荒井 正昭 自宅。 オープンハウスが神奈川県警察本部と協力し、「留守番中の子供の防犯」「コロナ特殊詐欺防犯」を目的とした防犯啓発活動を実施(2020年5月28日)|BIGLOBEニュース

荒井正吾

荒井 正昭 自宅

当社は、2019年末より神奈川県警本部が実施している「詐欺撲滅キャンペーン」をサポートしています。 現在、神奈川県警察と協力し、「特殊詐欺被害防止ステッカー」及び「コロナに伴う詐欺被害防止ステッカー」の作成を行い、神奈川県内にある当社の新築現場や営業拠点等に貼付する活動を行っております。 ステッカーには、県警が推進している「電話でキャッシュカードと言われたらサギ!!」や「コロナによる詐欺」などのキャッチコピーを入れており、当社現場近くの通行人等への注意喚起を実施しております。 今回、「留守番中の子供の防犯」、「コロナ特殊詐欺防犯」の注意喚起を目的に、当社にて2本のCM動画を作成し、5月28日(木)よりテレビ神奈川にて放送いたします。 さらに、TVCMに加えて、神流川県警察のSNSや、オープンハウスSNSなどでも同映像を発信いたします。 神奈川県では、緊急事態宣言が解除された現在も、分散登校や短時間授業などの対応が取られております。 テレワーク化が進み、自宅で仕事を行う人が増えているものの、どうしても子どもが1人で留守番しなくてはいけない状況は多く、空き巣や泥棒などと鉢合わせになる危険な状況も散見されています。 また、新型コロナウイルス特別定額給付金の支給に伴い、給付金を狙った詐欺なども横行しています。 当社は、戸建てを主とした住宅供給を生業としており、企業として、営業活動エリアの安全や「家とそこに住む家族を守る」という根本的な理念に正面から向き合い、今起きている社会課題に向けた啓発を行っていくべきであると考え、本企画の実施に至りました。 当社は、引き続き神奈川県警察本部と協力し、詐欺撲滅に向けて取り組んでまいります。 地域に根ざした営業活動を展開し、都心部ならではの住宅事情の中でお客様のご要望に合わせた住まいの提供に努めています。 2013年9月には、東証一部上場。 2016年に名古屋エリアに進出して以降、埼玉、福岡、千葉エリアへと拡大。 「好立地、ぞくぞく。 」のキャッチフレーズの通り、これからも多くのお客様に「都心部の好立地」でありながら「リーズナブルな価格」の住宅を提供してまいります。 オープンハウスグループ Web サイト URL: 株式会社オープンハウス Web サイト URL:.

次の

柳井正の年収と資産額はいくら?【わかりやすく解説】

荒井 正昭 自宅

2020年の4月にフォーブス誌は日本の長者番付を更新しました。 孫正義氏は株価下落で3位になり、今のトップはユニクロの柳井正です。 上位3人の資産は以下の通りでした(1ドル=108. 93円で計算。 柳井正:2兆3870億円• 孫正義:2兆1940億円• 滝崎武光:2兆1190億円 2019年の日本の長者番付50のランキングをフォーブス誌が更新した時もトップは柳井正でした。 2020年の株価暴落で富豪たちの資産額もかなり減りました。 上位に入る日本のお金持ちは、どんな顔ぶれなのでしょうか。 【2020】日本の富豪1位~50位の顔ぶれ フォーブスのランキングを見てみます。 世界一の衣料品会社を目指す柳井も2年後に70歳になります。 今後は経営を「監督」しながら会社に関わるわけですが、今後は後継者の選定(もしくは「後継者育成計画」)が大きな課題になります。 日経記事では、その考えを以下のように説明しました。 「実際の経営は若い人がしないといけない」• 市場の構造改革に対応し、スピード感ある経営判断を下すには、体力やIT(情報技術)などの知見がある若い経営者が必要であるため。 後継者は「今の執行役員の中から一番ふさわしい人が最高経営責任者になる」• 現在、執行役員にあたる人は40人強。 執行役員の2人の実子は後継の社長候補ではないという。 「会長職」はアドバイスする立場だが「創業者に引退はない」。 柳井は過去、「65歳での社長引退」を撤回したこともある。 孫は「まだまだ自分が攻めるぞ」という論調でしたが、柳井は年齢の問題もあって、そろそろ、自分以外の者に譲って事業を拡大しなければいけなくなっています。 創業から発展する段階を経て、その次にある、守成をしながら事業を継続的に大きくするという難しい課題に直面しています。 柳井の後継者の選定がうまく行くかどうかは、今後の企業経営の貴重なケーススタディになりそうです。 2018年に柳井は『トヨタ物語』(野地秩嘉著)を読み、「自分はまだまだ甘い」と感じ、ユニクロをトヨタに負けない大企業に発展させる決意を新たにしたそうです。 トヨタは初代(豊田佐吉)から二代目(豊田喜一郎)、さらにその次へと優れた後継者が事業を発展させていったので、今後、ユニクロが事業継承に成功するかどうかは、大きな運命の分かれ目となります。 2位・孫正義の大構想 孫正義は、19歳の頃、初めてマイクロプロセッサーを雑誌で見て、感動のあまり路上で泣いたとも述べています。 「これで人類の生活が一変する。 人類最大のイノベーションだ」(『フォーブス2018年3月号、P49) この時、産業革命に次ぐ情報革命が起きると直感したのです。 孫はソフトバンクを企業。 96年には米ヤフーに出資し、合弁事業でYahoo! JAPANを立上げました。 アメリカで成功したビジネスモデルが数年遅れで日本にもやってくると読み、それを先に持ち込むことで成功したわけです。 その後、ボーダーフォンを買収し、ソフトバンクを日本の携帯事業者の雄に育て、ネット関連で幅広く事業を展開しました。 そして、2017年6月にはロボットを開発するボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)を、グーグルの親会社のアルファベットから買収しました。 この背景にあるのは、今まではPCやインターネット、スマホの革新が続いていたのですが、今後はその中に入るマイクロプロセッサーの進化が重視されるという、孫の読みがあります。 孫は人工知能が人間に勝ち始めており、人工知能はデータで鍛えられることに注意を喚起し、データ取得の基盤となる英半導体設計大手アーム(ARM Holdings plc)に着目したと指摘しています。 孫は、70億人による「70億回線の世界」ではなく、世界にある約1兆のモノが生み出す「1兆回線」をつなぎたいと述べました。 今後は人工衛星まで含めたデータのネットワークをつくり、人間の回線数を競い合うのではなく、モノが生み出す回線数を競おうとしているわけです。 この人工知能をロボットに組み込み、「スマートロボット」をつくり、ロボットと人間が共生する時代をつくろうとしているわけです。 孫は「シンギュラリティ」は未来に必ず来ると述べました。 シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 孫はそれを人間を不幸にするためではなく、幸福な未来をつくるために使いたいと述べました。 つまり、ビッグデータで鍛えらたAIやスマートロボットを用いて新たな技術インフラをつくろうとしているわけです。 そのほか、孫はサウジアラビア等と17年に設立した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(10兆円規模)でも世界の注目を集めています。 この規模は世界中のスタートアップへの年間投資額に匹敵しますが、孫は「10兆円でも全然足りない」「あと2年もすれば使い切る」と述べています。 孫はワンウェブ(米衛星通信)、エヌビディア(自動運転向け画像処理)、フリップカート(インドのネット通販)、ボストン・ダイナミクス(ロボット)、OSIソフト(産業用IoT)等に投資しており、概算すると、1社あたり1000億円規模になるとも言われています(米ウーバーテクノロジーズは1兆円規模)。 しかし、これではまだ不十分と見て、100兆円ファンドの設立を構想しています。 ただ、18年以降の株安の打撃を受け、長者ランキングでは2位となりました。 同年12月にはソフトバンクグループ(SBG)を上場したものの、タイミングが悪かったのか、その後の伸びはいま一つでした。 孫氏は大風呂敷を広げましたが、2020年の株安が直撃し、その 構想の真贋が試されています。 3位:滝崎武光 退任後もキーエンスは堅調 滝崎武光はキーエンス(計測制御機器大手)の創業者です。 最近のデータでは、キーエンスの平均年収は1800万円超という調査も出ています。 74年以来、代表取締役社長を務め、2000年12月には代表取締役会長となり、2015年に会長から退任しました。 キーエンスは高付加価値の新製品をつくる能力(工場を持たず生産は委託している)だけでなく、直販体制でコンサル・提案営業を行っています。 製造だけでなく、大きな権限を持った営業スタッフが顧客の生産現場に入ってコンサル営業を行い、顧客ニーズを開発部門に伝え、高付加価値の新製品を生み出しています。 滝崎はあまり表に出てこないので、そのビジネスモデルの謎は明らかになっていませんが、退任後も、そのモデルは今なお堅調のようです。 4位:佐治信忠は事業継承の成功例? 佐治信忠(1945~)はサントリーを発展させた元会長の佐治敬三(1919-1999)の後を継ぎました。 敬三は1967年に日本で初めてビール酵母の熱処理殺菌なしの「生ビール」をつくり上げ、1986年には100%麦芽のビール「モルツ」を発売。 しかし、87年にはアサヒビールが「スーパードライ」を発売し、サントリーのビール事業は赤字化していきます。 敬三は「商いとは『飽きない』こっちゃ」と述べ、赤字続きのビール事業の再生に執念を燃やしたものの、生前にその黒字化を見ることはできませんでした。 しかし、信忠はその試みを引き継ぎ、「ザ・プレミアム・モルツ」を開発し、2008年に黒字化を達成しました。 この父子の事業継承は、ここ20年ほどの日本における事業継承の成功例となっています。 信忠は海軍で技術将校をしていた父を「学者タイプ」と評しました。 (以下、出所は) 「創業者の祖父(鳥井信治郎)は根っからの商売人だったが、おやじは実はそうではないんです。 たぶん、研究者になりたかったんでしょう。 経営者になり、ずいぶん努力したんでしょうね」 そして、敬三の業績として「ビール事業への参入」を挙げています。 「それで今のサントリーがある。 ウイスキーだけだったらつぶれていたでしょうね。 ウイスキーは手工業的な世界ですが、ビール事業に参入したことでサントリーは近代的な企業に生まれ変わった」 信忠は資金の回転も早く、難しい装置産業であるビール事業で父が会社を変えたことに敬意を表しています。 5位:高原豪久 ユニチャーム二代目 日本の長者はわりと二代目も多いので、日本企業に投資している方は、事業承継の成否が気になるのではないでしょうか。 当ブログの読者は投資に関心のある方が多いので、ここをもう少し深堀し、成功例を取り上げてみます。 高原豪久氏は二代目社長の成功例です。 ユニ・チャームは、ベビーケア用品(オムツ等)、生理関連用品、大人用排泄介護用品、掃除用品(シートクリーナー等)、ウェットティッシュ、立体型マスク、ペットケア用品などを手がけています。 高原氏はユニチャーム創業者である高原慶一朗氏から事業を継ぎ、企業のグローバル化を進め、業績を拡大しました。 高原氏は1961に愛媛県に生まれ、若い頃に米国に1年間留学しています。 その時、欧米企業のスケールの大きさを見て対抗意識を燃やし、欧州・米州・アジアのうち、これから最も伸びしろのあるのはアジアだと考えました。 そのために、有利な位置にある日本からグローバル化を目指したわけです。 まずは銀行に入社し、その後にユニチャームに入りましたが、当時は父が進めた多角化が裏目に出、大企業化に伴って社員の活力も低下していたようです。 高原氏は、経営の重責を担うようになると「本業多角化、専業国際化」という方針を打ち出します。 不織布と吸収体の加工成形技術に経営資源を集中させ、そこから派生した事業を育てていきます。 そして、競争力の強い事業を海外展開したのです。 2001年に39歳で社長に就任した頃は、整理対象にした事業の役員だけでなく、父とも確執が起きましたが、この方針を断行。 その結果、世界80カ国以上に進出し、ベビー用紙おむつや生理用品市場でシェアを獲得。 2017年にはこの分野で「アジア1位、世界三位」とも報じられていました(フォーブス誌)。 によれば、その勝ちパターンは成長市場に対しては、「小さく生んで、大きく育てる」こと。 計画を立てる労力が1だとすると、計画の実行には10倍、成功させるまでには100倍のエネルギーがかかります」 高原はそう熱弁しています。 その経営理念や行動原則は「ユニ・チャームウェイ」としてまとめられ、全世界で共有されているそうです。 ベンチャー企業から世界企業へと発展したユニチャーム。 今後も大きく発展し、日本企業の気概を示してほしいものです。 6位:三木谷浩史 楽天経済圏の行方は? 1965年に神戸に生まれた三木谷は一橋大学を卒業し、興銀に入行しました。 そして、28歳の時にハーバード大学でMBAを取り、ショッピングモール「楽天」を1997年に設立し、3年で株式上場を果たしました。 2000年代にはライブドアとの競争に勝ち、日本の新興企業の雄としての地位を確立しています。 12年には「新経済連盟」の代表理事となるなど、財界活動も始めました。 もともとはイーショップが基盤ですが、最近は金融(証券など)や携帯分野への進出など、活動は幅広くなっています。 楽天ブックス、電子出版(コボ)、楽天ゴールデンイーグルス、Jリーグ・ヴィッセル神戸、楽天Edy、楽天証券などです。 「ネットショッピングなんて」「日本で電子出版なんて」「新興企業が球団なんて」といわれながらも、「やってのける力」で道を開いた三木谷は、どこまで楽天経済圏を拡大できるのでしょうか。 7位:重田康光 波乱万丈の「光通信」創業者 5位の三木谷と6位の重田はともに1965年生まれです。 しかし、重田は、はり灸の専門学校を中退、さらに日本大学を中退。 そこから億万長者になるという、かなり破天荒な経歴を誇っています。 電話加入権を販売する企業に勤め、88年に株式会社光通信を創業。 当時は第二電電の契約取次ぎ代理店から社業を開始し、携帯販売事業を手掛けることで急激に企業を成長させました。 携帯普及の大波に乗ったわけです。 96年に31歳で株式を店頭公開。 99年に東証一部上場。 ただ、大量の携帯電話の架空契約などによる株価急落という大事件も引き起こしました。 その後、 2000年以降は事業を再建。 シャープの複写機販売・リースを手がけ、04年には黒字化を実現しています。 かなり波あり谷ありの人生を生きている大富豪です。 日本の長者番付の特徴:資産額、年齢、性別、業種等 2020年データで金額で見ると1位~3位が2兆円以上です。 4位が1兆円。 5位~23位が2000~5000億円、24位以降が2000億円以下なので、トップ3(柳井正、孫正義、滝崎武光)とそれ以外のメンバーとの差が非常に大きいことが分かります。 そして、長者番付50位までを見ると、高齢の方々が目立っています。 90代が1名• 80代が5名• 70代が21名• 60代が7名• 50代が4名• 40代が4名 50代で若いと言われる日本政界を思い出させる年齢構成です。 この年齢構成は、日本では新規企業が大をなすことが難しいことを暗示しています。 女性は経営者夫人としてランキング入りした人が多いようです・ 過去、女性経営者ではテンプスタッフの篠原欣子氏がランキング入りしていました そのほか、長者番付には、出身校や出身地等のデータもあるので、長者入りした面々の傾向を見てみます。 業種で伸びているのは、通信やテクノロジー、ゲーム等です。 例年、パチンコ(パチスロ含む)が目立っていることに不安を感じました。 パチンコ関係者が大儲けする日本経済には、どこかに歪みがあるのかもしれません。 ネット系では、楽天、ヤフージャパンを傘下に置くソフトバンク等の経営者がランキング入り。 ゲームは任天堂のほか、グリーやミクシイ、サイバーエージェント等のゲーム事業をカウントすることも可能です。 そのほか、ヘルスケア、ドラッグストア、ディスカウントストア、消費者金融等も例年、ランキング入りしています。 出身校(中退含む)は、慶應大学や早稲田大が目立ちます。 日本大学や東大、関西大学 、青山学院大学などもいました。 大学中退の人や高卒、専門学校卒の方もいます。 出身地では東京が最多で、日本各地から長者は出ています。 いろいろと見ていくと、長者番付からも日本経済の現状が透けて見えます。 フォーブスの世界富豪ランキングの面々と比べてみると、意外な発見があるかもしれません。 世界富豪ランキングの特徴は、とにかく数字の桁が大きいことと、米国を中心に若い企業家等が入っていることです。 国別に富豪の数をカウントしてみるのも一興かもしれません。 【当サイト掲載の広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の

株式会社オープンハウスがカオナビを導入。カオナビで経営トップのマインドを共有し、次期リーダー候補の育成に活用

荒井 正昭 自宅

[株式会社オープンハウス] 「好立地、ぞくぞく。 」をスローガンに掲げ、東京、名古屋、福岡を中心に不動産業を展開する株式会社オープンハウス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井正昭、以下当社)は、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県))に在住、かつ、住宅購入を検討している20歳~49歳の男女600名を対象に、新型コロナウイルスの影響により住まいの意識やニーズがどう変化したか、「コロナ禍を受けた住宅意識調査」を実施いたしました。 以下が調査結果となります。 本調査結果を是非ご活用頂けましたら幸いです。 TOPIC. 駅近を重視する人は 約7. TOPIC. 2 ライフスタイルの変化。 3 新しい生活様式で求められる居住のニーズ。 また、 約7. 5割の人が 駅近であることを重視しており、この結果から、 「都心・駅近」の需要はコロナ禍においても高い水準にあることがわかりました。 「あなたはどのエリアに住みたいと思いますか」 Q. 「前問で都心(東京都(23区内)、埼玉・千葉・神奈川の中心部)に住みたいとお答えになりましたが、それはコロナウイルスの影響を受ける前と比べて、どの程度変わりましたか」 Q. 「あなたは住宅を検討する際に、駅近であることを重視しますか。 」 Q. 「あなたは、都心の近くに住むことにどの程度メリットがあると思いますか」 新型コロナウイルス前後での在宅時間は、新型コロナウイルス前:10時間33分、新型コロナウイルス後:14時間51分 と、 平均3. 3時間長くなったとの回答結果になりました。 また、在宅時間の増加者における在宅時間の増加は 平均7. 1時間という結果に。 この新型コロナウイルスの影響を受けてのライフスタイルの変化に関する設問に対しては、 住まいの設備や環境をより良くしようと思った人が 76. 在宅時間が長くなることにより、今後自宅内で増えると思われる時間については、1位:友人知人とのコミュニケーション(32. 2%)、2位:家で仕事を行う(31. 5%)、3位:料理・調理する(30. 0%)と、 SNSやリモートを駆使したコミュニケーションに費やす時間が増えると共に、 自宅での仕事や料理など、家で過ごす時間は今後も長くなりそうです。 「コロナウイルスの影響を受けて、あなたはどのような気持ちの変化がありましたか」 Q. 「コロナウイルスの感染拡大が収束した後、あなたがご自宅で以下の行動を取る時間は、影響を受ける前と比べて、どのように変化すると思いますか。 」 在宅時間が長くなり今後も家で過ごす時間が増えることが予想されるなかで、家の間取りや設備で求められるのは、自宅で仕事・勉強ができる場所(79. また、新型コロナウイルスの影響により、 56. 「集合住宅」と比較すると上がり幅は2倍以上であり、「戸建て」に魅力を感じている人が多いことがわかりました。 戸建ての魅力点としては、1位:ライフスタイルに合わせて間取りを調節できるから(73. 0%)、2位:隣人や上下階の騒音を気にせずに済むから(73. 0%)、3位 自分の生活音を周りに気にせず住むから(72. 0%)が高くなっています。 アフターコロナにおける戸建ての魅力ポイントは、多様化するライフスタイルへの対応力がポイントになってきていることがわかりました。 「コロナウイルスの影響を受けて、あなたは住居に何が欲しいと思いましたか」 Q. 「あなたは、戸建ての住居にどのような魅力を感じますか」 今回の調査結果を受けて、オープンハウスでは、新型コロナウイルスの影響下において、ニーズの高まる駅近・都心部の戸建て住宅の供給に注力し、多様化するお客様のライフスタイルに合ったサービスを提供し続けていきます。 【オープンハウスについて】 1997年9月に創業したオープンハウスは、都心部に特化して不動産業を展開してまいりました。 地域に根ざした営業活動を展開し、都心部ならではの住宅事情の中でお客様のご要望に合わせた住まいの提供に努めています。 2013年9月には、東証一部上場。 2016年に名古屋エリアに進出して以降、埼玉、福岡、千葉エリアへと拡大。 「好立地、ぞくぞく。 」のキャッチフレーズの通り、これからも多くのお客様に「都心部の好立地」でありながら「リーズナブルな価格」の住宅を提供してまいります。

次の