タンク デンプシー。 バカ千里を駆ける: デンプシーロール

CoD:BO3:デンプシーの記憶に迫るトレーラー「Dempsey Memories」公開(日本語訳)

タンク デンプシー

・近況 滝川クリステルが強すぎます。 ・久々のプラモのカテゴリー 月曜に買ってきたドムですが、今現在こんな感じになっています。 近頃ゾイドばっか作ってたから久々のMGで気合入りました。 つーか、やっぱいいわMG。 組みやすさ、塗りやすさ、いじりやすさ。 とりあえず素組み。 ドム組むのは2度目(1機目はパーツ取りでジャンクにorz〉なんで、どうせなら何か変わった事をしようと思って色々資料漁ってみました。 ジオンの再興読んだらどれもスカートアーマーが異様なほど長いんでボツ。 新MS戦記はギラドーガばっかりなんでボツ。 何度読んでもGコマンダーにジェットストリームアタックをかける姿には感動するけど。。。 結局電ホビ漁って越智先生のテキストを参考する事に。 で、固まったイメージとしては寒冷地仕様って事で白を基調にして、ケンプファーみたく武器を「ゴテゴテしない」ぐらいに搭載。 して、今日行った作業は部分部分にプラ板と伸ばしランナー張って地味にモールド増やしたのと、溶きパテを塗りたくった事。 (写真3枚目参照) それと武器類の場所決め。 (写真2枚目参照) みんなバカにしていますが、シュツルムファウストはジオンのMSの生命線と言っても過言ではなく、特に近藤和久漫画では素晴らしい活躍をする武器。 サザビーがガンダム倒した武器もシュツルムです。 戦場の絆でも、もっと他の機体にシュツルムを!最低でもザクに持たせてやってください・・・ 乾き次第塗装に入って行きます。 ・今後欲しいMG ジムスナイパーの最近出た方。 勿論ジオン鹵獲仕様に改造。 で、あとラルザク買ってガトーゲルググのビームライフル握らせてなんちゃってザクスナイパーの製作も目論んでます。 えぇ、時間がありませんがorz ・戦場の絆 Bタンク入りの編成で4人でドームに飛び乗って戦えば強いんじゃないかとバカな事を考えていました。 もしくはBタンク4人(機動6)でドーム登る。 リプレイで流れたら間違いなく神認定です。 ヤラナイカ? ・Bタンクのセッティング考査、他 Bを積む以上、生存能力よりもむしろ拠点制圧までにかかる時間、すなわち最速で砲撃地点へ向かう速度を得ることが最重要だと僕は思っています。 でも機動6を使うと確かに狂ったような速さで進行できますが、砲撃中に敵に張り付かれたときの生存時間が短縮されてしまいます。 だから僕はいつも機動4。 そこそこ速いし装甲もまぁ薄いですが何とかなります。 実際なってないですが。。。 装甲を付ける利点は・・・乱戦中に拠点を落す場合とか、玉砕覚悟で拠点狙う場合なら有効でしょう。 でも結局その時ってのは敵に狙われてる訳でして、タンクとしたらその場面は非常に宜しくないと。 同じ乱戦であっても、少し下がって戦場が偏るのを伺って、空いたルートから迅速に拠点へ突っ込む方が乱戦に付き合うよりはよっぽど有用、そもそもB装備で乱戦に付き合うこと自体無茶な話なんです。 乱戦になったら遠距離からB砲垂れ流して意味の無い援護をしつつ戦況を眺め、進行中に相手に気づかれたら玉砕覚悟で特攻するかおとなしく引いて空気になるか。 Bタンクって難しい・・・ 何にせよ、とりあえずBタンクは役割上機動セッティングで安定かと。 C装備なら装甲もいいかとは思いますが。 ・種、280以下限定大会 我が地元・セガ夏見が開催した同大会は参加者4名というお寒い大会になったと言う経緯が。 しかも使用機体はクジびきにて決定。 んな酷な・・・ ダークホースはゾノゾノだと思います。

次の

CoD:BO3:MGS風のゾンビキャラクターイラスト「リヒトーフェン、ニコライ、タケオ、デンプシー」が公開

タンク デンプシー

1920年頃の写真 基本情報 本名 ウィリアム・ハリソン・デンプシー 通称 マナッサの人殺し 拳聖 階級 身長 185cm リーチ 196cm 国籍 誕生日 1895-06-24 出身地 マナッサ 死没日 1983-05-31 (87歳没) 死没地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 83 勝ち 62 KO勝ち 50 敗け 6 引き分け 9 無効試合 6 ジャック・デンプシー( Jack Dempsey、 - )は、の世界ヘビー級王者。 ジャック・デンプシーはであり、本名は ウィリアム・ハリソン・デンプシー(William Harrison Dempsey)。 「マナッサの殺し屋」(The Manassa Mauler)、「拳聖」「拳の英雄」などの異名を取った。 夫人(当時)のを肩に(1925年4月、)。 デンプシーは、ボクシング史上初めて前傾姿勢の構えで戦ったボクサーとされる。 デンプシー以前にもなど豪腕と謳われたボクサーは存在していたが、彼らは極端に重心を後ろに掛ける構えをしていたため、一撃で試合を終わらせるパンチを持つにいたらなかった。 一方、デンプシーは重心を前に掛けることで体重の乗ったパンチを打つことが出来、当時としては常識外れのパワーを誇っていた。 来歴 [ ] 生い立ち [ ] デンプシーは、マナッサに聖徒である貧しい靴屋の息子として生まれ、、で育った。 デンプシーも1903年8月2日に洗礼を受けモルモン教徒となっている。 デンプシーは家庭が貧しかったことで働きに出るため小学校を中退し、16歳の時に家を出ている。 炭鉱夫として働いていたが、のちに賭け試合のボクサーや用心棒としてアメリカ各地を放浪中 、その腕っぷしの強さと野獣のようにギラつく目をに見込まれボクシングにのめり込むようになっていった。 初期のころは偽名を使って試合をしていたため正確な戦績は全く分かっていない。 トレドの惨劇 [ ] 、年初からの5連続初回KO勝利で勢いに乗るデンプシーは、の持つ世界タイトルに初挑戦する。 ウィラードは黒人初の世界ヘビー級王者を破ったことにより国民的英雄との誉れを受けていた。 デンプシーが試合開始の数分前、初回KOで勝たなければはないとカーンズに告げられたことから、この試合の初回は「トレドの惨劇」と呼ばれ、ボクシング史上最も凄惨な戦いのひとつとなった。 デンプシーは2m近い体躯のウィラードを徹底的に殴り続け、初回に7度ものダウンを奪う。 当時のルールでは対戦者がダウンしてもニュートラルコーナーには下がらずに間近で待ち、両膝がマットを離れるとすぐにまた攻撃を仕掛けることができた。 7度奪ったダウンのうちの何度かは、ウィラードが立ち上がろうとしていたときに追撃して奪ったものである。 レフェリーはラウンド終了のゴングまでは試合を止めないというスタンスであった。 最終的に試合はチャンピオンのウィラードが4回開始のゴングに応じられず3回終了でデンプシーの勝利となったが、デンプシーにこの試合のファイトマネーが支払われることはなかった。 一方のウィラードは顎を7か所も砕かれた上、肋骨、頬骨、歯を数本折られ、さらには片耳の聴力が著しく低下してしまった。 晴れて世界王者となったデンプシーだったが、国民的英雄であったウィラードに勝利してしまったことと、そのときの余りにも獰猛で凶暴な試合ぶりからとのレッテルを貼られてしまう。 、試合直前の会場(左)。 試合後には号外を求めてニューヨーク・タイムズ本社に1万人以上が殺到(右) に行われた3度目の防衛戦は、のとの試合だったが、アメリカでの試合にも関わらず、観衆はそのボクシングスタイルの優雅さから「蘭の男」の異名を持つ異国の二枚目挑戦者を応援するという始末だった。 デンプシーは3回にカルパンチェの右を食ってダウン寸前に陥るが、カルパンチェはこの時右手を骨折してしまう。 続く4回、デンプシーは戦闘力を失ったカルパンチェに猛烈な連打を浴びせてKO勝ちを収めた。 この後、デンプシーとカルパンチェは親友となり長く交友が続いたという。 なお、この試合の総入場料は史上初の100万ドル超()となっている。 この試合以降、デンプシーは実力に見合った評価を受けるようになり名実ともにとしての栄誉を得た。 のルイス・アンジェロ・フィルポ戦。 、におけるルイス・アンジェロ・フィルポとの試合では、この闘牛のような選手との対戦を観ようと会場には8万5000人が詰めかけ、さらに2万人が入ろうとしていた。 デンプシーはフィルポに対して繰り返しダウンを奪いながら自らも2度のダウンを喫し、その2度目のダウンではロープの間からリングサイドの記者のの上に頭から落下したが、リングに戻されて試合を続行、2回KO勝利を収めた。 この試合は注目度が高かったため、でへ生中継され、通りには試合を聴くために大勢の人々が集まった。 、に判定負けで王座を失ったデンプシーはちょうど1年後にタニーと再戦、7回にタニーから強烈なダウンを奪ってみせるが、ルール改正によりニュートラルコーナーへ行くことを忘れていたためレフェリーに注意を受け、その間カウントが数えられずタニーはカウント8(実質20カウント程)で立ち上がってしまった。 結局、この時点でKOできなかったデンプシーは8回にダウンを奪い返され再び判定負けを喫した。 この試合は ロングカウント事件としてボクシング史にその名を刻んでいる。 第二次世界大戦の従軍 [ ] 司令官ジャック・デンプシーが水兵二人の対空砲の準備を監視。 1942—44頃 アメリカ合衆国が第二次世界大戦に突入したとき、デンプシーは20年前の徴兵逃れ批判に反撃するチャンスを得た。 予備隊の副官となり、1944年3月には司令官としてUSS ウェイクフィールド(AP-21)に着任。 1945年、で沖縄侵攻のための攻撃輸送機USS アーサーミドルトン(APA-25)に乗船。 4月2日に沖縄に到着した。 沖縄では著名な従軍記者と共に写った写真も残されている。 パイルはその後、で日本兵の狙撃に倒れた。 デンプシーは9月に現場から離れ、1952年に沿岸警備隊予備隊から名誉ある退役を受けた。 引退後 [ ] 引退後は一時期プロモーターを務めていたが、現役時代から付き合いのあったの一味が試合をけしかけるなど、試合に口を出すようになったことで、デンプシーはプロモーター業に見切りをつける。 からにかけ、、らの世界ヘビー級タイトルマッチのリングサイドにデンプシーはよく姿を表していた。 1975年10月、現役時代のライバルであり長年の親友だったカルパンチェの訃報に接したデンプシーは壁の方を向くと、眼を閉じたまましばらく動かなかったと言う。 、病により87歳の生涯を閉じた。 生涯戦績 [ ]• プロボクシング:83戦 62勝 50KO 6敗 9引分け 6無効試合 脚注 [ ].

次の

Gコマンダー: デンプシーロール

タンク デンプシー

クリント・デンプシー(2016年) 名前 本名 クリントン・ドリュー・デンプシー Clinton Drew Dempsey 愛称 a. 国内リーグ戦に限る。 ( ) クリント・デンプシー( Clint Dempsey 、 - )は、出身の元。 ポジションは、。 と並び、アメリカ代表における歴代最多得点記録保持者である。 経歴 [ ] ナコドチェスで生まれ育った。 幼少時代はトレーラーパークにすんでいたため、兄弟や地元の子供達といつでも好きな時にサッカーが出来る環境であった。 ユース [ ] サッカーの才能を伸ばすため、兄につれられ、故郷から3時間もかかるダラス・テキサンズという少年サッカークラブのトライアウトを受け合格する。 比較的に早い年齢からクラブチームでサッカーを始めたが、たびたびクラブの練習を休むことがあった。 さらに不幸なことに、に姉が脳動脈瘤に突然かかり死去。 その後、家族の援助もあり、Dallas Texansでプレーを再開した。 後キャプテンとチーム得点王にもなった。 また、出場したタンパベイ・サンボウルでは、MVPに選ばれる。 ファーマン大学に入学後3シーズンで、62試合中61試合出場17ゴールを決め、中心選手として活躍する。 クラブ [ ] ニューイングランド・レボリューション [ ] のMLSスーパードラフトでに8番目に指名され、プロ選手としてのキャリアをスタートさせる。 新人選手でありながら攻撃の核として活躍した。 シーズン途中で顎骨を骨折して離脱した期間がありながらも、7ゴールをあげ、その年の新人王に選ばれる。 しかし、その年の戦で決定的なPKを外し、MLSカップに導く事はできなかった。 2005年シーズンは、10ゴール、9アシストの活躍をみせ、MLSオールスターゲームでは後に所属するに対して、勝ち越しを決めるゴールを得点する。 また、戦でのゴールによりMLSカップに導く。 その年のMLSベストイレブンに選出。 フラム [ ] 2006-07シーズン [ ] 2007年、フラムFCでプレー中のデンプシー 末、のフラムFCは、デンプシーに400万ドルの移籍金をに提示。 MLS側も了承し、に移籍が決定する。 、イギリス内務省はデンプシーに外国人用労働許可証を与え、イングランドでのプレーが可能となる。 、戦に出場しデビューをはたす。 、戦で4分に交代出場し、ゴールを決めフラムFCの1-0での勝利に貢献する。 このゴールはチームの残留を決定付ける重要なものとなった。 2007-08シーズン [ ] 開幕3試合ではスターティング・メンバーに入らなかったが、の負傷後にセカンドトップとして起用された。 戦で得点したものの、試合には2-1で敗れた。 、トッテナム戦で得点し3-3の引き分けに持ち込む。 その二週間後には戦で先制点をあげる(試合は1-1の引き分け)。 、戦でチェルシーDFと空中で激しく衝突した。 その後ジョン・テリーは交代させられるが、空中で衝突した際に意図的に肘を使っていたのではないかという声があがった。 しかし、そのことを主審のはに報告しなかったため罰せられなかった。 、ホームでを迎えた試合で得点し、3-1で勝利しチームはリーグ戦2勝目をあげる。 12月、1-1で引き分けたホームのウィガン戦、5-1で敗れたアウェーのトッテナム戦で得点する。 5月、クラブとのの夏までの契約延長を締結した。 リーグ最終節でに勝利し、プレミアリーグ残留を決めた。 デンプシーは6得点でチーム得点王となった。 2008-09シーズン [ ] 開幕から先発出場を続けたが、なかなか得点を奪えなかった。 、アウェーのポーツマス戦でシーズン初得点をあげる。 の戦でと交代し、ホーム初得点を決めた。 その8日後、ホームの戦で土壇場にゴールを決め、2得点の大活躍でを引き分けに持ち込む。 、5回戦ホームの戦で得点し、2-1で勝利した。 、アウェーの戦で2得点を決め、3-1の勝利に貢献。 結局このシーズンはリーグ戦でと並ぶチーム最多タイとなる7得点をあげた。 これらの活躍もあり、クラブは歴代最高位となる7位でシーズンを終え、翌シーズンから新設されたの出場権を獲得した。 2009-10シーズン [ ] 2009年、クラブとの2013年までの契約延長を締結した。 、UEFAヨーロッパリーグのプレーオフラウンドでと対戦し、欧州カップ戦初ゴールを決めた(試合は3-1でフラムFCが勝利)。 、イタリアのスポーツ新聞のプレミアリーグのシーズンベストイレブンに選出された。 、戦で膝の靭帯損傷する怪我を負った(試合は2-0で敗北)。 、アウェーの戦でロスタイムに出場し復帰した。 その後リーグ戦の戦で72分間プレーした。 、UEFAヨーロッパリーグの決勝トーナメント(16強)第2節ユヴェントスFC戦で途中出場し、長い距離からチップキックでゴールを決め4-1の勝利に貢献した。 この試合のフラムFCとデンプシーのプレーはの記者から「 ワンダフル!」と賞賛された。 紙は「このゴールはフラムFCの歴史の中で最も有名なゴールになるかもしれない。 」と示唆した。 、UEFAヨーロッパリーグ決勝の戦で55分にと交代し、欧州の主要大会の決勝に出場した最初の米国人選手となった。 試合はアトレティコ・マドリードのFWが延長116分に決勝ゴールを決め、2-1で敗れ優勝を逃した。 このシーズンの彼のパフォーマンスはSoccerOverThere. com他、さまざまな媒体において、ヨーロッパでプレーするアメリカ人選手のMVPに選出された。 2010-11シーズン [ ] 最初の2試合は直後のため、ベンチに座ることとなった。 、敵地でブラックバーン・ローヴァーズFCと対戦し、56分に同点ゴールを決め1-1の引き分けに貢献した。 このゴールでプレミアリーグにおいてのクラブの連続無敗記録を継続した。 、戦ででゴールを奪ったからまたしても得点した。 その後はのウィガン・アスレティック戦で2得点を決める(試合は2-0の勝利)など調子を上げ 、、戦でさらに2得点を決め、一時的に降格圏に居たチームを中位へ抜け出させた。 、リーグ戦10点目となるゴールを決め、が2005-06、2006-07シーズンに記録した9点を上回る、米国人選手初となるプレミアリーグ二桁得点を記録した。 、戦で2得点をあげ、3-0で勝利。 プレミアリーグでの通算得点数を33点とし、それまでブライアン・マクブライドとが保持していたプレミアリーグにおけるフラムFC所属選手の通算得点記録を更新した。 これらのゴールも含め、このシーズンは自己最多の12ゴールを決めた。 シーズン終了後、彼はファン投票によりフラムFCのシーズンベストプレイヤーに選出され、またチーム内得点王にもなった。 2011-12シーズン [ ] プレーオフ第一節、ホームの戦でシーズン初ゴールを決めた。 続く第二節では敵地で2ゴールを決め、3-0の勝利に貢献した。 2011年、ホームの戦で85分に決勝ゴールを決め、1-0で勝利した。 、ボルトン・ワンダラーズ戦でヘディングでシーズン5ゴール目を決め2-0の勝利に貢献した。 に行われたチェルシーFCとのウェスト・ロンドン・ダービーでは同点ゴールを決めた。 に行われたFAカップ3回戦の戦で自身初 のハットトリックを決め、4-0で勝利した。 さらに、戦でもハットトリックを決め、シーズン9ゴール目とした(試合は5-2でフラムの勝利)。 これにより、プレミアリーグでハットトリックを獲得した史上初の米国人選手となった。 2月1日、元チーム監督の率いる戦でリーグ10得点目、シーズン合計16点目を決めた。 ストライカーに近いポジションでプレーするようになって以来好調を保ち、戦では2得点を決め5-0の勝利に貢献。 、新たな3年契約を結ぶためクラブが本人との会談を開いていたことを監督のが明らかにした。 、ボルトン・ワンダラーズ戦でフリーキックとヘッドでそれぞれゴールを決めリーグ戦15得点とし、シーズン合計では21得点とした 試合は3-0で勝利。 これにより、が記録したフラムFCにおけるプレミアリーグ1シーズン13点の得点記録を上回った。 シーズン終盤にはの選考で、、に次ぐ第4位に選出された。 シーズン最後のホームゲームとなった戦ではフリーキックでゴールを決め、プレミアリーグで50ゴールの大台に到達した史上初の米国人選手となった。 、2年連続でファン投票によるクラブのシーズンベストプレイヤーに選出された。 、への移籍をクラブが発表した。 トッテナム・ホットスパー [ ] 、600万ユーロの移籍金でへ移籍した。 背番号は2番。 シアトル・サウンダーズ [ ] 、への移籍をクラブが発表した。 背番号はトッテナム時代と同じ2番である。 フラムへの短期レンタル [ ] 、MLSのオフ期間を利用して、古巣に2ヶ月間の短期レンタルが決定した。 2018年8月29日、現役引退を発表。 代表 [ ] にて練習するデンプシー。 2006年4月。 としては、の戦で初出場、のとの親善試合で代表初ゴールを記録。 ではアメリカ代表に選ばれ、グループリーグの戦ではW杯初ゴールを決めた。 にも出場し、戦で決勝ゴールを挙げるなどアメリカの優勝に貢献。 ではグループリーグ第3戦の戦から準決勝の戦、決勝の戦と3試合連続でゴールを記録。 エジプト戦とスペイン戦では大会選定のマンオブザマッチに選ばれるなど、アメリカの準優勝に大きく貢献。 ブロンズボール(最優秀選手賞3位)に輝いた。 にも出場。 初戦の戦ではデンプシーのミドルシュートを相手GKのがキャッチしそこね、これがチームを引き分けに導く同点ゴールとなり、デンプシー自身も2大会連続ゴールとなった。 では初戦の戦で開始30秒に先制点を挙げ、自身3大会連続ゴールを達成した。 では7得点を挙げ大会得点王を受賞した。 音楽活動 [ ] デュース Deuce の名でミュージシャンとしても活動している。 の前には、サッカーのルーツが労働者階級であることと、のアピールを目的に、のであるBig HawkとXOとした楽曲「Don't Tread」がの広告キャンペーンに使用された。 楽曲のPV中にはデンプシーの要望で、姉の墓石に花を捧げるシーンが入っている。 2014年9月にはの新ロゴマーク発表会で演奏を披露し、をリリースすることを発表した。 獲得タイトル [ ] クラブ [ ] シアトル・サウンダーズ• :2014• :2014• :2016 代表 [ ]• :, , 個人 [ ]• MLSルーキーオブザイヤー:2004• ホンダ・プレイヤーオブザイヤー:2006, 2011, 2012• :2007, 2011, 2012• フラム・プレイヤーオブザシーズン:2010-11, 2011-12• コンフェデレーションズカップ・ブロンズボール賞:• コンフェデレーションズカップ・ベストイレブン:2009• CONCACAFゴールドカップ得点王: 脚注 [ ] []• dallasnews. com• BBC SPORT• fulhamfc. com• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• デイリーメール UK版• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• BBC SPORT• soccerbase. com• BBC SPORT• BBC SPORT• デイリーメール UK版• BBC SPORT• Goal. com• socceroverthere. com• BBC SPORT• The Telegraph• aolnews. com• BBC SPORT• bloomberg• Gamecast• Soccer• デイリーメール• ESPN FC• Gamecast• DEADSPIN• Mirror Football• yahoo! sports• BBC SPORT• BBC SPORT• フラムFC公式サイト• sky sports• シアトル・サウンダーズFC公式サイト• Goal• SOCCER KING. 2014年9月21日. 2014年10月15日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の