ビル ライアン。 フラットアイアンビルディング

ついに人類最大の敵ロスチャイルド一族と、トランプ大統領、チームQ、インテリジェンス軍事政権の間で第三次世界大戦が勃発!

ビル ライアン

) ビル・ ライアン Bill Ryan 2010年2月 我々(プロジェクト・アバロン)は、最近 11 ページに及ぶ情報を内部情報提供者から受け取りました。 彼は2005年ロンドンのシティでの上級メーソンの会合に出席しました。 そこで論議されていた内容 は骨の髄まで凍るような内容でした。 第 三次 世界大戦が計画されている。 それは核兵器 と生物兵器を用いた戦争となるであろう。 この証言者は、この計画が予定どおり進んでいて、今後18-24カ 月以内にこの戦争が起こされるであろう、と信じています。 緊 張による極限状態が創り出され、この結果と し て、全ての西側先進諸国で、厳しい社会統制、軍事統制を敷くことが正当化されるでしょう。 そのための様々な準備計画が、すでに着々と各国で進行中です。 2010年1月 (未翻訳) (未翻訳) 2009年4月 (未翻訳)... それはちょっとしたパラドックス (逆説的 なも の)なんです。 ちょっと一時的に肉体に宿って、いろいろ経験してみようというだけなんです。 彼ら(支配者 たち)と私たちはゲームをしているだけなんです。 だからといってこの人生がささいなもの、と言っているわけではありません。 そこにはパラドックスが存在します。 子供たちが追いかけっこするのと似ています。 誰かが自分を気にかけてくれると、自分のことを大切な存在だと感じれる わ けです。 その事態(ゲーム)が重大だと感じるわけです。 しかし何がパラドックスかというと、実はその事態(ゲーム)は全然重要でないんです。 なぜなら、私は『自分が誰で あるか(スピリチュアルな(霊的な)存在であるということ)』知っているからです。 そのことが私の『限りない安心感』の基盤なのです。 もし彼らが私を 殺しても気にしません。 またここに戻ってくるでしょうし。 デビッド・ウィルコック David Wilcock 2009年9月 今、太陽系全体でエネルギーレベル上昇中である、という 事 実が示 すのは、この高波動のエネルギーが、地球上のあらゆる生命の形を次なるレベルへと変化させることになるのだ、ということです。 そしてその世界は今よりも 100 倍もハーモニーに満ちた、悪意の存在しない高い波動の世界となると信じています。 思ったことが即座に相手に伝わるテレパシー能力、レビテーション、ヒーリ ング能力 などがごく普通の人びとに備わっていることでしょう。 私たちのDNAは高い周波数にさらされ、現在も変化しつつあります。 Crop Circleが示しているメッセージに注目してください。 ETたち は私たち人類と同じファミリーなのです。 DNAが量子的 (クウォ ンタム)ウェーブの影響を受けることにより、受精卵(そのDNA)が進化・変化していくからである、ということから説明がつくのです。 ぜひ私のビデオ 『 2012 Enigma』 もあわせてご覧になってくださ い。 アレックス・コリア Alex Collier 2009年9月 今度は私たちが立ち上がる番です。 人類が、地球種属と し てともに立ち上がるのです。 地球はこれまでピラミッド型社会構造でやってきました。 ホログラフィックな社会へと移行するときに必要なのは、私たち一人一人のSelf-Empowerment(セルフーエンパワ-メント)=私たちの持 つ『意識のパワー』を再認識すること、そこから始まります。 見えない次元からのメッセー ジを、彼らの、我々よりも進んでいるスピリチュアリティ(霊性)のガイダンスを受け入れることが成長へのかぎであり、積極的に"ET- Mentorship "(ETメンターシップ=善意の、霊性の高いETによる指導を受けること)を彼は勧めています。 地球上の、悪意ある地球外生命体たちからの見えない支配から解き放たれるに は、人類が、これまでのピラミッド社会構造から脱し、ホログラフィックな社会構造へと移行することです。 時が熟しています。 私たちは、高い霊性を培い、高い振動数のバイブレーションを放つ、ホログラフィックな存在として互いを認識し、響き合う ような、ホログラフィック・コミュニティへゆるやかに移行していくことでしょう。 地球外生命体と遭遇したときは、 まるであなたのソウル-マインド(深い精神、たましい)が呼びさまされるよう な感 覚です、でもそのとき、左脳的な知的判断をしっかり働かせながら彼らと対面し、疑問も持ちながら、あなたにやってくる情報を、単に鵜呑みにすることなく、 判断しな くてはいけ ません。 それが大事です。 ビビル・ホールデン Bill Holden 2009年11月16日 (映像はありません) 上のリンクをクリックして、翻訳原稿をお読みください。 だ から私としては、 自分が今知っていることをあの時に知っていたらなあ と、 そして現在質問したいと思っていることを、 直接大統領に会って聞 けたらなあと思うんですよ。 そしてあの時のことは... 一般大衆がUFOとかETのことについて知る準備ができているか 、 と言うことだったんだと思いま す。 彼らは私たちの反応を知りたかったんですよ。 私が講演旅行を始めた時のタイトルは「 真実は知られるままに」でした。 そ れが自分の気持ちだったからです。 知られるべきなんで す。 まったく突然に... その娘はとても長い赤毛の髪が魅力的だったんですが、 そ れがまっすぐ逆立ったんですよ。 電気を通したもの みたいに。 髪が上を向いて逆立ったので、 彼女は上の方を指差して恐怖 のあまり金切り声を上げました。 私たちの上空には、 サッ カー場くらいの大きさの長方形の飛行物体がいて、 エドワード空軍基地の方向にゆっくり動いて行きました。 リ チャード・ホーグランド Richard Hoagland 2007年12月 パート1: パート2: 未翻訳) パート3: 未翻訳) 研究家、著者、そしてCBSニュースの前・科学顧問ホーグランドが、NASA 、アポロ計画、可能性としての太陽系の真の歴史、そして過去から現在にわたる太陽系の探査についての膨大な情報について語ります。 ホーグランド氏の最新の 著作「NASA 秘録」は、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリストの頂点近くまで登り詰めました。 それは政府じゃあないんです。 政府なんていうものはないんです。 というか、政府がいくつかあって、それらがお互いに敵対し合ってるんです。... NASA とバイキングが探していたと言っていることの中で本当に信じがたい新発見は、火星の生命なんだけれど、ただしもちろん、彼らは私たちに嘘をついた。 彼らは 嘘をつきました。 彼らは私たちに嘘をつき、この問題について 30年間にわたって嘘をついてきたんです。... ですから、確かめてみるのが科学的方法ではないでしょうか? いや、確かめてみる代わりに、彼らはワープ9のスピードで反対方向へ走って行ったんです。 中東で穴を掘ることなしに、これまでに出来上がった政治的、経済的なインフラストラクチャーなしに物事をする方法があることを、人々に気づいてほしいで しょうか。 いや、そうは思いませんね。 そしてその計画は明らかに、過去 40年間ずっとあったんです。 …」 ジェシカ・ショーブ Jessica Schab 2008年12月 new! ジェシカ・ショーブはクリスタル・チャ イルド で、彼女は若くて非常に覚醒した世代の代表です。 しかも情報に精通し、世界のできごとに深く憂慮しており、私たち全てが直面している無数の問題を共に乗り 越えるためには、人類がスピリチュアルな面で成長する必要があることに気づいてます。 この 50分のビデオでは、ジェシカは彼女の個人的な魂の旅について、家族について、そして彼女が遭遇した、唖然とするような経験のいくつかについて、自由 に、時に感情的に語っています。 彼 女は自分を、新たな教師でありメッセンジャーであると認識しており、恐らく彼女はその両方なのでしょう。 全ての世代に向けての魂からのメッセージをお 聞 きください。 クラウス・ドナ Klaus Dona 2010年3月 coming soon まもなく発表! 2009年9月(未翻訳) ジェーン・バーガーマイスターは、ウィーン在住ジャーナリストであり、昨年2009年、バクスター社ヨーロッパ研究所から H5N1 鳥インフルエンザ に汚染されたサンプル が出荷されたことに大激怒し、数名の権力者たちを告発するという試みをし、大衆へのワクチン強制接種に対して抵抗する市民たちの権利擁護運動において彼女 の果たした役割により、多くの人びとにとってヒーロー的存在となりました。 彼女の昨年の大奮闘とその大成功につづき、豚インフルエンザ騒動に勝利したという彼女の実感と安堵ついて話して もらいました。 また、リスボン条約とそれがEU諸国民にどういう意味合いを持つのかについても話し合いました。 ビデオインタビュー終了後も、興味深い会話 が続きます。 ブライアン・オリアリー Brian O'Leary 2009年1月 ブライアン・オリアリー博士は、宇宙飛行士を目指してNASAの火星への宇宙飛行士プログラムに参加するまでになりますが、様々な理由から大学に戻り、 コーネル大学ではカール・セーガンたちと、またプリンストン大学物理学部では、超常現象研究の草分けであり現在はプリンストン大学で工学・応用科学部長で 名誉教授も勤めるロバート・ヤーンとも席を並べました。 その後自動車事故で臨死体験をしたことで、彼の超常現象への探求心が加速され、類まれなるその才能で、フリーエネルギーと超常現象への探求を深め、今では 著作も多く、著名なフリーエネルギーの活動家となっています。 楽天的で紳士的、そして知的で上品なブライアン・オリアリー博士に、彼の並外れた人生と、将来に向けての彼のビジョンをお聞きしました。 ウェイド・フレイジャー Wade Frazier 2009年3月 ウェ イド・フレイジャーいわく:いわゆ る「最先端技術」と言われるものはほとんど、「最先端のスピリチュアル能力」を模倣しようとしていると思う。 私が理解するところでは、我々のほとんどの最 先端技術は、いわゆる「地球外生命体」の基準からすれば、時代遅れだと思う。 というのも、我々は意識の理解において非常に原始的なレベルだからだ。 大体に して、ハートは地球上では重きを置かれていないし。 ウェイドフレイジャーは小さい頃から科学者になるべく 育てられ、10代にしてす でにフリーエネルギーに夢中になりました。 そして若い時代に自分の使命を見通していた者によくあるように、多くの強烈な経験を通して、今ではフリーエネル ギーの分野で、卓越した作家となりました。 彼のHPでは、豊富な知識と豊かな知性で、さまざまな話題について、解説を繰り広げています。 ジム・ハンブル Jim Humble 2010年1月(未翻訳) 2008年11月(未翻訳) (未翻訳) no translation available 2009年9月(未翻訳) David Wilcock デビッド・ウィルコック Jordan Maxwell ジョーダン・マクスウェル Alex Collier アレックス・コリア Duncan O'Finioan ダンカン・オフィニアン Cynthia Crawford シンシア・クロフォード Bob Dean ボブ・ディーン Richard Dolan リチャード・ドーラン Marcia Schafer マーシャ・シェファー Alfred Webre アルフレッド・ウェブリー Miriam Delicado ミリアム・デリカッド (未翻訳) no translation available 賛 辞 (英文・仏文) (写真をクリック) NASAの10宇宙飛行士たちAstronauts of Nasa アン・リビングストン Ann Livingstone エアリ・デュ・ガウス Arie De Geus フランク・エドワーズ Frank Edwards ニコラ・テスラ Nikola Tesla 翻訳予定の 注目インタビュー (写真 をクリック す るとビデオが観れます。 現在29カ国263名のボランティアが活動中です。 日本チームは7名です。 この活動を通じそこには、様々な国 からもたらされる文化的多様性が含まれるでしょう。 プロジェクト・アバロン・キャメロットの所有する、 メインメディアでは決して報道されないような重要な情報の数々は、今のような大変化の起こりつつある時代においては、英語圏のみならず、すべ ての人びとに届けられ な ければなりません。 また、それぞれの文化にも、人類全体へと差し出せる豊かな情報があるはずです。 人類全体 を目覚めさせよう、というこのプロジェクトに、ぜひ参加してください。 プロジェクト・アバロン に寄付をお願いします : この寄付は米国民の税免除対象にはなりません。 あなたの支援に感謝します。 あなたの支援のおかげでプロジェクト・アバロンは しごとを続けていくことができます。 ビル・ライアン unique visits.

次の

ビル・ライアン

ビル ライアン

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。 さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。 今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。 ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の 1時間弱の動画をご覧ください。 ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。 (仮に Xとしましょう) Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後は シティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級の 等が多く出席する会議に同席した。 2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。 その会議には25~30名の上級が出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。 この会議で話されていた内容と言うのが、 アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。 ・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。 ・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。 ・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?) イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。 長年軍隊に所属していた Xは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。 しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。 などの会議内容であったという。

次の

ビル・ライアン氏へのインタビュー:「地球の支配者とはどんな人々?」 : Kazumoto Iguchi's blog

ビル ライアン

玉蔵さんのサイトで紹介されていた動画です。 ビル・ライアンさんの「プロジェクトアバロン」 とんでもない話です。 信じるか、信じないかは、あなた次第のお話です。 信じるか、信じないかは置いときまして。 以下は私個人の意見でございます。 ローマクラブは、その昔計画しました。 「脱工業化ゼロ成長」 人々が享受している文明を捨て、また、 アフリカ諸国などの発展途上国が文明の力を求めることを拒絶して 工業化を脱すること。 発展途上国の人々は、環境汚染の改善や医療の発達により、 貧困や飢餓、人々の不毛な死からの脱却を求めています。 「脱工業化ゼロ成長」は、これらの意志を断固排除し 彼らの発展を阻みます。 CO2削減活動により、発展の抑止を促進しています。 また、先進国の成長も妨げ、 工業化を停滞させ、雇用は減少します。 世界の産業全体が縮小していきます。 一体どういうことやねん。 どうなるねん。 なるほど、この作戦で、まんまと人口は減りますね。 お見事!ローマクラブ。 今起こっていることが、なんだかビル・ライアンさんの言う アングロサクソン・ミッション計画に沿っているように 阿呆な私には見えてしまうんです。 どうしましょ?.

次の