エクセル 割り算 記号。 IF関数とAND・OR関数で条件判定

【Excel】エクセルでの割り算で商と余りを計算する方法【INT関数とMOD関数の使用方法】

エクセル 割り算 記号

この関数を実際にエクセルで入力した画面がこちらです。 記号で入力する まずは、ルートを示す記号として入力する方法ですが、こちらは簡単です。 こちらの方法は文字変換で記号を入力するだけと、お手軽に表示ができる反面、本来のルート記号のように記号の中に数字が入れられないという欠点があります。 そんな問題点を解消するのが、次の方法です。 数式ツールを使用する 最初の方法より少しだけ手間は掛かりますが、本来のルート記号の表記をしたい場合はこちらで紹介する方法がいいでしょう。 すると、画面上部のリボンに次のような表示が出るので、そこから「べき乗」をクリック。 そのまま、平方根をクリックします。 出てきたルート記号の四角い点線の中に、数字を入力します。 (ここでは2) このように、図形として描画するようなイメージで記号が描かれました。 「これぞまさにルート記号」という形状になりますね。 こちらは計算するためというよりも、ルート記号をルート記号らしく表示するためのテクニックとして覚えておいてもいいかもしれませんね。

次の

【Excel】足し算、引き算、掛け算、割り算の入力、かっこ、累乗、パーセント

エクセル 割り算 記号

表計算の基本は足し算、引き算、掛け算、割り算の計算式をキーボードで入力することです。 キーボードで四則演算の数式を入力する練習しておかないと、複雑な計算式、オートSUM、Excel関数の入力が遅くなります。 基本の段階でしっかりと練習しておくことが重要です。 ところで、Excelを学び始めて間もない初心者にとって 「半角モード」で数式を入力するのはハードルが高いことかもしれません。 はじめは難しく感じるかもしれませんが、何回も練習して慣れると、素早く入力できるようになります。 指のリハビリだと思って徹底的に練習しましょう。 今回は、Excelで四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)をする方法と、累乗、パーセントについて解説します。 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.四則演算の計算式の入力 (1)足し算 問題 次のセルに計算式を入力して計算結果を表示しなさい。 【イコールの入力】 計算結果である14になります。 Excelで計算をするには先頭にイコールを打つ必要があります。 これらの記号を算術演算子といいます。 (2)引き算 問題 次のセルに計算式を入力して計算結果を表示しなさい。 【マイナスの入力】 10になります。 (3)掛け算 問題 次のセルに計算式を入力して計算結果を表示しなさい。 【アスタリスクの入力】 30になります。 (4)割り算 問題 次のセルに計算式を入力して計算結果を表示しなさい。 【スラッシュの入力】 15になります。 (5)かっこ 問題 次のセルに計算式を入力して計算結果を表示しなさい。 かっこが最優先、その次に掛け算割り算が優先となります。 【かっこの入力】 15になります。 2.四則演算の計算式の変更 問題 さきほどの計算式を修正することによって、次の計算結果を表示しなさい。 セルC2 12-4• 数式を修正するときは、文字列を修正するときと同じで、ダブルクリックをします。 9を7にします。 Enterキーで確定です。 セルを選択(クリック)して、数式バーで修正することもできます。 14を12にします。 Enterキーで確定です。 同じようにして修正します。 10を8にします。 Enterキーで確定です。 30を24にします。 Enterキーで確定です。 9を7にします。 Enterキーで確定です。 3.カッコの入れ子 問題 次のセルに計算結果を表示しなさい。 イコールからはじめて中かっこを普通のかっこで入力します。 答えは8です。 なお、数式の入力を間違えるとエラーがでることがあります。 そのときは、 X(キャンセル)のボタンで取り消して、もう一度やり直しましょう。 そして、正しく入力できるまで繰り返し練習しましょう。 4.累乗・パーセント 問題 次のセルに計算結果を表示しなさい。 セルD2 2の10乗• 【キャレットの入力】 2の10乗は1024です。 パーセントは100分の1のことです。 この累乗とパーセントは四則演算より優先して計算されます。 計算式を入力します。 掛け算や足し算よりパーセントのほうが先に計算されます。 【パーセントの入力】 10%は0. 1のことですから、130の1. 1倍になります。 答えは143になります。 5.逆数と反数、平方根、累乗.

次の

【Excel】エクセルでの割り算で商と余りを計算する方法【INT関数とMOD関数の使用方法】

エクセル 割り算 記号

エクセルで"掛け算"の仕方が解らない初心者さんに向けたやさしい解説 この記事は、エクセルの掛け算の仕方について、特に初心者さんに向けて解説します。 」「掛け算の記号はどれだっけ?」と悩みがちです。 そこで、エクセル上での掛け算の基礎である「掛け算で使う記号」「掛け算の記号の入力方法」「掛け算の仕方として計算式」を解説します。 更に応用として「複数の数値の掛け合わせる方法」「掛け算に使う値が入ったセルを固定する方法」「エクセルで掛け算の結果を丸める方法」など、幅広く身に付けて頂ければと思っています。 この記事の目次• sharots. com もし全角の「*」が表示されたなら[日本語モード]で入力してしまっているので、以下の方法でやり直してください。 [方法A]入力変換が確定前ならキーボード上部の【F10】キーを1回押して全角文字を半角文字に変換する• 【基礎編】エクセルの掛け算の仕方 A2セルとB2セルを掛け算した結果を求めたい場合は、答えを表示させたいセルに以下の式を入力します。 エクセルの計算式は基本的に全て半角文字を使います。 理由は、直に指定した値が見えないので、後から編集や変更などで大変だったり、トラブルになりやすいからです。 このような場合は、値が見えるように他のセルに入力しておき、数式からそのセルを参照する様に計算するのがベターです。 【応用編】複数の数値を掛け合わせる(PRODUCT関数) 複数の値を掛け合わせる場合エクセルではPRODUCT関数を使うのが便利です。 複数の値を足し算する場合はを使いますが、その掛け算バージョンがPRODUCT関数です。 使い方もSUM関数と同じで、以下で説明します。 4-1. 上記の場合、A3セル、B3セル、C3セルの3つのセルが掛け算の対象です。 4-2. この場合、A3セル、C3セル、E3セルが掛け算の対象です。 4-3. 【応用編】エクセルの掛け算で使う数値が入ったセルの固定 セルに入力された「数式」を別のセルにコピーや移動したりすると、数式が参照しているセル番地も相対的に移動します。 これはエクセルの機能で「 相対参照」といもので、デフォルトが相対参照に設定されています。 これは非常に便利な機能で、数式をひとつ作れば他のセルにコピーした場合でも、ひとつずつ参照セル番地を訂正する必要がないので、とても短時間で表を作ることが可能になる、個人的にはエクセルの中で一番の「神」レベルの機能だと思っています。 但し、消費税率など、計算式から参照する先のセル番地を固定しておきたい場合、計算式をコピーや移動すると、固定しておきたい参照先のセル番地も移動してしまい、ひとつずつ訂正する必要があるので、困る場合があります。 そこでエクセルでは計算式に含まれる参照先のセル番地を固定できる機能「」があります。 【応用編】掛け算の結果を丸める(四捨五入、切り上げ、切り捨て) 6-1. 四捨五入 掛け算の結果を四捨五入する方法ですが、 ROUND関数と組み合わせると簡単にできます。 切り上げ 掛け算の結果を切り上げる方法ですが、 ROUNDUP関数と組み合わせると簡単にできます。 切り捨て 掛け算の結果を切り捨てる方法ですが、 ROUNDDOWN関数と組み合わせると簡単にできます。 ぜひご覧ください。 まとめ このページでは、エクセルの「掛け算の仕方」について、以下の内容を解説しました。 ・PRODUCT関数を使えば複数の数値の掛け合わせが簡単に出来る• ・掛け算の結果を丸めるにはROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数を使うのが便利 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の