パッチルドン。 カセキメラとは (カセキメラとは) [単語記事]

パッチルドン育成論 : 【こだわり?】鉢巻パッチルドン【いいえ、ちからのです】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

パッチルドン

特徴 とを合成して復元された古代のポケモン。 体格差のあるカセキ同士を組み合わせたため、トリ側の小さい上半身がクビナガ側の大きな下半身の断面にくっついたような姿となっている。 首長竜自体が元々古代の氷河期に住んでいたのか、クビナガ側の下半身は凍ったままになっているため、上半身のトリ側は常に凍え震えていて鼻水を垂らしているが、それだけで電気が作られる。 なお、足が発達しておらず歩くことが苦手。 古代では海辺で暮らしており、餌自体は体にまとう氷で保存することができる。 ただ、上述の通り動きの鈍さがたたって絶滅してしまったと言われている。 本来は全く別のポケモン同士の身体を持っていて、なぜ復元できてしまったのかは分かっていない。 ポケモンずかんの説明文 こおりづけの じょうはんしんが ふるえると でんきが つくられる。 あるくことが ひじょうに にがて。 漢字 氷漬けの 上半身が 震えると 電気が つくられる。 歩くことが 非常に 苦手。 こだいの うみべで くらし エサを からだの こおりで ほぞん できたが うごきが にぶいため ぜつめつした。 漢字 古代の 海辺で 暮らし 餌を 体の 氷で 保存できたが 動きが 鈍いため 絶滅した。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 10 でとで再生する。 備考 アニメにおけるパッチルドン マンガにおけるパッチルドン ポケモンカードにおけるパッチルドン• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの実態を考察していくよ!悪趣味?卵未発見?|ゲームメインのサブカル総括シティ

パッチルドン

図鑑説明 こおりづけの じょうはんしんが えると でんきが つる。 あるくことが ひじょうに にがて。 こだいの で くらし えさを からだの こおりで ほぞんできたが うごきが にぶいため ぜつめつした。 「カのトリ」と「カのクビナガ」をに渡すことで復元される、の上半身と首長の下半身を持つ。 以来2体のでんき・。 ソードではラルで「カのトリ」、6番で「カのクビナガ」が手に入るため初めて復元したがこのだった人も多いのではないだろうか。 常にをたらしながら震えているが、でをたらしたは以来、常に震えているは以来久しぶりである。 でんき・こおりの時点で競合がほぼおらず、素で威にもかかわらず先制出来れば威が2倍になる技「でんげきくちばし」を覚える上半身のでアタッとして独自の立ち位置を持つ…のだが下半身のか素さが低く、を高めるもいので鈍足アタッになってしまっている。 攻撃面では非常に優秀なの組み合わせも防御面ではやや弱く、同様ややな位置づけになってしまっている。 や凍える程度では高速アタッ相手にを取ることが難しいが、との相性は良好。 うまく始動出来れば強なアタッになれる可性を秘めている。 関連動画 まだありません 関連静画 関連商品 まだありません 関連項目•

次の

パッチラゴン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

パッチルドン

/『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 必ず後攻になる 優先度:-4。 この技は『みず』タイプにも効果抜群になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 3倍の効果もさらに加わる。

次の