サクション フィルター。 【通販モノタロウ】

油圧ポンプ(油圧装置)のサクションフィルターとラインフィルターの...

サクション フィルター

こんにちは サクションフィルターについてですが、仰っている「吸入する通路」というのは 所謂「サクションライン」に相当します。 タンクからポンプ吸込側までの「油が吸い込まれる」配管部分をサクションラインと言います。 また送り出されれる配管部分を「プレッシャライン」や「サプライ」、「Pライン」と言われる事が多いです。 タンクまで戻る配管は「タンクライン」や「リターン(戻り)ライン」、「Tライン」と呼ばれます。 ポンプからシリンダーを含めた所謂仕事をする部分「アクチュエータ」に作動油を 供給する間に使われます。 上記の「B」のラインに相当します。 高圧にも耐えられる材質で出来ています。 ポンプ近くに設置する方法もあればシリンダ近くに使用する方法があり 設置方法は機器の性能にもよりますが、一般的には油圧ユニット内部に 設置する事が一般的です。 他にもリターンラインにつける「リターンフィルタ」等があります。 これは戻ってくる油を綺麗にするために使われます。 つまり、タンクにごみを入れない為の設置です。 シリンダーやアクチュエータが粉塵環境等の劣悪な環境で作動している場合に 効果を発揮します。 大体合って居ますが少し表現が違います。 それにタンクに戻るのは、シリンダーだけでは無くて圧力調整バルブや油圧モーター等からもタンクに戻されます。 これは、装置によって違いますが。 タンクに戻されたオイルはある程度の時間的余裕を持って、気泡の解消、冷却、鉄粉や汚れの沈殿やマグネットによる吸着等の後サンクションフィルターを通って油圧ポンプで圧縮され再び利用されます。 ラインフィルターはお書きの通りです。 おまけ、詰ったらどうなるかを書いて見ます。 サンクションフィルター 急激にポンプの音が大きく成ります、油圧が不安定に成ります、ハリが震えます、シリンダーがノッキングします。 これは油量が不足して空気が発生するからです、放置するとポンプが壊れます。 ラインフィルター 油圧メーターは正しい圧力で有るのにシリンダーの動きが遅い、油の温度が高く成る。 電気代の無駄。 ご参考に。

次の

吸着式のぞき見防止フィルター

サクション フィルター

こんにちは サクションフィルターについてですが、仰っている「吸入する通路」というのは 所謂「サクションライン」に相当します。 タンクからポンプ吸込側までの「油が吸い込まれる」配管部分をサクションラインと言います。 また送り出されれる配管部分を「プレッシャライン」や「サプライ」、「Pライン」と言われる事が多いです。 タンクまで戻る配管は「タンクライン」や「リターン(戻り)ライン」、「Tライン」と呼ばれます。 ポンプからシリンダーを含めた所謂仕事をする部分「アクチュエータ」に作動油を 供給する間に使われます。 上記の「B」のラインに相当します。 高圧にも耐えられる材質で出来ています。 ポンプ近くに設置する方法もあればシリンダ近くに使用する方法があり 設置方法は機器の性能にもよりますが、一般的には油圧ユニット内部に 設置する事が一般的です。 他にもリターンラインにつける「リターンフィルタ」等があります。 これは戻ってくる油を綺麗にするために使われます。 つまり、タンクにごみを入れない為の設置です。 シリンダーやアクチュエータが粉塵環境等の劣悪な環境で作動している場合に 効果を発揮します。 大体合って居ますが少し表現が違います。 それにタンクに戻るのは、シリンダーだけでは無くて圧力調整バルブや油圧モーター等からもタンクに戻されます。 これは、装置によって違いますが。 タンクに戻されたオイルはある程度の時間的余裕を持って、気泡の解消、冷却、鉄粉や汚れの沈殿やマグネットによる吸着等の後サンクションフィルターを通って油圧ポンプで圧縮され再び利用されます。 ラインフィルターはお書きの通りです。 おまけ、詰ったらどうなるかを書いて見ます。 サンクションフィルター 急激にポンプの音が大きく成ります、油圧が不安定に成ります、ハリが震えます、シリンダーがノッキングします。 これは油量が不足して空気が発生するからです、放置するとポンプが壊れます。 ラインフィルター 油圧メーターは正しい圧力で有るのにシリンダーの動きが遅い、油の温度が高く成る。 電気代の無駄。 ご参考に。

次の

サクションフィルタの検索結果

サクション フィルター

【特長】総軽合金製ですから酸化促進に依る油の劣化がありません。 総軽合金製のため、極めて堅固で然も軽量で断線、目開きがありません。 累積目詰まりし抵抗を急増することがありません。 隙間の形状が特殊で表面滑らかなため、ダストがろ面に付着した場合、隙間に挟まれることがないので柔らかい布、又は油、水等に依り極めて簡単に拭い去ることができます。 平面板の間を流出入するので乱れた液内に設置してもストレーナ通過後は層流となります。 キャビテーションの発生がありません。 消泡性が高く、ポンプや付属機器へ悪影響を与えず常に最高の機能を発揮します。 可変容量ポンプ用のサクションフィルタとして最適です。 外装マグネットは、摩耗磁性粉を効率よく吸着しますのでポンプ、スプール等の寿命を伸ばします。 マグネットの清掃は、外装式のため短時間に清掃できます。 インジケータ オプション は、フィルタ出口側 ポンプ入口側 の負圧を検出します。 種類としては目視式と電気接点式が設定できます。 リリーフ弁 オプション は、差圧にて作動し、エレメント下側に取付られます。 エレメントは、ステンレス金網60、100、150、200メッシュを標準としています。

次の