では、首筋や頭部の締め付け感、重い感じ、鈍痛が強いと言われています。 またこりがひどい場合には、後頭神経痛と言って、後頭部の神経が敏感になり、髪の毛を触っただけでもビリビリすることがあるようです。 また緊張型頭痛は、眼の奥の痛みや目の疲れ、重い感じを伴うことがあるようです。 これらの症状は目の周りの筋肉のこりから来ていて、眼精疲労の症状と似ているようです。 眼精疲労とは、ただの目の疲れではなく、眼の奥の痛みやかすみ、眼のけいれん、食欲不振や倦怠感、頭痛、頭重感、肩こり、不眠など全身に症状が起こる病気と言われています。 眼精疲労は目の酷使だけではなく、精神的なストレスが関係して起こると言われ、緊張型頭痛と関連性が深いようです。 見出し「2)肩こり頭痛とは 」より参照 頭が痛い時の対策法・治療法 ツボを押す ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛の場合には、ツボ指圧で頭皮や首や肩の筋肉をほぐすと、頭の痛みを取る効果があると言われています。 毎日セルフケアできるおすすめの指圧方法をご紹介します。 側頭筋をほぐします。 眼の周囲の筋肉をほぐします。 またこのツボは群発性頭痛の目の充血を改善するのにも効果があるそうです。 首や肩の筋肉をほぐします。 頭の血行を良くします。 見出し「偏頭痛をやわらげるツボ」より参照 痛いところを冷やす ~片頭痛に適しています~ 片頭痛では血管が拡張することで痛みが出るわけですから、「冷やすこと」で血管を収縮させ、頭痛を和らげることができると言われています。 入浴やマッサージで血行を良くすることは、逆効果なのでNGのようです。 冷やす方法としては、冷やした濡れタオルやアイスノンを薄いハンカチで包み、痛みのある場所に直接当てます。 安静にできる環境で行ったほうが効果が上がるようです。 見出し「片頭痛の対処法」より参照 ストレッチで体を動かす ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張型頭痛では、長時間同じ姿勢をとったことで首や肩の筋肉の血行が悪くなり硬くなることで、痛みが増すと言われているので、筋肉をほぐして温めるストレッチは効果があると言われています。 職場でも簡単にできるセルフストレッチの方法です。 頭や肩が疲れた時に、ぜひやってみてください。 (5回) 見出し「緊張型頭痛の予防法」より参照 十分な睡眠をとる ~どんな頭痛にも効果的~ 睡眠をしっかりとることは、頭痛を起こさないため、頭痛を緩和するための基本と言えるようです。 しかし片頭痛では、「寝すぎ」はNGと言われているので、注意が必要です。 しっかりと睡眠をとるためのポイントを5つまとめてみました。 静かな音楽、アロマ、読書、ストレッチ、温浴など。 毎日同じ時間に同じことをする。 起床時間、就寝時間、食事、運動など。 どうしても寝つきが悪い人は、医師に相談して睡眠薬を服用する。 見出し「偏頭痛 生活上の注意」より参照 肩や首を温める ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛では、首や肩の筋肉をほぐして「こり」をとることが、痛みを和らげると言われています。 筋肉を温める温熱療法としておすすめの方法を5つピックアップしてみました。 見出し「温泉でリラックス」より参照 マッサージをする ~緊張性頭痛に適しています~ 自分で頭部をマッサージすることで、緊張によって硬くなった頭の筋肉をほぐし、緊張性頭痛の痛みを和らげることができます。 ぜひお試し下さい。 方法:指の腹の部分を使ってマッサージします。 5本指を立てるようにして、直接頭皮に当て、前後に動かしながら揉みこみます。 少しずつ指の位置を移動させて、頭全体をマッサージします。 頭皮の血流を促し、首や肩をリラックスさせる効果があるようです。 見出し「頭痛セルフケア法」より参照 バンダナなどで圧迫する ~片頭痛に適しています~ 片頭痛が起こるメカニズムには、頭の骨の外側にある動脈の拡張が関係しているようですから、この動脈の拍動を少なくして血流を少なくすることが、痛みを和らげるコツと言われています。 方法としては、痛い側のこめかみ(浅側頭動脈があるところ)を指の腹で押さえるといいいようです。 また、バンダナやタオルなどを少しきつめに縛っておいても効果があるようです。 見出し「3対策」より参照 カフェインを薄くして摂取する ~片頭痛に適しています~ カフェインは、血管を収縮させる効果があると言われていて、片頭痛の痛みを和らげるのに効果があるようです。 しかし、カフェインをとり過ぎると、カフェイン禁断性頭痛と言われ、カフェイン中毒のような状態となり、カフェインが切れた時に頭が痛くなると言われています。 ですから、「薄めのカフェイン」というわけです。 カフェインは、コーヒーや緑茶、紅茶、コーラなどに多く含まれています。 カフェインの摂取量が一日100mgを超えると、カフェイン禁断性頭痛が起こりやすいようです。 片頭痛の時には、飲む量を適度に調整して、カフェインをとりましょう。 見出し「カフェインで軽快する一方で…」より参照 まとめ 最後まで読んでくださり、お疲れさまでした。 頭痛と言っても色々な原因や症状があり、軽いものから命にかかわるものまで、様々です。 すぐに病院に行ったほうがいい頭痛とそうでない頭痛の症状を見分けるコツをぜひお役に立ててください。 また、片頭痛や緊張性頭痛で悩む人は多いようです。 頭痛に悩まされている人は、自分がどの頭痛なのか、チェックしてみてくださいね。 頭痛の原因の大半がストレスや緊張など身近なところにあることも分かりました。 頭痛が起きた時には、ストレッチやツボ押し、睡眠をとるなどのセルフケアを試してみてください。 また、頭痛が続く時には我慢しないで、早めに医療機関を受診しましょう。

次の