約束のネバーランド 166 ネタバレ。 約束のネバーランド167話ネタバレ!エマGF占拠目的で打倒ピーターで攻めていく!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

最新ネタバレ『約束のネバーランド』165

約束のネバーランド 166 ネタバレ

スポンサーリンク 前回、ムジカ達が国家転覆罪で逮捕されてから3日後。 ピーターの指示により、邪血を分け与えられた民衆は全て処分され、ムジカとソンジュの処刑も目前に迫っていました。 全ての責任は自分にあると進言したイザベラは、牢の中で死を覚悟し、あきらめと同時に救われたような気分になっていました。 しかしそんなイザベラに、鬼側から衝撃の命令が下ります! 「73584 明日からお前にグランマの任を命じる」 イザベラは驚きと戸惑いを隠せません。 商品を守れず第3プラントを焼失させた自分がなぜ、と鬼側に訴えます。 対して、全ての責任はグランマ・サラにあると答える鬼。 君は商品を制御しきれなかったが、君を制御しきれなかったのは彼女だと言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 グランマ・サラは出荷された、脱走したエマ達に代わり、次のティファリの糧となると。 牢に戻されたイザベラは、自分がグランマとなることを想像し呆然とします。 死ぬことでようやく、脱走した子供達や出荷されたレスリーと同じように、農園から自由になれると考えていただろうイザベラ。 そんな中でのグランマ任命はむしろ絶望かもしれません。 前のグランマが早々に出荷された事実からも、グランマとなっても結局は食用児同様だと分かります。 スポンサーリンク ピーターとイザベラ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 そして、牢で呆然とするイザベラの元にある人物が訪れ、イザベラかサラか、どちらが農園の将来に有益かを、農園は打算したのだと告げます。 笑顔でイザベラに挨拶したその人物はピーターでした! イザベラの類を見ない圧倒的な飼育成績から、僕もあなたを残すべきだと思うと言います。 さらに、迷いますかと問いかけるピーター。 死によってやっと自由になれると思っていた、もう充分だ、地獄に戻りたくない、グランマになどなりたくない。 ピーターはそんなイザベラの本音を次々と見透かし、告げていきます。 残念だ、あなたも僕ら側ならよかったのに、と続くピーターの言葉。 こちらの世界で食用児として生まれたために、逸材であっても終世鬼達の餌だと言います。 こちらの世界、という言葉に戸惑いながらも興味を持つイザベラ。 本当に充分なのか、とピーターは聞きます。 あなたはまだ全てを知らない、欲しかった未来も何一つ手にしていない。 なぜ食べられる人間とそうでない人間がいるのか知りたくないかと、眼光鋭く問いかけるピーター。 今度こそこの地獄から、運命から抜け出したくないかと強い口調で言います! 洗脳するかのように言葉はさらに続きます。 あなたは今死の押しつけ合いに疲れているだけ、だから舞台を降りて自ら死に、終わりにしようとしている、しかし。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「死は救いではない 自由への道では決してない」 その一言に、イザベラは魅入られたかのように目を見開きます。 笑顔で手を差し伸べるピーター。 「僕が本当の救いを君にあげる 連れ出してあげる」 君が手を取り、頭脳を僕達のため役立ててくれるなら、身体に刻まれた数字も胸のチップも消して、君を真の自由に。 その世界の真実をちらつかせて興味を惹くピーターのやり口が巧みです。 途中からあなたから君へと呼称が変わっているのも、イザベラを味方につけるための意図的な話術なのでしょうか。 グレイス=フィールドの一室では、ピーターとグランマとなったイザベラが対面していました。 自信と余裕に満ちた表情の2人。 イザベラに対し、今年のグレイス=フィールドの飼育成績と収穫高を褒め、ラムダへの協力に感謝するピーター。 恐縮ですと答え、ラムダの焼失を残念でしたと言うイザベラ。 ピーターは肝心のデータは全て残っていて、施設が焼けても問題ないと応じます。 続けてピーターの部下が、女王と五摂家の死、それにより鬼側も変わりこれからはラムダの時代になると言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 ハイコストハイリスクの旧生産ラインは撤廃、全農園をラムダ型新農園に一本化すると。 イザベラはラムダにも協力していたんですね。 過酷な人体実験を繰り返していたラムダ、全ての農園がそのようになれば、今以上に苦しむ食用児が増えることになってしまうのではないでしょうか。 そして全農園のラムダ化、それはつまり、グレイス=フィールドや他の現高級農園の廃止を意味していました。 そうなれば、グランマであるイザベラも自由の身となれる。 そこでピーターは話題を変え、子供達の出荷準備のことを聞きます。 じき整うと答えたイザベラにピーターは、では、と笑顔で要請します。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「夜明けまでに全員摘み終えて下さい」 エマ達はおそらく今晩中か明晩までにやってくる、そこまでに、今いる脱走者も残る脱走者も、大方の始末を終えたい。 「明後日には全員瓶の中です」 できますか、というピーターの問いにイザベラはフワッと笑みを浮かべ、畏まりましたと答えました! この様子では、イザベラは完全にピーターと協力関係を結んでいるように見えます。 本当に心からピーター側につきエマ達の障害となっていくのか、それとも別の本心を隠しているのか、気になるところです。 スポンサーリンク 非情のママ! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 拘束され、グレイス=フィールドの一室に集められた子供達。 アンナが泣きながらナットやみんなに謝ります。 そのそばには心配そうな様子のジェミマ。 前回のラストで人質にされてしまっていたジェミマですが、ひとまず無事のようです。 アンナが泣いていて、やはりジェミマを救うためピーターに情報を話してしまっただろうと思います。 やむを得なかったことですが、エマ達の潜入に悪影響がないことを祈りたいです。 そして、ナットが痛みに耐えるように笑顔を作りながら、みんな無事でよかったと言った直後。 カッと靴音が響き、上部の階段からママ、イザベラが姿を見せます! 警戒心を見せる子供達を、心底嬉しそうに抱きしめるイザベラ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「おかえり私の可愛い子供達」 小さな子達はその笑顔と言葉に泣き出し、ナットの指の手当てをさせて、と口々にお願いをします。 ピーターの暴行で怪我を負ったナットの指。 イザベラは警戒するナットの手を握り、酷い怪我、可哀想に、と表情を曇らせます。 しかし次の瞬間、ベキッという音と共に曲がった指を無理やり元に戻しました! 激痛に苦しむナット。 「まぁこれで目立たずキレイに出せるでしょう」 満面の笑みで、無事出荷さえできれば構わないというように告げるイザベラ。 ピーターがイザベラを仲間に引き込んでいく過程や、グランマとなったイザベラの自信に満ちた表情が印象的でした! また、子供達と再会した時のイザベラの笑顔が本当に心から幸せそうで、直後の非情な態度とのギャップが際立っていました。 次回、奪還作戦を開始したエマ達とイザベラの頭脳戦になるんでしょうか。 イザベラやピーターがエマ達の動向をどれだけ読んでいるのか気になります。 最後の戦いの行方に注目して、次回を待ちたいですね!.

次の

約束のネバーランド166話ネタバレ!エマたちの目的はGFの占拠!?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド 166 ネタバレ

スポンサーリンク 前回、ムジカ達が国家転覆罪で逮捕されてから3日後。 ピーターの指示により、邪血を分け与えられた民衆は全て処分され、ムジカとソンジュの処刑も目前に迫っていました。 全ての責任は自分にあると進言したイザベラは、牢の中で死を覚悟し、あきらめと同時に救われたような気分になっていました。 しかしそんなイザベラに、鬼側から衝撃の命令が下ります! 「73584 明日からお前にグランマの任を命じる」 イザベラは驚きと戸惑いを隠せません。 商品を守れず第3プラントを焼失させた自分がなぜ、と鬼側に訴えます。 対して、全ての責任はグランマ・サラにあると答える鬼。 君は商品を制御しきれなかったが、君を制御しきれなかったのは彼女だと言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 グランマ・サラは出荷された、脱走したエマ達に代わり、次のティファリの糧となると。 牢に戻されたイザベラは、自分がグランマとなることを想像し呆然とします。 死ぬことでようやく、脱走した子供達や出荷されたレスリーと同じように、農園から自由になれると考えていただろうイザベラ。 そんな中でのグランマ任命はむしろ絶望かもしれません。 前のグランマが早々に出荷された事実からも、グランマとなっても結局は食用児同様だと分かります。 スポンサーリンク ピーターとイザベラ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 そして、牢で呆然とするイザベラの元にある人物が訪れ、イザベラかサラか、どちらが農園の将来に有益かを、農園は打算したのだと告げます。 笑顔でイザベラに挨拶したその人物はピーターでした! イザベラの類を見ない圧倒的な飼育成績から、僕もあなたを残すべきだと思うと言います。 さらに、迷いますかと問いかけるピーター。 死によってやっと自由になれると思っていた、もう充分だ、地獄に戻りたくない、グランマになどなりたくない。 ピーターはそんなイザベラの本音を次々と見透かし、告げていきます。 残念だ、あなたも僕ら側ならよかったのに、と続くピーターの言葉。 こちらの世界で食用児として生まれたために、逸材であっても終世鬼達の餌だと言います。 こちらの世界、という言葉に戸惑いながらも興味を持つイザベラ。 本当に充分なのか、とピーターは聞きます。 あなたはまだ全てを知らない、欲しかった未来も何一つ手にしていない。 なぜ食べられる人間とそうでない人間がいるのか知りたくないかと、眼光鋭く問いかけるピーター。 今度こそこの地獄から、運命から抜け出したくないかと強い口調で言います! 洗脳するかのように言葉はさらに続きます。 あなたは今死の押しつけ合いに疲れているだけ、だから舞台を降りて自ら死に、終わりにしようとしている、しかし。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「死は救いではない 自由への道では決してない」 その一言に、イザベラは魅入られたかのように目を見開きます。 笑顔で手を差し伸べるピーター。 「僕が本当の救いを君にあげる 連れ出してあげる」 君が手を取り、頭脳を僕達のため役立ててくれるなら、身体に刻まれた数字も胸のチップも消して、君を真の自由に。 その世界の真実をちらつかせて興味を惹くピーターのやり口が巧みです。 途中からあなたから君へと呼称が変わっているのも、イザベラを味方につけるための意図的な話術なのでしょうか。 グレイス=フィールドの一室では、ピーターとグランマとなったイザベラが対面していました。 自信と余裕に満ちた表情の2人。 イザベラに対し、今年のグレイス=フィールドの飼育成績と収穫高を褒め、ラムダへの協力に感謝するピーター。 恐縮ですと答え、ラムダの焼失を残念でしたと言うイザベラ。 ピーターは肝心のデータは全て残っていて、施設が焼けても問題ないと応じます。 続けてピーターの部下が、女王と五摂家の死、それにより鬼側も変わりこれからはラムダの時代になると言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 ハイコストハイリスクの旧生産ラインは撤廃、全農園をラムダ型新農園に一本化すると。 イザベラはラムダにも協力していたんですね。 過酷な人体実験を繰り返していたラムダ、全ての農園がそのようになれば、今以上に苦しむ食用児が増えることになってしまうのではないでしょうか。 そして全農園のラムダ化、それはつまり、グレイス=フィールドや他の現高級農園の廃止を意味していました。 そうなれば、グランマであるイザベラも自由の身となれる。 そこでピーターは話題を変え、子供達の出荷準備のことを聞きます。 じき整うと答えたイザベラにピーターは、では、と笑顔で要請します。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「夜明けまでに全員摘み終えて下さい」 エマ達はおそらく今晩中か明晩までにやってくる、そこまでに、今いる脱走者も残る脱走者も、大方の始末を終えたい。 「明後日には全員瓶の中です」 できますか、というピーターの問いにイザベラはフワッと笑みを浮かべ、畏まりましたと答えました! この様子では、イザベラは完全にピーターと協力関係を結んでいるように見えます。 本当に心からピーター側につきエマ達の障害となっていくのか、それとも別の本心を隠しているのか、気になるところです。 スポンサーリンク 非情のママ! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 拘束され、グレイス=フィールドの一室に集められた子供達。 アンナが泣きながらナットやみんなに謝ります。 そのそばには心配そうな様子のジェミマ。 前回のラストで人質にされてしまっていたジェミマですが、ひとまず無事のようです。 アンナが泣いていて、やはりジェミマを救うためピーターに情報を話してしまっただろうと思います。 やむを得なかったことですが、エマ達の潜入に悪影響がないことを祈りたいです。 そして、ナットが痛みに耐えるように笑顔を作りながら、みんな無事でよかったと言った直後。 カッと靴音が響き、上部の階段からママ、イザベラが姿を見せます! 警戒心を見せる子供達を、心底嬉しそうに抱きしめるイザベラ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「おかえり私の可愛い子供達」 小さな子達はその笑顔と言葉に泣き出し、ナットの指の手当てをさせて、と口々にお願いをします。 ピーターの暴行で怪我を負ったナットの指。 イザベラは警戒するナットの手を握り、酷い怪我、可哀想に、と表情を曇らせます。 しかし次の瞬間、ベキッという音と共に曲がった指を無理やり元に戻しました! 激痛に苦しむナット。 「まぁこれで目立たずキレイに出せるでしょう」 満面の笑みで、無事出荷さえできれば構わないというように告げるイザベラ。 ピーターがイザベラを仲間に引き込んでいく過程や、グランマとなったイザベラの自信に満ちた表情が印象的でした! また、子供達と再会した時のイザベラの笑顔が本当に心から幸せそうで、直後の非情な態度とのギャップが際立っていました。 次回、奪還作戦を開始したエマ達とイザベラの頭脳戦になるんでしょうか。 イザベラやピーターがエマ達の動向をどれだけ読んでいるのか気になります。 最後の戦いの行方に注目して、次回を待ちたいですね!.

次の

【約束のネバーランドネタバレ166話最新話確定速報】エマとレイとノーマン対イザベラの頭脳戦!|ワンピースネタバレ漫画考察

約束のネバーランド 166 ネタバレ

2020年2月10日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド 約ネバ 本誌166話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 約束のネバーランドの では、失態を犯したイザベラが生き残れた理由が判明。 また、ジェミマが無事だったことから、アンナは「約束」に関する情報をラートリーに伝えてしまったようです。 久々のイザベラとの再会に安心する子供たちですが、ほっとしたのもつかの間、イザベラはナットの折れた指を元に戻るように折り曲げます。 最初に出荷される10人を選べと冷たく言い放つイザベラですが、果たして子供たちは出荷されてしまうのでしょうか? エマやレイ、ノーマンの助けは間に合うのでしょうか!? 今回は「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ166話最新話確定速報】エマ・レイ・ノーマン対イザベラの頭脳戦!?」と題し紹介していきます。 約束のネバーランド 約ネバ 最新話166話ネタバレ最新話考察 「その先に光がありますように」って微笑みながらエマ達に手を振っていたイザベラさんとても綺麗だったのだけど 綺麗なまま ママ では終わらせてくれないの手厳しいっすなあ げに恐ろしきは好奇心 全てを知りたいその欲に 人は決して抗えん — KUREO kureo900 前話ではイザベラがピーター・ラートリーと手を組んでいたことが判明。 エマ・レイ・ノーマンが子供たちを助けに来ることを利用し、3人を捕まえようとしています。 そのころエマ・レイ・ノーマンはすでにGFに到着して侵入を試みていたようですが、今後の展開はどうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 エマ・レイ・ノーマンvsイザベラ 話は少しさかのぼり、3人がGFに侵入するところから始まるのではないのでしょうか。 武器を持った状態でGFに侵入しているようですが、エマの性格からいって人間を攻撃することはないと思います。 そのため、ラートリーやイザベラを含めた人間すべてを傷つけることなく、子供たちを解放させようと尽力するでしょう。 今までのように、エマとレイの二人だけではイザベラやラートリーに頭脳で対抗できなかったかもしれませんが、こちらにはノーマンという力強い味方が加わっています。 ノーマンは、あの女王・レグラヴァリマに「農園設立以来の最上級」と言われるほどの天才。 農園設立以来ということは、おそらくイザベラよりも頭脳は上なのではないでしょうか。 さらに、頭脳派のヴィンセントまでいるので、戦闘よりも頭脳戦になるのではないかと予想します。 166話では、エマ・レイ・ノーマンたちが一丸となってGFに侵入するところが描かれそうですね。 イザベラを説得するエマ GFに侵入し、ラートリーやイザベラと直接対決となれば、エマはイザベラの説得を試みるはずです。 もともとイザベラも農園出身の食用児ですからね。 食用児すべての解放を望むエマは、イザベラを説得して味方につけようとするのではないでしょうか。 そして、味方になったイザベラが子供たちの出荷を食い止める流れになってくれればうれしいですね。 約束のネバーランド ママがグランマに。 イザベラ出てきた時はとうとう来たかー、って感じだったけども…なんていうか人VS鬼の対立が面白かったのに、結局人VS人になってからあんまり…でもまあ今週は溜め回だろうし、勝負回になってから本番かなぁ。 でもこれから敵対するなら、最近のピーターさんみたいに凶悪な描写を入れてくるはず。 なのにこの段階で格を落とすような描写をするって事は…… 多分これ、イザベラが味方になるかは分からないけど、予想外の動きをする伏線かな。 — トドオカ todooka 実は子供達を助けるための演技だったって可能性はありますが、 本当に堕ちたとしたらエマの説得で「エマ……ありがとう……レイ……みんな……ごめんね……」ってまた改心なんて可能性もありますが。 目先の救いの手にまた闇落ちしてた…のか? ナットの指は「脱臼関節を戻した=荒療治」のようにも見えるが 彼女の子供達への残酷な笑顔は演技か否か本心や如何に。 次回 次々号 はエマ達と再会かね。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 エマ、レイ、ノーマン、GFへの侵入開始! 子供たちの出荷が進められようとする中、地下7階動力室へ侵入者の知らせが鳴り響きます。 エマ、レイ、ノーマンたちによるGF侵入作戦が開始しました。 エマたちによって停電となりますが、鬼たちはすぐさま電源を復旧させます。 ラートリーも侵入者の知らせを聞きますがすべては計画通り、慌てる様子はありません。 GF侵入3日前 実は3日前にエマたちはGFの内部構造図を見ていました。 蟻の巣のように入り組んだつくりのGFですが、おそらく地下2階第2備品室に子供たちは閉じ込められているのではないかと考えたようです。 さらに敵の戦力を分析し始めます。 ミネルヴァやスミーの情報から、GFに常駐している鬼は30~40匹、シスターが100人以上。 さらに2000匹の王兵とラートリー家。 果たしてエマたちは太刀打ちできるのでしょうか…。 GF侵入当日 侵入当日、見張りをしていたエマは王兵が農園の外に配置されているのを確認します。 すべてが予想通りとなった今、エマたちは3手に分かれて侵入作戦を開始。 人質の奪還と安全の確保が目的のため、侵入後、素早く地下2階第備品室を狙いに行きます。 ピーター・ラートリーの上を行く作戦 エマたちが来ると分かっていた地下2階第2備品室には用意周到に鬼が配備されていました。 予備電源によって電気が復旧する瞬間、ザックが閃光弾を投げ、鬼の目を眩ませます。 その隙にジリアンが人質となっていた子供たちを奪還。 鬼たちはその後を追いますが、オリバーによって狙撃されてしまいます。 連絡の取れなくなった第2備品室ですが、その外の警備もドンとギルダによって撃退され、連絡不能に。 子供たちを先導するジリアンですが、アンナによってナットたちがここにいないことを知らされます。 実はナットたち一部の子供たちは別の部屋に入れられ、出荷の時を待っていました。 その部屋にエマ、レイ、ノーマンの三人が到着。 イザベラの姿に一瞬驚いたようですが、すぐに気を取り直して子供たちを逃がし始めます。 しかし、わざとここに招き入れ、逃げられなくすることが狙いだったというピーターに、子供たちは焦り、混乱してしまいます。 そんな子供たちを大きなカギのある在庫保管庫に誘導し、中からカギを占めるエマ。 そう、エマたちの狙いはGFから逃げることではなく、GFを占領することだったのです。 約束のネバーランド 約ネバ 166話ネタバレ最新話確定速報まとめ 約束のネバーランド 約ネバ 本誌の では、イザベラが登場し、ピーター・ラートリーと手を組んでグランマになっていたことが判明しました。 イザベラが子供たちの出荷準備に取り掛かろうしていた時、エマ、レイ、ノーマンの侵入作戦は始まってしました。 最新話確定速報として166話のネタバレを紹介してきました。 今回の166話では、どうやってGFへの侵入を計画したのかが判明 やはりミネルヴァやスミーの情報が役に立ったようです。 綿密に計画を練ったうえで決行された侵入作戦ですが、ピーター・ラートリーは必ずエマたちが来るであろうことを予想しています。 エマたちはその上を行く作戦として、GFから逃げるのではなく、GFを占拠する作戦に打って出ることに…。 果たしてこの作戦はうまくいくのでしょうか!? 167話が待ち遠しいですね! 以上「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ166話最新話確定速報】エマ・レイ・ノーマン対イザベラの頭脳戦!」と題しお届けしました。

次の