ごま さん スカイ タワー ライブ カメラ。 田辺市龍神ごまさんスカイタワーの天気(和歌山県田辺市)|マピオン天気予報

龍神スカイライン解禁

ごま さん スカイ タワー ライブ カメラ

龍神村を見よう! ごまさんスカイタワー 高野龍神スカイラインの中間点に位置する、田辺市龍神ごまさんスカイタワーは四季折々の風景が楽しめます。 高さ33mの塔は、護摩壇山の史実にちなんで設計され護摩木を積み上げた独特の形をしています。 近くには和歌山県で一番高い山龍神岳もあり、山頂までの登山道も整備されています。 スカイタワー展望塔(高さ33m エレベーター定員15名) 平維盛が護摩木を炊いて平家の行く末を占ったという護摩壇山の史実にちなんで設計され、護摩木を積み上げた独得の形をしています。 遠く東に目を向けると、大台・大峰をはじめとした山々、西には紀伊水道の島々まで展望でき、見通しの良い日には、四国山脈までも眺めることができます。 展望塔入場料 大人・子供とも 300円 小学生以上 開放感あふれる駐車場は天文ファンも魅了する天体観測スポット 普通車50台、身障者用1台、大型車4台 龍神村の宝ものの数々を 紀州の深い山々に囲まれた龍神村には古くから受け継がれる昔ながらの手づくりの味があります。 また、龍神村の作家さんをはじめ県内で活躍している職人さんの商品・作品を取り扱っております。 かりんと日和(410円) お米とおからで作った『からだ想いのおやつ』。 龍神村の五つの素材で味付けをした、ほのかに香る素朴な味わい。 しいたけ節(378円) 清らかな空気と水が流れる龍神村で育った椎茸を素早く乾燥させて食べやすい削り節に加工しました。 栄養もそのままにフレークしているので離乳食や介護食にも安心してご利用いただけます。 山菜や川魚等山のレストランならではの味覚をお楽しみ下さい。 季節により猪肉又は鹿肉を使用します。 里芋のチーズケーキ 450円(ケーキセット750円) 龍神村産の粘りと風味のある里芋を、まろやかなクリームチーズと合わせてスイーツに仕上げました。 店舗・会社 道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー・龍神は〜と 営業時間 平日 9:30〜17:00 土日祝 9:00〜17:00 レストラン 10:00〜15:00 展望塔 平日 9:30〜16:50 休日 9:00〜16:50 定休日 4月1日〜11月末無休、12月1日〜3月末冬期休業 展望塔入場料 大人・子供(小学生以上)お一人300円 アクセス.

次の

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

ごま さん スカイ タワー ライブ カメラ

スバル・レヴォーグを駆って高野龍神スカイライン (和歌山県) で 白い道ひとり撮影会 してきました。 翌日は個人的に平日休みで高野町は午前中晴の予報。 暖冬の今季、こんなめぐりあわせが再び訪れる保証はありません。 行かないとゆう選択肢はないやろ。 てことで2月19日。 山内には前日の雪がほどよく残っていました。 奥之院一の橋らへんもご覧の通り。 でわ、2ヵ月ぶりの高野龍神スカイラインへ、レッツ 突撃! w Yes! 白い道! w いつもと同じようなとこで道草くってはひとり撮影会していきます。 これ、だれのあしあとなんでしょうね。 このほかの画像はフォトギャラリーでどうぞ。 6シーズン目の は、圧雪や凍結の路面をわしのようなドシロウトが運転しても 回る ことも 刺さる こともなく、 安心 して走破することができました。 11時前に標高 1,280m のごまさんスカイタワーに到着。 雪の中での撮影に備えてダウンジャケットにヒートテックのタートルネックとTシャツ、下はジーンズの下にこれまたヒートテックのタイツという格好できたんですが、日差しで車内では暖房入れなくても暑いくらいです。 お天気よくて雪も解けはじめてきました。 まだ12時前ですが、ほな撤収しよか。 日のあたる場所では、わずか3時間前に圧雪だった路面がすでに解けてなくなっているところもありました。 圧雪が解けてシャーベット状になってるとこは、舵がききにくくて凍結路面よりタチが悪いですね。 白い道アゲイン。 帰りは九度山ルートで。 下山 (違) の途中、ハイドラ運用してるスマホのバッテリーがみるみるうちになくなっていき、ふもとにおりてきたあたりでついに力尽きてしまいました。 ハイドラは電気を食うんで車両から USB ケーブルで給電しているのになぜ? 原因は、スマホの充電ランプが点灯しているのに実は給電されていないてゆう、この100均ケーブルの 謎断線 でした。 だもんで、高野口の DAISO に寄ってケーブルほかを調達 (懲りてない) してから16時すぎに帰宅 (雑) この日の走行距離は 243. 4km でした。 汚しては洗い、また汚しては洗い (苦笑) この日はあったかかったんで水仕事も苦になりません。 日が長くなって17時をすぎてもまだ明るくて寒くないんで、長袖シャツを腕まくりして小1時間ほどでやっつけました。 おしまい。 8 EX DG OS HSM OLYMPUS Tough TG-5 HTC U11 life.

次の

おはよう朝日です

ごま さん スカイ タワー ライブ カメラ

大阪府…、、屋上、JR• 京都府…屋上• 兵庫県…神戸屋上、舞子ビラ、ノボテル甲子園(周辺)、(マリンエア)• 滋賀県…(・付近)• なお、以上のカメラからの映像は、テレビ朝日の『』で7:25頃に放送されるお天気のコーナー向けにされている(隔週金曜日、主に大阪・京都・神戸の映像を使用)。 また当番組では、気象・交通情報以外にも、お天気カメラの映像を活用した企画を生放送中に随時実施している( などを参照)。 番組の歴史 黎明期 朝日放送では開局以来、(TBS、現・)とネットワークを組んでいた。 特に、『』を放送していた時期には、朝日放送が土曜版の制作を担当。 やなどのアナウンサー(いずれも当時)は、早朝のネット番組の司会を機に、全国区の知名度を得ていた。 しかし、「解消」と呼ばれた(昭和50年)のを境に、様相が一転。 朝の時間を再放送で埋めていたテレビ朝日(当時NETテレビ)がキー局になったため、朝日放送では、平日朝の時間帯から生放送番組が消えた。 当番組の初代プロデューサー・十日市啓志は、「ラジオ番組のテレビ化」を念頭に、朝日放送ラジオの『』(深夜番組)や『おしゃべり横丁ABC〜花と龍介60分〜』(平日夕方の帯番組)で活躍していた(当時アナウンサー)を司会者に抜擢。 によるなどの工夫を施すことによって、通勤・通学の準備で慌ただしい関西の視聴者が、音声だけでも番組を楽しんでもらえる展開を生み出した。 大阪タワースカイスタジオ時代 放送開始当初は、大阪タワーの展望室2階を転用した「スカイスタジオ」から放送していた。 ガラス張りの狭い展望台で、四方から光が入ってくるため、逆光によって出演者の顔が真っ黒に映る可能性もあった。 そのため、スタジオの東南部に暗幕を張るなど、さまざまな工夫を施した。 また、画面上に朝の爽やかさを出すため、出演者の後ろや照明にフィルターなどを当てている。 また、平日版の開始を機に、大阪市内や京都・神戸に生中継カメラを設置。 無人のリモートコントロール(リモコン操作)カメラを使う現在と違って、当初は技術や予算の関係上、京都・神戸のカメラでは有人操作システムを採用した。 そこで平日版では、リモコン操作では出せないカメラの動きを逆手に取った企画を続々と実施。 カメラの映る範囲にある公衆電話に視聴者がやってきて、スタジオの出演者と会話をするなど、今までのテレビとは違った方向性の企画が放送された。 ヘリコプターによる交通情報や、「突撃! バーゲンダー」も放送していた。 なお、1982年1月から始まった土曜版には、初代司会者の林がさまざまなスポーツに挑戦するロケ企画「チャレンジ! (当時)がダイヤ改正を実施した1986年11月1日の放送(土曜版)では、全線電化が実現した(JR宝塚線)を、当時のキャスト陣(平日版も含めて)総出で中継したことがある。 当日午前7時15分の時点では大阪駅のホームに吹奏楽団がおり、そちらからの生演奏でテーマ曲を流していた。 ちなみに「おき太くん」は、全線電化を機に開業したばかりのに行っていた。 ほとんどの有名・無名の歌手が、早朝から(放送上)歌を披露した。 ただし、朝の生放送であるうえに、タワー備え付けのカメラで撮影する関係でになることが多かった。 ちなみに、平日版の第1回放送には、がゲスト出演。 スカイスタジオの望遠カメラを通じて大阪タワー近くの公園から風船を手に「天までとどけ」を歌った後に、生放送中にスカイスタジオまで移動していた。 また、「てれほんクイズ」では、ひらがな4文字となり、パネルには出演者の似顔絵が登場。 ちなみにピエロパネルでは、林伸一郎時代は宮根が、岡元昇時代では竹井輝彦が現れる光景に。 ルールは基本的に賞金1万円からのスタートで、日替わりの合言葉をヒントに、隠された4文字のキーワードを当てるというものだが、電話口に出た挑戦者が誤答(例として1992年3月30日放送分の「新人」を「新鮮」などが挙げられる)するか、5回程度のコールで挑戦者が電話口に出られなかった場合は、当日の賞金を翌日に持ち越して上乗せするというものであった(いわゆるで、当日1万円で失敗した場合は、翌日の賞金が2万円となる)。 しかし当日の挑戦者が正解すれば、翌日の賞金は再度1万円からのスタートに戻された。 スカイスタジオから地上へ 「朝のさわやかな情報番組」を標榜していた当番組も、1994年に宮根を平日版のメイン司会に起用した頃から、テーマ曲を変更するなど路線を大きく改めている。 ちなみに、平日版のメイン司会だった岡元は、宮根の独り立ちを機に土曜版の司会へ異動した。 1994年9月末には、大阪タワーのスカイスタジオからの生放送を終了。 翌月からは、ABCセンター内のBスタジオからの放送に変更することで、利便性を整えた。 しかし、その3か月後(1995年1月17日)にが発生。 発生当日の生放送では、スタジオで余震を感じるたびに、宮根が被災者に向けて避難を呼び掛けていた。 震災翌日からは、被災地の生活情報を重視した内容で放送。 宮根も当初は、震災当日の呼び掛けが被災地にほとんど届いていなかったことへの反省から、神妙な表情で生放送に臨んでいた。 しかし、1995年春頃からは、グルメ、ファッション、芸能など明るい話題を率先して取り上げるようになった。 その背景には、関西各地の視聴者から、「宮根さんまで暗い顔して地震情報やっていたらかなわん」との投書が多かったからとされる。 1996年4月からは、当時の川村プロデューサーの発案で、平日版でタレントなどを日替わりコメンテーターに起用。 金曜日には、関西ローカルの番組では珍しく、東京から芸能リポーター()をレギュラーで招くようになった。 また、それまでスポーツ紙の芸能面の紹介のみにとどまっていた「芸能NOW」の時間を拡大。 特に金曜日は、大手芸能プロダクションの影響などで東京の番組ではなかなか話せない「芸能界の裏情報」を、井上が暴露することによって人気を博した。 この企画が成功し、関西ローカルの番組では「東京では言えない芸能情報」の企画が続出。 東京を中心に活動していた芸能リポーターが、定期的に来阪するようになる。 ちなみに当時は、スポーツコーナーと「芸能NOW」を、応接間風のセットから放送していた。 もっとも、1996年10月には、後続番組『』の影響で放送時間の短縮を余儀なくされる。 この流れを一変させたのは、1997年に朝日放送の編成部から異動してきた久保田晃チーフプロデューサー(当時)である。 久保田はまず、当番組のスタッフに対して、「視聴者と視聴者センターの応答記録をしっかり見ておくように」と指示。 スカイスタジオから移転後の当番組に、ライブ感がなくなっていることに危機意識を持ちながら、1997年4月の放送から平日版の構成やセットを大幅に変えた。 現在では、トレンド情報コーナーや「けさのクローズアップ」など、番組の核を為す企画が10年を超えるようになった。 それでも、「 関西に暮らす人々を、朝、元気に送り出す」というコンセプトは、平日版の開始当初から変わっていない。 なお宮根は、2000年に番組本として出版したムック『おはよう朝日です。 雑誌です』において、「自腹を切ってでも、番組で紹介する店(レストランなど)を探す」とコメント。 『「おはよう朝日です」の本』では、当番組を「もはや関西の文化遺産」と言い切ったうえで、「自分は視聴者から番組を預かっている管理人みたいなもの」と語っている。 なお、宮根はこの後も、当番組を何度も「もはや関西の文化遺産」と形容している。 現在(2010年 - ) 平日版は2010年3月29日に、20年にわたって司会を担ってきた宮根誠司が当番組を卒業するなどの番組リニューアルがなされた。 リニューアルに伴い、これまでの中之島情報カメラの映像とテーマ曲をバックに展開するオープニングタイトルが一時廃止され、直前に放送している『』のスタジオから、6時45分ちょうどにそのまま当番組のスタジオからの映像に切り替わる流れに変更されたが、現在はオープニングタイトルが復活した。 また、ジングルやコーナーBGMを除く、エレクトーンによる楽曲演奏が「みんなの天気」内で復活している。 ニュース・事件報道に割く時間は非常に少なく、芸能情報のほかは、事実上「ニュースヘッドライン」のコーナーのみとなっている。 その他は、旧来の生活情報中心の番組構成を貫いており、ニュース・事件報道については直前の番組(『おはようコールABC』)に任せている。 に放送1万回を突破。 には、1万回記念特別番組『おはよう朝日 1万回です』を放送した(後述)。 の「今日も1日元気になろーソン おは朝みんなのこだわりプロジェクト」(前述)では、番組のキャラクターにちなんだ「おき太くんチーム」(浦川、正木、金曜コメンテーターの井上が参加)と「めざめちゃんチーム」(喜多、赤﨑、水曜コメンテーターの石田が参加)が、近畿地区のローソンで発売する期間限定食品のプロデュースやキャンペーンに携わった。 平日版の放送開始40周年に当たるには、「挑戦」をテーマに据えた特別企画を、1年間にわたって実施。 8月下旬からは、岩本・正木・4名のスタッフが、4泊5日でへの登頂に挑戦した。 その結果、岩本は山頂のウルフピーク(標高5,895メートル)、正木はギルマンズポイント(標高5,685メートル)への登頂に成功。 帰国後の9月9日(月曜日) - 12日(木曜日)には、その模様を当番組で放送した。 テーマ曲 現行• 『変わる 変わる時 変われば 変われ』(2018. 2 - ) 2018年4月に放送開始39周年を迎え、「サンキューイヤー」のスペシャル企画として、ウルフルズにオープニングテーマソングの制作を4月に依頼。 歌詞には、番組出演者30人から集めた候補の中から、リポーター・川崎の「おもろく でっかく」、月曜コメンテーター・野々村の「グッドモーニングスマイル」、月曜サブコメンテーター・山岸の「異議あり」、岩本の「SUN SUN サンキュー!! 」、川添の「満腹」を採り入れ、岩本・川添はハンドクラップとコーラスにも参加。 『』(1979. 2 - 1994. 2) この初代テーマ曲は放送開始から15年間使われた。 なお放送開始が午前7時スタートになった1987年10月からの一時期は、エレクトーン演奏によるインストゥルメンタル版だった時期もある。 また、この曲は朝日放送の携帯サイトで、の有料配信が行われている。 1990年、司会の岡元昇と宮根誠司が歌う『今日も最高やねェ! 』(によるシングル『』のカップリング曲)がテーマ曲だった時期も存在する。 2人が歌うこの曲はCDシングルとして発売され、ジャケットには「朝日放送創立40周年イメージソング・おはよう朝日ですテーマソング」とクレジット表記された。 『おはよう朝日 1万回です』では、DEPAPEPEのギターアレンジによるスペシャルバージョン『朝の空2012』がBGMに使われた。 現在は、DEPAPEPEのギターアレンジバージョンがお天気コーナーのBGMとして使用されている。 佐藤学『あこがれ探して』(1994. 4 - 1996. 30) 1994年に宮根が単独メイン司会になったのを機にリニューアルしてからは、数年毎にテーマ曲が変わってきている。 なお、エンディングではエレクトーン演奏によるインストゥルメンタルヴァージョンが流れている。 保科奈穂『あなたと過したい』(1996. 1 - 1997. 29)• 『あなたにそばにいて欲しい』(1997. 31 - 1998. 28)• 『』(1998. 30 - 2001. 31)• 『MAGICAL MORNING』(2001. 2 - 2003. 29)• 『』(2003. 31 - 2005. 『』(2005. 4 - 2007. 30)• 『』(2007. 1 - 2010. 27) 2003年からはタイトルがポップなものになった事もあり、アニメーション化され、各種の効果音が足された形で放送されていた。 末期の場合、冒頭の「Good morning 6:45AM」と表記されるところや、「〔太陽マーク〕おはよう朝日です」と文字が出てくるところ、「太陽マーク」が飛んで行くところなどにSEが足されている。 『Brand New Wings』(2010. 29 - 2011. 2) 放送開始から一貫して、ボーカルの入った歌をテーマ曲として採用してきたが、一時平日版オープニングタイトルが廃止されたこともあり、初めてインストゥルメンタル楽曲が起用された。 エンディングでは引き続きエレクトーン演奏によるインストゥルメンタル版が流れている。 平日版では今日の「ウラ読み」、土曜版では「けさトピッ! 」から流れ始めていた。 『My Sunny Days』(2010. 3 - 2010. 25) 土曜版オープニングタイトルとして使用。 『ミス・ユー・ビーイング・ゴーン』(2010. 29 - 2013. 30) 平日版オープニングタイトルから土曜版と共通のオープニングタイトルとなった。 2010年4月以降の土曜版のオープニングタイトルでは、ノンクレジットで楽曲が使用されていた。 『イッツ・ア・ビューティフル・デイ』(2013. 1 - 2015. 27)• 『』(2015. 30 - 2018. 30) 天気コーナーBGM 現行• 『朝の空』(2013. 1 - ) 過去• DEPAPEPE『青春カムバック』(2006. 1 - 2006. 30)• DEPAPEPE『DAYS』(2006. 2 -? 押尾コータロー『Brand new Wings』(2010. 29 - 2011. DEPAPEPE『恋水』(2011. 4 - 2012. 31)• DEPAPEPE『風薫る』(2012. 2 - 2013. 30) 2013年3月までは、平日版では今日の「正木さんのお天気(1回目)」、土曜版では「けさトピッ! 2013年4月以降、土曜版では上記のテーマ曲が使用されている。 7時台星占いBGM 現行• 『KONOHOSHI』(2020. 2 - ) 過去• 『グッド・タイム with 』(? - 2012. 28)• 『ハウ・ウィ・ドゥ パーティー 』(2013. 7 - 2013. 29)• 『Catch Love』(2013. 1 - 5. 31)• 『セイ・ユア・ジャスト・ア・フレンド Feat. 』(2013. 3 - 8. 『ベスト・ソング・エヴァー』(2013. 5 - 10. 31)• 『ヘイ・ユー・ビューティフル』(2013. 1 - 2014. 30)• 『きらきら』(2014. 1 - 2014. 『RUN RUN RUN』(2014. 10 - 2017. 31)• 『』(2017. 3 - 2017. 29)• 『』(2017. 2 - 2020. 28)• 平日版の2018年3月30日および土曜版の同年3月31日(いずれも2017年度最終放送日)までの制作局は、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。 ちなみに宮根は、最終出演日に放送された井上公造からのインタビュー(事前収録)の中で、「今後も年に1回は(ゲスト扱いで)『おは朝』に出てみたい」と発言している。 浦川は2010年3月23日まで、毎週月・火曜日に、本番組平日版と同じ時間帯で放送中の『おはようパーソナリティ道上洋三です』でニュースデスクを担当。 土曜日には同年4月から、本番組土曜版の後座番組『朝だ! 生です旅サラダ』に出演していた。 八塚はリポーターとして、2010年2月より土曜版に出演。 土曜日の夜には、上田とともに、朝日放送ラジオの『』でキャスターを務めていた。 平日版と土曜版とでは演奏する曲が異なる。 平日版の司会を乾が担当していた時期には「 夜勤明けでお帰りの皆さん、お疲れ様でした。 これからお出掛けの皆さん、忘れ物はありませんね? 今日も元気に行ってらっしゃい! 」と言っていた。 浦川が担当していた時期までは「夜勤明けでお帰りの皆さん、お疲れ様でした。 」の部分を割愛し、「 それではそろそろお出かけの皆さん、忘れ物はありませんね? 今日も元気に行ってらっしゃい! 」と言っていた。 なお、8時終了になった宮根時代の1996年10月からしばらくはこの挨拶の前に「 今日も8時までお送りします。 」と言っていた。 土曜版の放送開始当初は、平日版と同じ挨拶だったが、高野純一の司会担当時から現在の挨拶に変更。 1990年4月から1994年3月までは岡元のサブ司会扱いで出演、以降は単独司会。 2015年3月から『』で宮根と共演している。 当日は昼から『バイキング』の司会が控えているが、月曜日レギュラーコメンテーターとして出演している野々村真とともに、本番終了直後に急いで帰京し『バイキング』に出演している。 なお、2018年はスケジュールの都合で出演していない。 2016年春頃まではお天気の後、岩本が「今日はこのメンバーでお送りします」と言って曜日別レギュラーが下手から一斉に登場していたが、お天気の最中に並ぶように変更された。 2010年10月4日から2011年3月までは『』だった。 2010年10月4日から2011年3月までは『やじうまテレビ! 〜マルごと生活情報局〜』、2011年4月から2013年9月までは『やじうまテレビ! 『「おはよう朝日です」の本』には、原稿を作成中の島田の写真が掲載されている。 平日版では、「おは朝トピックス」「ちょっとスクープ」と合わせてスポンサーを務めている。 1996年5月27日の放送に出演。 『おはよう朝日です。 雑誌です。 』にも登場している。 大幸が異動前まで担当していた『』で放送したコーナーを、当番組向けにアレンジ。 長らく定着していた「てれほんQ」を土曜日に縮小したうえでの開始だったこともあって、当初は朝から視聴者の不幸話を放送することについて、局の内外から批判を受けたという。 実際には、朝日放送社員の既婚女性ディレクターが、放送前に参加希望者へ電話で聴き取り取材を実施していた(前掲『「おはよう朝日です」の本』での大幸のコメントより)。 正木・赤﨑を曜日コメンテーター・サブコメンテーターに差し替え。 アニメーション冒頭のおでんくんは、コメンテーターのキャラクターにちなんだ仕様に。 現在は、当番組の後半と放送時間が重なる『』()の7:55頃に、日本道路交通情報センター・大阪センターからの生中継方式で道路交通情報を放送している。 逆に、それまでNETとネットワークを組んでいたでは、朝日放送で放送されていたTBS制作のネット番組が大量に流れるようになった。 当時は、スタジオサブをタワー北隣のABCホールと共用。 サブは、同じくタワー北隣のABCセンター内に置かれていた。 『「おはよう朝日です」の本』に、「誌上オンエア」と称して、第1回放送での出演者のやり取りや映像の一部を掲載している。 『「おはよう朝日です」の本』「第1回放送誌上オンエア」や『おはよう朝日 1万回です』で放送された第1回の映像より• 宮根が後に複数の番組でコメント• 『「おはよう朝日です」の本』に掲載された宮根のインタビューによれば、彼のトークの幅を広げるとともに、「面白い朝」を演出するための起用だったという。 2015年3月30日から2016年3月25日まではの朝の『』のオープニングテーマに使用された。 年末年始などの特別な場合には、揃って登場することがある。 また、スケジュールのミスで揃って出演したこともある。 1996年1月6日付の『』(大阪本社発行分)の芸能面には、「ウサギ年早々 おき太くん寝過ごした」との見出しとともに、前日の生放送での遅刻を報じる記事を掲載。 記事によれば、スタジオに到着したのは7:30頃で、約1時間の遅刻だという。 『「おはよう朝日です」の本』に掲載の乾の証言より。 乾がスタジオから冗談交じりで「お前、この頃汚れてきたなぁ。 温泉へ入れよ」と言ったところ、勝手に入湯。 着ぐるみが水を吸ったため、立ち上がれなくなったという。 例えば、2007年のでは、キュキュに代わって朝日放送代表で近畿広域地上デジタル放送推進協議会のに乗っていた。 ちなみに、キュキュには動ける着ぐるみが存在しない。 赤井がレギュラーで出演している『』の企画の一環で、本番組のパロディとして放送。 後日放送の『ごきげん! ブランニュ』より。 ふかわ自身はの出身で、学生時代も首都圏で過ごしている。 ちなみに元・土曜日司会者の上田剛彦はの同期生。 「朝トレ! キーワード」の進行はニュースキャスターが代理。 板東は、前述の事情で2013年1月から出演を自粛した後に、翌2月末で降板。 たむらけんじは番組中「たむけんさん」と呼ばれることが多いが、オープニングでは東と異なりフルネームで紹介。 取材で出演できない場合はがコメンテーター代理で出演する。 清水は通常、当番組と同時間帯に朝日放送ラジオで放送される『』にレギュラーで出演。 その関係で、出演期間中は同番組との掛け持ちになった。 月曜日なので本来なら『おはようコールABC』出演日だが、祝日(成人の日)により休止。 2015年10月29日(木曜日)には、とのロケ企画に参加していた喜多に代わって、全編でアシスタントを務めた。 前週(2015年12月最終週)の放送にも、「研修」と称して出演。 2012年から朝日放送の野球解説者に就任したことを機に、1月12日から金曜日のスポーツキャスターを担当。 2013年4月から2014年12月まで火・金曜日を担当した後に、阪神タイガースの打撃コーチを経て、2020年1月から復帰。 2011年末までは火曜日・金曜日、2011年3月までは火曜日 - 木曜日、2014年2月までは水・木曜日、2019年12月までは火・水曜日を担当。 朝日放送の野球解説者に就任した2004年1月から2011年末まで、水・木曜日に出演。 2012年から2014年まで、阪神タイガース二軍投手コーチを務めた。 2015年1月から解説者へ復帰するとともに、当番組への出演を再開。 『おは朝』と『ドキハキ』とで出演日が重複する場合もある。 2014年4月現在、リポーターでは最古参(2014年4月7日放送「けさのクローズアップ」より)。 2013年4月から1年間は、『朝だ! 生です旅サラダ』にも「旅サラダガールズ」として出演。 2019年秋まで、当番組に限り「田口 まり」名義で出演していた。 関本は2017年2月9日(木曜日)の「けさのクローズアップ」にて岩本・川添との沖縄グルメリポートが放送された関係で、湯舟は2018年3月28日(水曜日)の同コーナーにて入矢との尾道の旅が放送された関係で、非担当曜日ながらオープニングから出演(スポーツコメンテーターは所定の人物が担当)。 「けさのクローズアップ」にて自身の私生活に関連した内容の時に担当。 2010年6月9日・16日には自身の結婚式と新婚旅行のため欠席。 6月9日は代理を立てずに浦川・喜多のみで進行、6月16日は井上公造がコメンテーター代理(6月18日が中継で放送休止となるため、金曜放送の「井上公造の芸能DX」をこの日に放送)。 かつては、『』の相撲解説も担当していた。 2011年から朝日放送の野球解説者に就任。 3月7日から月曜日のスポーツキャスターを担当。 2015年12月28日卒業。 2011年10月3日から、平日夕方のニュース番組『キャスト』のサブキャスターに就任したため卒業。 2011年10月3日から、高橋大作の後任で『おはようコールABC』のメインキャスターに就任したため卒業。 朝日放送では、朝日放送ラジオのスポーツ情報番組(2013年4月以降は『』)のパーソナリティを担当。 2014年12月31日で芸能界引退。 KBC」「虎ハム決戦 おはよう朝日ですVSイチオシ! モーニング」を放送する場合に、「人気mono サキヨミEnter! 2014年12月に()と結婚したことから、2015年1月で当番組を降板。 同年3月末で朝日放送を退社。 2010年3月31日から2014年9月26日までは、『おはようコールABC』でリポーターを務めていた。 2016年10月31日で芸能界引退。 2016年4月以降は、当番組に加えて、月曜日収録・放送の『ほろ酔い朝日です』にレギュラーで出演していた。 最終出演日には、赤江珠緒から贈られた花がスタジオに飾られていた。 2013年1月から9月までは、土曜版の後枠で放送中の全国ネット番組『朝だ! 生です旅サラダ』にもレギュラーで出演。 2013年4月4日から10月24日までは、平日版「人気mono サキヨミEnter! 」で木曜日のサキヨミキャスターを担当。 リポートを担当しない日でもレギュラーコメンテーターとしてスタジオに出演。 (2004年・2005年はABCラジオとの兼任)で野球解説者を務めていた2004年から出演。 2011年2月までは木曜日も担当していたが、・への監督就任や矢野のレギュラー陣加入を機に、土曜日のみ担当するようになった。 このため、2011年2月から2018年10月までは、06BULLSの監督を兼務しながら出演していた。 当番組の「熱闘甲子園」は、後の『おはよう朝日・甲子園です』に近い内容だった。 宮根が『ジャイケルマクソン』(2009年5月20日放送分)に出演した際の発言より。 朝日放送の関連会社・ABCトラベル(現在のABC神姫トラベル)の主催で、中高年の女性視聴者を中心に人気を博した。 2008年は、8:00 - 8:15に出演の『食爛漫! 味づくし 感動の旅』、8:15 - 8:24には第1試合の実況アナウンサー・解説者が進行するプレ番組を編成。 2009年は、8:15 - 8:20に『』(当時の番組宣伝番組)、8:20 - 8:24に前年と同様のプレ番組を放送した。 ただしBS朝日では、プレ番組を放送せず、8:24から第1試合の中継を始めている。 朝日放送以外のテレビ朝日系列フルネット局では『モーニングバード』を7:30から30分拡大して放送(朝日放送では本番組を短縮版で放送のため、8:00から飛び乗り)。 また、前座番組『おはようコール - 』も同様の理由で全編休止。 さらに、前者は後座番組『』(テレビ朝日制作)も急遽休止となった(ゴルフ中継終了後の9:30 - 9:55は『・傑作選』をテレビ朝日からの同時ネットで放送)。 ちなみに、ソフトバンクが負け越した場合には、宮本と徳永が(ニュースコーナーを除いて)阪神の応援ハッピ姿で『アサデス。 』の全編に出演。 生放送中に「六甲おろし」を披露することになっていた。 西田は放送中に、ABC本社に近いへ自転車で移動。 当日の放送では、淀屋橋への移動から罰ゲーム終了までの一部始終を、中之島のカメラからの映像を通じて随時紹介していた。 また藤原は、当コーナーの終了後すぐに、でからまで移動。 エンディングでは、京都市の中心部で罰ゲームに勤しむ姿を、ホテルオークラ京都屋上のカメラで映し出した。 小沢がKBCテレビの番組へ出演するのは、2013年3月22日に放送された同局制作のドラマ『』以来。 沖が朝日放送テレビの番組へ出演するのは、前年の期間中に、テレビ・ラジオ中継の実況アナウンサーとして派遣されて以来であった。 石沢は、当企画の前にも、朝日放送テレビの番組(浦川が司会を務める『』の「女子アナウンサー大会」など)に数回出演。 植村は当初、「ひまわり」の披露をこの特別番組に限る予定だった。 しかし、放送後に視聴者から「ひまわり」をCDで発売する旨の要望が相次いだことから、2012年1月25日発売のアルバム『手と手』に同曲を収録することになった。 『「おはよう朝日です」の本』での宮根のインタビューより。 宮根が後日当番組のディレクターに確認したところ、地図を見ながらおおまかに走行ルートを決めたため、総延長が120kmを超えたという。 「本当にもう・・」というニュアンスの関西弁で、本来の発音は「ほん まにもぉ」であるが、板東の喋り方では「ほん ばにもぉ」に聞こえることが由来。 前番組は、「大分むぎ 二階堂」を製造する酒造メーカー・の単独提供番組『』で、当番組の放送開始を機に放送枠を毎週木・金曜日の17:00 - 17:10へ移動。 同日は岩本・福井の進行で川添がゲストという扱い。 『「おはよう朝日です」の本』の刊行も担当。 同書の中で、「30年という長い歳月を経験しているからこそ、『おは朝』には無駄なところがない」と語っている。 ちなみに現在は、毎週火曜日の本番後に、1週間分の企画会議を実施しているという。 (2013年1月4日23時28分配信 2013年1月7日閲覧)• 2013年1月7日, at the. (2013年1月5日10:35配信 配信日に閲覧• 2012年7月18日, at the. (2012年5月11日配信 2013年1月3日閲覧)• (2012年7月2日 07:10配信 2013年1月5日閲覧)• [ リンク切れ]• 2009年12月28日, at the. ()、 ()いずれも2009年12月25日付の大阪発行分に掲載。 の一部地域で発行された紙面では、いずれも1面で扱われた。 また、同日の放送での発表内容については、(同日発行の関西版夕刊記事)を参照のこと。 2010年3月16日, at the. 2010年3月11日• 2013年11月19日, at the. (『』付記事)• (『スポーツニッポン』2015年2月10日付記事)• 大阪版、2016年7月12日付22面。 (『』付記事)• (『Lmaga. jp』2018年付記事)• 株式会社ウェザーニューズ 2010年3月29日 朝日新聞 2010年5月13日• シンクビー! 公式オンラインショップ 2013年10月31日. 2013年11月8日閲覧。 (『』付記事)• (2018年6月27日17時00分配信 2018年7月2日閲覧)• 2013年7月5日, at the. (「」付記事写真)を参照。 この模様は、当日の当番組のオープニングでも放送された。 (『』付記事)• (『』付記事)• スポーツニッポン 2019年3月20日• Sponichi Annnex. 2015年3月11日• (『』大阪版2011年12月28日付記事より)• スポーツ報知 2019年1月25日. 2019年1月26日閲覧。 初リポートは2019年8月17日• (「朝日新聞」付記事)• (「Sponichi Annex」付記事)• 2016年7月13日, at the. 日刊スポーツ 2016年7月11日• dragons. 2018年10月29日閲覧。 『朝日新聞』同年1月11日付の記事 を参照)• (『』付記事).

次の