ゴゴスマ 苦情。 CBC「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」MC・女子アナ&レギュラー出演者情報

「ゴゴスマ」日韓関係悪化をめぐる不適切発言で謝罪「犯罪を助長する発言は許せない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ゴゴスマ 苦情

東国原英夫氏(61)が8月29日、「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(TBS系)に出演。 コメンテーター・金慶珠氏(52)に対して「黙ってろお前は!」と激昂する場面があった。 ネットで物議を醸している。 番組ではこの日、日韓関係の悪化について特集していた。 文大統領の支持率が45. 輸出規制などに対して文大統領が協議を働きかけてきたが、「テコでも動かない強硬姿勢を日本が示してきた」と発言。 そして文大統領について「強硬姿勢を国内でさらに示さざるを得なくなったのでは」と推測した。 以降も金氏のコメントを中心に番組は進行した。 70年これまでずっと我慢してきましたから」と持論を展開。 「徴用工の判決ですよ。 1965年の日韓基本条約、アレに国際法を無視して覆すってことですから。 これはやっちゃいけないこと」とコメントした。 さらに「日韓合意もそうですよ、慰安婦問題もそうですよ。 朴槿恵政権が締結したんでしょ。 政権が変わるごとにね、いつまでなんだということですよ」と話し、「韓国の価値観というのは、法と正義が日本では違う」と発言。 そして、こう続けた。 「日本は法について従順じゃないですか。 あの方達は正義だったら法律変えていいと思っていますから。 正義だったら法律を破っていいと思ってますから」 そして金氏が口を挟もうとしたところ、東国原氏はこう声を荒げた。 「黙ってろお前は!黙っとけ。 この野郎、しゃべりすぎだよ、お前は」 続けて東国原氏は「僕、あの人が来たらね、今日欠席してる。 事前に言ってよ、今度ね」と話した。 石井アナが「穏やかにいきましょうね、穏やかに」となだめところ、東国原氏はこう語った。 「いやいやいやいや、僕、気に食わないんですよ、あの人。 あの人ね、韓国ではね、親日家の右派なんですよ。 でも、日本に来ると左派反日系を装うじゃないですか。 本当に私、親日保守なんだけど、そういう意味で私は東さんのことも大好きなんだけど」と訂正すると、東国原氏は「嫌いだよ、俺は!」と言い放った。 またコーナーの終盤で金氏が「東さんがさっきから目を合わせてくれない」と発言したところ、東国原氏はこうも語った。 「大人の対応をしてるだけ、僕が。 ニッポンですよ、僕は。 大人の対応をしてるんですよ。 でもブチ切れそうなんですよ。 今度は僕の方からGSOMIA破棄しますからね」 金氏と何度も共演してきたという東国原氏。 放送終了後、Twitterで《何回か冷静に注意もしたのですが、全く是正する気無しみたいです》《彼女のテレビ出演にはストップウォッチを導入すべき》などとつづった。 ネットでは《多くの視聴者も金さんにはフラストレーションが溜まっていたと思います》《金慶珠は他の人が喋ってるのに横から入って来て、その人の発言を遮って自分の意見を言い過ぎだし、しかもそれが長い》と支持する声が上がっている。 そのいっぽう金氏に「気に食わない」「ビジネス反日」などと声を荒げながらも、「大人の対応をしてるだけ」と弁明。 そして「ニッポンですよ、僕は」と自らのスタンスを日本になぞらえる発言もした東国原氏にこんな声が上がっている。 《この男は恥ずかしくないのだろうか。 テレビで同席してるコメンテーターに「黙ってろ」だの「ビジネス反日」だの。 その人を貶めて罵倒する》 《自分の感情を撒き散らすだけのこの男は大人とは思えない》 同番組では27日に出演した、武田邦彦氏(76)の発言にも非難の声が上がっている。 武田氏は韓国人男性が日本人女性に暴言を吐き、髪をつかむなどの暴行を行なったというニュースについて「路上で日本人の女性観光客を、訪れた国の男が襲うなんてのはね、これはもう世界で韓国しかありませんよ」「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しにゃいかないからね」と暴力を扇動するような発言をした。 そのため、東国原氏や武田氏を起用した番組側にも厳しい声が上がっている。 《武田といい、東国原といい、女性を標的に使って嫌韓を盛り上げようという卑しさ。 もう目も耳も覆っていないと耐えられない》 《日韓がギクシャクしている時こそ、メディアは人選に気を配り、冷静な報道をして欲しいです》.

次の

竹田恒泰氏が番組降板に言及「ゴゴスマ」を「責めないでください!」

ゴゴスマ 苦情

ゴゴスマ武田苦情騒動の真相 ゴゴスマという番組がありましてね、全国放送はTBSがやっております。 撮影は名古屋のCBCという非常に伝統のある、日本の民間放送では、一番最初に放送した、歴史的なきちっとした放送局なのですが。 そこで午後の14時から16時まで、厳密には13時55分から15時55分かもしれませんが、やや14時から16時までですね。 ゴゴスマというバラエティー番組というか情報番組をやっておりまして、そこでずーっと最初から出ておりましてですね。 この前、おとといですか、日韓関係がありまして。 韓国の方の事情は朴先生という大阪の方の大学の先生ですが。 出展: それからまぁ、私が一つバトルをしてくれというので。 私は元々ですね、日本と朝鮮の関係をどうとらえているかと言うと、かつて日本が占領していたと。 たった35年ですから。 占領が終わってからもう70年以上の経っているんで、韓国の長い歴史から言えばですね、ほんの一部で、一時期で、それほど大きな… まぁ、日本もだいぶ貢献はしましたからね。 だけどまぁ、韓国の人は色々言い分があると。 日韓関係の基本 しかし、僕は第一にその番組で言ったのは、僕はだいたい日韓友和系ですからね。 日本と朝鮮は仲良くやらなければいけないというのが基本ですから。 従って、まずは隣国というのは、隣の国というのは、色々利害関係がぶつかるんだと。 だから、日常的には決して相手を非難する事を言ってはいけないと、私はまず言いました。 私その時は言いませんでしたが、私、北朝鮮の原爆実験ですらやや擁護したんですからね。 みんなにバッシングを受けましたけど。 まぁ、北朝鮮がそう思ってやるんだったらって言ったわけですが。 ですから、終始そうなんですね。 ただ、韓国もですね、日本も悪いとこう言いました。 従って日本もやっぱり、南北朝鮮が統一するという事に対しては、協力しないといけないのではないかとか。 慰安婦問題をでっち上げた朝日新聞 慰安婦問題というのは、朝日新聞がでっち上げて、宮澤総理と河野官房長官が、韓国に対して謝ったという事実があるから、日本にも責任があるんだというような事も言ってですね。 出展: 韓国が悪い、韓国が悪い、という風に言ったわけじゃないんですよ。 それで朴さんがですね、韓国の正義ばっか主張するもんですから、番組の途中で、「あなたそれがいけないんだ」と。 「韓国にも問題点があるでしょう」と。 「それはそれで認めなきゃいけませんよ」 なんて事を言ったわけですね。 それから日本から見た韓国の欠点としては、やっぱり大統領が代わる毎に、もの凄く政策が変わるし、前の大統領が投獄されたり、逮捕されたりすると。 そうすると、前の大統領と合意したと言ったって、その大統領は監獄に入っていたりしますからね。 犯罪人。 そうすると、日本は犯罪人と協定を結んだという事になるんで、やっぱり少しまずいでしょうとかですね。 それから、非常に世論を気にするんで、大統領選挙は重要だけど、いちいち、その時の世論を気にするというのは、民主主義としてどうかとか、という事は言いました。 韓国人男性による日本人女性への暴行 その中で冒頭からですね、日本人の観光客の女性が韓国で昼間の路上みたいですけども、男に襲われて、髪の毛を引っ張られ、それから路上に倒されて。 可哀そうに、若い女性なのにスカートまくれちゃってですね、両方の足がバーッと出て。 出展: その両方の足の間に、その男が入って暴行をしている動画が何回か出たんですよ。 それだったらどういう事で行われたか分からないけれども、「お前、日本人か」という韓国語が入っているわけですね。 もちろん字幕ですが。 それからその後に韓国の人が3人、例えば日本から来た観光客に暴力を振るうという事は男として恥ずかしいと、韓国人として恥ずかしいという論評とかですね。 女の人ですと、せっかく韓国に観光に来てくれたのに、よくない、という事が入りました。 それに対して僕はですね、一言必要だろうと思って、大阪に来る観光客が2割くらいになっちゃったと。 8割減だという事が流れましたもんですから、やっぱりね、それはその方がいいと。 その方がいいとは言いませんでしたけどね。 やっぱりああいう事件があると、日本人の男性も色んな人がいるから、朝鮮から来る女性に暴行をはたらく人もいると。 いう事を言いましたらですね、「暴力容認」って言われたんですよ。 全然容認しているわけじゃなくて。 その後、一生懸命言ったんですけどね。 だからいけないんだと。 日本を反日で非難し続ける韓国 お互いに非難なんかしていると、感情が高ぶって、不測の事態になるから。 だから、やっぱり国、政府、それからマスコミ、我々専門家と言いますか、コメンテーターみたいな人達はですね、できるだけ日本と朝鮮の対立が深まらないように、終始、 僕はその番組の日韓放送の間に、終始ですね、とにかく日韓はお互いに非難せずに。 日本はあまり非難していませんけどね。 私はその番組の中で、「なんで韓国って反日ばっかり言うんですか?」って言うと、「反日とは言っていない」と先生が仰るから、いやそれは言葉尻の事でね。 韓国で反日の教育、反日教科書、反日のマスコミがもの凄く多いという事は、それはね、いくら強弁しても駄目ですからね。 ですからそういう事を言ったと。 それでまぁ、すぐそこにいちゃもんが入ったんですよ。 私はね、私に取材が来ないんですよ。 だってあれは生放送ですからね。 いくらCBCが責任あるって言ったって、生放送っていうのは止められないですよ。 その人の発言を。 ですから、あの時は石井さんっていうアナウンサーとか、隣にいた岡田さんなんかが、「それは違うよ」って言ったけど、僕は違うと思っていませんよ。 だけど、意見の差はあってもいいんですよ。 それはね。 それは、意見の差はあったって構わないわけで。 だからこそ民主主義なんですから。 朝日新聞による言論弾圧とゴゴスマ武田降ろし だけども、発言の責任はあくまでも私ですよ。 それは当たり前ですけれども。 発言の責任は私なんですよ。 私が言っている事ですから。 それで、日本国憲法は、韓国の憲法は知りませんがね。 日本国憲法は、私なんか特に学者だから学問の自由を持っている、表現の自由を持っているわけですから、その人に責任を問わなければいけない。 ところがどうもね、噂によるとって言うか、僕の所に来ないので分からないんですけど、文句を言っているのは朝日新聞らしいんですよ。 私の発言が、ヘイトだとか差別だとか言っているのは朝日新聞の記事らしいんですよ。 朝日新聞から、どうもCBCにも問い合わせが行っているらしいんですけれども、発言した私にはね。 昔は私、朝日新聞なんかはいくらでもインタビューとか来ているしね。 連絡先はいくらでも知ってるはずなんだけど、全然来ないんですよ。 つまりね、これは私の言論なんですよ。 これがもしね、放送したCBCやTBSの方に編集権があって、私の発言のうち不適切だと思うやつをカット出来るのなら別ですよ。 共同責任になるかもしれませんが、私の責任をなんでCBCとかTBSに文句言わないのかと。 これはね、たぶん見当はずれなところにわざと文句を言いに行ってんだろうと僕は思うんですよ。 そうしたら、CBCは反論できないですよ。 だって、自分の発言じゃないものを反論できませんよね。 「それは武田先生に聞いてください」ですよ。 じゃあ、「CBCは武田先生の発言を容認しているんですか?」と来たらしいんですよ。 で、TBSは容認というか、言論の自由がありますからね。 容認しなくてもいいんですよ、別に。 容認してもしなくても、放送が出来ればいいわけですからね。 だから、何言ってんでしょうかね。 あの、朝日新聞っていうのは。 何を文句言いたいのか知りませんが。 言論の自由を辞めさせたいんでしょうね。 朝日新聞の気に入る言論の自由だけはいいけど、それ以外の自由は絶対に認めないっていう、そういう見解なんでしょうね。 ですから、なんかそう言っていると。 だけど、僕はいくらなんでも、強弁過ぎますよ。 私は番組でこう言ったんです。 30年くらい前、私、韓国に行って、買い物したりキムチ食べたりしたと。 全然、反韓感情なんてなかったんですよと。 だけど、私が今少しは、韓国嫌いになりかけているわけです。 それはやっぱり、韓国があんまり非難するからね。 それは、まぁそうだろうと思うんですよ、私。 だから、そこを韓国の人も反省してくださいねって一生懸命言ったんだけど、どうも駄目でしたね。 残念です。

次の

【真相は?】TBS「ひるおび」司会の恵俊彰が菅官房長官と会食!?東国原英夫が「ゴゴスマ」の中で暴露!→番組は後日に「本人が否定した」と発言を訂正!

ゴゴスマ 苦情

「ゴゴスマ -GO GO! Smile! -」はCBCテレビが制作、TBS系列で放送されている昼のワイドショー番組。 当初は東海エリアを中心に放送開始され、後に全国ネットに広がった。 2015年3月、TBSが平日午後の時間帯に編成したことで関東エリアでも放送開始。 当初、CBCとTBSでは放送開始時間こそ同一だが終了時刻が異なるため、CBCでは15:50まで放送されるのに対し、TBSでは14:53で終了という飛び降りとなっていた。 2016年には、TBCテレビでも放送が開始されたことで、東北・関東・東海の3エリアで放送されている。 放送終了時間はTBS・TBCがCBCより数分早く飛び降りているが、放送内容として見ればエリアによる違いは無くなった。 TBSは、読売テレビ(日本テレビ系)「ミヤネ屋」への対抗策として「ゴゴスマ」を編成に組み込んでいるが現状では視聴率で下回っている。 アシスタントは、CBC・古川枝里子アナひとりで担当していたが、産休に伴い複数のフリーアナウンサーを起用。 2019年8月からは古川アナが2度目の産休に入ったため、さらにフリーアナウンサー加え5名のアシスタント体制を敷いている。 近年は中部大学教授・武田邦彦や元宮崎県知事・東国原英夫らのコメントが炎上。 炎上コメンテーターを起用している番組として批判の挙がっており、負のイメージも付きまとっている。 ここでは出演するアナウンサーとキャスターを中心に番組情報と共に一覧でまとめる。 Smile! -」には2019年10月頃から中継リポーターとして出演している ジャニーズ所属のアイドルグループ メンバーは• 福田悠太(1986年11月15日生まれ、東京都出身の33歳、血液型はB型、身長178cm)• 松崎祐介(1986年10月20日生まれ、埼玉県出身の33歳、血液型はO型、身長178cm)• 辰巳雄大(1986年11月25日生まれ、東京都出身の33歳、血液型はB型、身長172cm)• 越岡裕貴(1986年10月5日生まれ、大阪府出身の33歳、血液型はA型、身長177cm) の4名 「Endless SHOCK」を始め、活動は舞台が中心 「GACHI」「年中無休! 」「ENTA! 」など主演作品も多い 2014年10月より「ゴゴスマ」に出演している お天気コーナー 桜沢信司(さくらざわしんじ) CBC特別解説委員 1981年入社 1957年9月23日生まれ、愛知県名古屋市出身の62歳 同志社大学法学部 卒 大学卒業後に報道局記者としてCBCに入社 愛知県警の記者クラブや政治、経済の担当を経て、報道キャスターやJNNウィーン支局長、ニュース編集長、東京総局報道部長などを歴任している 2010年~2013年の春頃まではBS-TBSに出向し、報道番組へ出演を行っていた 2013年から「ゴゴスマ -GO GO! Smile! -」にニュース解説として出演 CBCラジオでは「石塚元章 ニュースマン!! 」という冠番組を担当している 最新ニュース(TBS) 「ゴゴスマ」内で14時50分頃に放送されるJNNニュース枠 東京・TBSの報道スタジオからTBSのJNNニュース担当女子アナが出演する 詳しくは下記の記事を参照 プロダクション人力舎所属のお笑いコンビ「オアシズ」のツッコミ担当 1971年5月12日生まれ、愛知県田原市出身の49歳 身長158cm、血液型はO型 千葉大学文学部文学科 卒 1992年に幼馴染の光浦靖子と「オアシズ」を結成してデビュー 相方・光浦が人気番組に抜擢される一方で大久保は不遇の時代を過ごし、舞台活動をしつつOLに転身 その後、「めちゃ2イケてるッ! 」を経て2000年中盤頃から「くりぃむナントカ」などでブレイクするようになった 現在もバラエティ番組への出演が多い人気タレントだが、CBC「ゴゴスマ」やフジテレビ「ノンストップ」など情報番組にも出演しコメンテーターも務めている 2013年4月1日から「ゴゴスマ」レギュラーとして出演 レプロエンタテインメント所属のタレント 1987年9月9日生まれ、アメリカ合衆国・フロリダ州マイアミ出身の32歳 身長185cm、血液型はO型 英語名は「トーマス・ユージ・ゴードン」 父親はアメリカの俳優マイケル・ゴードン、母親は日本人モデルという両親を持つハーフ JOYと並んで男性ハーフタレントの代表的なひとりとして挙げられる 芸能界デビュー以前に大工見習として働いていたことがあり、その経験から「大改造!! 劇的ビフォーアフター」では自ら紫の作業着で改装工事に参加 これ以降、バラエティ番組によっては大工見習時の作業着で出演することも多くなった 2014年9月29日から「ゴゴスマ」レギュラーとして出演している ジャーナリスト、流通経済大学教授 1960年9月16日生まれ、神奈川県出身の59歳 元・毎日新聞社記者で元TBSテレビ解説委員 現在は流通経済大学スポーツ健康科学部教授を務める TBS系列のテレビ・ラジオに幅広く、コメンテーター・ニュース解説で出演 テレビでは「はやドキ」「あさチャン」「ひるおび」、ラジオでは「伊集院光とらじおと」「荻上チキ・Session-22」などが挙げられる 「あさチャン」には2015年3月30日から出演しており、当時はTBS解説委員だった TBS退社後も引き続き「あさチャン」のコメンテーターを務めている なお、「あさチャン」の前に放送される「はやドキ」では月曜と木曜のニュース解説を務めるなどTBS平日早朝の時間帯への登場頻度が高い タレント 2012年~2017年まで衆議院議員を2期務めた元・政治家 1978年2月27日生まれ、新潟県西蒲原郡月潟村出身の42歳 早稲田大学第一文学部 卒 新潟市議・新潟県議を経て2012年・第46回衆議院議員総選挙で新潟4区から出馬し初当選 2017年の第48回衆議院議員総選挙で落選するまで2期を務めた 落選後は身の振り方を明確にしてらず、タレント活動がメインとなっていたが2019年10月に出演したTBS「サンデージャポン」内で正式に政治家引退を表明 2020年2月からはレプロエンタテインメントとマネジメント契約を結んで正式にタレントとして活動している 政治家として初当選する以前はミスコンに出場経験があり、2002年には「新潟県きものの女王」、2003年には「ミス日本」の関東代表に選出されている ジャーナリスト 1961年8月26日生まれ、東京都世田谷区出身の58歳 日本大学経済学部 卒 大学卒業後は経済記者を経てフリージャーナリストに転身 経済関連の多数の著書を手掛けており、テレビ番組でも経済の専門家として出演することが多い また金融と暴力団にも精通、過去には取材の一環で暴力団組長を取材した際に同乗車をヒットマンに銃撃され、防弾ガラスに危機を救われたという逸話を持つ 現在はテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」やワイドショーに不定期で出演 その強面な容姿が特徴的で、ビートたけしなどからは「おじ貴」と名付けられている ただし迫力がある容姿とは裏腹に、出会う人が全て取材対象になり得るという信念から物腰は非常に柔らかいという マセキ芸能社に所属するお笑いコンビ 2005年結成 メンバーは• ボケ担当の江上敬子(1984年9月17日生まれ、島根県出身の35歳、身長156cm、体重83kg、スリーサイズはB114-W111. 5-H110cm、血液型はAB型、既婚者)• 事前に言ってよね今度』 『いやいや僕、気にくわないんですあの人。 韓国では親日家の右派なんですよ。 でも日本に来ると左派、反日を装うじゃないですか。 これを僕はビジネス反日と言っている』 と生放送中に激昂したことが大きな話題となった Grick所属のモデル・タレント 本名はジョゼフ・グリーンウッド 1985年4月15日生まれ、群馬県高崎市出身の35歳 イギリス人の父親と日本人の母親を持つハーフ 姉はモデルのSophia 高校時代に姉の紹介で雑誌「men's egg」の企画に出演したことでモデル活動を開始 2009年に出演した「しゃべくり007」内のコーナーで平泉成のモノマネを披露し注目を集めたことで、以降タレント活動が本格化し始めた 情報番組やバラエティ番組への出演が多く、男性ハーフモデルのバラエテタレントとしての地位を確立した 2015年4月2日から「ゴゴスマ」木曜にレギュラー出演している また他のワイドショーにゲスト出演することがあり、2019年11月20日のフジテレビ「とくダネ! 」では多発する芸能人の薬物騒動に絡んで「抜き打ちの薬物検査ルール」実施を主張したことが、小倉智昭やレギュラー出演者から猛反発を受けたことがインターネットニュースとして報じられている スポーツメンタルトレーナー 元シンクロナイズドスイミング選手 1967年2月20日生まれ、東京都港区白金台出身の53歳 身長164cm 日本大学 卒 6歳で水泳を始め10歳の時にシンクロナイズドスイミングに転向 ジュニア時代から全国で活躍し15歳で日本代表入りを果たす 1986年の世界水泳、1988年のソウル五輪で銅メダルを獲得 1989年に現役を引退した その後は指導者として日本代表チームやアメリカ・フランスなど海外の五輪代表チームでコーチを務めた 2000年以降はスポーツメンタルトレーナーなどで活躍 またCBC「ゴゴスマ」、TBS「Nスタ」「ひるおび」やフジテレビ「Mr. サンデー」「とくダネ」、日本テレビ「スッキリ」などメディア出演も多数行っている ジャニーズ所属のアイドルグループ「A. C-Z」のメンバー 1987年10月20日生まれ、東京都東村山市出身の32歳 身長170cm、血液型はA型 母親が少年隊のファンだったことから幼少よりジャニーズアイドルの音楽に慣れ親しんで育つ 1999年5月にジャニーズに入所 2001年から「A. (現在のA. C-Z)」として活動を開始した 舞台俳優としても多数の作品に出演しており、2015年「ファウスト~最後の聖戦~」、2016年「コインロッカー・ベイビーズ」、2017年『音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう』、2019年「トリッパー遊園地」、2020年「天国の本屋」などで主演している 2020年4月より「ゴゴスマ -GO GO! Smile! しかし、2017年3月3日には名古屋地区においてミヤネ屋を抜いてトップに。 ミヤネ屋の6. この日は石原元都知事の豊洲問題会見を生中継で放送していたが、他局も同様だったため純粋に番組のコンテンツ力が勝った結果と言える。 CBCテレビはツイッターに書き込まれた視聴者の意見を紹介したことが支持されたと分析している。 ミヤネ屋は2017年に入り視聴率の低下傾向が見られており、もしかしたらゴゴスマとの逆転現象の頻度は今後増えていく可能性もある。 名古屋CBCテレビ制作の「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(毎週月~金曜午後1時55分)は、3日の放送で石原元都知事の豊洲問題釈明会見をメーンで扱い、視聴率8・1%を記録。 「サンデージャポン」は2001年10月から放送開始された日曜お昼のバラエティ・ワイドショー番組。 取り扱うニュース自体は硬派な時事ニュースから芸能ネタまで幅が広い。 司会は爆笑問題が務めているということもあり、硬派な報道路線と娯楽要素が混在したワイドショーともバラエティとも言える番組となっている。 出演者は、司会の爆笑問題と進行のTBSアナウンサー、固定レギュラー、そして取り扱うニュースに応じたゲストなど多数がキャスティングされる。 ゲスト出演するコメンテーターは旬の人物が起用されることも多く、逆に言えば旬を過ぎれ呼ばれなくなるためゲストの入れ替わりは激しい。 この記事では「サンデージャポン」の出演者情報を中心に紹介していく。 平日午後はミヤネ屋が圧倒的な視聴率を誇っていますが、TBS系列が打倒ミヤネ屋としてぶつけた番組が名古屋を中心に放送されていた「ゴゴスマ - GO GO! Smile! CBCのイケメン石井亮次(いしいりょうじ)アナウンサーがMCを務める番組です。 全国的な知名度が無い石井亮次アナは、全国区の宮根誠司に対抗できる器なのか調べてみました。 どうやら芸人・友近さんが面白いと薦めるほどのキャラクターを秘めていたようです。 それでは、石井亮次アナのプロフィールなども含めてご紹介します。 2020年3月には20年務めたCBCを退社。 4月以降はフリーアナウンサーとして新たな道を進むとのこと。 フリー転身の話題についてもまとめています。 「バイキング」は新宿アルタから31年に渡って生放送されてきた「笑っていいとも!」終了に伴い、後継番組として2014年4月1日から放送開始された情報番組。 ワイドショーという番組の特性上、出演者の多くはタレントかマスコミ関係者。 アナウンサーは基本的に番組進行担当の1名のみである。 番組内容は、ニュースや話題を取り上げつつ出演者がトークを繰り広げるもので、バラエティ寄りのワイドショーというイメージになる。 開始初日こそ視聴率6. 人気低迷で終了したとされる「いいとも」の最低視聴率を下回る2. その後、テコ入れを行いメインMCは全曜日を坂上忍が務め、MC・曜日MC・進行アナウンサー・曜日レギュラーというメンバー構成になっている。 スポーツ新聞が頻繁に坂上忍の発言を「苦言」などアクセス数目的で書き起こしており、マスコミ業界内の視聴率は高いと考えられる。 ここでは「バイキング」の出演者と過去の進行担当アナウンサーを一覧でまとめる。 「まるごと」は静岡第一テレビが平日の夕方に放送している生放送のワイド情報番組。 在京キー局、準キー局を除いた地方局の制作番組としては規模の大きな部類となる。 番組を見るとポイントが貯まる「CHARiN」というマイレージサービスと連動しており、ポイント数に応じて様々な特典やサービスの利用・応募などが可能となっている。 この記事では、現在「まるごと」出演MC・キャスター・アナウンサー・コーナー担当タレントの情報についてまとめている。 「土曜はナニする!? 」は関西テレビが制作、フジテレビ系列で毎週土曜日の朝8:30~9:55に放送される生活情報番組。 「にじいろジーン」の後継番組として2020年4月4日より放送を開始。 同番組は、話題の商品や場所などのトレンド情報や料理・フィットネスなど生活情報など、視聴者の「知りたい!」「やってみたい!」「行ってみたい!」を取り上げて充実した週末を過ごすための情報を紹介していく。 MCを務めるのは、南海キャンディーズの山里亮太とフリーアナウンサーの宇賀なつみ。 山里亮太は朝の情報番組「スッキリ」に声のみで出演しているが、顔出しで朝の情報番組MCを務めるのは初のケース。 また宇賀なつみもフリー転身後、初の全国ネットレギュラー出演となる。 メインとなる二人以外にも、お天気コーナーには2020年の新人アナウンサー・山本大貴アナが起用された。 彼はカンテレ出身の人気男性アナ・山本浩之の三男にあたる。 この記事では「土曜はナニする!? 」の出演者&番組情報を掲載する。 「ワイドナショー」はフジテレビ系2013年10月から深夜枠で放送開始されたワイドショー的バラエティ番組。 2014年4月から日曜の午前枠へ移動、同時間帯で人気の番組となっている。 MCは東野幸治とフジテレビ女子アナが務め、番組のシンボルと言える松本人志はコメンテーターとして出演。 他のワイドショーとは一線を画しており、取り扱うニュースは報道のそれを変わらないものの出演者が芸人ということからバラエティ的な雰囲気が強くなっている。 そして何よりスポーツ新聞やインターネット系メディアが番組内の発言を直ぐに記事にするためマスコミから注目を集める番組となっている。 特に松本人志が芸能界のご意見番として扱われるようになったのは、「ワイドナショー」での発言がネットニュースに転載されるようになった構図が大きく影響している。 この記事では「ワイドナショー」のMCやアシスタントの女子アナ、登場回数の多いレギュラーコメンテーター、ナレーターなどの出演者情報を中心にまとめて紹介する。 「炎の体育会TV」はTBS系列で2011年10月から放送開始されたスポーツバラエティ番組。 芸能人がアスリートに挑戦する対戦形式の企画とアスリートが様々な能力を要するゲーム的オリジナル競技に挑戦する企画が番組構成の主軸となっている。 元々は特番として「芸能人 VS 美女アスリート」をテーマに放送したのが始まりで、後にレギュラー化された。 各スポーツ競技の実況はTBSの男性アナウンサーが担当するが、稀にフリーの男性アナの実況になることもある。 現在は「ジョブチューン」と隔週交代ペースで放送されており、その他特番などが入ると月1回放送ということも多い番組開始当初は今田耕司と雨上がり決死隊がMCを務めていたが、宮迫博之が一連の闇営業問題により吉本興業を離脱したことから現在は今田耕司&蛍原徹のMC番組となっている。 この記事は「炎の体育会TV」の出演者に関する情報をまとめたものである。 「アイ・アム・冒険少年」はTBS系列のバラエティ番組。 地球上の様々な場所にある「絶対見たくなるお宝」を発見、紹介していく冒険紀行型のバラエティ。 例えば巨大生物や世界遺産、海底などが番組のターゲットとなる。 またレギュラー放送末期、及び特番放送以降は「脱出島」といった無人島から脱出する企画が番組構成のメインとなっている。 2014年4月23日から2015年3月25日まで水曜日「テッペン! 」枠でレギュラー放送。 それ以降は、不定期放送の特番シリーズに移行した。 ただし、特番放送も年々放送回数が減少しており2018年以降は年に1~2回に留まっている。 ナイフ1本あばれる君VS東大卒クイズ王伊沢」。 新型コロナウィルスの影響でドラマやバラエティの収録が見合わせとなっているため、同番組も予定されていた2020年4月からのレギュラー放送の開始を延期。 その代わりに2020年4月20日は3時間SPとして過去の脱出島の総集編が放送される。 この記事では最新放送をメインに「アイ・アム・冒険少年」のMC・ゲスト・ナレーターなど出演者情報を掲載する。 「相葉マナブ」はテレビ朝日系で放送されているバラエティ番組。 「ニッポンを元気に!!」を番組の合言葉として、相葉雅紀が様々なロケ企画にチャレンジ。 意外と知らない日本の素晴らしい部分を学んでいくという「体験学習型のバラエティ番組」となっている。 基本的には企画のジャンルは固定されていないが、料理や食をテーマとした内容が放送されることが多い。 出演者はジャニーズアイドル「嵐」の相葉雅紀。 ロケにはアンジャッシュ・渡部建とハライチ・澤部佑がサポートメンバーとして同行する。 この記事では「相葉マナブ」現在、および過去の主要な出演者に関する情報をまとめた。

次の