三良坂 フロマージュ。 三良坂フロマージュ

100%グラスフェット!山の中で自然放牧されている牛のミルクで作られるヨーグルト

三良坂 フロマージュ

家畜たちが幸せに過ごせるように。 2004年、三次市三良坂町にオープンしたチーズ工房「三良坂フロマージュ」は、大手百貨店やテレビ番組などでも全国に紹介される有名店だ。 絶品と称され日本中から注文が殺到するこのチーズはいかにして誕生したのか。 オーナーの松原正典さんは農業学校を卒業した後、海外研修のためにアメリカやオーストラリアの大きな酪農場で数年間働いていた。 近代酪農が進んだある大きな農場では何千頭もの牛が飼育され、搾乳量などを全てコンピューターで管理。 朝昼問わず搾乳が行われていたという。 先進国で多く流通するミルクのほとんどは、牛たちに多くの穀物を与えることでより多くのミルクを効率的に絞る仕組みでつくられる。 しかしそうして高カロリーの飼料を食べ続けた牛は体調を壊しやすく、短い一生を終えていくのだ。 帰国の準備をしながら自分に合う酪農スタイルを模索し始め、「牛たちを幸せに飼いたいので放牧がいい、そして日本にある資源を有効に活用したい」という思いから行き着いたのが、三良坂フロマージュの最大のこだわりである「山地酪農」だった。 フランスの国際チーズコンクールで金賞・銀賞を受賞。 「山地酪農」とは、なだらかな山の環境をそのまま利用した放牧酪農法のこと。 帰国後、山のことを知るために2年間林業に従事し、その後チーズづくりを学ぶためにフランスへと渡ったという松原さん。 酪農とチーズづくりにかける深い情熱は想像に難くない。 2004年にチーズ工房 三良坂フロマージュをオープンした3年後、貯めた資金と地元の方の協力を得ていよいよ山地酪農のための山を購入することができた。 牧場を作って10年が経った今、牛や山羊たちはなんとも穏やかな顔で思い思いに過ごしている。 ときには店の脇まで降りてきて、愛らしい姿で買い物客を迎えてくれることも。 三良坂フロマージュのモットーは「家畜たちがその命の営みと引き換えに出してくれた乳を一滴も無駄にしないように細心の注意を払ってチーズにすること」。 フランスとイタリアで学んだ伝統製法に、柏の葉でくるむなど日本独特のエッセンスを加えたチーズづくりで、2013年にフランス・トゥールで行われた国際チーズコンクールでは牛の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか』が銀賞を受賞し、さらに2015年には山羊の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル』が見事金賞を受賞! 他にも牛や山羊のフレッシュチーズや焼いて美味しい燻製チーズ、地元産の旬のフルーツを使った季節のチーズなど、多彩なラインナップが揃う。 自然にも家畜にも人にも、すべてに優しい循環型酪農からつくられる三良坂フロマージュの絶品チーズ。 食卓のパンやワイン、フルーツなどにこのチーズを合わせて、放牧風景や情熱に思いを馳せれば一層その美味しさが感じられることだろう。

次の

日本大活躍!モンディアル・デュ・フロマージュ2013 [チーズ] All About

三良坂 フロマージュ

もくじ• 三良坂フロマージュとは? 2004年、三次市三良坂町にオープンしたチーズ工房「三良坂フロマージュ」は、大手百貨店やテレビ番組などでも全国に紹介される有名店です。 「牛たちを幸せに飼いたいので放牧がいい、そして日本にある資源を有効に活用したい」という思いから行き着いたのが、三良坂フロマージュの最大のこだわりである「山地酪農」でした。 「山地酪農」とは、なだらかな山の環境をそのまま利用した放牧酪農法のことです。 三良坂フロマージュのモットーは「家畜たちがその命の営みと引き換えに出してくれた乳を一滴も無駄にしないように細心の注意を払ってチーズにすること」。 フランスとイタリアで学んだ伝統製法に、柏の葉でくるむなど日本独特のエッセンスを加えたチーズづくりで、2013年にフランス・トゥールで行われた国際チーズコンクールでは牛の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか』が銀賞を受賞します。 さらに2015年には山羊の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル』が見事金賞を受賞しました! 三良坂フロマージュの販売所はどこ? 三良坂フロマージュのヤギたち🐐 — ブラックウォーター A4S5qPqIk1PxfNV 三良坂フロマージュの場所は広島県です。 またチーズ製造や配達のため、数十分間、お店を閉める場合があります。 ) 三良坂フロマージュの通販は? 三良坂フロマージュは広島にあります! 遠くてなかなか行けない方もいますね。 通販の注文はお電話、Fax、又はメールにて承っています。 おいしいのでわしも大好きなチーズじゃったが、さすがじゃ。 うれしいのぅ。 工房はほんまに小さいが、かわいいお店で、訪れる価値があると思う。 … — 湯崎 英彦 yuzakihide 三良坂に行ったら是非立ち寄って欲しい場所。 ANA国際線にも採用されるほど。 かなり美味しいです。

次の

三良坂フロマージュの販売所は? 通販やアクセス情報も!

三良坂 フロマージュ

家畜たちが幸せに過ごせるように。 2004年、三次市三良坂町にオープンしたチーズ工房「三良坂フロマージュ」は、大手百貨店やテレビ番組などでも全国に紹介される有名店だ。 絶品と称され日本中から注文が殺到するこのチーズはいかにして誕生したのか。 オーナーの松原正典さんは農業学校を卒業した後、海外研修のためにアメリカやオーストラリアの大きな酪農場で数年間働いていた。 近代酪農が進んだある大きな農場では何千頭もの牛が飼育され、搾乳量などを全てコンピューターで管理。 朝昼問わず搾乳が行われていたという。 先進国で多く流通するミルクのほとんどは、牛たちに多くの穀物を与えることでより多くのミルクを効率的に絞る仕組みでつくられる。 しかしそうして高カロリーの飼料を食べ続けた牛は体調を壊しやすく、短い一生を終えていくのだ。 帰国の準備をしながら自分に合う酪農スタイルを模索し始め、「牛たちを幸せに飼いたいので放牧がいい、そして日本にある資源を有効に活用したい」という思いから行き着いたのが、三良坂フロマージュの最大のこだわりである「山地酪農」だった。 フランスの国際チーズコンクールで金賞・銀賞を受賞。 「山地酪農」とは、なだらかな山の環境をそのまま利用した放牧酪農法のこと。 帰国後、山のことを知るために2年間林業に従事し、その後チーズづくりを学ぶためにフランスへと渡ったという松原さん。 酪農とチーズづくりにかける深い情熱は想像に難くない。 2004年にチーズ工房 三良坂フロマージュをオープンした3年後、貯めた資金と地元の方の協力を得ていよいよ山地酪農のための山を購入することができた。 牧場を作って10年が経った今、牛や山羊たちはなんとも穏やかな顔で思い思いに過ごしている。 ときには店の脇まで降りてきて、愛らしい姿で買い物客を迎えてくれることも。 三良坂フロマージュのモットーは「家畜たちがその命の営みと引き換えに出してくれた乳を一滴も無駄にしないように細心の注意を払ってチーズにすること」。 フランスとイタリアで学んだ伝統製法に、柏の葉でくるむなど日本独特のエッセンスを加えたチーズづくりで、2013年にフランス・トゥールで行われた国際チーズコンクールでは牛の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか』が銀賞を受賞し、さらに2015年には山羊の熟成チーズ『フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル』が見事金賞を受賞! 他にも牛や山羊のフレッシュチーズや焼いて美味しい燻製チーズ、地元産の旬のフルーツを使った季節のチーズなど、多彩なラインナップが揃う。 自然にも家畜にも人にも、すべてに優しい循環型酪農からつくられる三良坂フロマージュの絶品チーズ。 食卓のパンやワイン、フルーツなどにこのチーズを合わせて、放牧風景や情熱に思いを馳せれば一層その美味しさが感じられることだろう。

次の