慶應義塾大学 勉強方法。 慶應義塾大学へ合格するための勉強計画をたてたのですが、この計画...

【慶應義塾大学のSFCの英語】環境情報&総合政策の英語の難易度/レベルと傾向と対策&長文勉強法

慶應義塾大学 勉強方法

私立大学の最高峰・ 慶應義塾大学。 私立大学ということもあり、現役大学生だけでも 数万人の規模を誇っている。 おそらく多くの高校生は 慶應義塾大学は内部生、一般受験生、推薦組、帰国生など 多様な出自の学生を受け入れており、それによる多様性があると考えていることだろう。 では、 多様性に満ちた慶應義塾大学に入学したらどのような 選択肢が待ち構えているのだろうか。 また、受験をして大学に入った人たちと 内部進学生の間に学力の格差や 学内カーストのようなものは存在しているのだろうか。 この記事の読者は、 大学進学あるいは受験を前にしている者が多いことだろう。 〈高校〉• 高等学校• 志木高等学校• 女子高等学校• ニューヨーク学院• 湘南藤沢高等部 中でも特に幼稚舎は 10倍以上の倍率を誇り、入試において知能や学力のみではなく 親族関係 代々慶應の一家であるか・家柄 や 縁故を重視されるとも言われている。 中学受験においてはどこも 高倍率で高い学力が求められるが、湘南藤沢中等部では帰国生受け入れの割合がかなり高い。 そのため帰国生にはかなり入学しやすく、また、入学した後も 英語力を活かしたレベルの高い授業を受けることができる。 高校受験では、特に志木高等学校や女子高等学校は高偏差値を誇る。 都立の進学校である 日比谷高校や西高校などと併願する学生も多い。 大学にはスポーツ推薦入試は導入されておらず、慶應側としては優秀なスポーツ選手は中学や高校のうちから 囲い込み、より強い選手へと育成していきたいということなのかもしれない。 一般入試 筆者としてはもっとも 馴染み深いのが一般入試である。 大学から入学するための 入試方法として、もっともふつうなのが 一般入試の受験である。 他の大学と同様に、2、3月にそれぞれの学部ごとに実施される 入学試験 多くは小論文、英語、社会科目や数学など を受験し、合格すれば慶應義塾大学に入学することができる。 この入試で見られるのは 入学試験においての得点のみである。 高校での成績や学業以外の実績 スポーツ、慈善活動など は全く見られない。 そのため、もっともわかりやすく 単純な入試制度といえるかもしれない。 推薦入試 推薦入試にも種類があり、 指定校推薦、 文学部自己推薦、 AO入試などがある。 それぞれ アピールポイントをエントリーシートに書いて提出することがあるため、具体的に公表はされていないが高校時代の活動が見られている可能性が高い。 また、指定校推薦は各高校に 慶應義塾大学の各学部の推薦枠が与えられ、そこに応募できる最低の内申が決まっているため、高校時代の成績も高く保っておく必要がある。 ちなみに筆者の高校には法学部の 指定校推薦枠が来ていたが、内申の足切りラインは4. 3 5段階評価の成績の全科目3年間の平均が4. 3以上であること であった。 帰国生入試 大学では、帰国生向けの 入試制度を導入している。 学部ごとに入試を受験できる資格は変わってくるが、 基本条件としては海外の高校に最終学年を含めて2年以上通っており、 TOEFLなどの点数を保持していることが必要なようだ。 この 割合を見て、どのように感じられるだろうか。 大学受験を志す高校生は、「だいたいの慶應生が一般入試を受験して入学しており、内部生や推薦生は 一握り」という考えを 特に地方の高校生は 抱いている人間が多いように感じる。 しかし、その認識は全くの間違いであり実際は一般入試で 慶應義塾大学に進学する人間は全体の 6割強でしかないのだ。 塾内の雰囲気 ここまでに説明してきた 慶應生だが、果たして一般入試組と内部生は仲良く大学生活を一緒に送ることができるのだろうか。 答えは、「 所属する団体やどう大学生活を送るかによる」としか言うことができない。 そうなると、部活動やサークルで内部進学者に関わることがなければほとんど関わらずに終わるだろう。 また、内部進学者は 体育会部活動に入ることが多い。 逆に言えば、体育会部活動では 半数以上、あるいは 7,8割が内部進学者であることが多い。 理由としては、慶應義塾の 付属校はスポーツ系の部活動がかなり盛んであること、 大学入試がないため部活動にうちこめる時間や労力がかなり多いこと、中学生や高校生の時点で慶應義塾大学に行くことが確定しているのでどんな大学生活を送るかの計画を立てやすく、考えた挙句 ストイックな選択肢を選ぶことが多いこと、などが挙げられる。 さらに、内部生の ネットワークで楽な授業の情報などがかなり出回るため、教養の授業でも内部生が多く履修している科目やそうでない科目がある。 つまり内部生と仲良くなれば楽な授業や試験の対策方法なども簡単に情報が入ってくるのだ。 ゼミに関しても同様である。 筆者は一般入試で大学に入学し、 大学生活を通して非常に多くの内部生と関わった方だと自負している。 その中で感じたことは、大まかに以下の通りである。 帰国生もそもそも人生の背景がかなり多様であり、そこで育まれた価値観も人と異なる。 価値観が合わないと感じて関わらないようにすることも可能。 これは大学生活の人間関係そのものについて言えることである。 内部生だ、帰国生だ、というだけで壁を作ってしまうのはせいぜい 最初の数ヶ月だけである。 もちろん 内部生はもとから仲のいい人間が大学にいる。 しかし、結局そこだけで固まっているということはない。 帰国生も、最初はまず日本での大学生活で本人たち自身も文化の許容に悩み、 帰国生と関わる者も関わり方に悩むことがあるかもしれない。 同じ 大学生活を共に営んでいくにあたり、多く関わり、互いの価値観を開示しあい、適応しあっていく。 そうすることで多様な学生のいる 慶應義塾大学では、人との関わり合いを通じてお互いの価値観を広げ、人として成長していくことができるのだろう。 理想の大学生活 それぞれの人間にとってたくさんの 選択肢が与えられることが慶應義塾大学の強みであることがお分かりいただけただろうか。 では、最後に 理想の大学生活について触れていく。 内部生の例 内部生にとっての 失敗例とはなんだろうか。 それは、十分ある 大学準備期間で十分に大学生活をどう過ごすかを考えられず、大学生活を謳歌しきれないことだ。 内部生の最大の強みは、大学受験をする者よりもはるかに「慶應義塾大学に 入学するまでの準備期間が長い」ことである。 大学受験組は、国立志望で3月の後期入試まで受験した人間であれば慶應に入学することが決まってから入学準備するまでに 1週間ほどしかない。 準備期間の長さは圧倒的な アドバンテージであろう。 自分はどんな大人になりたいのか。 そのためにどんな大学生になりたいのか。 これを考える期間は十分にあるし、 入試勉強というものがないので 卒業試験などはあるが、そのための必要学習時間は入試よりもはるかに少ない 職場見学や大学の 部活動見学に時間を当てることもできる。 この記事の読者の中に慶應にかぎらず 私立大学の内部生がいれば、ぜひ大学生活の準備を入念に行って欲しい。 それは、 外部生が死ぬほどやりたいけれどもできないことなのだ。 一般受験組の例 一般入試受験組は、とにかく大学が決まってから 時間がない。 地方から引越しをする人間であれば特にドタバタであろう。 大学の情報が特にない中で活用した方がいいものは、以下の通りである。 同じ高校で慶應に入った先輩 とにかく、 同じ高校の先輩を辿って連絡を取り、アドバイスを求めよう。 同じような環境から慶應に飛び込んだ人間として、たくさんの 履修情報やサークル情報などをあたえてくれる。 地元の三田会 地方の学生は 三田会を利用しよう。 都道府県、世界各都市に慶應の OB団体である三田会という者が存在している。 入学前に三田会で新入生を祝う会合が催されることが多く、そこには 年次の高いOBOGから慶應大学を卒業して数年とたたない者もいる。 多くの先輩に出会える機会であるため、ぜひ活用しよう。 慶應のSNS ツイッター、インスタグラムで慶應の団体の情報を常にチェックするようにしよう。 ツイッター限定で発信される 新入生向けイベントや 推薦生限定新歓イベントなどがある。 ギリギリに大量の情報をかき集めなければいけない一般受験組にとって、 SNSは絶対必要なアイテムだ。 推薦受験組、帰国受験組の例 推薦受験組や 帰国受験組は、一般受験組よりは早く合格をもらい、進路を決定することができる。 そのため、まずは4-2で書いた 情報収集を行っておくことをお勧めする。 また、それに加えて以下のことを行っておくとスムーズに大学生活を滑り出すことができる。 住居の確定 一人暮らしをするのであれば、 上京する学生で不動産が溢れる 2,3月をさけるため推薦で合格が出た秋や冬の時点で家を決めるようにしよう。 そうすれば日吉キャンパスのそばの 優良物件をいち早く抑えることができる。 アルバイト探し 大学生にとっての永遠の問題。 それが 金欠である。 とにかく遊びたい、そのためにはお金が必要になってくる。 大学進学が決定したら様々な アルバイトに目星をつけておこう。 高校に 内緒でバイトを始めてしまうのもアリかも、、、? 自動車免許取得 大学に入学してから 免許を取得することは以外と億劫なものである。 そのくせ ドライブなどは大学生の遊びにつきものだ。 さらに、 就職活動において自動車免許を保持していることがマストな企業も存在する。 社会人になると営業外回りで車を出さねばならないこともあるため、必要最低限のスキルとしている会社がある。 合格が決まったらすぐに 自動車学校に通い始めることをお勧めする。 いかがだっただろうか。 慶應義塾大学を志望している君、 内部生の君、すこしでもこの記事を参考にしていただければ幸いだ。 いろいろなことを説明してきたが、結局は慶應大学は 多様性溢れる大学なのである。 そのため、他者を受け入れていく姿勢さえ持てば、いろいろな 価値観に出会い、人として大きくステップアップできる大学生活が送れることまちがいない。 ぜひこの内容を心に留め、 大学生活について思いを馳せてほしい。 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 ただし、東京などの大都市圏に住んでいる高校生は受験情報に接する機会が豊富にあると思いますが、地方在住の高校生は良い情報に接することがあまりできません。 なぜなら、早慶レベル以上の大学生・卒業生に接することが地方は難しいからです。 実際に、赤門アカデミーの9割は首都圏以外の塾生です。 そこで大学受験. net(赤門アカデミー)では、東京と地方の情報格差少しでも減らすべく、 東大生との無料音声相談や、格安での受験計画作成・指導プランなどを提供しています。 赤門アカデミーの講師が 1営業日以内にお返事いたします。 合わせて読みたい関連記事.

次の

慶應義塾大学 理工学部 勉強法と入試対策|大学入試のプロ家庭教師【リーダーズブレイン】

慶應義塾大学 勉強方法

はじめに 本記事では慶應義塾大学の日本史の傾向と対策、合格するための勉強法について紹介します。 慶應義塾大学は私大最難関と称される「早慶上」の「慶」の部分に位置します。 東京都と神奈川県に6つのキャンパスを擁し、10学部で約2万8千人の学生が学ぶ大学となります。 偏差値としては62. 5〜72. 5となっています。 慶應義塾大学の日本史は学部日程毎に出題される問題が分けられているため、他学部、その他の日程の過去問を使用した演習を行う際は注意が必要です。 出題形式 それではまず、慶應義塾大学の日本史の出題形式について学部ごとに詳しく紹介していきます。 文学部• 試験時間:60分• 配点 :100点満点• 目標点 :7割• 形 式:記述式• 試験時間:60分• 配点 :100点満点• 目標点 :7割• 形 式:マーク式• 試験時間:60分• 配点 :100点満点• 目標点 :7. 形 式:記述式、マーク式• 試験時間:80分• 配点 :150点満点• 目標点 :7割• 形 式:記述式、マーク式• 空所補充について 慶應義塾大学の日本史は文章中に空所補充問題が出題される傾向にある。 空所補充問題は学部にもよるがマーク式か記述式もしくは両方の形式で出題される。 そのため記述式で答える空所補充問題はしっかり用語を書けるようにしておきたい。 また史料系の空所補充問題が出題される場合があるため、有名な史料などは確認しておきたい。 対策方法としては、主に用語のインプットになります。 問題レベルは標準〜応用レベルの問題となっており、問題集や一問一答などで対応できます。 また史料系の空所補充問題も有名な史料や問われやすい部分などをまずは押えていきましょう。 問題集の使い方や勉強方法については日本史オススメ参考書欄で紹介します。 下線部問題について 下線部問題の傾向としては、文章中の下線部に関することが選択問題や記述式問題で出題される傾向にある。 対策方法としては、知識のインプットである。 知識のインプットを行う際は、人物、年代、地域、事例などの一連のことをまとめて覚えるようにしてください。 オススメ参考書や勉強法は日本史オススメ参考書欄で紹介します。 正誤問題について 正誤問題の傾向としては、文章中の下線部に関する不適切なものを選択する問題や正しい組み合わせの選択肢を選択する問題などが出題される傾向にある。 また問われる問題レベルが高いため、細かい部分まで知識をインプットするようにしてください。 時代整序問題について 時代整序問題の傾向としては、四つの選択肢を出来事順に並べる問題や空所系の時代問題などが主に出題される傾向にある。 時代整序問題の対策方法は、各年代に何が起こったのか、誰が何をしたか、何が制定されたのかなどを覚えることが対策として挙げられる。 戦いや法律の制定、政策などの出来事を順番に並べることが問題として問われやすいため、戦いや合戦、法律の制定された年号などをしっかり覚えることが重要である。 地図問題について 地図問題の傾向としては日本の場所に関する問題から海外の場所に関する問題など幅広い範囲で場所に関する問題が出題される傾向にある。 地図問題の対策方法としては、工芸品や建築物、遷都地、戦いなどの場所に関する学習をすること重要である。 また近代の時代の地図問題などでは、海外の都市や場所なども覚えておく必要がある。 論述問題について 論述問題の傾向としては、なぜその法律や政策などが作られたのかを問う問題や、法律や政策の内容を説明する問題など様々な論述問題が出題される傾向にある。 対策方法としては、論述問題集で演習していくことが主な対策方法となる。 〇〇令の内容や〇〇制とは何かなどを覚えることが重要になります。 またどういういった経緯でその法律や政策、戦いが始まったのかなど、因果関係を理解しておくことも重要になります。 日本史勉強法 日本史の勉強法としては、まず基礎語句、そして基本的な流れを覚えることが重要です! 基礎固めが終わったら、そこから難易度が高い用語や難しい流れを覚えていくようにしましょう。 その際に、インプット用の参考書または教科書を一つ決め、その参考書に資料集やその他参考書の情報、過去問の重要点を一つにまとめていくようにしましょう。 そうすることにより、一つの参考書で様々なインプット情報を学習することができ、効率よく勉強することができます! 【主な学習の流れ!】 Step1 基礎レベルの参考書「 はじめる日本史 」「 日本史なぜと流れがわかる本 」など Step2 一般的な参考書、教科書、資料集、用語集「 日本史標準問題精講 」「 日本史B一問一答完全版 」など Step3 過去問、正誤問題集、資料集、史料問題集、論述問題集など 日本史オススメ参考書 「 はじめる日本史」 はじめる日本史の特徴は日本史を基礎から学び直せる問題集となっています。 収録されている問題も難しいものではないため、基礎を固める参考書としてオススメの一冊となっています。 また別冊に重要史料、一問一答、重要年表が収録されています。 使用時期としては、入試初期から入試中期までとなっています。 具体的には、日本史の勉強を始めて夏休みに入るまでには基礎レベルの語句や知識はインプットされている状態が望ましいです。 使用ペースとしては、1日4単元をペースに演習を行いましょう。 実際に使う際の流れはこの様になります。 <使用の流れ> 1. はじめる日本史をノートなどに書きながら問題を解く! 3. 答え合わせを行い、間違えた問題にチェックを入れ、教科書に立ち戻り確認する! 4. 演習した単元を別冊で重要史料の確認と一問一答の演習も行うようにしてください。 次の日、前日間違えた問題を確認、復習する! 「」の使い方! 日本史B教科書の特徴としては、日本史の知識がこの一冊に集約されており、ほとんど学校で使用されている参考書です。 使用時期としては、入試初期から入試本番までとなっています。 使用方法としては、自分で一日分の読む量、インプットする量を決めてもらい、インプットした知識を「はじめる日本史」や「日本史標準問題精講」などでアウトプットしてください。 ペースとしては、一ヶ月で最低教科書一周はまわすようにしましょう。 「日本史標準問題精講」 本書の特徴は難関大学などの標準から応用レベルの問題を演習することができる点です。 また解説もとても詳しいため、この一冊を完璧にしたらほとんどの大学に対応することができます。 使用時期としては、入試中期から入試後期となっています。 使用方法としては、基本的には「一問一答」や「はじめる日本史」で基礎が出来上がってると思うので、普通に問題を解いていってもらい問題ありません。 答え合せをし、そこで間違えた単元を一問一答や教科書などで復習するようにしましょう。 使用時期として入試初期から入試本番までとなっています。 使用方法は、星3つを1周目、星2つを2周目、星1つを3周目の順番で使用していきましょう。 ペースとしては1日1章のペースで進めていきましょう。 また空所補充問題が記述式の学部もあるため、用語は漢字でも書けるように覚えてください。 「」の使い方! 本書の特徴としては、日本史の論述問題について丁寧に解説がなされているため、論述問題を勉強したい受験生にオススメな参考書です。 使用時期としては、入試中期から入試本番となっています。 使用方法としては、アプローチの部分で、頻出形式やテクニックなどを学習しましょう。 そして、演習を行っていき、採点を行い、解説の部分でズレなどを確認していきましょう。 「」 の使い方! 本書の特徴としては教科書に記載されていない地図や写真、人物などの知識が記載されているため、教科書に記載されていない知識の問題が出題される大学の学習にオススメの参考書です。 使用時期として入試初期から入試本番までとなっています。 使用方法としては日本史標準問題精講の学習を始める際に使用していきましょう。 主に教科書のサブ教材として教科書に載っていない知識のインプットに使用しましょう。 また本書の知識は教科書に一元化し、効率良く学習が行えるようにしてください。 「眠れぬ夜の土屋の日本史史料と解説」 本書の特徴としては入試で問われやすい史料問題の重要な箇所が赤文字になっているため、効率良く史料問題の重要な箇所を学習することができる参考書です。 使用時期として入試中期から入試本番までとなっています。 使用方法は史料の赤文字の部分を主に覚えていきましょう。 史料が多く収録されているため、一から最後まで完璧に理解することが難しい人は良く出る史料から学習したり、要所をしっかり覚えていくようにしてください。 「慶應義塾大学の赤本」 この参考書の特徴としては慶應義塾大学の過去問が掲載されています。 11月から入試本番にかけて行うようにしましょう。 論述問題などは学校の先生や塾の先生に添削してもらいましょう。 ただ、実際には赤本をどの時期にどれぐらいやるべきかは受験生の現在の実力等によって異なります。 自分は「いつから・何年分すべきか?」を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。 まとめ 本記事では慶應義塾大学の日本史の傾向と対策、勉強法について紹介してきました! 慶應義塾大学の日本史は標準〜応用レベルの問題で、基礎標準レベルは必ず完璧にしておいてください。 また学部によっては論述問題や時代整序問題などが出題されやすい学部もあるため、自分が受験する学部の問題を分析し、対策していきましょう! 以上【慶應義塾大学の日本史】入試傾向、対策、勉強法になります! 是非、参考にして慶應義塾大学の合格を勝ち取りましょう!.

次の

慶應義塾大学

慶應義塾大学 勉強方法

慶應義塾大学のSFC英語の傾向と難易度 慶應義塾大学環境情報学部と総合政策学部の英語は、傾向と難易度がほとんど同じです。 英語の試験は120分の試験時間で、600語ほどの長文2題と、1000語ほどの長文が1題という形式がここ数年続いています。 長文の量は多いですが、制限時間が長いので、ものすごく時間が厳しいという印象はありません。 設問のほとんどが長文の内容一致問題と空所補充問題なので、対策はいたってシンプルです。 慶應義塾大学のSFCの英語長文の特徴は、やはりその長さ。 他の私大では出てこないような、文量の多い長文が出題されます。 そして設問も英語で、文量が多いので、 英語という言語に慣れておくことが大切です。 英文そのものの文構造や、文章の論理展開がさほど難しいわけではありません。 インターネットや社会に関するテーマを中心に、様々なテーマの長文が出題されるので、日ごろからニュースを見て、社会に関心を持ちましょう。 背景知識を吸収しておくことで、長文が読みやすくなることもありますからね。 また空所補充問題の対策として、語彙力、文法力は必ず鍛えておかなければいけません。 慶應義塾大学のSFCは英語の試験が合否の大部分を決めるため、帰国子女の方も多く受験します。 帰国子女の方に負けないためには、単語帳や熟語帳、文法のテキストで出てくる内容を、絶対に落とさないことが大切です。 そのためにはまず、標準的な英単語・英熟語は最低限マスターしておく必要があります。 SFCの長文では「覚えたはずなのに、訳が出てこない・・・」というような、少し難しめの単語がたくさん出てきます。 難単語ではないものの、少しレベルが高い英単語が文中にたくさん出てくるので、これらをスムーズに訳せないと、かなり苦しむことになるでしょう。 早慶レベルまでの英単語は、一瞬で訳を思い出せるところまで、徹底的に勉強してください。 慶應義塾大学環境情報学部、総合政策学部(SFC の長文の特徴として、 1文1文の英文の長さが挙げられます。 [,]などが多く使われ、英文が1文で3~4行続いていることも珍しくありません。 構造が複雑で長い文は、左から右へサッと読むのは難しいです。 立ち止まって文構造を理解して、正確に意味を読み取らなければいけません。 逆に文構造が複雑でなく、短い文は、左から右へサッと読めるようにしないと、時間内に読み切れなくなってしまいます。 まずは精読力を鍛えて、ゆっくり読めば理解できるようにして、そこから徐々にスピードを上げていきます。 間違っても「文量が多いから、速読の練習を繰り返そう!」と言って、ムリに速く読もうとしないでください。 私は現役時代に、制限時間内に長文を読むために、実力がついていないのに読むスピードだけを上げて、時間内に解けても2割ほどしか正解できないという状況に陥ってしまいました。 現役時代の大失敗から、1年で早稲田大学に合格できたのは、 「精読トレーニング」のおかげです。 精読トレーニングとは、英語長文ハイパートレーニングなど、1文1文にSVOCなどの文構造が振ってある長文のテキストを使います。 長文を解き終えたら、自分でペンを使って、全ての文に文構造を書き込んでいくんです。 ものすごく大変な作業ですが、このトレーニングを繰り返すことで、自然と英文の文構造をとらえて、正確に読めるようになっていきます。 このトレーニングを繰り返したら、あとは過去問演習を行う中で、時間内に読みきれるようにスピードを上げていけばOK。 英文をスピーディかつ正確に読めるようになるので、内容一致問題が中心のSFCの設問は、バッチリ答えられるようになるでしょう。 詳しい精読トレーニングの方法は「」をご覧ください。 文章量がとても多いので、文章を読み終えたころには、冒頭の内容を忘れてしまっていることも。 そうならないように、文章を論理的に読んでいくことが大切です。 ・筆者の主張は何か ・文章のテーマは何か ・文章は冒頭から、どのようなストーリーで進んでいるか の3つを常に意識しながら、たくさんの長文を解いてください。 そうすれば論理的な読み方が自然と身について、長文の内容が頭に入ってくるようになります。 詳しいトレーニング方法は、「」をご覧ください。 長文の問題集やSFC・他の大学の過去問をたくさん解いていく中で、スピードと正確性を上げていきましょう。 慶應義塾大学のSFCでは、海外ウェブメディアで掲載・議論されるような 先端技術や未来社会に関するトピックが多く出題されます。 「自動運転と道徳」「バイオ燃料の未来」「社会的孤立と健康」など。 21世紀で特筆すべき、インターネット・バイオテクノロジー・デジタルファブリケーション・ブロックチェーン・AIなどテクノロジーの進化といった内容は、特に狙われやすいでしょう。 慶應義塾大学SFCの英語では、独立した文法の問題や、英作文が出題されないので、長文の理解度が合否に直結します。 背景知識をたくさん吸収しておくことが、慶應義塾大学SFCを攻略するためのカギになります。 NHKの「」というサイトがおすすめ。 世界のニュースを、「英語のニュース映像」「英文」「日本文」の3つで学べるので、英語力を鍛えつつ、背景知識を吸収できます。 1日1話ほど更新されるので、毎日寝る前や通学の時間などに聴くと良いでしょう。 普段は「受験のための勉強」をするばかりで、英語を言語として学ぶ楽しさを忘れてしまってはいないでしょうか。 英語のニュースを楽しみながら学んで、もっと英語を好きになってくださいね。 できる限り多くの英文を読んで、たくさん英語のニュースを聴いて、英語に触れる機会を増やしましょう。 「英語を話せるようになりたい」、「ビジネスで英語が使えるようになりたい」など、受験の先のことを考えて勉強してくださいね。 >> >>.

次の