インターネット 共有 へ 自動 接続。 [Windows10]有線LANの設定方法について

インターネットに自動で接続できなくなりました|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

インターネット 共有 へ 自動 接続

Windows 7の「インターネット共有」を使い、複数の端末でマイIP・マイIPソフトイーサ版の固定IPアドレスで接続する方法です。 macOSの場合はをご覧ください。 Windows 8以降でのインターネット共有の動作確認はできておりません。 動作が確認できているのは、Windows 7もしくはmacOS 10. 6以上のみとなります。 インターネット共有の設定を行う前に、マイIPの接続設定を完了させてください。 の2つの設定方法があります。 有線(LAN)接続でインターネット共有する場合 下記のようなネットワーク構成を前提としております。 (パソコンAは、Wi-Fi対応で、LANポートが必要。 ハブで複数台接続も可) 1. コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「ネットワークと共有センター」をクリックします。 「アダプターの設定の変更」をクリックします。 マイIPもしくはマイIPソフトイーサ版のネットワークアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。 下記のように「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおして接続を許可する」にチェックしてください。 以上で設定は完了です。 インターネット共有する端末とLANケーブルで繋ぎ、マイIPもしくはマイIPソフトイーサ版の接続を開始してください。 これでパソコンAとB共に固定IPアドレスで接続できます。 下記サイトでパソコンA・B共に割り当てられた固定IPアドレスが表示できれば接続成功となります。 無線(Wi-Fi)接続でインターネット共有する場合 下記のようなネットワーク構成を前提としております。 (パソコンAは、Wi-Fi対応で、LANポートが必要) まずインターネット共有を有効にします。 コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「ネットワークと共有センター」をクリックします。 「アダプターの設定の変更」をクリックします。 マイIPもしくはマイIPソフトイーサ版のネットワークアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。 下記のように「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおして接続を許可する」にチェックしてください。 次に、Wi-Fiのアクセスポイントを設定します。 「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」と開き、左にある「ワイヤレス ネットワークの管理」をクリックします。 表示されない場合、アダプターが有効になっているかご確認ください。 「追加」をクリックします。 「アドホックネットワークを追加します」をクリックします。 「次へ」をクリックします。 ネットワーク名を作成する画面になります。 下記の通り入力してください。 ネットワーク名 任意で入力します。 例)MY-NETWORK セキュリティの種類 任意で入力します。 セキュリティ キー 任意で入力します。 このネットワークを保存します チェックをONにします。 iPhoneなどのスマートフォンを接続する場合は、セキュリティの種類を「WEP」としてください。 設定の確認画面になります。 ネットワークの名前とセキュリティキーを確認して、「閉じる」をクリックします。 以上で設定は完了です。 マイIPもしくはマイIPソフトイーサ版の接続を開始してください。 スマートフォンなどからWi-Fiを検索すると、下記のように作成したネットワーク名のWi-Fiが表示されます。 パスワードを入力して接続してください。 下記サイトで割り当てられた固定IPアドレスが表示できれば接続成功となります。 インターネット共有のトラブルシューティング インターネット共有の設定時に接続できない等のトラブルがあった際は、下記を確認ください。 ・WLAN AutoConfigの起動を確認 「コントロールパネル」>「システムとメンテナンス」>「管理ツール」>「サービス」を開き、「WLAN AutoConfig」が開始されているかご確認ください。 開始されいない場合は、ダブルクリックして「開始」をクリックし、スタートアップを「自動」としてください。 ・IPv6の無効にする マイIPおよびネットワーク設定画面からIPv6のチェックを外してください。 ・Windowsファイヤーウォールを無効にする を参考にファイヤーウォールを無効にしてください。 ・接続が成功したにも関わらず固定IPアドレスが表示できない場合は、下記をご覧ください。

次の

[Windows10]有線LANの設定方法について

インターネット 共有 へ 自動 接続

iPhoneのテザリングを安定させる3つの解決法を紹介 iPhoneの テザリングは便利ですが 途中で 切れてしまうという声をよく聞きます。 せっかくの便利な機能ですから、 上手に活用できたらいいですね。 そこで iPhoneの テザリングの通信状態を安定させて 外でも快適にインターネットに接続するための 3つの解決法をご紹介していきます。 テザリングが起動するまで何もせず待ってみる iPhoneのテザリングを wifiで繋いでいる場合、 インターネット共有をオンにしてから テザリングが完全に起動するまで インターネット共有の画面から 動かさずに待ちます。 そして完全に接続を開始したら、 インターネット共有の画面のまま テザリングを使用しましょう。 iPhoneは インターネット共有の画面を閉じた状態で 90秒以上接続が確認されないと 自動的にテザリング機能がオフに なってしまいます。 そうならないためにも テザリングに繋いでおきたい時は インターネット共有の画面は 開いたままにしておきましょう。 また、iPhone本体が 自動ロックしないを 設定にすることで、 一定時間が経過しても 自動的にロック画面にならず、 インターネット共有の画面を出したまま 使用することが可能です。 ただしこの方法は 接続状態を維持するには有効ですが、 バッテリーの残量を気にする必要があるので 注意も必要です。 その場合は、• テザリングを一度OFFにして再度ONにする• iPhone本体を再起動する など、 機能や本体を再起動することで 問題なく接続できるようになることが ほとんどです。 テザリングの方法をUSBに変えてみる テザリングは wifiや Bluetoothなどの 無線を使ってインターネットに繋げる という利点がありますが、 やはり 安定度という面では 有線の方が高いのが現状です。 もしwifiやBluetoothでの テザリング接続が不安定な場合は USBケーブルでの接続を試すのも 効果的な手段のひとつです。 iPhoneのテザリングがすぐ切れてしまう原因とは? iPhoneのテザリングがすぐに切れてしまう 原因としては、• wifiで接続した時に インターネット共有の画面を閉じてから 接続ゼロの状態が90秒以上続いた• iPhoneの 電波状況が悪い• iPhone本体やテザリング機能に 一時的に不具合が生じた 以上のようなことが考えられます。 上記の対処法をすべて試しても 接続が不安定な場合は、 ショップで相談してみると良いかもしれません。 まとめ iPhoneのテザリングを使用すれば ノートPCやタブレットを自宅以外でも 使用したい時に、wifiスポットを探したり ポケットwifiを持ち歩かずに済みます。 テザリングでの接続が不安定になる原因と 対処法をあらかじめ把握して、 上手に利用していきましょう!.

次の

iOS13からWi

インターネット 共有 へ 自動 接続

iOS13 のアップデートで「設定」アプリの「 」に新しい項目が追加されていました。 「インターネット共有へ自動接続」という項目です。 この機能について確認してみました。 インターネット共有へ自動接続とは 該当項目はの下の方にあり、説明の記載がありました。 ネットワークが使用できないとき、このデの近くにあるインターネット共有スポットを自動的に検出することを許可します。 インターネット共有スポットとは、いろんなところに設置されている公衆サービスのことを指しているのだと思います。 公衆サービスを自動検出してくれる機能のようです。 これに気づいたきっかけは電車に乗っているときに検出の通知が出たためです。 通知の画像は取り逃しましたが、利用可能な公衆サービスを検知し通知されました。 インターネット共有へ自動接続の設定 インターネット共有へ自動接続の設定は「接続をしない」、「接続を確認」、「自動」の項目がありました。 デフォルトは「接続を確認」となっています。 インターネット共有スポットの検出 以下は検出の通知が出た時のの内容です。 「公開ネットワーク」という項目が追加されており、「TOBU FREE 」が表示されていました。 タップすると接続できました。 モバイル通信の接続ができない、通信可能容量がなくなってしまった場合に役立ちそうです。 一度接続すると、「マイネットワーク」という項目に追加されます。 インターネット共有へ自動接続の「接続を確認」と「自動」の違い 次に「接続を確認」と「自動」に設定するとどうなるのか確認してみました。 確認するはドコモの を使用しています。 「設定を確認」 以下は「接続を確認」の状態です。 マイネットワークに「0001docomo」が表示されています。 自分でタップするまでは接続されませんでした。 「自動」 以下は「自動」に設定した場合の状態です。 のエリアに入ると自動で「0001docomo」に接続されました。 モバイル通信の容量を気にされる方は「自動」にしておくと、自動でに接続されるため、モバイル通信の使用を抑えられそうです。 以上です。 私は公衆サービスはあまり使いませんが、普段から使用している方にはうれしい機能ですね。 公衆サービスを使用している方は設定を確認してみてください。

次の