プロポリス うがい 薬。 喉が痛い時に効く薬6選!薬が手元にない時は?6つの対処法もご紹介!

インフルエンザ予防にプロポリス?免疫力を高める天然物質の働きとは

プロポリス うがい 薬

プロポリスの含有成分は、原産地の樹木やミツバチの種類によって異なりますが、主にや、、などの天然成分です。 中でも、フラボノイドは40種類以上も含まれ、血管を強化することで動脈硬化を予防したり、免疫力を高める作用があります。 プロポリスという名前はミツバチが巣の入り口を守るために用いることから、「前」という意味の「Pro(プロ)」、「都市・巣」という意味の「Polis(ポリス)」に由来しています。 ミツバチは巣の壁の隙間に、強い抗菌効果を持つプロポリスを塗り、腐敗や微生物の害から巣を守っています。 巣の密度や湿度が高いにも関わらず、カビが生えないのはこのためであるといわれています。 ミツバチがつくりだすプロポリスは、1つの巣箱から年間150g~200gほどと採取できる量が極めて少なく、大変貴重なものとされています。 プロポリスは「蜂脂(ハチヤニ)」とも呼ばれ、水に1滴垂らすと、ヤニ特有のにおいが広がります。 また、アリストテレスは著書の中でプロポリスは皮膚疾患、切り傷、感染症に効果があると記述しており、長い歴史を持つ成分であることがわかります。 古来よりヨーロッパやブラジルでは、プロポリスをやけどやニキビ、イボなどの治療薬として用いていました。 日本でプロポリスが注目されたのは、1985年と歴史は浅く、国際養蜂会議において、関節炎や感染症に効果的だと報告されたことをきっかけに、その後プロポリスの持つ様々なパワーが解明されています。 また近年ではプロポリスが配合された化粧品や入浴剤などを直接皮膚に付け、かゆみやかぶれなどの接触性皮膚炎を起こすケースが報告されています。 プロポリスにはミツバチの体液などが含まれているため、ハチアレルギーの方は使用を控える必要があります。 ヨーロッパタイプのプロポリスには、フラボノイドが多く含まれており抗酸化作用が非常に強いといわれています。 また、ユーカリやポプラなどの抗菌効果や抗炎症作用、免疫力を高める効果を持つ成分を多く含む植物や、針葉樹林などの外傷や皮膚炎に効果的な樹木によっても含有成分に差異がみられます。 日本では、栄養成分が豊富なブラジル産のプロポリスが一般的に使われています。 フラボノイドは、4000種類以上も存在するポリフェノール類の黄色系色素の総称で、植物の発芽や成長に関与している成分です。 フラボノイドは抗酸化作用を持つため、悪玉(LDL)の酸化を抑えて動脈硬化を予防したり、血液の流れを良くしてドロドロ血を防ぐなど生活習慣病の予防に効果的です。 また、フラボノイドは毛細血管を強化し、血圧や血糖値を正常に保ちます。 プロポリスは、このような働きを持つフラボノイドを含み、健康効果をもたらす働きがあります。 プロポリスを摂取することで体内の免疫力が高まり、風邪やインフルエンザにかかりにくい強い体を生み出します。 このような作用を持つことから、プロポリスは「天然の抗酸化物質」といわれています。 またプロポリスをうがいで用いると、痛みや炎症を抑える効果があり、口腔内の形成手術後の治癒に有効だといわれています。 プロポリスの抗菌効果が口内を清潔に保ち、炎症を抑える働きによって、口内炎の予防が期待されています。 軽度のスギ花粉症と診断された30人に花粉が飛散する前の1月から12週間に渡りプロポリスを 摂取し、摂取していないグループと比較すると、プロポリスを摂取したグループのほうが花粉症 の治療薬を使用した人が少なかったことが判明しました。 それだけではなく、花粉症の治療薬を 使用した人の中でも、使用頻度が軽減したということもわかっています。 プロポリスは花粉症の原因となるヒスタミンなどの物質の放出を抑制し、花粉を予防する効果 があります。 糖尿病とは血糖値をうまくコントロールできず、血糖値が高くなり動脈硬化や手足の壊疽などの深刻な合併症を引き起こす病気です。 糖尿病の初期の症状では、血糖値を抑えるインスリンが効きにくい状態になり、全身の血圧や臓器の働きに影響します。 このような、糖尿病の初期の状態になったラットにプロポリスを与えると、その初期症状が大幅に軽減することが分かっています。 また、プロポリスには肌の老化を促進する活性酸素を抑える効果があるため、シミやそばかすの発生を抑制します。 さらにプロポリスには抗菌効果、炎症を抑える効果があるため、ニキビ予防に効果を発揮します。 また紫外線のダメージから肌を守る研究も報告されており、肌に対する健康機能が期待されています。 毎日プロポリスを含む軟膏、または液体を頭部に深く擦り込んでマッサージを続けると、抜け毛の防止に効果があったとの報告もあります。 また、動物実験においても毛髪再生の効果があり、さらには白髪を黒くする効果も期待されています。 抗菌効果を持つプロポリスは歯磨き粉にも配合され、虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)の予防、口臭予防に効果を発揮します。 【2】アレルギー性鼻炎患者の末梢白血球にプロポリスを投与すると、アレルギー関連物質であるロイコトリエンとヒスタミンの放出が抑制されました。 この作用にはプロポリスに含まれるアルテピリンという成分が関与していることがわかり、プロポリスに抗アレルギー作用や花粉症予防効果が期待されています。 参考文献 ・NPO日本サプリメント協会 サプリメント健康バイブル 小学館 ・蒲原聖可 サプリメント事典 平凡社 ・原山 建郎 著 久郷 晴彦監修 最新・最強のサプリメント大事典 昭文社•

次の

プロポリスのうがい効果

プロポリス うがい 薬

もくじ• プロポリスの概要 プロポリス(propolis はポプラやユーカリ、針葉樹等の起原植物に由来する樹脂にミツバチが分泌液を混ぜてできた素材で、セイヨウミツバチの巣から分離します。 薬として用いられた歴史は古く、紀元前350年にギリシャ人は膿瘍に、アッシリア人は傷や腫瘍の治癒にプロポリスを用いていたとの記録があります。 現在でも外用では消毒や抗菌を主な目的に、経口では、結核など各種感染症、十二指腸潰瘍などの消化器疾患に対して用いられ、免疫賦活効果も期待されています。 しかし外用以外の効果については、科学的な実証が十分でないという声もあります。 プロポリスは、食品衛生上、既存添加物として扱われます。 その名称はプロポリス抽出物であり、ミツバチの巣から得られたフラボノイドを主成分とするものとされています。 食品添加物としての主な用途は酸化防止剤です。 プロポリスは滋養強壮、体力増強などを目的として、サプリメントとして用いられます。 化粧品に配合されていることもあります。 プロポリスの成分 ポプラやユーカリ、針葉樹等の芽に含まれる樹脂で、セイヨウミツバチの巣材として使われます。 ハチの巣から分離するので純物質を得ることは難しく、ハチの巣の副産物が含まれることが多いです。 植物樹脂は、咀嚼されて 唾液酵素を取り込む)ミツロウと混ぜられます。 この混合物は、穴を修理したり内壁をなめらかにするのに使われます。 ミツロウに対する樹脂の割合はさまざまで、プロポリスがどのように使われているかによって、また地域によっても左右されます。 プロポリスはヒドロキノン(0. 1〜0. プロポリスはミツロウやハチミツにも含まれています。 「消化性潰瘍、ピロリ菌、ヘルペス、抗炎症、結核、細菌感染、真菌感染、駆虫、かぜ、外傷の洗浄、うがい」 ピロリ菌による消化性潰瘍にプロポリスが経口で効果があるとの報告があります。 プロポリスが傷の洗浄に用いられる、抗炎症薬として効果がある等の報告があります。 プロポリスに含有するキナ酸のカフェ酸エステルにマクロファージを活性化する効果が報告されています。 経口で、結核、細菌および真菌感染症、原虫感染にプロポリスが用いられる、一般のかぜに経口でプロポリスが有効である可能性があるという説もある等の報告があります。 口腔内手術後の治癒促進、痛みや炎症の軽減に、プロポリスでのうがいの有効性、効果を示唆する報告があります。 プロポリスに含まれるフラボノイドやキナ酸には抗酸化効果があります。 プロポリスに含まれるクマール酸誘導体は抗がん効果が報告されています。 プロポリスの副作用・毒性 プロポリスの副作用・毒性などの危険性は以下の通りです。 副作用としては、経口摂取でアレルギー反応が、プロポリスを含むトローチで口内炎が起きることがあります。 これらはハチやハチの生産物に過敏な人に多いです。 外用で用いた場合、接触性皮膚湿疹等のアレルギーの副作用が起きることがあります。 プロポリス中のアレルゲンが症状を悪化させるという報告がありますので、喘息患者には禁忌です。 ハチの生産物(ハチミツなど)や針葉樹、ポプラ、サリチル酸にアレルギーのある人は使用を避けることとされています。 プロポリスや紫雲膏などを外用で使用していたアトピー性皮膚炎の男性で、接触皮膚炎を起こしたとの報告があります。 (アトピー性皮膚炎の自家療法で生じた接触皮膚炎) プロポリスはミツバチの巣の樹脂から得られ、比較的安全で、抗菌活性をもち、主に外用薬として使用されますが、とくに外用で消毒と皮膚保護に用いられるペルーバルサムからつくられた樹脂に敏感な人は、接触皮膚炎を生じる可能性があります。 安全性に関するデータは十分でないので、妊娠中・授乳中は使用を避けた方が良いでしょう。 他のハーブやサプリメント、医薬品、食物とプロポリスの相互作用については十分なデータがありません。 研究・エビデンス.

次の

抗ウイルス作用|うがいにはブラジル産グリーンプロポリスのデンタルリンス

プロポリス うがい 薬

プロポリスとは?飲む前に知っておきたい基礎知識 人類が古代より薬として利用してきたプロポリス。 そもそもプロポリスとは何かなど、知っておきたい知識をまとめています。 このカテゴリでは、プロポリスに含まれている有効な成分や、産地による違い、プロポリスと同じくミツバチから作られているローヤルゼリーとの違い、副作用の有無なども説明しています。 古代から健康のために利用されているプロポリスとは 4千万年以上前からハチはとても文化的な生活で生き残ってきました。 造形的に美しく、しかも潰れない強い巣を作り、自然の材料を集めてローヤルゼリーやプロポリスを自分たちで開発し、活用していました。 古代の人々は、プロポリスの効果に気付き、薬として活用してきたことが分かっています。 主に、 腫瘍、神経痛、皮膚病、潰瘍などの薬として使われ、 古代ギリシアでは発毛剤としても知られていたのです。 また、 強い抗炎症作用を持つことから、炎症や鎮痛剤としてアジア・ヨーロッパ・オセアニアなど広い範囲で利用されています。 薬以外としてはなんと、古代エジプト時代には、 プロポリスをミイラの防腐剤として使っていたという記録が残されています。 それほどの歴史があるにも関わらず、最近になっても、成分については多くの謎が残っており、全容解明にはまだまだ研究が必要な状態です。 医学者も大注目のプロポリス。 もしかして近い将来、ものすごい画期的な作用を持つ物質が発見されるかもしれませんね。 プロポリスの歴史 プロポリスは4000年前から民間薬として人々に利用されてきました。 メソポタミヤ時代のピラミッドの ミイラに防腐剤として使用、また 中国の古書にはプロポリスを使用していたという記録も残っています。 15世紀までの南米ペルーのインカ帝国では、 感染症に治療に使用されていたことがわかっています。 さらに太平洋諸島では、自然薬品「カワカワ」として 腹痛や炎症に使用されています。 1899~1902年の、南アフリカとイギリスのブール戦争には、 負傷した際の治療薬として、ワセリンにプロポリスが混ぜ込まれ、塗り薬として使用されていた記録があります。 日本でプロポリスが知られるようになったのは、1985年に多くのプロポリス症例が報告された後に、さらに注目を浴びるようになりました。 その後、1991年に開催された「第50回日本癌学会総会」で国立予防衛生研究所と協和発酵東京研究所の研究グループが、抗ガン効果のある新たな化合物を発見した、という発表がありました。 プロポリスの 有効成分や薬理作用が解明されていき、癌細胞の増殖を阻止する効果もあることが判明してきました。 こうしてブームになっていったプロポリスは、今でも多くの人に愛用されています。

次の