同期 の 桜 歌詞。 軍歌・同期の桜の歌詞を教えてくださいお願いします

同期歌詞

同期 の 桜 歌詞

最近「同期の桜」という曲をあらためてじっくり知ることになり、 その音楽的な巧みさについてで書きましたが、 今回は歌詞について思ったこと「歌詞編」です。 しかし、5番まである歌詞は、ちゃんとドラマになっていたんですね。 以下要約。 兵学校でも、航空隊でも同期のお前と俺。 同じ庭に咲く桜のようなものだ。 桜なら国のために散るんだよな。 肉親でもないのになぜか気が合って 仲が良かった俺たちだけど、 ある日お前は飛行機に乗ったまま帰らぬ人となった。 その日までは、とお互い誓ったのになんでこんなことに・・・ しかし、お互い別の場所で散っても 靖国神社の桜になって、春になったら咲いて会おうな! (歌詞全編はを参照ください) うわ、、、切ないわあ。。。 これ、軍隊の歌というより、青春の、友情の歌だったのね。 「音楽編」ではその音型(モチーフ)使いの巧みさについて書きましたが、 別記事: 歌詞においても 「桜」のモチーフがうまく全体を導いて すばらしい構成感になっていると思います。 大義名分が心の支え 「国のために散る」とか 「靖国神社で」とか 現代の私などには ちょっとリアリティの持てない概念だけど、 でも、当時の若者は そういうパラダイムの中で生きていたんだから それが前提で当然なわけですよね。 私なんかがとやかく言えるようなもんではないのです。 戦争という大きな渦に巻き込まれて 否応なく軍隊に連れて行かれる。 人を殺すことを強要される。 自分が死ぬことを強要される。 そこには 「自分がどうしたいか」なんていう選択肢はない。 巻き込まれちゃったら 巻き込まれるより他に道はない。 それを理不尽だとか、嫌だとか 言いだしたら あるいは 自分の命がどれほどの軽さで 扱われているのか、とか そもそも本来どうあるべきか・・・ とかなんとか考え出したら 辛すぎて酷すぎて 普通の神経では生きていけないでしょう。 そんな時に支えになるのが「大義名分」であり、 救いになるのが「概念」であるかもしれません。 「こんな自分でも役に立つ」 「この行為は大いに何かのためになっている」 という気持ち。 それがあれば、人は立つことができる。 辛い現実に立ち向かうことができる。 「国のためだから」 「天皇陛下のためだから」 それが当時の彼らにとっては、 砕けそうになる心を持ちこたえるための 支えだったのではないか・・・・ そんなことを思うのです。 そうでも思わなければ ただ死ねと言われて死ねるもんじゃない。 自分の置かれた境遇や せざるを得ない行為に対して 立派な意味を持たせないと心が折れてしまうから。 最後まで落ち着いた心でいたいから。 毅然とした自分でいたいから。 若者達は一生懸命 その大義名分を心の柱に立てて 精一杯勇気を振り絞って 向かっていったのではないでしょうか。 もちろん、その「大義名分」は 自らの意志以前に、 時代に、国家に 刷り込まれたものであったとしても。 自分の意思で選べない人生 そして、「死んだらただそれだけ」じゃ、 やっぱり虚しくて悲しくてやりきれない。 この歌でいうならば 「靖国神社で咲いて会おう」は いわゆるロマンですね。 「死んだら靖国神社」という物語(概念)があるがゆえの。 そう思うだけで ちょっと胸が温かくなるから 悲しみにも、ちょっと行き先が見えるから 少しでも誇らしく思って逝けるから やっぱりその物語は救いなんだと思います。 物語が事実であるかどうかとは別の次元で その物語を信じることが救いになる、 ということは多いにあることです。 この歌は 西条八十(作詞) 帖佐 裕(編詞) 大村能章(作曲) という優れた作家の方達が作った あくまで歌の世界ではありますが、 私はこの歌が少なからず、 当時の若者達の心情の代弁であったのではないか と感じられてなりません。 青春と友情を そのような大義名分と物語で 支えて散らなければならなかった こんな若者が何人もいたんだろうな・・・・ と想ってみるのです。 そうするしかない。 そう思うしかない。 決して自分の意志で選べない人生。 切ないね。 翻って、今という時代はますます 「自分はどうしたいのか」を軸にして 「何を思い、考えるのか。 それをどう実現するのか。 」 「何を選択し、どう行動するのか」 をいくらでも自分で決められる時代。 自分の身の振り方についても、 変える気さえあれば かなりの範囲で変えていける時代。 選択できなかった彼らの時代を思えば どれほど恵まれているでしょうか。 確かに今だって 色々な事態がふりかかる大変な時代ではある。 でも私達は こんなに選択できる自由だって確かにある。 だからこそ、 どんな選択をして、どうしていくのか 自覚的に、真剣に、 考えて生きていかないと!って思います。 選択できずに、 それでも精一杯引き受けて散った 昔の人達を思って 8月15日。 聴いてみたい方はこちら 別記事: 人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト 一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事 東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

次の

同期のサクラ主題歌の歌詞と発売日

同期 の 桜 歌詞

昨日の続きになりますが、 「同期の桜」で もう一つの歌われない歌詞があります。 私が、知ってる 「同期の桜」の歌詞は、5番まであります。 美空ひばりが、歌わなかった歌詞は、下記の 歌詞5番でしたが、 貴様と俺とは同期の桜 離れ離れに散ろうとも 花の都の靖国神社 春の 梢 こずえに咲いて会おう 「同期の桜」には、 他にも歌われない歌詞があります。 それが、下記の 歌詞4番です。 ちなみに 美空ひばりは、この歌詞は、唄っています。 貴様と俺とは 同期の桜 同じ航空隊の 庭に咲く あれほど誓った その日も待たず なぜに死んだか 散ったのか そこで 「同期の桜」では、どうして歌われたり歌われなかったりする歌詞があるのかを 調べてみました。 スポンサーリンク すると 「同期の桜」の原曲は 「戦友の唄(二輪の桜)」という曲で、昭和13年(1938年)1月号の「少女倶楽部」に発表された西條の歌詞が元になっているという事です。 直接の作詞は、後に回天の第1期搭乗員となる 帖佐裕 ちょうさ ゆたか海軍大尉が、海軍兵学校在学中に江田島の「金本クラブ」というクラブにあったレコードを基に替え歌にしたとも、同じく潜水艦乗員であった槇(旧姓岡村)幸兵曹長とも言われているそうです。 1984年(昭和59年)5月5日、当時呉軍楽隊に勤務していた谷村政次郎(後に海上自衛隊東京軍楽隊長)が金本クラブを訪れ、割れてはいたが 「戦友の唄」のレコードが見つかり(現在は江田島市ふるさと交流館1階に展示)、帖佐の証言が正しいことが証明されたということです。 ただし、5番まである歌詞のうち、3番と4番は帖佐も作詞していないと証言しているそうで人の手を経るうちにさらに歌詞が追加されていき、一般に知られているもののほかにも様々なバリエーションが存在することから、真の作詞者は特定できない状態にあると ウィキペディアではそのような説明がされていました。

次の

同期の桜・もう一つの歌われない歌詞!

同期 の 桜 歌詞

ドラマ 『同期のサクラ』のエンディング主題歌を 「森山直太朗」が担当!ご本人の名曲「さくら」のアレンジ曲 「さくら 二〇一九 」に決定しました。 OPテーマ曲サウンドトラックを担当した森山直太朗の妻「平井真美子 」さんの情報はこちらから! 高畑充希主演『同期のサクラ』は、過疎の離島で育ち、「私の夢は~」と発言する主人公・北野サクラ(高畑)の、どんな課題にも姿勢を変えない。 そんな彼女を見守る同期仲間と駆け抜けた10年間を、1話1年ごとに描写される物語。 今回は、ドラマ 『同期のサクラ』の 主題歌に決定した「森山直太朗 」のアレンジ曲『さくら 二〇一九 』の歌詞や発売日情報、ネット上の反応など「森山直太朗」さんの過去の音楽についても探っていきます。 スポンサーリンク ドラマ『同期のサクラ』主題歌「さくら 二〇一九 」の歌詞と発売日、配信日はいつ? 2019年10月9日より放送されるドラマ『同期のサクラ』の主題歌は 「森山直太朗」の名曲をアレンジした 『さくら 二〇一九 』に決定しました! 日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』主題歌を森山直太朗が担当させていただくことになりました。 今の歌唱と新たなアレンジによる、生まれたばかりの「さくら(二〇一九)」。 これからどうぞよろしくお願いします!佐 — 森山直太朗と6人のスタッフたち naotaroofficial たくさんのコメンツありがとうございました。 さくら(二〇一九)。 にせんじゅうくです。 以後お見知り置きを。 直 — 森山直太朗と6人のスタッフたち naotaroofficial 主題歌「さくら 二〇一九 」の歌詞の内容は? 2002年に発表された名曲「さくら」がドラマの世界観にリンクすることから、令和という時代に合わせて、「今」の歌唱で提供して欲しいと、制作陣から熱烈にオファーされたようやで。 出会いと別れの歌であり、サクラが見れる時期が限られている中で、永遠というものはなく必ず別れがやってくる。 その貴重な時間はとても美しく大切にしなければならないと考えさせられる。 なおアレンジを手掛けているのは、数々の映画音楽やCM曲などを制作しているシンガー・ソングライター、作曲家の世武裕子さんが務めている。 主題歌「さくら 二〇一九 」の発売日、配信日はいつ? ドラマ『同期のサクラ』主題歌「さくら 二〇一九 」の発売日は現在未定です。 分かり次第追記していきます。 配信日は10月30日です。 各音楽配信サービスから。 ドラマ『同期のサクラ』主題歌「さくら 二〇一九 」へのネットの反応は? メモ 森山直太朗 このあとライブ。 何かと交信中の直太朗。 出番は20時からです!佐 — 森山直太朗と6人のスタッフたち naotaroofficial• 1976年生まれ、東京都渋谷区出身• シンガーソングライター、作詞家、作曲家• 所属事務所: セツナインターナショナル 「森山直太朗」さんは、少年時代から一貫してサッカーに熱をいれる日々を過ごして行くが、大学時期にギターを片手に本格的に楽曲製作を開始する。 それから、ストリート・演奏活動及びライブ・ハウスでの音楽活動を展開していく。 2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットでブレイク、世間の注目を集めた。

次の