クマンバチ。 クマンバチに刺されたら!ハチの生態や刺された時の対処法を紹介。

クマンバチに刺されたら!ハチの生態や刺された時の対処法を紹介。

クマンバチ

クマバチの生態 クマバチは、ハチ目、ミツバチ科、クマバチ属に分類される大型のハナ蜂です。 北海道から九州にかけて広く分布し、方言などで クマンバチと呼ぶ地域もありますが、スズメバチをクマンバチと呼んでいる地域もあるようです。 主に花の蜜や花粉を餌としており、 中でもフジの花を好み集まるようです。 また、ミツバチのように 集団で生活する習性が無く、単独行動をする事から養蜂業を営む事はなく、冬が近づくと一日かけて作った巣に卵と花粉団子をセットにして詰め、親子共々越冬し、作られた巣は、何世代にも渡って利用されるようです。 そんなクマバチのメスは、体が丸くてふっくらしている事からも言えますが、肝っ玉母さんのイメージが強く、働き者でしっかり者のイメージがありますよね。 尚、餌をとる場合は体が大きいのでミツバチのように小さな花の中に入って蜜を吸う事ができない為、 丈夫な顎と太い口吻を駆使して花の根元に穴を開けて蜜だけを得ると言う盗蜜の行動をとります。 そんなクマバチは、体が大きい割に翅が小さい為、飛ぶ音はスズメバチと似た大きな音になります。 その為、獰猛な種類に見られる事が多いですが、 性質は温厚で攻撃性もない事から人間を襲う事は無いと言われています。 ずんぐりむっくりとした丸っこい体型で胸にはフワフワの黄色い毛を持つクマバチはアニメに登場するハチのイメージが強く、ただひたすら花の蜜を吸って生きている姿には、健気で可愛らしく好感が持てそうです。 ただ、メスは繁殖期と巣作りの際、稀に攻撃的になる事もあるので、 クマバチが活動する5月~10月の間は、刺激しない事が安全です。 [ad co-1] クマバチとスズメバチの違い! 一般的にスズメバチと呼ばれる種類はスズメバチ亜科に属するもので、大きさは 40mm以上あり、オオスズメバチなどの中には 70mm以上にもなる種もいるようです。 見た目はクマバチと大きく異なり、全体にスリムな体型をしています。 腹部や頭部はオレンジや黄色と黒のストライプで、顎は鋭く尖っています。 集団で行動する為、養蜂業を営み攻撃する場合も集団で襲う事が多いです。 [ad co-1] (2) 食べる物 ・クマバチ クマバチはハナバチと呼ばれる種類だけに 花の蜜や花粉を主食としており、盗蜜の方法で花から花へと飛び回り、特にフジの花は好物です。 ・スズメバチ クマバチのように花の蜜や花粉を食べ、時には樹液なども食べます。 しかし、基本的には肉食であり、他の昆虫や別種のスズメバチの幼虫を襲う事があります。 餌などが少ないときは集団でミツバチや別種のスズメバチの巨大コロニーを襲撃することもあります。 (3) 毒針の有無 ・クマバチ ハチの毒針は、産卵管が変化した物なので メスだけが毒針を持ちます。 その毒性は ミツバチよりも弱く人間が死ぬような物ではありませんが、針が太い為に痛みが激しく、稀にアナフィラキシーショックを起こす事もあるので注意が必要です。 また、針を刺すとハチの腹部から抜けてしまい一度刺したら死んでしまいます。 普段は人を襲う事は無い蜂ですが、繁殖期や巣作りをしている近くを通った場合、稀に攻撃することもあります。 雄のホバリング ・スズメバチ スズメバチもクマバチと同様に毒針を持つのはメスだけです。 しかし、その毒性はクマバチと比べ物にならないほど強く、攻撃性も高いため、毎年多くの方が被害に遭っています。 スズメバチの毒は神経毒であり強力な作用があり、ミツバチと違って毒液が続く限り何度でも刺す事ができるため危険度は高く、一度より二度目に刺された方が死に至る事もあるので刺された場合は早めに医療機関を受診しましょう。 また、毒針から毒液を飛ばす事もあり、目に入った場合は失明することもある為、早めの処置が大切になります。 クマバチの天敵 クマバチは、大きな体と大きな音をたてて飛ぶ事から、スズメバチ同様に獰猛なイメージがありますが、 花から花へ移動しながら花の蜜や花粉を食べる可愛い種類の蜂です。 また、大きな体の割には翅が小さく、花の上をホバリングしたり移動する程度で、スズメバチのように速く飛ぶ事ができないため鳥や他の昆虫に捕食される事が多いです。 その為、天敵は多く 肉食であるスズメバチに襲撃され食べられる事も多いです。 因みに天敵は、鳥類やスズメバチ、又はカマキリなどの昆虫などです。 [ad co-1] オスメスの見分け方 クマバチはアニメのキャラクターのような可愛らしさがある為、子供達にも人気がありますが、可愛いからと言って 手でつまんだら刺されたと言う事にもなりかねません。 そこで、オスメスを見分けるには、ホバリングの状態や花にとまった時の顔を観察する事で簡単に判別がつくようです。 ハチ全体に言えることですが、 顔を良く見るとメスよりもオスの方が目が大きく、顔の正面に白っぽい三角マークがあるのが特徴的です。 メスは目が小さめで特に特徴もない事から 顔全体が小さくクロっぽく見えます。 また、オスは縄張りを意識する為、自分の縄張り内に他の昆虫が侵入してきた場合は追い出す行動をとるので、 ホバリング中にこのような行動が見られたらオスである可能性が高いです。 しかし、クマバチは蜂の中でも大人しく、小さな翅をフル回転させて花の蜜を食べているだけなので 手を出さなければ攻撃することはありません。 捕まえるよりも可愛らしい姿を静かに見守ってあげる事も大切ですよね。 まとめ クマバチは、体が大きく飛んでいる音も大きい事から、スズメバチのように獰猛なハチと思われていますが、 実際には攻撃性は無く丸い体に黄色い毛がモフモフと生えた可愛らしいハナバチの仲間です。 また、大きな体に反比例した小さな翅をフル回転させて花から花へと移動し花の蜜や花粉を食べて生活し、冬が近づくとメスは卵と花粉団子をセットにして家の軒下などに作った巣の中に入れて一緒に中で越冬します。 ハチの仲間は全般に毒針を持ちますが、 それはメスのみでオスは毒針を持ちません。 その毒性はスズメバチのような危険な物ではなくミツバチよりも弱く、針がふといために害は痛みだけのようです。 特に人を攻撃すると言う事はありませんが、 巣作り中や繁殖期の雌を刺激した場合、稀に攻撃してくる事もあるので注意が必要です。 むやみに手を出したりせずに可愛らしい姿で花の蜜を食べている様子を観察するのも悪くないですよね。

次の

刺されたら?クマバチの生態と毒性!飛行が苦手な蜂

クマンバチ

最近庭に出るとクマンバチがよく飛んでいる。 羽音が特殊だからすぐわかる。 リムスキーコルサコフの曲にあるようにブンブン飛び回り頭の横を飛んだりする。 怖いのであまり動かないようにじっとしている。 『蜂は動くものを攻撃してくる』と教えられた覚えがある。 クマンバチは藤の花が好きなことはよく知っている。 でもうちの庭に藤は植えていない。 アシナガバチや、スズメバチは見かけることがあるがクマンバチはあまり見たことがない。 庭の上の方が騒がしいので見上げると、オリーブの花に群がっていた。 オリーブの花が好きだったんだ。 でもこんなにたくさん来るようになったら怖いので、オリーブを切ってしまおうかなと考えた。 そこでクマンバチの生態を調べて見た。 クマンバチは熊蜂と書いて非常に温和でおとなしい性格で人を刺すことはまずないそうだ。 可愛らしいとも書かれている。 手のひらに乗せて遊ぶのは嫌だがオリーブを切ってしまうほどのことはないと知って安心した。

次の

クマバチの巣は駆除すべき?クマバチの巣作りを画像と動画で解説!

クマンバチ

クマバチの生態と特徴 生息地 クマバチの生息地、見られる時期は次の様になっています。 地域:北海道、本州、四国、九州• 場所:低山、平地、雑木林• 時期:5月~10月 クマバチは北から南へと全国的に生息しています。 特に見られる時期は5月~10月となっており、初夏から秋にかけて見る事が出来ます。 特徴 クマバチには次の特徴があります。 体色は頭部と腹部が黒地、翅は褐色不透明 成虫• 体長は30mm程度 成虫• 体は全体的に大きく、細かな毛が全身生えている• 腹部が球体状• 翅は褐色で不透明• オスには針がない• オスには複眼の周辺に白い三角形がある ずんぐりむっくりしたハチで、触ってみると毛でモコモコしています。 腹部が真ん丸なので、体が大きく見えてしまいます。 そしてオスの複眼の周辺には白い三角形があるのが分かります。 これはメスにはありませんので見分けに役立ちます。 この他には針があるのはメスのみと見分けやすい昆虫です。 餌 クマバチは主に 花粉や花の蜜をエサにしています。 その容姿から他の昆虫類を襲っていそうですが、花粉を収集してお腹を満たしています。 よく見られるのはフジの花ですから、公園や近所のお宅で観察してみましょう。 天敵 クマバチの 天敵は昆虫類、鳥類になります。 クマと名前にありますが ずんぐりした体格は飛びにくくスピードが出ません。 そのため鳥等に捕食される事もあります。 また同じ目のに襲われて団子にされたりも…。 飼い方 クマバチを次の飼育方法で飼育してみましょう。 クマバチの 飼育は困難です。 ミツバチのような養蜂技術も確立されていませんので養蜂のプロでも難しいでしょう。 遠くから観察するのがお互いにとって幸せです。 捕獲方法 クマバチを次の捕獲方法で捕まえてみましょう。 使用する道具:網、帽子、長袖長ズボン クマバチは他のハチよりもゆっくり飛びますから落ち着いて狙いを定めれば捕らえられるでしょう。 捕獲する際には長袖長ズボンや帽子を着用し、肌を露出させないようにします。 また暗色系の服装をしないでください、クマだと思って攻撃的になります。 人が死ぬような毒性はないと言われていますが、絶対ではありません。 注意点 クマバチについての注意点を紹介しましょう。 1、クマバチには毒がある? 人が死んでしまうような強い毒はありませんが、 針が太いためとても痛いです。 症状としては強烈な痛みとボッコリと腫れる程度です。 温厚なのでわざわざ 危害を加えたりしなければクマバチから襲ってきません。 ただしクマバチの『メス』は繁殖期や巣作りの際に刺してくる事がありますので注意。 オスは針を持っておらず、当然刺されたりしません。 2、クマバチに刺された時の対処法 もしクマバチに刺されたら落ち着いて対処します。 針が残っていたら手を振って落とします。 針が抜けたら血を流すように皮膚を搾ります• 血が流れたら流水で患部を流します• 抗ヒスタミン系の薬を塗ります• 病院へ行って処置を受けてください 慌ててしまいますが、さわがず、さわらず、すみやかに、の3Sを心掛けてください。 騒ぐとクマバチがさらに興奮しますし、触ると奥へ針が入って取れなくなってしまいます。 そして針によるハチの毒は体内に循環しやすいので速やかに薬を塗るか病院へ。 3、ハチに刺されないためにはどうしたらいいか もちろんハチに接近しないに越した事はありません。 しかしあなたが何もしなくても、ハチから寄ってくる事があります。 もしそんな時にハチに刺されないようにするには『動かない』のが正解。 ハチは静止した対象には警戒はしますが、襲ってきません。 逆に動作した対象には躊躇なく毒針を突き刺してきます。 ですから深呼吸をしてパニックにならないよう、ジッと動かないでください。 その後ゆっくりハチから遠ざかりましょう。 4、クマンバチはクマバチではない? クマバチをクマンバチと呼ぶのは方言だったり呼びやすいからだと冒頭で紹介しました。 しかし地域によっては『オオスズメバチ』をクマンバチと呼ぶ事もあります。 方言には気を付けましょう。 SPONSORED LINK うんちく クマバチのちょっとしたうんちくを紹介しましょう。 もっとモコモコのハチがいる クマバチには胸部や四肢に毛が生えており、モコモコしています。 しかしクマバチよりももっとモコモコしたハチもいます。 【オオマルハナバチ】 目科:ハチ目ミツバチ科 体色:褐色や黄色毛 特徴:翅は薄茶色の翅脈に半透明 メモ:温和な性格なので危害を加えなければ襲ってこない セイヨウオオマルハナバチは外来種 【クロマルハナバチ】 目科:ハチ目ミツバチ科 オス体色・特徴:黄色毛、翅は横長、薄茶色の翅脈に半透明 メス体色・特徴:黒色毛にお尻は黄色毛、翅はやや丸、薄茶色の翅脈に半透明 メモ:温和な性格なので危害を加えなければ襲ってこない 果物の受粉に利用されており、数万円で売買されている あっ、と気が付いた人がいるのではないでしょうか? そうなんですモコモコして見えるハチは主にミツバチ科の仲間になります。 クマバチは黒色の体色が強烈な印象なので恐怖感を抱いてしまいがちです。 しかしオオマルハナバチやクロマルハナバチは鮮やかな黄色毛が生えておりメルヘンチックです。 どちらもぬいぐるみみたいにモコモコしており愛らしいです。 基本的に〇〇ハナバチという種類はモコモコしているので安全を確保しながら探してみてください。 クマバチって大きいって言われるけれど… 周りの人にクマバチの印象を尋ねると何人かの人から必ず『大きい』と返ってきます。 確かにクマバチは大きく見えますが、実際のところそれほど巨大ではありません。 クマバチ 30mm程度 よりも大きいハチはオオスズメバチ 35mm程度 やニホンキバチ 40mm程度 等がいます。 ただクマバチがデカく見えるのは横にボヨンと丸く、毛がフワッとしているからでしょう。 対して他のハチは空気抵抗を減らして飛行を速くするため流線型体型です。 人間に例えるならばお相撲体型と細マッチョ体型になります。 吸えぬなら・盗んでしまえ・クマンバチ 盗むだなんて物騒ですが、クマバチは『盗蜜』という行為を行います。 クマバチは体が大きいため、小さい花の中に蜜を吸いに入って行けません。 そこでアゴと口吻を駆使し花の根元に穴を開け、蜜だけを吸い取ってしまいます。 これを『盗蜜』と呼ぶのです。 クマバチにとっては蜜を吸えて満足ですが、花にとっては死活問題です。 花はハチによって花粉が運ばれ受粉する事で花を咲かせたり実を実らせたりします。 けれど盗蜜をされてしまっては花粉が運ばれず種の繁栄とならないので花は困ってしまいます。 ~鳴かぬなら殺してしまえほととぎす~ ~吸えぬなら盗んでしまえクマンバチ~ 織田信長の詠んだ俳句ですが、クマバチの盗蜜はどこか似ている感じですね。 一匹で家造りから子育てまでこなすクマバチのメス クマバチのメスは交尾が終わると、一人でせっせと産卵用の巣を作ります。 大アゴを使って木材や朽ち木を細長く切り開き、区切りごとに産卵するのです。 卵と一緒に花粉団子も詰めてやり、孵化後のエサとします。 冬が近くなるとメスは自分が作った巣に子供と一緒に入って越冬。 オスは一体どこに行ってしまったのでしょうか…? クマバチのメスはかなり器用で頑張り屋さんですね。 ちなみにクマバチの英名は『carpenter bees』で直訳すると大工バチ。 さてクマバチ母さんが建てたマイホームからいつかは子供クマバチが巣立っていきます。 その後マイホームはもぬけの殻に…はなりません。 クマバチがまた戻ってそこで営巣するからです。 こうしてクマバチの巣は何世代にも渡って利用され続けます。 クマバチのオスは何でも追い掛けます クマバチのオスは縄張り意識があり、進入してきた生き物を追い出してしまいます。 さらに繁殖期にはメスをブンブン追い掛けますが、この時うっかり他の生き物 トンボ、鳥 を追い掛ける事もあります。 近くに寄ってみて違うと分かれば「なんだ、メスじゃなかった」で追跡を止めます。 追い掛けると我を忘れてしまうのがクマバチのオスの性質なのかもしれません。 クマバチのハチミツはあるの? ありません、クマバチは集団行動をしないので蜜が集まらないのです。 あのスズメバチですら集団行動をするのに…。 SPONSORED LINK -,.

次の