韓国 ホワイト 国 除外 なぜ。 韓国はなぜホワイト国除外問題を大きくするのか

ホワイト国ってなに?わかりやすく解説!日本が韓国を除外その理由を簡単に説明

韓国 ホワイト 国 除外 なぜ

米国が、悪化する日韓関係の仲裁に腰を上げた。 同盟国がにらみ合う現状は、中国やロシアを利することにつながり、米国の安全保障環境にマイナスだと判断した。 韓国は米国の介入を歓迎するが、日本は韓国への譲歩に後ろ向きで、事態が好転するかは見通せない。 ポンペオ米国務長官は30日、バンコクへ向かう機内で、「日韓それぞれが、良い場所を見つけられるよう手助けすることが出来れば、米国にとって大切なことだ」と記者団に語った。 日韓対立について、米国は韓国政府から何度も仲裁を頼まれてきた。 当初は積極的に仲裁せず、静観する構えだったが、対立の激化を受けて東アジア地域における米国の安全保障リスクに対する懸念が強まった。 23日にはロシアと中国の爆撃機が日本海と東シナ海の上空で、初めて共同警戒監視活動を実施。 日韓のあつれきにつけ込もうとした可能性がある。 また、日韓が軍事技術や戦術データなどの防衛情報を共有することを定めた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が破棄される恐れまで出てきている。 米国にとって、こうした事態は、同地域における覇権が弱体化し、中ロを利することにつながる。 米政府関係者によると、米側は、安倍政権が2日にも韓国を「ホワイト国」から外す閣議決定をすることを憂慮している。 この関係者は「米国は日韓問題について、これまで『韓国側が悪い』と考えてきた。 しかし、安倍政権がホワイト国から除外する手続きを強行すれば、米国の立場は『日本も悪い』と変わるだろう」と警告する。

次の

韓国をホワイト国除外する理由はなぜ?日本と韓国への影響も解説!

韓国 ホワイト 国 除外 なぜ

本日(8月2日)、政府は、韓国を安全保障上の「ホワイト国」から除外することを閣議決定した。 折しも名古屋で日本を侮辱する国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」が開幕し、親韓勢力によるプロパガンダ戦が始まったばかり。 さまざまな意味で日本にとって「歴史的な日」となった。 その意味を考えてみたい。 本日の閣議決定によって韓国への輸出は軍事転用可能な1000品目以上の物資に対して「個別の許可」が必要になった。 アジアで唯一のホワイト国として優遇を受けていた韓国は、中国やフィリピン、タイ、ベトナム、インドネシアら、ほかの国と「同格」になった。 国民にとっては、「なぜ韓国を特別扱いしてきたの?」と逆に驚きだったとも言える。 核兵器の製造に使用される可能性もあるフッ化水素など3品目の輸出優遇見直しから約1か月。 次々と明らかになった韓国企業の脇の甘さは日本側を絶句させるものだった。 大量破壊兵器や生物化学兵器などの製造に転用可能な物資が、シリアやイランといった北朝鮮の友好国に不正輸出がくり返されており、その数は2016年1月から今年3月までの間に、142件も処分対象とされていた。 もちろん処分されただけでこの件数なので、水面下でどのくらいの不正輸出がされているかは想像もつかない。 政府はこの事実を把握し、安全保障のための国内の輸出管理体制の見直しをどのようにするか詳細な検討に入っていた。 経産省の幹部が言うように「これは氷山の一角と思われる」ということになるのだろう。 まずフッ化水素など三品目の韓国への輸出管理を強化することを決めて発表したのが7月初め。 それから1か月の時間的余裕を韓国に与え、韓国が厳格な輸出管理に向けて「姿勢転換」をするかどうかを待ったのである。 これらは、GATT(関税及び貿易に関する一般協定)21条で定められている「安全保障例外」の規定に基づいた措置であり、日本側には全く手続きに瑕疵(かし)はない。 韓国の反発を想定して慎重の上にも慎重を期したものだった。 しかし、韓国は予想通り、猛烈に反発した。 だが一貫して韓国の利益を代弁してきた朝日新聞を筆頭とする新聞やテレビは「なぜ対話ができないのか」「両国の信頼関係をもう一度構築しよう」という、うわべだけの偽善報道に終始し、自国の政府に圧力をかけ続けた。 「誰がここまで韓国の増長を許したのか」「また日本側が譲歩して、今後の日韓関係がうまくいくのか」という根本的な疑問は、もちろん新聞だって持っている。 それが「うまくいかないこと」はもとより承知の上なのだ。 その意味でこの1か月は本当に貴重な日々だったと思う。 まさに令和の日本は理不尽なことには毅然と意思表示をしていくことが確認されたのである。 実に喜ばしいことだ。

次の

韓国をホワイト国除外する理由はなぜ?日本と韓国への影響も解説!

韓国 ホワイト 国 除外 なぜ

韓国ホワイト国除外の流れ• 2017年7月、文在寅政権発足と同時に韓国へのフッ化水素輸出量が増加• 2018年5月、北朝鮮と韓国の瀬取りに日本が警告• 2018年10月、徴用工訴訟で日本敗訴• 2018年11月、アメリカがイラン経済制裁を再開• 2018年12月、イランと韓国が「物々交換」で取引• 2018年12月、レーダー照射問題• 2019年5月、イラン、ウラン濃縮製造量が激増• 2019年6月、安倍首相がイランを訪問• 2019年7月4日、3品目を個別許可に戻す• 最も信頼できない「り地域」に韓国を指定• 韓国ホワイト国除外は2019年8月28日から 青文字は特に関連性が高いと思われる項目。 詳細は順を追って書いていきます。 文在寅政権発足、韓国へのフッ化水素輸出量が増加 韓国へのフッ化水素輸出量 ネットで出回っている面白い資料画像。 2017年7月に発足した文在寅政権以降、韓国へのフッ化水素の輸出量が劇的に増えています。 当時は韓国の半導体が絶好調だったので、誰も疑わなかったと思います。 韓国違法輸出、4年で156件。 ウラン濃縮用機械など 同省によると、15年に14件だった無許可輸出の摘発件数は16年に22件、文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足した17年は48件とほぼ倍増した。 18年は41件、19年は1~3月だけで31件だった。 文在寅政権になってからキャッチオール規制に該当する品目の不正輸出が増えたニュース。 フッ化水素ばかりが注目されていますが、それ以外にも遠心分離機なども不正輸出していました。 手続きが簡単なホワイト国の立場を利用して、裏で何やってんの?って感じですね。 北の瀬取りに韓国船が関与…日本、韓国側に調査要求 韓国船籍のタンカーが、北朝鮮の瀬取り(洋上での物資の積み替え)に関与していた疑惑が提起され、日本政府が韓国政府に事実確認を要請したと13日、産経新聞が報じた。 2018年5月13日、韓国と北朝鮮が瀬取りをしている初のニュース。 当時は石油精製品と噂されていましたが真相は謎のまま。 この頃からイギリス、オーストラリア、カナダなど 韓国以外の諸外国が北朝鮮の瀬取り監視に加わります。 韓国は獅子身中の虫かな🤔 徴用工訴訟で日本側敗訴!韓国最高裁で判決 韓国の元徴用工4人が訴えた裁判。 10月30日午後韓国の最高裁が日本側敗訴の判決を言い渡した。 53年前に国交を正常化させたはずの日韓関係が根底から覆されるかもしれない事態となっている。 2018年10月30日のこの判決の報復処置として「ホワイト国除外」と騒がれていますが別腹です。 徴用工の対抗措置は別の形で用意するでしょう。 韓国って国際法すら無視する信用できない国だよね。 という証明にはなったと思いますけども。 日本海で韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に対して火器管制レーダーを照射 今回、なぜ韓国はレーダーを照射したのか。 「そこには韓国が隠し通したい『不都合な真実』があったからだ」とみるのは、元防衛省情報分析官で軍事評論家の西村金一氏。 結局うやむやになってしまった2018年12月20日に起きたレーダー照射事件。 「不都合な事実」は韓国と北朝鮮の瀬取り現場でしょうね。 知ってた速報。 アメリカ、原油取引含めイラン経済制裁を全面再開 米国政府は11月5日、イランの核開発に関する「共同包括行動計画(JCPOA)」に基づき解除していた対イラン経済制裁を全面的に再開した。 舞台は変わって2018年の11月5日、アメリカによるイランへの経済制裁リスタート。 アメリカとイランの関係は日韓以上に闇が深い。 イランと韓国、原油の「物々交換」取引。 制裁の回避図る イランは2018年12月1日、同国から輸出した原油の代金を物品で受け取る取引を行うことで、韓国と最終合意したことを明らかにした。 米国の経済制裁はイランの金融業界などを標的にしているが、物々交換の余地は残っている。 法のぬけ穴をつくような行為ですけど、物々交換ならオッケーみたいです。 抜け目ないというか凄いよね韓国。 そういうとこだぞ。 さて、韓国が原油と交換したものは何でしょうか?仮にフッ化水素だったらアメリカさんブチ切れると思いますけど。 イラン、ウラン濃縮製造量を4倍に イランは2019年5月20日、中部ナタンズにあるウラン濃縮施設で、低濃縮ウランの製造量をこれまでの4倍に引き上げた。 イランのタスニム通信が施設幹部の話として報じた。 対立する米国をけん制するとともに、核合意維持に向けた協力を引き出すため、欧州への圧力を強めるねらいがあるとみられる。 まるで隠す気のないタイミングのニュース。 アメリカへのけん制は分かるとして、素材はどうやって手に入れたのでしょうかね? イラン、ウラン濃縮製造量が核合意の上限突破 イラン原子力庁のカマルバンディ報道官は8日、イラン国営メディアのインタビューで、ウラン濃縮度が2015年の核合意で定めた上限(3. 2019年7月現在、どんどん増えています。 イランノリノリです。 素材はどうやって手に入れたのでしょうかね?(二回目) 安倍首相がイランを訪問 2019年6月12~14日の日程で、アメリカとイランの仲介役として安倍首相がイランを訪問。 ついでに低濃縮ウランの製造素材について、仕入れ先を聞いたのでは?と一部で噂。 韓国なの?どうなの? 仮に韓国からフッ化水素を入手していたとして、その情報で日本に恩を売っておくか、内緒にして韓国に義理を立てるか。 イランはどっちを選択するのかな🤔 3品目の韓国への輸出を個別許可に戻す 政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。 で、2019年7月1日韓国をホワイト国から除外すると発表。 裏が取れたかのようなタイミング。 取り急ぎ問題の3品目は7月4日から優遇処置を無くし、他の国と同じ「個別許可」に戻しました。 なお、韓国へ輸出するには「過去3年分の使用データ」が必要という話も出回っていますが真相は分かりません。 この程度のデータが用意でいない国には輸出できない代物ということでしょうか。 ***** ここまでの流れで「ホワイト国除外」は徴用工の報復ではないというのを感じ取れたと思います。 闇商人のような韓国をホワイト国にしておくと、日本もグルと思われてしまうから。 というのが個人的な見解です。 ホワイト国改正案、98%「賛成」 意見は1日から募り始め、最初の一週間でおよそ6,300件集まりうち6,200件以上が賛成で反対は、およそ60件にとどまりました。 一言、スゴイ。 野党やマスコミは反対しているようですが、日本国民のほとんどが賛成。 98%てスゴイ。 まず、パブリックコメントが6,200件以上集まることが異常で、賛成が98%になるのも想定外だそうです。 確かにイーガブのトップページから辿るのはちょっと分かり難い。 よく6,200件も集まったもんです。 結果、公募意見3万件、9割賛成 24日の夜に締め切られたパブリックコメント。 結果は9割以上が「韓国ホワイト国除外」に賛成。 政府関係者によると、通常の意見公募で寄せられる意見は数十件程度で、3万件を超えるケースは極めて異例だという。 バズりましたね。 それだけ日本人が注目しているということです。 韓国、最も信用できない「り地域」に指定 安全保障上の貿易管理制度において、経済産業省は輸出先の国や地域を信頼性の度合いによってカテゴライズしています。 簡単に説明すると「いろはに…」の順で、最も信頼がおける地域は「い地域」に指定。 もちろん北朝鮮は最低ランク8番目の「ち地域」。 安全保障貿易管理 2019年7月、新たに設置された「り地域」に大韓民国の名がっ。 今までは最も信頼できる「い地域」にいたホワイト国の韓国が、一気に「り地域」へ。 もうブラック国扱い。 フッ化水素が輸入できないって嘆いてるけど、 北朝鮮を経由した方が可能性あるんじゃないのこれ。 ホワイト国、名称廃止 経済産業省は2日、貿易管理上の優遇措置を適用する「ホワイト国」という通称を同日付で取りやめたと発表した。 輸出管理の実態に応じて対象国を4グループに分類し、従来のホワイト国は一番上の「グループA」に改めた。 28日付でホワイト国指定を除外される韓国は、Aに次ぐ「グループB」に入る。 何かの対策でしょうね。 7日に公布し、28日に施行する。 予定通り着々と進んでいますね。 閣議決定から28日施工までのニュースは別記事でまとめています。 ホワイト国除外、韓国の反応 韓国、日本製品不買運動 2019年7月5日にはソウル市鍾路区の旧・日本大使館前で、日本製品の不買を訴えるデモが行われた。 現在、韓国では日本製品不買運動が大ブームです。 「nonojapan」という日本商品のリストや代替商品を紹介する「日本製品不買専用サイト」が大人気。 狙われる日本大使館・領事館 韓国にある日本大使館は、昔から慰安婦像が置かれたりデモの集会場所になっていたりしていますが、 7月19日未明,在韓国日本国大使館付近で車両を炎上させる事案が発生しました。 6月22日には釜山の日本総領事館で不法侵入事件が発生。 反日意識はピークを迎え、増々過激になってきています。 在韓日本人は気を付けてね。 但し、比較的まともな発言をする韓国人もいらっしゃるようです。 鄭斗彦元議員「日本製品不買に反対…日本がなければ国産品作れない」「不買運動に反対する。 反日感情やこうしたものをいま掲げる時ではない」 その2日後、お亡くなりになりましたけど。 韓国の鄭斗彦(チョン・ドゥオン)前セヌリ党(現・自由韓国党)国会議員が16日午後、ソウル市内の公園付近で遺体で見つかった。 怖えぇぇぇ 韓国に居る日本人の方、本当に気を付けてね? WTO理事会で本格議論へ 23、24日にジュネーブで開かれる世界貿易機関(WTO)の一般理事会で本格的に議論されることが12日分かった。 韓国が議題にすることを要請し、認められた。 通商筋が明らかにした。 からの 「討論に加わった国はなかった」「WTOは国際貿易に関する場だ、つまり多国間だ。 日韓の話は、二国間の話だ」「対話は日韓で続けられるべきだ」 韓国は熱弁したけど各国は興味なし、とうい結果に。 これ時間の無駄じゃないかな。 ***** 追加、欠けている情報があれば随時更新していきます。

次の