イベント 自粛。 パチンコは?図書館は?政府が「自粛緩和OK」指針、自治体から不満も

川崎市:川崎市が主催するイベントの自粛について

イベント 自粛

さいたまスーパーアリーナを訪れた観客にはマスク姿が目立った 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で全国の大規模イベントが中止や延期になる中、埼玉県と国が開催自粛を求めていた大規模格闘技イベント「K-1 WORLD GP」が22日、さいたま市中央区の「さいたまスーパーアリーナ」で予定通り行われた。 主催者側の感染防止策を確認するため、会場を訪れた大野元裕知事(56)は遺憾の意を示した。 濃厚接触、集団感染の危険をはらみつつ、格闘技イベント「K-1」は予定通り開催された。 試合が始まる1時間前の正午過ぎ、埼玉県の大野知事が会場の「さいたまスーパーアリーナ」を視察に訪れた。 「自粛要請に強制力はなく、あくまでお願いだったが、聞き入れていただけなかったのは残念」 会場を保有する県は複数回にわたって主催者側に自粛を求め、21日には西村康稔経済再生担当相が知事に対し、改めて自粛を促すよう要請。 しかし、主催者側は「来場者へのマスク配布など万全の対策を取る」として応じなかった。 入場者の体温を検知できる赤外線サーモグラフィーを設置。 会場の扉を開けて換気に努め、グッズは屋外で販売した。 感染者が出た場合は追跡調査を行えるよう、県の依頼で入場者はチケットの半券に住所、氏名、電話番号を記入した。 午後1時から約8時間にわたって20試合が行われ、約6500人が来場した。 埼玉・川越市から観戦に訪れた30代の男性会社員は「払い戻しができないと聞いて来場した。 試合は楽しみだが、多くのイベントが中止になる中、特別扱いのようにも感じる」と複雑な表情を見せた。 アリーナでは今年2月以降、コンサートなど多くのイベントが中止や延期になった。 20日には安倍首相が引き続き大規模イベントの自粛を要請している。 一方、スポーツ興行の運営、飲食業の経営は厳しさを増すばかり。 「K-1」の決行には賛否両論ある。

次の

イベント自粛ムード反対に反対!

イベント 自粛

さいたまスーパーアリーナを訪れた観客にはマスク姿が目立った 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で全国の大規模イベントが中止や延期になる中、埼玉県と国が開催自粛を求めていた大規模格闘技イベント「K-1 WORLD GP」が22日、さいたま市中央区の「さいたまスーパーアリーナ」で予定通り行われた。 主催者側の感染防止策を確認するため、会場を訪れた大野元裕知事(56)は遺憾の意を示した。 濃厚接触、集団感染の危険をはらみつつ、格闘技イベント「K-1」は予定通り開催された。 試合が始まる1時間前の正午過ぎ、埼玉県の大野知事が会場の「さいたまスーパーアリーナ」を視察に訪れた。 「自粛要請に強制力はなく、あくまでお願いだったが、聞き入れていただけなかったのは残念」 会場を保有する県は複数回にわたって主催者側に自粛を求め、21日には西村康稔経済再生担当相が知事に対し、改めて自粛を促すよう要請。 しかし、主催者側は「来場者へのマスク配布など万全の対策を取る」として応じなかった。 入場者の体温を検知できる赤外線サーモグラフィーを設置。 会場の扉を開けて換気に努め、グッズは屋外で販売した。 感染者が出た場合は追跡調査を行えるよう、県の依頼で入場者はチケットの半券に住所、氏名、電話番号を記入した。 午後1時から約8時間にわたって20試合が行われ、約6500人が来場した。 埼玉・川越市から観戦に訪れた30代の男性会社員は「払い戻しができないと聞いて来場した。 試合は楽しみだが、多くのイベントが中止になる中、特別扱いのようにも感じる」と複雑な表情を見せた。 アリーナでは今年2月以降、コンサートなど多くのイベントが中止や延期になった。 20日には安倍首相が引き続き大規模イベントの自粛を要請している。 一方、スポーツ興行の運営、飲食業の経営は厳しさを増すばかり。 「K-1」の決行には賛否両論ある。

次の

【議論】【朗報】イベント自粛要請、解除!w

イベント 自粛

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、全国各地で音楽コンサート、演劇などのイベントの中止が相次いでいる。 中止・延期となったイベントの数は少なくとも81000。 5月末までにライブ・エンタメ市場9000億円のおよそ4割が消失するという試算もある。 多くのアーティスト、イベントを支えるスタッフたちが生活困窮に追い込まれ、文化の衰退を危惧する声が各界の著名人から発信されている。 どうすれば事態を打開できるか。 安全を確保しながらコンサートを行うためのモデルケースを作り始めた音楽プロダクション…。 番組は、苦境に追い込まれた現場を取材、文化を守るためにいま何が必要か考える。 SNSのメッセージもそうですし、ファンあっての純烈なので。 」 しかし、この状況が続けば、グループの存続すら危ういと感じています。 純烈 リーダー 酒井一圭さん 「純烈を続けていくというストーリーと、純烈を続けていけないストーリー、いま自分はふたつ走っているっていう状況。 当然、純烈を続けたいっていう思いはあるんですけど、僕らも収入がないと生きていけなくなっていく。 その時に家族を守るっていうことを考えると、できなくなりますよね、必然的に。 」 新型コロナウイルスの影響は、イベントを支えるさまざまな企業にも及んでいます。 イベント音響会社 取締役 藤岡正博さん 「こちらが音響機材ですね。 現場がないので、全部 倉庫に残った状態です。 」 平田さん:演劇を始めて35年たつんですが、初めての経験ですね。 私たちの劇団も3月のフランス公演を皮切りに、もう7会場ほど公演中止になりました。 演劇は最低でも1か月、2か月稽古しなければならないので、準備期間も含めてのことなので。 私が聞いている範囲では、10月ぐらいまで公演中止が決まった劇団もあります。 1~2週間とか1か月我慢しろという話でもない。 半年公演がなくなってしまうということですね。 武田:経済的な打撃だけではなくて、文化がなくなってしまうと訴える声もありましたね。 本当にそういうふうになってしまうんでしょうか。 平田さん:経済と文化は連動していまして、今回、小規模の劇団なんかですと、借金を300万とか500万 全部を劇団主宰者が負わなきゃいけない。 演劇をやめる人も出てくるでしょうし、先ほどVTRにあったスタッフの方なんかでやめる方も出てくると。 私たちは長い文化の営みの中で、連続性を持ってやっているわけですね。 例えば、カラオケでストレスを解消するにしても、そのカラオケは何かの楽器で演奏されて、それが楽譜によって記録されて、長い営みの中で大衆文化もあるので。 最終的に社会全体の文化がやせ細っていってしまうということなんですね。 武田:みんながその文化の恩恵を受けている、それが途絶える危機にあると。 平田さん:気が付かないうちに、文化って非常に広い範囲なんですよね。 栗原:今回分かった中止や延期となったイベントの数、8万1000件。 これは1か月前に集計したものなので、実際はもっとはるかに多い数になっているとみられています。 影響が及んでいるのは音楽や演劇だけではありません。 例えば、来場者70万人を超える漫画やアニメ文化の祭典、コミックマーケットも中止になりました。 また、地域で受け継がれてきました、伝統文化、京都の祇園祭のハイライトとなる山鉾巡行や青森のねぶた祭も中止になっているんです。 さらに、イベントが中止されたことで、周辺のホテルや飲食店などへの打撃も大きく、その経済的な損失は計り知れない状況になっています。 武田:もう一方、ウェブメディアの編集長を務め、ベンチャー企業の経営もされている合田文さんにもコメンテーターとして加わっていただきます。 合田さんは、このイベント自粛によって、経済的にも文化的にも今、危機に陥っている現状をどうご覧になりました? 合田さん:演劇や音楽って、作品を楽しむだけじゃないんじゃないかなと私は思っていて。 同じ思いを持った人たちが気持ちを共有し合うようなものだと思うんです。 ライブも一体感があったりだとか、そういったイベントだけでなくて、例えば、ジェンダー平等を掲げる「国際女性デー」のイベントであったり、性的マイノリティーの人たちがもっと自分らしく生きられる社会を掲げる「東京レインボープライド」なんかも、オフラインでは中止せざるを得なくなってしまったんですね。 そうなると、そういったイベントで語り合ったりだとか、エンパワーメント(湧活)し合ったりという機会を失う人も多くて、経済的だけではなく精神的に傷ついてしまったり、孤独感を感じてしまう人も多かったりするんじゃないかなと思っています。 武田:こうした現状に、国はどんな支援を考えているんでしょうか。 栗原:国が取りまとめている主な支援がこちらになります。 感染対策のために「文化施設にサーモグラフィーを設置する費用」や「中止になった公演をインターネットで動画配信をする費用」などの助成を行うことにしています。 しかし、文化活動に関わる人たちの生活を支えることに特化した策というのは、今のところ用意されていないんです。 個人や中小企業向けの給付金などで対応する形になっています。 平田さん、こうして比較してみますと、ヨーロッパでは手厚い支援が行われているように感じるんですけれども、この違いはどんなところにあるのだと思いますか。 平田さん:もともと日本の文化予算は先進国平均の4分の1。 先進国で最もGDP比では低いと言われていて、もともとが少ないんですけれども。 ヨーロッパでは劇場とか音楽ホールというのは教会に準ずるような、人々の社会生活を支える、社会的なインフラの一つとして考えられています。 あるいは、人々がそこで集まって議論する、民主主義を支える場としても意識されているんですね。 それから、アーティスト個人で言いますと、例えば、フランスは「アンテルミタン」という保障制度があって、ふだんから年間900時間ぐらい働くと、残り働いていない月でも最低所得保障が20万円ほどあります。 これはふだんからあるので、こういうことになってもあんまり慌てないで済むんです。 アーティスト、才能のある人が、経済的な理由でほかのジャンルに行かれることは国益を損ねるという、社会的なコンセンサスがあるというのが前提になっていますね。 武田:本当に苦しんでいる方がたくさんいらっしゃる中で、どうしていくかということなんですけれども、合田さんはどう考えますか。 合田さん:SNSでもかなり話題になったんですけれども、「クラウドファンディング」、民間から基金を集めてミニシアターを守ろうという基金があったんですけれども、本当に数日で1億円ぐらい集まって、国内最速記録だったそうで。 自分たちが応援している企業に民間からお金を集めるのはすばらしいと思いつつも、こういった自粛の体制をどう整えていくかというのは、民間ではなく、あくまで国でやってほしいなと思っています。 武田:このイベント中止の波紋、危機をどう乗り越えていけばいいのか。 現場でも模索が始まっています。 ライブを活動の中心に据えてきた、BiSH(ビッシュ)です。 新型コロナウイルスの影響でライブを中止しています。 BiSHが所属する音楽事務所です。 「換気して。 」 感染が収束したとき、いち早くライブが再開できるよう、アイドルたちが練習に取り組んでいます。 感染を防ぐため、歌は歌いません。 振り付けの練習を何度も繰り返します。 豆柴の大群 ハナエモンスターさん 「パフォーマンスでお客さんに元気になってほしいというのもあるので、そのためにも私たちは、今こうやって練習をしています。 」 BiSH セントチヒロ・チッチさん 「収束して、またライブができたときは、それまでの思いを全部ぶつけるしかない。 (コロナを)ぶっとばす気持ちでやります。 私たちは変わっていないんで。 」 この音楽事務所の代表、渡辺淳之介さんです。 ライブの再開に向けて、感染リスクを徹底的に抑える方法を考えています。 しかし、ことしは会場に人を集めることができません。 さらに入学式の後、トーク番組を配信。 全国で相次ぐイベントの中止。 なんでもかんでもストップするのではなく、例えば現場に人が来られなくても、楽しめるアイデアも並行して考えていくべきだと思います。 このような状況でも我々クリエーターはもの作りを止めてはいけません。 」 今、音楽業界では無観客のライブをネットで有料配信する動きが広がっているんです。 あるバンドがライブを中止したかわりに有料配信をしたところ、5000人以上がお金を払って視聴しました。 もともと予定していたライブよりも8倍集客ができて、予想以上の結果になったということなんです。 ネットを活用した新しいビジネスモデルの誕生が期待されています。 武田:平田さんは、こうしたアイデアいかがですか。 平田さん:映像化を嫌う演出家の方もいらっしゃるんですけれども、私は、あんまりアレルギーがないほうで。 実は、うちの5月の北米ツアーのニューヨーク公演も中止になってしまったんですけど、プロモーターの方が私の過去の作品に英語の字幕をつけて世界に向けて発信をしてくださったりしていて。 今のバンドのように、やっぱりインターネットを通じてのほうが広がりますのでね。 チャンスでもあると思うんです。 映像配信というと、ニューヨークの「メトロポリタン・オペラ」が非常に力を入れていて、ライブビューイングもやっていて、非常にクオリティーが高いんですね。 ただアンケート調査を取ると、9割の人が「本物が見たくなった」というふうに答えるんですね。 ですから、私たちステージに生きる人間としては、最終的に、いろんなネットとかを駆使しながら、やっぱりこのウイルスが収束したら本物を見に行きたいよねって思わせるようなコンテンツを作るというのが、私たちのやらなきゃいけないことだと思っています。 武田:こうした現状を知って、何かできないかと思うファンも多いと思うんですけれども、私たちにできる事ってないんでしょうか。 栗原:中止になったコミケですけれども、今回、販売される本の印刷会社が窮地に陥りました。 そこで、ファンたちが始めたのが「エアコミケ」というバーチャルなイベントなんです。 会場で売られる予定だった本をネットで買おうと呼びかけているんです。 ふだん文化や芸術を楽しんでいる人たちが支えようということも大切かと思うんですけれども、合田さん、私たちにできる支援はどんな形があると思いますか。 合田さん:バーチャルというのもあると思うんですけど、コロナの影響で食品の買い占めとかがあったじゃないですか。 もしも余裕のある方がいらっしゃったら、1~2週間後とか直近のことじゃなくて、コロナが終わった後の先の楽しみに投資するような形のお金を払っていく。 そして、企業もその受け皿を作っていけたらいいんじゃないかなと思っています。 武田:いつ再開するか分からないけれども、今お金を払える仕組みを作るということですね。 平田さん、同じ空間で感動を共有する体験が今できなくなっていますけれども、こうした中で私たちが心に留めておくべきことってどんなことでしょうか。 平田さん:もちろん命は大切ですよね。 それから例えば、お金とか、なくてはいけないものというのは議論がしやすいと思う。 だから10万円給付とか30万円給付という話になるんですけど、文化というのは人々それぞれ大事にするものが違うので、音楽が本当に大事な人もいれば、演劇で救われた経験がある人もいれば、スポーツが生きがいの人もいれば、何か映画を見た後に友達といいお酒を飲むのが大好きという人もいると思うんですね。 一人一人違うから、その違う楽しみを理解する、相互理解する、寛容になるということがとても大事だと思うんですね。 実は、この他者理解、異なる文化とか異なる価値観を持った人の気持ちを理解するのも芸術の役割なので、そういう皆さんが今、ストレスがたまっていると思う。 ぜひ私たちが、それを早く届けたいというのが本当に一番の願いです。 武田:私も本当にそういうふうに思っています。 命も大事で経済も大事なんですが、私たちの心を救ってくれるようなさまざまな表現も絶やしてはいけないなというふうに思います。 きょうはどうもありがとうございました。 最後に、演出家の宮本亞門さんが作った この動画をご覧ください。

次の