ハナノナ アンドロイド。 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?感想

使ってみた: ならやまのたわごと・2

ハナノナ アンドロイド

アプリ「ハナノナ」 アプリ「ハナノナ」は、 かざした花の名前を教えてくれるアプリです。 アプリの中に 人工知能が組み込まれており、非常に高い精度で多くの花を判別・分類することが可能です。 花をカメラに映すとすぐに解析してくれるので、 数秒で花の名前がわかります。 2017年3月30日にWeb版のサービス開始となりましたが、2020年4月7日(火)に晴れてiOS限定でアプリのリリースが開始されました。 という、人工知能やソフトウェアを開発・研究している機関にが開発をしたアプリということもあり、人工知能の精度が非常に優れているアプリとなっています。 現在はiPhone版しかありませんが、Androidの方はから利用可能です。 分類できる花の種類「 770種」 以前までは「406種」の花を分類可能でしたが、2020年4月11日(土)に行われたバージョンアップで分類できる花の種類が増えました。 今後も分類できる花は増えていく可能性があります。 オフラインで使用可能 アプリ版「ハナノナ」のうれしい点の1つで、 オフラインで利用することが可能です。 花の名前を知りたいときの多くは、散歩や外に出ている時になるでしょう。 そういった際に速度制限にかかっていたり、アプリを開いたままでも通信を行うことが無いので何も心配がいりません。 また、 通信を行わずにアプリ内のUIのみで花を分類することで、非常に素早い解析を可能にしています。 ハナノナの使い方 ハナノナは会員登録などの面倒な操作をする必要が無いので、すぐに使い始める事が出来ます。 アプリを使い始める際にカメラの許可だけ求められるので、必ず「OK」を選択しておいてください。 サーチモード サーチモードはハナノナの基本となるモードです。 アプリを開いてすぐにカメラが起動されているので、そこに花をかざせばすぐに花の名前が表示されます。 100%に近いほど自信のある分類となります。 下にある判定制度では、右に行けば行くほど自信のある解析結果しか表示されなくなります。 確定的な情報以外いらない場合は、判定制度をなるべく高くしておきましょう。 右上の丸い矢印では解析結果をリセットすることが可能です。 アプリを開いてすぐにサーチモードとなるので、非常に簡単に利用することができます。 また、サーチモードでは 画面に写っているいる範囲内全ての花の名前を反映することが可能です。 右下のカメラのアイコンをタップすると撮影モードに移行します。 シャッターボタンをタップすれば通常のカメラと同じように写真を撮ることが可能です。 撮影モードでは、 カメラに写っている1つの花のみを判定します。 分類した花を検索 撮影モードで撮影した花は、Wikipediaやwikimediaで検索をすることが可能です。 撮影モードで撮影をすると、画像下に「Wikipedia」と「wikimedia」の文字が表示されるので、詳細が知りたいのであれば「Wikipedia」、画像などが欲しければ「Wikimedia」をタップして下さい。 花について名前だけではなく、より詳しい情報を知ることができます。 SNSでシェア 撮影モードで撮影した花をSNSでシェアすることも出来ます。 撮影をしたら「決定」をタップします。 「シェア」をタップし、投稿したいSNSを選択すれば投稿の画面に移行するのでシェアが可能になります。 メニュー メニューも一応あります。 ほとんどの場合使うことは無いでしょう。 アプリの左上にある三本線のアイコンをタップすればメニューを開くことが可能です。

次の

花の名前がわかるアプリ「ハナノナ」の詳細と使い方を徹底解説!

ハナノナ アンドロイド

Contents• ハナノナというアプリです。 今のところはiPhoneのアプリのみになっています。 スポンサードリンク 概要 ハナノナは千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab. )が研究・開発している、 人工知能に写真を使って花の名前を覚えさせ、カメラに写った花の名前を判定させるアプリです。 現在は770種類の花を判定できるそうです。 オフラインでも使用できます。 お散歩などで気になった花の名前を調べる、という様な使い方を想定しているそうです。 千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab. )について詳しくは 使い方 使い方は至ってシンプルでスマホのカメラを判定したい花に向けるだけです。 2つのモードが用意されていて、一つが「 サーチモード」カメラに写った花の名前を次々と判定してくれるモードです。

次の

花の名前がわかるアプリ「ハナノナ」の詳細と使い方を徹底解説!

ハナノナ アンドロイド

私は写真を楽しんでいて花の写真をよく撮ります。 花の写真を撮るのはいいのですが、花の名前を知らなくてSNSで公開する時に困ることがあります。 「春、白い花」などと調べてはみるものの似たような花がたくさん出てくるともうお手上げです。 写真以外にも綺麗な花を見かけて、花の名前が気になることがあります。 つい先日カメラを向けるだけで瞬時に花の名前を教えてくれる便利なアプリがあるとツイートしている方がいて便利そうだったので早速使ってみました。 千葉工業大学の人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab. )が研究開発を手掛けた花判定アプリ「ハナノナ」を今回は取り上げます。 ディープラーニングで学習したAIが最大770種類の花の名前を教えてくれるそうで、このSuperAIいんふぉに相応しい話題だと思います。 人工知能花分類システム「ハナノナ」とは 千葉工業大学の人工知能・ソフトウェア技術研究センターが開発した、ディープラーニングで学習をしたAIが花の種類を自動分類する「ハナノナ」のアプリ版は2020年4月10日にリリースされたそうです。 現在はiOS版のみアプリ版がリリースされています。 花にカメラをかざすだけで最大770種類の花の名前を分類して教えてくれます。 しかもネット接続が必要ではないので、電波の繋がりにくい山の中などでも使用出来るとっても便利なアプリです。 使い方は極めて簡単で気になる花を発見したら、アプリを起動してカメラをかざすだけです。 花の名前を無事に解析出来たら、ハナノナのカメラ機能でこのように名前を入れた写真を撮ることが出来ます。 操作中の画面をスクリーンショット出来たようですが、出来ないと思ってしませんでした。 ハナノナのアプリを起動するとハナノナのマーク、画像左上のマークが中央に表示されますがあまり関係ないようです。 下に「フィルター精度」を調整するスライダーが表示されるのですが、この意味がよく分かっていませんでした。 あのスライダーは文字通り表示する「フィルター精度」を調整するためのもので、例えばフィルター精度が86%だった場合正解率が86%以上の花の名前のみが画面上に表示されます。 花の名前を全然表示してくれない場合にこのフィルター精度を下げると、正解率が低くて表示されていなかった花の名前が表示されるようです。 ハナノナを使っていて思ったのが、上のように複数の種類の花がある時に狙いたい花にフォーカスしにくいなと思いました。 この時は真ん中の白い花の名前を知りたかったのですが、白い花ではなく周りの花の名前が表示されてしまいなかなか白い花がフォーカスされず苦戦しました。 周りの花のほうが分かりやすかったのかもしれません。 複数の花がある状況よりは一種類の花だけがある状況のほうがすぐに名前が表示されたので得意なのかもしれません。 「ハナノナ」を使ってみた感想ですが、とても便利なアプリでした。 苦手な場面もありますが、基本的にはアプリを起動してかざせばすぐに花の名前を表示してくれます。 起動してカメラをかざすだけと使い方は極めて簡単で、調べた花と名前のセットを写真で残せるので使い勝手がいいです。 花の分類にはAI、花の名前を表示するのにARが活用されているのは未来を感じました。 ちなみに人工知能花分類システム「ハナノナ」はwebページも用意されているのでアンドロイドの方も使うことが出来ます。 撮影済みの写真の花の名前が分かればもっと便利なのにと思っていましたが、画像の花の名前を調べられるサイトが用意されているのは本当にありがたいです。 「ハナノナ」を使って花への興味関心が高まったのを感じました。

次の