ブルー ライト カット メガネ jins。 効果あるの?JINSとZoffのブルーライトカット眼鏡を8年使う私がレビューします

ブルーライトカットメガネを作るならJINSとZoffのどっちがいい?

ブルー ライト カット メガネ jins

自分は 外出用と 家用とで眼鏡を使い分けております。 一度 ブルーライトカット眼鏡にすると、 もう 普通レンズには戻れません。 それほど眼精疲労が軽減されます。 ずっと Zoffのブルーライトカット眼鏡を3年くらい使ってたんだけど、 先日、ぶっ壊れました。。 どのように壊れたかというと、 目の支え(?)のとこがこのように 折れました。 接着剤でくっつけて騙し騙しやってたんだけどやっぱすぐ取れちゃってだめでしたね。 Zoffに相談したところ、てっきり即日直してくれるかと思ったら、 意外にも この部分だけの交換は無理みたいです。 交換するなら 全とっかえになるとのこと。 それならいいや・・・と思って JINSで新しいものを購入することにしました。 眼精疲労はそもそもが ドライアイ(まばたきがちゃんとできていない)の可能性大なのでこっちも合わせて読んでみてください。 まず、これから眼鏡を買おうと思ってる方へ 絶対にこの 針金でくっついてるタイプに しないほうがいいです!! こうね、眼鏡をタオルとかメガネ拭きで フキフキするでしょ? その時にちょっと引っ掛けたら 折れますから。 「あっ」ってなったときにはもう折れてますから。 そのモデルとか店によって違うかもしれないけど、修理も できないし。 長く使おうと思うならこのタイプのものは買わないことです。 自分のように 暗ければ暗いほどいいというガチ勢は、 今のところ JINS一択です。 JINS・メガネ作成の流れ 今回、自分が買ったのは JINS SCREEN・NIGHT USE(60%カット)です。 店内にあるフレームの中から好きなものを選びます。 店員さんを呼び、 「これにブルーライトカットレンズを入れたい」と言います。 視力測定開始。 15分くらいで終わります。 前払い。 眼鏡が出来上がるまで 1週間ほどかかります。 1週間後、また取りにくる。 全くビビる必要ないので最初から店員さんに話しかけて相談にのってもらうのがいいと思います。 料金 フレーム・・・ 6,372円 レンズ(右)・・・ 2,160円 レンズ(左)・・・ 2,160円 合計 10,692円 フレームはオンライン通販でも同じのがありました。 JINSは安いイメージだから 1万円切るかな~と思ったけど そんなこともなかった・・・。 しかし!Zoffの時は 15,000円でしたね。 なんでフレームってこんなに高いんだろう。 家にある適当なフレーム持ってって 「レンズだけ新しくしたいんですけど」っていうのも可能なんだろうか。 自分はちょうど 購入から1週間で出来上がりました。 Zoff・JINS いろいろ比較 暗さ Zoffは3年前に買ったやつだから最近のモデルじゃなくて申し訳ないんだけど、 多分カット率 30~40%くらいだったと思います。 JINSは 60%。 JINSのほうが見るからに暗いですね、 確かにJINSのほうが疲れないような気がするが、 あんまり変わらないような気もしする・・・。 Zoff・JINS共に店内に置いてある好きなフレームを黄色レンズにできる 「ブルーライトカットメガネは、このフレームだって決まってるのでこの中から選んでください。 」 っていうのはもう ありません。 店内にある 全てのフレームに好きなレンズを入れることができるのが 当たり前になりました。 あまりに レンズが小さいものを選ぶと、軽くはなるかもしれないけど かけたときに フレームが視界に入るのがウザいので、 大きめレンズを推奨します。 」って言ったのに、 3年前の Zoffより重いじゃねーかよ!! うーん、ちょっと レンズ大きすぎた かな。。 ちなみにNIGHT USEでは 車の運転は控えてねとのこと。 逆に目疲れなくていいんじゃないかと思ったけど、 見え方も変わるし夜は確かに危ないかもですね。 耳が痛くなる現象はどの眼鏡でも避けられない? ずっとZoffの眼鏡を3年間使用してきたわけですが、 自分がトレードをやるようになってからかな?本格的にパソコン見る時間が増えて、 眼鏡をかける頻度も多くなってきたんですが、 だんだん 耳が痛くなる現象に悩まされるようになりました。。 そしてその頃から、 ふっと思いついて眼鏡を 逆にかけるようになりました。 こうやってかけんです。 こうすると耳に負担がかからんので。 うっかり このまま外に出たのも数度。 そして買って2年くらい経った頃、• 耳にひっかけるとこ取れる• 針金取れると不具合が多発するように。 眼鏡外すと、 引っ掛けるとこだけ耳に残ったままなの。 あまりにもシュールすぎて虚しい気分になるから是非想像してください。 この間、顔洗うために外してもっかい掛けようとしたら また 耳引っ掛けるとこだけ行方不明になって、 「は!?え!? 今ここに置いてたのに!?」 って 家族総出で捜索したことがありました。。 その時は無事見つかったんだけど、 もう二度とこんな思いはするまいと思って 即効 接着剤でとめましたね。 結局JINSでも耳が痛い もしかするとメガネ替えれば 耳痛い現象改善されるかなー? と期待してたんですが、結局、買って1週間も経たないうちにまたしても 逆にかけてますw 今も逆にかけた状態でキーボードを打ってます。 そりゃそうだよね、 Zoffよりも重いんだから 笑 これ、多分眼鏡が 軽いとか 重いとか 合わないとかじゃなくて、 単に 長時間かけすぎでもう 仕方ないっていうか 回避できないものだと思ってます・・・・ しかしもうちょっと 悪あがきしたいのでこれを買ってみました。 届いたらまたレビューします。 しかし眼鏡は 逆にかける前提に作られていないと思うので目によくないっちゃよくないっちゅー気もしますよね。 特にそんなに違和感ないんですけどね。 意外な注意点 JINSはさすが 60%カットということで、視界が とても暗くなります。 昼間、外を見るとまるで 夕方みたいな錯覚に陥るほどです。 視界が暗くなるということは、 敏感な人、特に 冬季うつの気がある方なんかは、 気分まで暗くなる可能性があります。 曇りの日、ただでさえ外が暗くて 憂鬱な気分なのに、 視界が暗くなることで更に 鬱に拍車がかかるかもしれません。 なんでこんなことを言うかというと、自分が身を持って痛感しているからです、、 敏感な方は、本当にパソコン画面を見る時だけにしたほうがいいかも。 予備眼鏡は持っておいたほうがよい 例えば家用メガネを 踏んじゃったとか 割れたとか、 そんな時は買った店にいけば対処をしてくれますが、 即日直るわけじゃありません。 割れたレンズを取っ替えるとなると、 1週間はかかるでしょう。 人によって視力は違うので、店に都合よく在庫が置いてあることは 99%ないです。 そしたら 外出用の普通のメガネでしばらくしのげばいいや~と思うかもしれませんが、 ブルーライトカットメガネに慣れたあとに、 透明レンズでPC画面を長時間見続けることは もはや 不可能。 「目が・・・目があ~!!」となり、 シャブ中のチンピラのように 「あのヤベェ黄色レンズくれよ」って禁断症状が出ます。 なので、 「ヤバイ・・・割っちゃった・・・」 ってなる前に、 予備を買っておくことをおすすめします。 みんな やらかしてから焦るけど、日頃の予防が大切ですね。 まあこれは ブーメランなんだけど、自分もよく今まで踏んで割らなかったなと思います。 2本目を作るなら日を置いたほうがお得 そんな2本目ですが、JINSでは、眼鏡を受け取るときに 次回使える 「購入者様ご優待チケット」と 「アンケートに答えて5,000円メガネ券が当たります!」っていう QRコードの紙がもらえます。 なんと!アンケートは 毎月30名に当たるというなかなかの太っ腹 早速 帰りのバスの中で応募しときました。 クーポンはこんな感じ。 1000円引き券。 半年後まで使えます。 予備用・外出用にもう1本買おうと思ってる方は、あえて2本同時に買わず、 ずらして買ったほうがお得かもしれません。 衝撃の事実・Zoffではもう黄色レンズは取り扱っていない JINSで買ったあとに、一応Zoffのほうも 敵情視察(?)として見に行ってみたのよ。 こっちのほうがいいのあったら嫌だなーと思いつつ。 笑 ところが、どこを見ても 黄色レンズが置いてない。 ブルーライトカットコーナーにも 透明レンズしかない。 店員さんに聞いてみたところ、 もう透明レンズでも十分カットできる技術ができたから(?)、 透明タイプのものしか置かなくなったとのこと。 これは結構な 衝撃でした。 だって、透明レンズに黄色レンズと同じくらいの効果があるとは 到底思えない。 絶対 目疲れるでしょw それともほんとに クリアに見えるのに目が疲れないっていう 奇跡みたいな現実がありえるのかしら。 甚だ疑問である。 ブルーライト80%カット眼鏡を望む 最後に JINSーーーーーーーー!!! ブルーライト80%カットメガネも出してくれーーーー!!! 90%でも可。 アンケにも書いたわw よろしくお願いします。 今、外出用に使ってるメガネは普通のレンズのやつなんですが、 重いし 目が疲れて困ってるので、 なんだかんだで Zoffの50%メガネ作ろうかなとも思ってます。 透明ブルーライトカットだとZoffが最強だしね。 いや、せっかくJINSでクーポンもらったから使わないともったいないし JINSで作る可能性のが大なんだけどw.

次の

【JINS(ジンズ)】ブルーライト40%カットメガネのレビュー【5年愛用!】

ブルー ライト カット メガネ jins

自分は 外出用と 家用とで眼鏡を使い分けております。 一度 ブルーライトカット眼鏡にすると、 もう 普通レンズには戻れません。 それほど眼精疲労が軽減されます。 ずっと Zoffのブルーライトカット眼鏡を3年くらい使ってたんだけど、 先日、ぶっ壊れました。。 どのように壊れたかというと、 目の支え(?)のとこがこのように 折れました。 接着剤でくっつけて騙し騙しやってたんだけどやっぱすぐ取れちゃってだめでしたね。 Zoffに相談したところ、てっきり即日直してくれるかと思ったら、 意外にも この部分だけの交換は無理みたいです。 交換するなら 全とっかえになるとのこと。 それならいいや・・・と思って JINSで新しいものを購入することにしました。 眼精疲労はそもそもが ドライアイ(まばたきがちゃんとできていない)の可能性大なのでこっちも合わせて読んでみてください。 まず、これから眼鏡を買おうと思ってる方へ 絶対にこの 針金でくっついてるタイプに しないほうがいいです!! こうね、眼鏡をタオルとかメガネ拭きで フキフキするでしょ? その時にちょっと引っ掛けたら 折れますから。 「あっ」ってなったときにはもう折れてますから。 そのモデルとか店によって違うかもしれないけど、修理も できないし。 長く使おうと思うならこのタイプのものは買わないことです。 自分のように 暗ければ暗いほどいいというガチ勢は、 今のところ JINS一択です。 JINS・メガネ作成の流れ 今回、自分が買ったのは JINS SCREEN・NIGHT USE(60%カット)です。 店内にあるフレームの中から好きなものを選びます。 店員さんを呼び、 「これにブルーライトカットレンズを入れたい」と言います。 視力測定開始。 15分くらいで終わります。 前払い。 眼鏡が出来上がるまで 1週間ほどかかります。 1週間後、また取りにくる。 全くビビる必要ないので最初から店員さんに話しかけて相談にのってもらうのがいいと思います。 料金 フレーム・・・ 6,372円 レンズ(右)・・・ 2,160円 レンズ(左)・・・ 2,160円 合計 10,692円 フレームはオンライン通販でも同じのがありました。 JINSは安いイメージだから 1万円切るかな~と思ったけど そんなこともなかった・・・。 しかし!Zoffの時は 15,000円でしたね。 なんでフレームってこんなに高いんだろう。 家にある適当なフレーム持ってって 「レンズだけ新しくしたいんですけど」っていうのも可能なんだろうか。 自分はちょうど 購入から1週間で出来上がりました。 Zoff・JINS いろいろ比較 暗さ Zoffは3年前に買ったやつだから最近のモデルじゃなくて申し訳ないんだけど、 多分カット率 30~40%くらいだったと思います。 JINSは 60%。 JINSのほうが見るからに暗いですね、 確かにJINSのほうが疲れないような気がするが、 あんまり変わらないような気もしする・・・。 Zoff・JINS共に店内に置いてある好きなフレームを黄色レンズにできる 「ブルーライトカットメガネは、このフレームだって決まってるのでこの中から選んでください。 」 っていうのはもう ありません。 店内にある 全てのフレームに好きなレンズを入れることができるのが 当たり前になりました。 あまりに レンズが小さいものを選ぶと、軽くはなるかもしれないけど かけたときに フレームが視界に入るのがウザいので、 大きめレンズを推奨します。 」って言ったのに、 3年前の Zoffより重いじゃねーかよ!! うーん、ちょっと レンズ大きすぎた かな。。 ちなみにNIGHT USEでは 車の運転は控えてねとのこと。 逆に目疲れなくていいんじゃないかと思ったけど、 見え方も変わるし夜は確かに危ないかもですね。 耳が痛くなる現象はどの眼鏡でも避けられない? ずっとZoffの眼鏡を3年間使用してきたわけですが、 自分がトレードをやるようになってからかな?本格的にパソコン見る時間が増えて、 眼鏡をかける頻度も多くなってきたんですが、 だんだん 耳が痛くなる現象に悩まされるようになりました。。 そしてその頃から、 ふっと思いついて眼鏡を 逆にかけるようになりました。 こうやってかけんです。 こうすると耳に負担がかからんので。 うっかり このまま外に出たのも数度。 そして買って2年くらい経った頃、• 耳にひっかけるとこ取れる• 針金取れると不具合が多発するように。 眼鏡外すと、 引っ掛けるとこだけ耳に残ったままなの。 あまりにもシュールすぎて虚しい気分になるから是非想像してください。 この間、顔洗うために外してもっかい掛けようとしたら また 耳引っ掛けるとこだけ行方不明になって、 「は!?え!? 今ここに置いてたのに!?」 って 家族総出で捜索したことがありました。。 その時は無事見つかったんだけど、 もう二度とこんな思いはするまいと思って 即効 接着剤でとめましたね。 結局JINSでも耳が痛い もしかするとメガネ替えれば 耳痛い現象改善されるかなー? と期待してたんですが、結局、買って1週間も経たないうちにまたしても 逆にかけてますw 今も逆にかけた状態でキーボードを打ってます。 そりゃそうだよね、 Zoffよりも重いんだから 笑 これ、多分眼鏡が 軽いとか 重いとか 合わないとかじゃなくて、 単に 長時間かけすぎでもう 仕方ないっていうか 回避できないものだと思ってます・・・・ しかしもうちょっと 悪あがきしたいのでこれを買ってみました。 届いたらまたレビューします。 しかし眼鏡は 逆にかける前提に作られていないと思うので目によくないっちゃよくないっちゅー気もしますよね。 特にそんなに違和感ないんですけどね。 意外な注意点 JINSはさすが 60%カットということで、視界が とても暗くなります。 昼間、外を見るとまるで 夕方みたいな錯覚に陥るほどです。 視界が暗くなるということは、 敏感な人、特に 冬季うつの気がある方なんかは、 気分まで暗くなる可能性があります。 曇りの日、ただでさえ外が暗くて 憂鬱な気分なのに、 視界が暗くなることで更に 鬱に拍車がかかるかもしれません。 なんでこんなことを言うかというと、自分が身を持って痛感しているからです、、 敏感な方は、本当にパソコン画面を見る時だけにしたほうがいいかも。 予備眼鏡は持っておいたほうがよい 例えば家用メガネを 踏んじゃったとか 割れたとか、 そんな時は買った店にいけば対処をしてくれますが、 即日直るわけじゃありません。 割れたレンズを取っ替えるとなると、 1週間はかかるでしょう。 人によって視力は違うので、店に都合よく在庫が置いてあることは 99%ないです。 そしたら 外出用の普通のメガネでしばらくしのげばいいや~と思うかもしれませんが、 ブルーライトカットメガネに慣れたあとに、 透明レンズでPC画面を長時間見続けることは もはや 不可能。 「目が・・・目があ~!!」となり、 シャブ中のチンピラのように 「あのヤベェ黄色レンズくれよ」って禁断症状が出ます。 なので、 「ヤバイ・・・割っちゃった・・・」 ってなる前に、 予備を買っておくことをおすすめします。 みんな やらかしてから焦るけど、日頃の予防が大切ですね。 まあこれは ブーメランなんだけど、自分もよく今まで踏んで割らなかったなと思います。 2本目を作るなら日を置いたほうがお得 そんな2本目ですが、JINSでは、眼鏡を受け取るときに 次回使える 「購入者様ご優待チケット」と 「アンケートに答えて5,000円メガネ券が当たります!」っていう QRコードの紙がもらえます。 なんと!アンケートは 毎月30名に当たるというなかなかの太っ腹 早速 帰りのバスの中で応募しときました。 クーポンはこんな感じ。 1000円引き券。 半年後まで使えます。 予備用・外出用にもう1本買おうと思ってる方は、あえて2本同時に買わず、 ずらして買ったほうがお得かもしれません。 衝撃の事実・Zoffではもう黄色レンズは取り扱っていない JINSで買ったあとに、一応Zoffのほうも 敵情視察(?)として見に行ってみたのよ。 こっちのほうがいいのあったら嫌だなーと思いつつ。 笑 ところが、どこを見ても 黄色レンズが置いてない。 ブルーライトカットコーナーにも 透明レンズしかない。 店員さんに聞いてみたところ、 もう透明レンズでも十分カットできる技術ができたから(?)、 透明タイプのものしか置かなくなったとのこと。 これは結構な 衝撃でした。 だって、透明レンズに黄色レンズと同じくらいの効果があるとは 到底思えない。 絶対 目疲れるでしょw それともほんとに クリアに見えるのに目が疲れないっていう 奇跡みたいな現実がありえるのかしら。 甚だ疑問である。 ブルーライト80%カット眼鏡を望む 最後に JINSーーーーーーーー!!! ブルーライト80%カットメガネも出してくれーーーー!!! 90%でも可。 アンケにも書いたわw よろしくお願いします。 今、外出用に使ってるメガネは普通のレンズのやつなんですが、 重いし 目が疲れて困ってるので、 なんだかんだで Zoffの50%メガネ作ろうかなとも思ってます。 透明ブルーライトカットだとZoffが最強だしね。 いや、せっかくJINSでクーポンもらったから使わないともったいないし JINSで作る可能性のが大なんだけどw.

次の

【zoff(ゾフ)】ブルーライトカットメガネを使ってみた感想【効果実感】

ブルー ライト カット メガネ jins

ブルーライトカットメガネとは、文字通りPCやスマホといったLEDディスプレイに多く含まれるブルーライトをカットする眼鏡で、PC作業中の目への負担を軽減してくれるという機能性眼鏡です。 仕事柄、毎日PC画面を8時間以上見続けているため、目への負担が大きく、目が疲れる、目がかすむ、目が痛い、目が重いといった疲れ目や眼精疲労特有の症状に悩まされていたのでこの度ブルーライトカットメガネを買ってみることにしました。 初めてのブルーライトカットメガネにJINSを選んだ理由 PC作業中に着用するブルーライトカットメガネ選びで、JINSの「JINS SCREEN」を選んだ理由は、単純に一番有名だったからです。 JINSは国内におけるブルーライトカットメガネのパイオニアで、2011年に初代となる「JINS PC」を販売しています。 その後進化して名称が変わって登場したのが今の「JINS SCREEN」です。 同じく大手ブランドのZoffの「Zoff PC」もありますが、やはり販売実績の長いJINSの方が機能性では優れているだろうというということでJINSにしました。 また、JINSのは他社製のブルーライトカットメガネよりも見た目がお洒落で、機能性でもレンズがクリアに近く、変なぎらつきもないといったように評判が良かったのも決め手となりました。 当然、ブルーライトカット率が高い方が、目への負担をより軽減出来るので、長時間のPC作業向きです。 それぞれ価格、ブルーライトカット率、形状と色のレパートリーに違いがあります。 フレーム形状は、OVAL(オーバル)・WELLINGTON(ウェリントン)・BOSTON(ボストン)・SQUARE(スクエア)の4種類で、フレームカラーは最大8色。 JINS SCREENの開封・付属品 今回、JINS SCREENはネット通販で買いました。 通常メガネは店頭で買うものですが、度なしのものだと普通にオンラインですぐに買うことが出来ます。 通販で注文して2日後ぐらいに届きました。 では、早速開封していきます。 開封してみると、ゲーム機のコントローラーやスマホ、パソコン、眼鏡を掛けた人などのイラストが描かれた、お洒落な内箱が出てきました。 外箱もお洒落ですが、内箱もお洒落で、開封するだけでとてもテンションがあがります。 JINS SCREENの箱に入っていたのは、ブルーライトカットメガネ本体と説明書、専用ソフトケースの三つです。 眼鏡だから専用ハードケースが付いているのかなと思いましたが、ハードではなくソフトケースがついていました。 清潔感のある白い生地に、内箱と同じお洒落なイラストが描かれているのがとても特徴的です。 また、このソフトケースはメガネ拭きとしても使えるそうで、クリーニングクロスは別には付いていませんでした。 取りあえず初めてのブルーライトカットメガネということで一番無難でシンプルなものを選びました。 箱から取り出してみての第一印象としては、普通に良い。 この眼鏡は、世界的工業デザイナーであるJasper Morrison(ジョスパー・モリソン)監修らしく、シンプルでありながらお洒落な感じになっています。 眼鏡側面はこんな感じ。 メガネのフレームやテンプルは程よく艶があり、安っぽさはありません。 デザインに関しては、海外製の安物を買わなくて正解だったと素直に思えるクオリティです。 左のテンプル内側には、「Desingned in Tokyo」と「JINS」の印字があります。 右側のテンプルの内側にはスペックの印字。 特徴的なのはテンプルエンド。 ラバー素材を使ったテンプルエンドは自分で曲げて自由に調整することが可能です。 自分の耳にしっくりとくる形で合わせることが出来るので、着け心地は普通に良さそう。 そしてラバー素材でずり落ちる心配もありません。 JINS SCREENの着け心地 JIN SCREENの着け心地は普通に良いです。 素材は軽い素材を使っているらしく軽い着け心地。 鼻と耳にしっかりと固定出来るので、PC作業中に普通の動きをする分にメガネがずれたり、落ちたりすることはありません。 そのため、眼鏡をかけた時の他人から見た印象や、自分の視界はどんなものになるのか気になる人は多いはず。 また、視界もメガネをつけていない時と違って、全体的に黄色味がかった色合いとなります。 全体的に見るカラーの色は黄色味に寄る、色が薄く見えるといった感じになります。 ブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」を1カ月使ってみて実感した効果 JINS SCREENを1カ月、平日の8時間近くに及ぶPC作業で着用してみましたが、予想以上にブルーライトカットの効果を実感することが出来ました。 ブルーライトをカットすることで、目の疲労感を大幅に軽減することが出来ました。 JINS SCREENを使う前は、PC画面を見ながら何度も目頭を押さえ、昼食や夕食の休憩の時間も目に不快感を感じることが多かったのですが、それがかなり改善されました。 今ブルーライトカットメガネ無しでPC画面を見ると、とても眩しく、不快なチラつきもあり、とてもこの画面をブルーライトカットなくしては見ようとは思えないぐらい、JINS SCREENは欠かせないものとなっています。 ただし、長時間のPC作業を続けている以上、この眼鏡を着用したからと言って完全に疲れ目の辛さが全て解消されたわけではありません。 それでも、掛けないよりは遥かに目の負担は減っていると実感出来るので、僕はこのJINS SCREENを買ってみて良かったと思っています。 ブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」の良かったところと微妙なところ 良かったところ• シンプルでお洒落• しっかりフィットする• 目の疲労感軽減効果を実感出来た JINS SCREENを買って使ってみて良かったところは、見た目の良さ、そして着け心地の良さ。 そして一番はブルーライトカットによる目の疲労感軽減の効果をしっかりと実感出来たことです。 微妙なところ• PC作業中に眼鏡を掛けるのがやや面倒• ハードケースが無い 正直微妙だったところもあります。 一つはメガネを掛けるのが面倒ということ。 実は僕は普段はメガネはしないのでPC作業中にずっと眼鏡を掛けないといけないのはやや面倒だなと感じます。 また、ハードケースが無いので外への持ち出しはしにくく、外へ持ちだしするような場合は別途ハードケースを買わないといけないのは正直残念なところです。 ブルーライトカットメガネは使ってみる価値あり!PC作業にオススメ ブルーライトカットメガネは本当に効果があるのか気になっている人も多いと思います。 1日8時間前後PC画面とにらめっこする仕事をしている僕がJINS SCREENを使ってみた限りでは、それなりにしっかりと効果は実感することが出来ました。 長時間のPC作業による目の疲労感を強く感じているような人は、是非ブルーライトカットメガネを試してみてください。

次の