北斗の拳天昇ゾーン狙い。 パチスロ北斗の拳~天昇~ AT真・天昇RUSH 北斗揃い恩恵,ATレベル判明!

【北斗の拳天昇】設定狙い実戦記!もとい、立ち回りミス当てゲーム!

北斗の拳天昇ゾーン狙い

モード A 天井 :700のゾーン モード B 天井 :600のゾーン モード C 天井 :400のゾーン チャンス天井 :200のゾーン 滞在モードは 七星チャージの最終ゲームで小窓をタッチした時のボイスや、 ステージ中の天候変化によってある程度は判別可能。 私の台は朝から 200 や 400 などの、割と浅いゲーム数での激闘ボーナスへの当選が目立ちました。 今回の稼働前に低設定を打っていたため、 「あれ、なんか当たり軽くない?」と思っていました。 初AT 真天昇RUSH! 1 回目の AT は、1スルーしたあとの200のゾーン の激闘ボーナスからでした。 対決中にレア役を何度か引いたため、デキレースという感じもなく …。 何とかATに漕ぎ着けた感MAXでしたね。 この AT 、 480 枚で終了。 あまりの少なさに驚いていると … 銅トロフィー出現(設定2以上確定) 見たいのはこれではありませんので、そっと写真を撮り何の動揺もなくレバーオンしました。 その後も AT に突入するたびに 500 枚弱程度の枚数で終了。 ATがまじで伸びない。。。 そしてAT を 2 スルーしたり、当たりはするけど 400 まで連れて行かれるなどのお金の入る展開になりました。 レインボートロフィー出現! やめたいなーなんて思っていた時、横で打っていたお兄さんに肩を叩かれます。 お兄さんの台を見ると、まぁなんという事でしょう… 虹色に輝くトロフィーが!!! 見たかったのはそれです。 でもあなたの台で見たかったわけではありません。 横が設定6が確定してしまったため、ますます 「次回 AT をとったらヤメかな〜」なんて思っていました。 次回ATでやめようと思っていた私。 400 の断末魔ゾーンからの激闘ボーナスに当選。 昇舞球の1つが「撃破」でした。 (完全なるリゼロ感) 2 人の強敵を難なくぶっ叩いて AT に突入します! ここだ。 ここでもうやってしまおう。 2400 枚出してエンディングだ。 それで全て終わりだ。 楽になっちゃおう。 しょにゃのアームが火を噴きます。 結果は… 400 枚 本日の稼働の最低枚数を叩き出し、激おこしょにゃ太郎になっている時 … ピコン! しょにゃを嘲笑うかのように、 456 確定の金トロフィーがくるくる回っていました。 ーああ、やる気なのね。 受けて立つよ。 設定 4だとして も、 北斗神拳伝承者しょにゃ太郎が打てば、設定 6 のようなグラフを描くでしょう。 ー456 確定しちゃったこと、後悔しないでよね。 注)本当はこの時静かにクレオフしてやめようとして立ち上がっていた、しょにゃ。 それを相方のみのに見つかり、静かに椅子に座らされて打たされることになったのでした。 北斗天昇 推定設定4の闇 ーどれほどの時間が経っただろうか。 左の設定 6 確定した台は、とにかく 激闘ボーナスの当たりが軽く、 AT 突入率も抜群。 その後も設定 6 確定が 4 回も出て、もう何も言うことない挙動。 私が前日の夜に頭の中で思い描いていたようなグラフを描いていた。 その頃しょにゃは、 追加投資をしていました。 400 のゾーンでの激闘ボーナスからの AT を 4 回連続スルーして、投資は 28K。 どんなに気合を入れてレバーを叩いても、ハンとヒョウにボコボコにされるケンシロウ。 こんなに弱くてどうやって世紀末から世界を救ったのか。 疑問しかありません。 何人もの常連さんに声をかけられました。 「もうやめたら?」 「顔死んでるよ?」 「横が設定 6 でしょ?」 「そんなに北斗好き?」 いつもなら笑顔で対応するところですが、 笑顔を作ろうとすると、ほっぺたと口が引きつるのが自分でも分かりました。 それに個人的に設定 4 の挙動を見てみたいという思いもありました。 北斗天昇 ラストに衝撃の展開が待っていた …(スランプグラフあり) やっとこさ AT に突入して、 800 枚獲得。 その後も 100G 以内に当てた激闘ボーナスから AT にねじ込み、 400 枚獲得。 少しずつ少しずつ、出玉を戻しました。 それからも同じような展開を繰り返し、時は夜の 21 時。 最後の AT を 480 枚で終了。 その時 … (写真撮ってないため拾い画です) 全米が泣きました。 本当一瞬フリーズしました。 そして今までスロットを打ってきて、 一番絶望した瞬間だったかもしれません。 設定 4 だと思い込んでいた私の台、本当は設定 6 だったのです。 私が設定 6 を殺していたのです。 昇天したら設定6はかなり薄いでしょう。 (だからまぁいっか!とはならないよ) 6 号機に思うこと 今回、北斗の天昇の設定狙いをして、早々に設定 6 確定した横のお兄さん 4 号機から専業をしている、かなり上手な方 も言っていましたが … 「これはもうスロットではない」 私も同意です。 なぜかと言うと、「設定 6 はほぼ同じ展開、ほぼ同じグラフを描く」からです。 自分のヒキや、その日のドラマを楽しむ打ち手からするとあまりにもつまらないし、 スロットを 「自分の手で打っている」という感覚があまりにも感じられない。 フリーズを引いても何をしても2400枚で終了。 みんな同じ展開しか待っていません。 正直リゼロなんかは、 当たるゲーム数までのお金入れるから勝手に回ってくれないかなとすら思います。 だって、何したって決まったところでしか当たらないんだから。 なんなら、設定 1 の方が一撃性のドラマがあって面白いかもしれません。 だけど、それはもうスロット本来の形ではないと思うんですよね。 メーカーの方もしっかりと考えて、全力を尽くして世に出した台なことは、痛いほど分かりますが、これが 2400 枚規制の力でしょうか。 この 2400 枚システムがある限り、似たようなシステムの台しか生まれない。 昔と 投資金額はほぼ変わらないのに、バックが少ない。 毎日設定 6 が打てたり、ハイエナが出てくれればいいですけど … それは夢のまた夢。 出来たとしても一瞬です。 悲しいけれど、時代がスロットをそうさせたってことですね。 あの北斗ですら、「美味しいハイエナ台」と騒がれていることが、私は何だか切なくも悲しくもあります。 私はスロットにお金だけではなく、楽しさやドキドキも求めていたタイプの人なので、今のスロット業界には残念な気持ちしかありません。 皆さんはどう考えますか? 是非コメントや Twitter でリプや DM 待ってますので、どしどしご応募? ジャグとハナもなくなるし。 6号機の規定で設定1でもワンチャン勝てる台を作ろうと思うとリゼロや北斗みたいになるのもわかるんですが、いかんせん通常時が苦痛過ぎる。 かと言って高設定は同じことの繰り返し。 どちらも作られた流れにしかならないし、やってやった感もない。 金の為だけで考えると効率だけはいいからだれかに打ってもらいたいと思うし、そりゃ打ち子も増える。 打ち子が増え続けると一般客が打てる台は更になくなる。 少ないパイを専業軍団が奪い合う世界になる。 スロット云々じゃなくてもはやアルバイトと言う名の打ち子を雇った数で勝負が決まる。 そしてますます稼働は減りやがて全滅です。

次の

【北斗の拳 天昇】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

北斗の拳天昇ゾーン狙い

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 パチスロ北斗の拳~天昇~ 」の ・AT真・天昇RUSH ・北斗揃い恩恵 などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 パチスロ北斗の拳~天昇~ AT真・天昇RUSH解析 AT真・天昇RUSH概要 突入契機 激闘BONUSで3戦全勝 純増 約6. 6号機において目押し不要の完全押し順ナビのみの遊技性で純増6. 3枚、減少区間無しのタイプは業界初。 さらにAT初当り時の期待値が設定1で約1,000枚と多めになっている。 参考として、リゼロが設定1で約1300枚、設定6で約500枚の期待値となっているので、設定1はリゼロよりは低いが設定6はリゼロ以上の期待値となっている。 このAT真・天昇RUSHだが、ゲーム性はいたってシンプル。 前半部分と後半部分に分かれており、後半部分でAT継続のジャッジを行う。 ATは二つの演出モードから選択できる。 説明しやすいのが【修羅モード】なのでまずは修羅モードでAT全体の概要を把握していただきたい。 AT中の動画も掲載しておくので動画と合わせて読んでいただければ理解もしやすいと思う。 AT:修羅モード AT真・天昇RUSHは前半部分と後半部分に分かれており、それぞれ役割が異なる。 バトルに勝つと前半部分のラウンド獲得。 1回のバトルで複数のラウンドを獲得することもある。 』後半部分でラウンド獲得が出来なければAT終了となる。 7Gなので保留は全部で7個。 前半パートですることはゲーム毎に設定されている保留の色を昇格させること。 保留の色は後半部分のAT継続パートでの勝率に直結するのでかなり重要な要素となる。 しかしラウンドストックが1回しかなければ各保留の昇格抽選は1回ずつしか行うことが出来ない。 逆に10ラウンド分のストックがあれば各保留10回の昇格抽選を行うことが出来るので後半部分の継続パートはかなり有利になる。 ラウンドストックをすべて消費すると後半パートへ移行。 AT後半パート 後半パートは前半で育てた保留を使って毎ゲームバトル 北斗転生のように を行う。 保留数は7個と決まっているので後半パートのゲーム数は7G固定となる。 緑保留ならレア役成立で勝利濃厚、赤は勝利期待度80%で金枠になれば勝利確定だ! 後半パートでは勝利の数=前半ラウンドストックとなるので毎ゲーム気合が入るぞ。 勝利1回で2個以上ストックする場合もあり、追撃が発生するとさらにストック上乗せとなる。 赤 勝利期待度80%以上 金枠 勝利確定 修羅モード中保留色別勝利期待度 色 キャラ 期待度 白 ムカデ 5. 失敗する場合もある。 AT当選時のATレベル振り分け 【NEW】 北斗の拳天昇にはATレベルの概念が存在。 レベルは3段階存在し、レベルが高いほど期待獲得枚数が高くなる。 AT当選時のATレベル振分 設定 Lv1 Lv2 Lv3北斗揃い 1 48. 最初のころは必ず継続する割に10ラウンド付近になると途端に勝率が悪くなる。 ラウンドを4つ持ってても平気で負けるのはこの特殊勝利抽選当選率が下がっているからです。 ということは北斗天昇のATは保留抽選などよりも特殊勝利抽選による継続割合がダントツで多いということですね。 その反面【 獲得枚数が1200枚を超えると昇天モードへの移行抽選が行われる】という恩恵も。 北斗の拳~天昇~北斗揃い恩恵 北斗揃い概要 純増 約6. 獲得期待値は2000枚オーバーで北斗揃い=有利区間完走フラグという認識。 らしい 笑 今作の北斗揃いは初代北斗のようにラオウとケンシロウの7G間のバトルが93%のループ率で継続する。 バトル中はレア役などでラウンドストック抽選を行っているがデモ機でも殆ど上乗せしなかったのでどのくらいの確率なのかは不明。 上乗せが出来なかったとしても最低で5or7ラウンド分の保証はある。 バトルは 20連した時点でラオウが昇天となり、その後は通常のATへと移行する。 VSラオウ固定 激闘ステージ VSジャギorラオウ NEXTバトルのテロップ赤 VSジャギorラオウ。

次の

【北斗の拳 天昇】これが設定6??圧倒的に初当たりの軽い台を打った結果!

北斗の拳天昇ゾーン狙い

モード A 天井 :700のゾーン モード B 天井 :600のゾーン モード C 天井 :400のゾーン チャンス天井 :200のゾーン 滞在モードは 七星チャージの最終ゲームで小窓をタッチした時のボイスや、 ステージ中の天候変化によってある程度は判別可能。 私の台は朝から 200 や 400 などの、割と浅いゲーム数での激闘ボーナスへの当選が目立ちました。 今回の稼働前に低設定を打っていたため、 「あれ、なんか当たり軽くない?」と思っていました。 初AT 真天昇RUSH! 1 回目の AT は、1スルーしたあとの200のゾーン の激闘ボーナスからでした。 対決中にレア役を何度か引いたため、デキレースという感じもなく …。 何とかATに漕ぎ着けた感MAXでしたね。 この AT 、 480 枚で終了。 あまりの少なさに驚いていると … 銅トロフィー出現(設定2以上確定) 見たいのはこれではありませんので、そっと写真を撮り何の動揺もなくレバーオンしました。 その後も AT に突入するたびに 500 枚弱程度の枚数で終了。 ATがまじで伸びない。。。 そしてAT を 2 スルーしたり、当たりはするけど 400 まで連れて行かれるなどのお金の入る展開になりました。 レインボートロフィー出現! やめたいなーなんて思っていた時、横で打っていたお兄さんに肩を叩かれます。 お兄さんの台を見ると、まぁなんという事でしょう… 虹色に輝くトロフィーが!!! 見たかったのはそれです。 でもあなたの台で見たかったわけではありません。 横が設定6が確定してしまったため、ますます 「次回 AT をとったらヤメかな〜」なんて思っていました。 次回ATでやめようと思っていた私。 400 の断末魔ゾーンからの激闘ボーナスに当選。 昇舞球の1つが「撃破」でした。 (完全なるリゼロ感) 2 人の強敵を難なくぶっ叩いて AT に突入します! ここだ。 ここでもうやってしまおう。 2400 枚出してエンディングだ。 それで全て終わりだ。 楽になっちゃおう。 しょにゃのアームが火を噴きます。 結果は… 400 枚 本日の稼働の最低枚数を叩き出し、激おこしょにゃ太郎になっている時 … ピコン! しょにゃを嘲笑うかのように、 456 確定の金トロフィーがくるくる回っていました。 ーああ、やる気なのね。 受けて立つよ。 設定 4だとして も、 北斗神拳伝承者しょにゃ太郎が打てば、設定 6 のようなグラフを描くでしょう。 ー456 確定しちゃったこと、後悔しないでよね。 注)本当はこの時静かにクレオフしてやめようとして立ち上がっていた、しょにゃ。 それを相方のみのに見つかり、静かに椅子に座らされて打たされることになったのでした。 北斗天昇 推定設定4の闇 ーどれほどの時間が経っただろうか。 左の設定 6 確定した台は、とにかく 激闘ボーナスの当たりが軽く、 AT 突入率も抜群。 その後も設定 6 確定が 4 回も出て、もう何も言うことない挙動。 私が前日の夜に頭の中で思い描いていたようなグラフを描いていた。 その頃しょにゃは、 追加投資をしていました。 400 のゾーンでの激闘ボーナスからの AT を 4 回連続スルーして、投資は 28K。 どんなに気合を入れてレバーを叩いても、ハンとヒョウにボコボコにされるケンシロウ。 こんなに弱くてどうやって世紀末から世界を救ったのか。 疑問しかありません。 何人もの常連さんに声をかけられました。 「もうやめたら?」 「顔死んでるよ?」 「横が設定 6 でしょ?」 「そんなに北斗好き?」 いつもなら笑顔で対応するところですが、 笑顔を作ろうとすると、ほっぺたと口が引きつるのが自分でも分かりました。 それに個人的に設定 4 の挙動を見てみたいという思いもありました。 北斗天昇 ラストに衝撃の展開が待っていた …(スランプグラフあり) やっとこさ AT に突入して、 800 枚獲得。 その後も 100G 以内に当てた激闘ボーナスから AT にねじ込み、 400 枚獲得。 少しずつ少しずつ、出玉を戻しました。 それからも同じような展開を繰り返し、時は夜の 21 時。 最後の AT を 480 枚で終了。 その時 … (写真撮ってないため拾い画です) 全米が泣きました。 本当一瞬フリーズしました。 そして今までスロットを打ってきて、 一番絶望した瞬間だったかもしれません。 設定 4 だと思い込んでいた私の台、本当は設定 6 だったのです。 私が設定 6 を殺していたのです。 昇天したら設定6はかなり薄いでしょう。 (だからまぁいっか!とはならないよ) 6 号機に思うこと 今回、北斗の天昇の設定狙いをして、早々に設定 6 確定した横のお兄さん 4 号機から専業をしている、かなり上手な方 も言っていましたが … 「これはもうスロットではない」 私も同意です。 なぜかと言うと、「設定 6 はほぼ同じ展開、ほぼ同じグラフを描く」からです。 自分のヒキや、その日のドラマを楽しむ打ち手からするとあまりにもつまらないし、 スロットを 「自分の手で打っている」という感覚があまりにも感じられない。 フリーズを引いても何をしても2400枚で終了。 みんな同じ展開しか待っていません。 正直リゼロなんかは、 当たるゲーム数までのお金入れるから勝手に回ってくれないかなとすら思います。 だって、何したって決まったところでしか当たらないんだから。 なんなら、設定 1 の方が一撃性のドラマがあって面白いかもしれません。 だけど、それはもうスロット本来の形ではないと思うんですよね。 メーカーの方もしっかりと考えて、全力を尽くして世に出した台なことは、痛いほど分かりますが、これが 2400 枚規制の力でしょうか。 この 2400 枚システムがある限り、似たようなシステムの台しか生まれない。 昔と 投資金額はほぼ変わらないのに、バックが少ない。 毎日設定 6 が打てたり、ハイエナが出てくれればいいですけど … それは夢のまた夢。 出来たとしても一瞬です。 悲しいけれど、時代がスロットをそうさせたってことですね。 あの北斗ですら、「美味しいハイエナ台」と騒がれていることが、私は何だか切なくも悲しくもあります。 私はスロットにお金だけではなく、楽しさやドキドキも求めていたタイプの人なので、今のスロット業界には残念な気持ちしかありません。 皆さんはどう考えますか? 是非コメントや Twitter でリプや DM 待ってますので、どしどしご応募? ジャグとハナもなくなるし。 6号機の規定で設定1でもワンチャン勝てる台を作ろうと思うとリゼロや北斗みたいになるのもわかるんですが、いかんせん通常時が苦痛過ぎる。 かと言って高設定は同じことの繰り返し。 どちらも作られた流れにしかならないし、やってやった感もない。 金の為だけで考えると効率だけはいいからだれかに打ってもらいたいと思うし、そりゃ打ち子も増える。 打ち子が増え続けると一般客が打てる台は更になくなる。 少ないパイを専業軍団が奪い合う世界になる。 スロット云々じゃなくてもはやアルバイトと言う名の打ち子を雇った数で勝負が決まる。 そしてますます稼働は減りやがて全滅です。

次の