充電の減りが早い。 【Xperia】バッテリーの減りが早い?(長持ちさせるコツ)

スマホの充電がすぐなくなる原因と対処法!電池の減りが早い時は設定を確認!

充電の減りが早い

3年使ったauのスマートフォン(アンドロイド)。 ・スマホのバッテリーの減りが早い(バッテリーの寿命?) ・スマホが熱くなる ・勝手に再起動する という症状が現れ始めた。 安心ケータイサポートプラスに入っているため、そろそろ交換してもらおうと思って電話をかけてみたところ、本体が原因ではなく、なんらかのアプリが影響してそうなっていた場合もあると言われた。 アプリが影響しているか、はっきりさせる方法を教えてもらったので紹介する。 私の機種はシャープのアクオスフォンSHL22。 機種によって多少変わると思うので、違う方はご参考程度に。 影響を及ぼすアプリが入っているかを見分けるにはアプリを停止させればいいとのこと。 それぞれの方法を紹介。 2、アプリの起動状況をチェックする方法 1)設定を開く 2)「アプリ」を選択 3)右にスライドし「実行中」を選ぶ 一番下の使用中と空き容量をチェックし、空き容量がけっこう空いていたら現在動いているアプリはそれほどないので、異常にバッテリーを消耗したり発熱したりする原因にはなっていないと判断できる。 どれくらいが使いすぎかは分からないが私の場合、半分も使っていなかったので起動中のアプリが多すぎることはないと言われた。 3、アプリをすべて停止する方法(セーフモード) 本体に入っているアプリのどれかが悪影響を及ぼしているかを判断するにはアプリを停止する必要があるとのこと。 最初電話した「安心携帯サポートセンター」では、データをSDカードに移し、本体を初期化してアプリと写真データなどを全部消すように言われた。 アプリだけでなく写真や動画なども影響する可能性があるとのこと。 けれども、操作方法を教える窓口では、初期化してアプリを消さなくても、もとから入っている最低限のアプリ以外を停止することができるので、それで判断できると。 写真や動画が影響するとは聞いたことがないとのこと。 でも故障専門のサポート窓口がそういうならそういうこともあったのかもしれないという中途半端な答えだった。 同じau窓口なのに言うことが違うのは問題だが、消さなくてもいいというのは簡単なので、とりあえずそちらでやってみた。 1)スマホ上部の電源ボタンを長押して電源関係の項目を出す 2)「電源を切る」を長押し 3)「再起動してセーフモードに変更」と出るのでOKを選択 4)再起動され、起動したときには左下に薄く「セーフモード」の文字が出る。 セーフモードの状態だと、アプリのアイコンはあっても自分で入れたアプリは起動できない状態になっているので、それらのアプリの影響をうけない状態ということになる。 この状態で様子をみて、同じ症状が出るようならアプリが原因ではなく本体に原因があるということになる。 4、その他の対処法 アプリが原因か否かのチェック法を書いたが、それより先に試したことがあった。 それで直らなければアプリをチェックするという形だ。 1)電池を外す 電池パックが外れない場合は強制再起動をするとのこと。 電源を11秒長押しすると、強制再起動され、電池パックを外したのと同じ効果がある。 08が最新バージョンだったが、自動で更新されていたので問題なかった。 調べたが最新バージョン一覧のようなものは見つけられず。 機種によって違う様子。 これらをやっても改善しない場合はアプリを疑う。 5、まとめ アプリを停止しても同じ不具合が起きる場合はアプリが原因ではなかったと言える。 その場合、本体が原因なので修理に出すか交換してもらうとよい。 アプリを停止したら不具合がなくなったとしたらそれはアプリが原因となる。 アプリが原因だと分かった場合、やはり一つずつ消していくか、全部消して一つずつ入れていくかで、どれに原因があるか地道に探していくしかないとのことだった。 電池の寿命は使い方で全然違うので一概には言えないが、だいたいの方が2年くらいで買い替えているとのこと。 私の場合、3年使っているのは長い方なので、電池が消耗していると考えてもおかしくないとのことだった。 もともと携帯が温かくなることはあるが、電池が消耗してくると余計に発熱しやすくなるとのこという。 長く使っている方は、故障だけでなく電池パックの消耗の場合もあるので、その辺も頭に入れてどれが原因か見極めた方がよさそうだ。 追記: 交換用電話機を頼んで交換してみたところ、電池の減りは遅くなった。 温かくはなるが、以前のように熱くなることはなくなった。 やはりアプリが原因ではなく、やはり電池の消耗により電池の充電がしっかりできなくなっていたし、熱くなるのも電池の消耗か故障によるものだった。

次の

iPhone11なのにバッテリーの減りが早い?そんな時は設定が原因かも!

充電の減りが早い

最終更新日: 2020年04月21日 「iPhone 8を最近買ったばかりなのに、充電の減りが早い・・・」と頭を抱えている方いませんか。 これはiOS11がリリースされたタイミングでよく見られた不具合なようで、iPhone 8ユーザーから「何故か買ったばかりなのに充電の減りが早い!」といった声がたくさん聞かれました。 iPhone 8のバッテリーは消耗品なので、確かに長く使っていると充電の減りが早いなと感じることは多いですが、そこまで、使っていないのに、iPhone 8の異常に充電の減りが早いなと思っている人は、消耗していること以外の原因が考えられます。 そこで今回は、iPhone 8ユーザーの方で、異常に充電の減りが早い方に向けて、原因や対処法をご紹介していきます。 iPhone 8の充電の減りが早い時の原因と対処法 -1-1-4 iPhone 8のほとんどは、デフォルトの状態だと自動ロック時間が30秒になっています。 しかし、何かの拍子にここが、「なし」になってしまい、充電の減りが早いと感じることがあるので、iPhone 8ユーザーの人で、充電の減りが早い人はしっかりと確認してみてください。 対処法2 iPhoneを強制終了する これは、どんな不具合が起きても一度は試して欲しい対処法です。 iPhone 8の充電の減りが早い時の原因と対処法 -1-2-1 以上の方法で、強制終了することが出来るので、試してみると、もしかしたら、充電の減り方が変化するかもしれません。 iPhone 8ユーザーの方で、充電の減りが早いと感じる方は、上記のように自動ロックの設定を確認したり、強制終了をしてみることも重要ですが、まず、手動でしっかりとロックする癖をつけると、充電の減りが早くなる原因が、自動ロックが原因であることが少ないので、しっかり確認する癖をつけましょう。 低電力モードにすると、バッテリー消費の大きい動作を制限してバッテリー持ちが改善されます。 iPhone 8で充電の減りが早い人は、ぜひ低電力モードを試してみてください。

次の

急にスマホの電池の減りが早い!その原因と3つの対策|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

充電の減りが早い

スマホを使っていて、 「最近、充電の減りが早いな…。 」 と感じたことはありませんか?スマホはガラケーと比べても消費電力が大きく、決して電池持ちが良い電子機器ではありません。 しかしスマホの充電の減りの早さは、原因さえわかれば対策が施せます。 本記事では、スマホの充電の減りが早くなる原因と対策について解説します。 この記事を読むだけで、今日からスマホの充電が長持ちするはずです。 しかし実際、スペックに記載されている時間ほどスマホの充電が長持ちしないと感じている人は多いのではないでしょうか。 スマホの充電の減りが早いのには、何かしらの原因があります。 まずはスマホの充電の減りを早める原因についてみていきましょう。 バッテリーの劣化 スマホのバッテリーは、ずっと同じパフォーマンスを発揮してくれるわけではありません。 バッテリー内部の化学材料は充電を繰り返すたびに劣化し、少しずつ持ちが悪くなっていきます。 特に1年以上同じスマホを使っていると、バッテリーの劣化は顕著に現れやすいです。 一度劣化したバッテリーは回復してくれないので、残念ながら交換以外の選択肢はありません。 不要な機能をオンにしている 不要な機能をオンにしていると、スマホの充電の減りは早くなります。 常に通信や情報取得を繰り返すことで、目に見えないところで電力が消費されるという仕組みです。 具体的には、以下のような機能がオンになっていると充電は減りやすいです。 ただしその分通信が発生するので、充電の減りが早くなります。 上記の機能は不必要にオンにしていると、スマホの充電の減りが大幅に早まるので注意しましょう。 アプリの利用 ゲームや動画など、消費電力が大きいアプリを使っていると、充電の減りも早まります。 加えてアプリを完全にシャットダウンせず、バックグラウンドで起動させたままにしている人も要注意。 アプリは完全にシャットダウンしないと電力を消費し続けます。 アプリの使い方は充電の減りを大きく左右するので、注意が必要です。 画面の明るさ 画面の明るさと充電の減りの早さは比例します。 画面を明るくするということは、単純にそれだけ電力を使うので、充電を消費する原因です。 必要以上に画面を明るくしている人は、無駄に充電を減らしていることになります。 スマホの充電を長持ちさせるポイント スマホの充電の減りが早い原因がわかれば、おのずと対策方法も見えてきます。 続いてはスマホの充電を長持ちさせるポイントについてみてきましょう。 使わない機能はオフにする 使わない機能をオフにすれば、通信や情報取得の回数が減り、充電は長持ちします。 具体的には、下記の4つの機能は特に充電を減らしやすいので、使っていないのであればオフにすべきです。 ・Bluetooth ・Wi-Fi ・GPS ・アカウントの自動同期 それぞれの機能をオフにする方法を下記に示します。 バックグラウンドのアプリは消す バックグラウンドで起動しているアプリは電力を消費するので、常に消すよう心掛けると充電が長持ちします。 バックグラウンドのアプリを消す方法を以下に示します。 アプリ一覧を表示させる方法は、iPhoneの世代によって異なります。 【iPhone8以前(ホームボタンあり)】 ホーム画面において、ホームボタンをダブルタップします。 【iPhoneX以降(ホームボタンなし)】 ホーム画面下部分に表示されている黒いバーを、上方向にスワイプする。 バッテリー自体の劣化を防いで長持ちさせるには? 一度劣化したバッテリーを回復させることはできませんが、バッテリーを劣化させないように扱うことはできます。 ここではバッテリーが劣化する理由とその対策についてみていきましょう。 バッテリーが劣化する理由 スマホのバッテリーが劣化する理由として、下記のような原因が挙げられます。 バッテリーに負担をかけながら充電を繰り返すと、劣化は更に早まります。 バッテリーの劣化を防ぐ方法 バッテリーが劣化する原因を踏まえ、以下のような対策を心掛けると、バッテリーは長持ちします。 どれも簡単に実践できるので、今日から意識してみましょう。 特にゲームや動画再生は消費電力が大きく、負担が大きいので注意しましょう。 特に夏場の車内などにスマホを放置してしまうと、バッテリーに大きな負担がかかるので注意しましょう。 まとめ スマホの充電の減りが早いと感じたら、バッテリーに負担をかける使い方をしているサインです。 原因を突き止め、対策を実施すれば、スマホの充電は再び長持ちするようになります。 加えて近年は、大容量バッテリーを搭載したスマホや、高速充電に対応したスマホも販売されています。 ゲームや動画鑑賞が多い人でも、充電なしで1日中使えます。 加えてしばらく使用していないアプリを自動で停止する「AIアイスボックス」の機能で、省電力を実現。 充電速度についても「VOOC3. 0」を搭載しているのでハイスピードです。 バッテリー容量は3,700mAhと、丸1日連続して使える十分な容量。 バッテリーの性能にこだわりたい人も満足できる1台です。 2万円前後で購入できるにも関わらず、現行で販売されているスマホの中でもトップクラスのバッテリー容量を誇ります。 安価でコスパの高いスマホが欲しいという人におすすめです。 関連する記事• スマホの充電の減りが早いと感じた時に確認すべき原因と対策•

次の