サフィール 運休。 サフィール踊り子のプレミアムグリーン車の料金や座席は?事前予約はいつから?

特急「踊り子」5月7日から一部運休 「サフィール踊り子」6月指定席一部発売見合わせ|ニフティニュース

サフィール 運休

【毎日運転】サフィール踊り子1号 東 京11:00発 伊豆急下田13:29着• 【臨時 平日 】 サフィール踊り子3号 東京12:30発 伊豆急下田15:30着• 伊豆急下田発の「サフィール踊り子」時刻表• 【毎日運転】 サフィール踊り子2号 伊豆急下田 14:12発 東 京 16:49着• 【臨 時 】サフィール踊り子4号 16:30発 東京19:20着 サフィール踊り子の料金・運賃は?衝撃の片道1万越え サフィール踊り子は全車グリーン車となります。 運賃とA特急料金の他にグリーン券またはプレミアムグリーン券が必要です。 料金・運賃の内訳としては(東京~伊豆急下田まで乗車した場合)• 普通運賃 3960円• A特急料金 1860円• 伊豆急行線内の特急料金 410円• グリーン料金(JR+伊豆急) 2880円• プレミアムグリーン料金(JR+伊豆急)5200円• グリーン個室の1室あたりの料金は4人用で8400円、6人用で12600円です。 また、2人利用も可能とのことです。 総額については次の項目で説明します。 グリーン車を利用した場合の料金・運賃は? プレスリリースより グリーンを利用した場合は9110円となります。 ここはスーパービュー踊り子のグリーンを利用したときとあまり値段は変わらないようです。 ちなみに JR線内となる伊東までの乗車の場合は6270円です。 プレミアムグリーン車を利用したときの料金と運賃は? プレミアムグリーンを利用した場合は11430円となります。 片道1万円を超えてきました。 JR東日本の特急列車で1+1の座席配置はなかなかないので料金相応の設備かもしれませんね。 ちなみにJR線内の伊東までの乗車の場合、7770円です。 グリーン個室を利用したときの運賃・料金は? グリーン個室を利用した場合は1名~6名までの利用ができ、4名用と6名用のグリーン個室が用意されています。 例えば東京~伊豆急下田で4名用、6名用個室を利用した場合の料金は以下の通りです。 6名用グリーン個室の場合、2名利用で29740円(14870円)、54660円(9910円)です。 サフィール踊り子の予約方法は? 今回、「サフィール踊り子」では普通席はなく、全てプレミアムグリーン車、グリーン車となります。 そのため、予約方法が限定されていますのでご注意ください。 プレミアムグリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口• グリーン個室(4名用、6名用)・・・みどりの窓口のみ• グリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口、えきねっと 「サフィール踊り子」は出発日の1ヶ月前の10時に発売されます。 みどりの窓口での購入の場合も事前申し込みがある駅もあるので利用してみるといいかもしれません。 一番列車は座席数も限られるので、予約するのはかなり難しいと思われます。 また、運行初日となる3月14日を含め、翌日15日利用の方は伊豆急行線も乗車できる週末パスが発売されます。 値段は大人8880円、子供2600円です。 ただし、前日までの発売となり当日購入することはできません。 実際に「サフィール踊り子」に乗車してきましたので、車内について気になる方は下の記事も合わせてご覧ください。

次の

2020年春デビュー「サフィール踊り子」時刻表・料金・運賃・予約方法まとめ プレミアムグリーン車で片道1万越え

サフィール 運休

【毎日運転】サフィール踊り子1号 東 京11:00発 伊豆急下田13:29着• 【臨時 平日 】 サフィール踊り子3号 東京12:30発 伊豆急下田15:30着• 伊豆急下田発の「サフィール踊り子」時刻表• 【毎日運転】 サフィール踊り子2号 伊豆急下田 14:12発 東 京 16:49着• 【臨 時 】サフィール踊り子4号 16:30発 東京19:20着 サフィール踊り子の料金・運賃は?衝撃の片道1万越え サフィール踊り子は全車グリーン車となります。 運賃とA特急料金の他にグリーン券またはプレミアムグリーン券が必要です。 料金・運賃の内訳としては(東京~伊豆急下田まで乗車した場合)• 普通運賃 3960円• A特急料金 1860円• 伊豆急行線内の特急料金 410円• グリーン料金(JR+伊豆急) 2880円• プレミアムグリーン料金(JR+伊豆急)5200円• グリーン個室の1室あたりの料金は4人用で8400円、6人用で12600円です。 また、2人利用も可能とのことです。 総額については次の項目で説明します。 グリーン車を利用した場合の料金・運賃は? プレスリリースより グリーンを利用した場合は9110円となります。 ここはスーパービュー踊り子のグリーンを利用したときとあまり値段は変わらないようです。 ちなみに JR線内となる伊東までの乗車の場合は6270円です。 プレミアムグリーン車を利用したときの料金と運賃は? プレミアムグリーンを利用した場合は11430円となります。 片道1万円を超えてきました。 JR東日本の特急列車で1+1の座席配置はなかなかないので料金相応の設備かもしれませんね。 ちなみにJR線内の伊東までの乗車の場合、7770円です。 グリーン個室を利用したときの運賃・料金は? グリーン個室を利用した場合は1名~6名までの利用ができ、4名用と6名用のグリーン個室が用意されています。 例えば東京~伊豆急下田で4名用、6名用個室を利用した場合の料金は以下の通りです。 6名用グリーン個室の場合、2名利用で29740円(14870円)、54660円(9910円)です。 サフィール踊り子の予約方法は? 今回、「サフィール踊り子」では普通席はなく、全てプレミアムグリーン車、グリーン車となります。 そのため、予約方法が限定されていますのでご注意ください。 プレミアムグリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口• グリーン個室(4名用、6名用)・・・みどりの窓口のみ• グリーン車・・・指定席券売機、みどりの窓口、えきねっと 「サフィール踊り子」は出発日の1ヶ月前の10時に発売されます。 みどりの窓口での購入の場合も事前申し込みがある駅もあるので利用してみるといいかもしれません。 一番列車は座席数も限られるので、予約するのはかなり難しいと思われます。 また、運行初日となる3月14日を含め、翌日15日利用の方は伊豆急行線も乗車できる週末パスが発売されます。 値段は大人8880円、子供2600円です。 ただし、前日までの発売となり当日購入することはできません。 実際に「サフィール踊り子」に乗車してきましたので、車内について気になる方は下の記事も合わせてご覧ください。

次の

「サフィール踊り子」車内サービス中止「のってたのしい列車」運休

サフィール 運休

JR東日本は8日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、特急「サフィール踊り子」の車内サービスを中止すると発表。 あわせて同社が運行する「のってたのしい列車」も運休を決めたと発表した。 特急「サフィール踊り子」の車内サービスが中止に 新型車両E261系の特急「サフィール踊り子」は、伊豆方面の新たな観光列車として3月14日にデビュー。 4号車のカフェテリアにおいて、オープンスタイルのキッチンでこだわりのヌードル ラーメン を提供していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から営業中止に。 飲み物などの車内販売も中止となる。 「サフィール踊り子」の車内サービスを中止する期間は5月31日まで。 スマートフォンによる事前注文サービス「サフィールPay」ですでに注文した商品はすべて取り消し、手数料なしで払い戻すとのこと。 JR東日本管内で運行される、車窓の景色や車内での飲食・体験などを楽しむことを目的とした列車「のってたのしい列車」も4月10日から5月31日まで運休。 首都圏エリアの「SLぐんま みなかみ」「SLぐんま よこかわ」「B. BASE」、東北エリアの「とれいゆ つばさ」「SL銀河」「リゾートあすなろ」「リゾートしらかみ」、信越エリアの「SLばんえつ物語」「海里」「現美新幹線」などの列車が運休の対象となる。 期間中の運休本数は1,000本。 6月以降については決まり次第、発表される。 予めご了承ください。 関連記事•

次の