駒澤大学 イェスタデイ。 The Beatles

Yesterday THE BEATLES 歌詞情報

駒澤大学 イェスタデイ

この項目では、のシングルについて説明しています。 1984年にリリースされたカーペンターズのについては「」をご覧ください。 2009年にリリースされたカーペンターズのについては「」をご覧ください。 1989年刊行の小林信彦の同名小説については「」をご覧ください。 「 イエスタデイ・ワンス・モア」 の 初出アルバム『』 明日への旅路 リリース 1973年 時間 3分56秒 、 リチャード・カーペンター、 チャート最高順位• 2位(アメリカ)• 2位(イギリス)• 5位 (日本・総合シングルチャート) シングル 年表 1973年 イエスタデイ・ワンス・モア 1973年 1973年 「 イエスタデイ・ワンス・モア」( Yesterday Once More)は、がに発表したである。 との作。 解説 [ ] 昔ラジオで聴いていたを懐かしむという内容の歌。 アルバム『』ではB面1曲目に収録され、オールディーズのカヴァー・メドレーがそれに続き、アルバムの最後は「イエスタデイ・ワンス・モア」のリプライズで締めくくられるという演出がなされている。 元々はメドレーの方が先に企画され、それに意味を持たせるために、リチャード・カーペンターのアイディアで作られた曲。 B面「明日への旅路(Road Ode)」は、のアルバム『』収録曲。 本国アメリカでは、1973年にで2位を記録。 日本とイギリスでのカーペンターズ最大のヒット曲で、日本での公称セールスは100万枚以上(では約60万枚)。 オリコン洋楽チャートでは26週連続1位を記録した。 2012年3月31日には、のアナログ放送終了特別時のBGMとして本曲が使用されている。 同局のアナログテレビ放送終了をもって、日本全国すべてのテレビ局でアナログ放送が完全に廃止。 日本のテレビの歴史を飾る曲となった。 カヴァー [ ]• - 『Only Hits! 』(1973年)• (メインボーカル:小林正樹) - シングル(1973年。 歌詞はの訳詞)• - 『』(1974年)• (のボーカル) - 『』(1974年)• - 『グランド・デラックス』(1974年。 歌詞は山上路夫の日本語訳詞(内山田洋とクール・ファイブの歌詞と同じ))• - 『イエスタデイ・ワンス・モア』(1974年)• - 『ベスト・コレクション'75』(1975年。 歌詞は山上路夫の日本語訳詞(内山田洋とクール・ファイブの歌詞とは異なる))• - 『Shagg's Own Thing』(1975年)• - 6人の人気声優によるカーペンターズ・メロディ『』(1988年。 歌詞は日本語)• - 『ラヴ・ストーリー〜スタンダード名曲全集』(1990年)• - トリビュート・アルバム『』(1994年)に提供• - シングル『だきしめてよ/Yesterday Once More』(1995年)• 浪花花憐 - 直訳カバーアルバム『涙の工務店』。 「イエスタデイ・ワンス・モア」は「あのエエ頃もっかい」として収録(1996年)。 - 『きりんのなみだ』(2003年)• - ライブ・アルバム『LIVE AT GLORIA CHAPEL -The Great American Songbook-』(2004年)• - 『1998-2004』(2004年、ボーナス・ディスクに収録)• - 『ギルティ・プレジャーズ4』(2010年)• - 『アイランド・ソングス 〜私の好きな 愛の唄〜』(2019年。 歌詞は山上路夫の日本語訳詞(チェリッシュの歌詞と同じ)) 脚注 [ ].

次の

The Beatles

駒澤大学 イェスタデイ

 ザ・ビートルズの5thアルバム「 Help! 」に収録されている曲です。 1965年にシングルとしてリリースされました。 作詞作曲はポール・マッカートニーで、ギターの弾き語りもポールによるものです。 ロックバンドが弦楽器 弦楽四重奏 を導入するのは、当時としては新しい試みだったそうです。 ビートルズの中でも特に有名な曲の一つで、「世界で最も多くカバーされた曲」としてギネスに認定されています。 ポール曰く、この曲は「14歳の時に死別した母親への想い」を書いたものだそうです。 ちなみに、名曲『 』も、ポールの母親がインスピレーションになって書かれた曲といわれています。 Help! (邦題: 4人はアイドル 1965年) カテゴリー•

次の

YESTERDAY ONCE MORE CARPENTERS 歌詞情報

駒澤大学 イェスタデイ

今回、 歌詞を 和訳するのは カーペンターズの「 Yesterday Once More」。 有名な曲なので、タイトルを知らなくても、曲を聴けば 「あ~あの曲」ってなる人が多いのでは。 タイトルの「Yesterday Once More」は和訳すると、 「昨日をもう一度」という感じですかね。 しかし、歌詞を和訳してみると、「Yesterday Once More」の使い方はちょっと違って、「It's yesterday once more」っていう風に使われているので・・・ 「昨日みたいに感じるわ」と和訳しました。 このCarpenters「Yesterday Once More 」の曲の全体のイメージとしては、昔好きだった音楽を聴くことで思い出が呼び起され、 懐かしくも悲しくもなるっていう繊細な感じだと思うんです。 その辺を意識して、 カーペンターズの 「Yesterday Once More 」の歌詞の和訳をしてみました。 【歌詞和訳】Carpenters「Yesterday Once More 」 以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル Carpenters『Yesterday Once More 』 When I was young I'd listen to the radio 若かった頃 ラジオを聞いてたわ Waitin' for my favorite songs お気に入りの曲を待ちながら When they played I'd sing along, その曲が流れてきたら 一緒に歌うの It made me smile すると 笑顔になれるのよ Those were such happy times and not so long ago 本当に幸せ時だった まだそんな昔ではないけど How I wondered where they'd gone あの曲たちはどこに行ってしまったの? But they're back again just like a long lost friend でも 戻ってきたわ まるで古い友人のように All the songs I loved so well 全部 私が大好きだった曲たち Every sha-la-la-la 全ての曲たちが Every wo-o-wo-o, 全ての思い出が Still shines まだ輝いてるわ Every shing-a-ling-a-ling, 全ての曲たちが That they're startin' to sing's, また歌い始めているわ So fine とても素敵なの When they get to the part 曲があの部分にさしかかると Where he's breakin' her heart そう 彼が彼女の心を痛めるくだり It can really make me cry, just like before その部分を聴くと 私は泣いてしまうの 昔と同じように It's yesterday once more 昨日みたいに感じるわ Lookin' back on how it was in years gone by どれだけの年月が流れたんだろうって振り返ると And the good times that I had 良かった思い出たちが Makes today seem rather sad, 今の私をより悲しくさせるわ So much has changed. 本当にたくさん変わってしまったの It was songs of love that I would sing to then あの頃 歌っていたのは ラブソングだったの And I'd memorize each word 今でも どの歌詞も覚えているわ Those old melodies still sound so good to me 懐かしいメロディは 私を今でも心地よくさせてくれる As they melt the years away 過ぎ去った時間を溶かすかのように Every sha-la-la-la 全ての曲たちが Every wo-o-wo-o, 全ての思い出が Still shines まだ輝いてるわ Every shing-a-ling-a-ling, 全ての曲たちが That they're startin' to sing's, また歌い始めているわ So fine とても素敵なの All my best memories come back clearly to me 全ての良かった思い出が はっきりと浮かんでくるわ Some can even make me cry, 泣いてしまう思い出もあるけれど Just like before 昔と同じようにね It's yesterday once more 昨日みたいに感じるわ Every sha-la-la-la 全ての曲たちが Every wo-o-wo-o, 全ての思い出が Still shines まだ輝いてるわ Every shing-a-ling-a-ling, 全ての曲たちが That they're startin' to sing's, また歌い始めているわ So fine とても素敵なの Every sha-la-la-la 全ての曲たちが Every wo-o-wo-o, 全ての思い出が Still shines まだ輝いてるわ Every shing-a-ling-a-ling, 全ての曲たちが・・・ Carpenters「Yesterday Once More 」歌詞を和訳してみて・・・ この曲の主人公は、もう長い間生きていた女性かなと。 私はそんなイメージ。 長い間生きてくれば、それは色々な思いでがありますよね。 そんな思い出が音楽と共に呼び起される。 楽しい思い出もあれば、悲しい思い出もある。 そして、 まるで昨日のことのようにそれらを感じる。 そんな、主人公の心の様相がヒシヒシと伝わってくる本当に繊細な歌詞だなって思いました。 洋楽ですけど、日本人好みの味わい深い歌詞ですよね。 そして、誰にも 記憶と共にリンクしている曲ってあるじゃないですか。 歌詞を和訳していて、この主人公のように、色々な曲と共に思い出が私にも蘇ってきました。 音楽が脳を刺激するんですかね?本当に、当時のことが昨日とまでは言わなくても最近のことにように感じる。 ただの思い出ではなくて、「音楽」とリンクしている思い出って、鮮明に思い出しやすいのかな。 歌詞を和訳していて、ここが一番ツボっていう部分があります。 「良かった思い出たちが 今の私をより悲しくさせる」 う~ん、切ない感情です。 これって、楽しい思い出を思い出すと、普通は楽しくなるじゃないですか? でも、それってその楽しい 思い出を共感できる人がまだ周りにいるからなんですよね。 たしかに、「良い思い出」を思い出しても、それを共感できる人達がもう周りに居なかったら、逆に悲しくなるのかな。 だから、そう思うと、サビの「Every sha-la-la-la」「Still shines」の部分なんて明るく歌っているけど、 「良い思い出たちが 今でも輝いている」からこそ、主人公の女性の胸の内は・・・ 本当に繊細で素敵な歌詞だなって、和訳していて思いました。 この曲の歌詞がビンゴでハマる世代には、とても心に染みわたっているんだろうなって。 なるほど、長い間愛される訳ですね。 そんなカーペンターズの「Yesterday Once More 」の歌詞の和訳でした。

次の