香典郵送 一筆。 香典は郵送できる!送るタイミングとマナーについて

香典の郵送マナー】方法・文例・葬式・一周忌・法事・喪中葉書・礼状・お礼

香典郵送 一筆

Sponsored Link 急なお悔やみごとで、 通夜やお葬式に行けない時、どうしたらいいのでしょう。 遠方の親戚や友人の家族など、 香典を送りたいけれど。 香典や手紙を送るのに、決まりごとはあるのでしょうか。 手紙の文章は、どのようにして書けば 良いのでしょうか。 そこで、今回は 香典を郵送するときの手紙の書き方や、マナーについて下記の順番で調べてみました。 手紙の文例も参考にしてくださいね。 ・香典の郵送方法は? ・香典を郵送する手紙や封筒のデザインは? ・香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 ・香典の手紙を書くとき注意することって? ・香典を郵送するタイミングは? Sponsored Link 香典の郵送方法は? お悔やみ事の場合、 シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を使いましょう。 基本的には便せんは、白無地のものでが良いのでしょう。 色のついた封筒を使うなら、 明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色などにしてくださいね。 文房具の専門店に行くと、不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にあるので、香典袋を用意するときに一緒に購入しておくのもいいですね。 ペンで書いてもいい? 普段慣れていないと、墨で書くのは難しいですよね。 筆でなくても、 万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。 親しい間柄でも、カラーペンや色鉛筆を使うのはやめておきましょう。 手書きがいいの? 字を書くのが苦手な人もいるかと思います。 下手だと思っていても、やっぱり 手書きの方が相手の家族への伝わり方が違いますよね。 縦書きの便せんに、お悔やみの言葉を手書きで書きましょう。 不幸が重ならないよう、 手紙は一枚で収まるようにしてくださいね。 ハガキは? 基本的に、ハガキは 親しい間柄で他の人に見られてもいい内容の時に使います。 会社や目上の人に送るときは、きちんと封筒に入れてくださいね。 正式な手紙や、相手が非公開にしたい内容などは、封をするのがマナーです。 気をつけましょう。 Sponsored Link 香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 郵送する手紙を書くときに共通するのは、 葬儀に出席できないことへのお詫びと、 遺族への励ましの言葉です。 長々と思い出を書くと、遺族の悲しみがよみがえるかもしれません。 お悔やみの言葉は、 簡潔にまとめるのがいいのでしょう。 ご遺族の皆さまをはじめ、社員の皆さまのご心痛お察しいたします。 本来であれば、すぐに弔問にお伺いするべきですが、遠路ままならず、略式ながら書中にてのお悔やみを申し上げるしだいでございます。 心ばかりのお香典ですが、同封しております。 御霊前にお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 香典の手紙を書くとき注意することって? 手紙の文中に、 忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 「お元気な頃」「ご生前は」など、言葉を間接的な柔らかい言い回しにしましょうね。 ほかには、 「またまた・次々・重ね重ね・追って」なども使わないよう注意してください。 不幸が重ならないよう、文中でも配慮しましょう。 お返し不要を伝えたい場合は? お香典のお返し不要を相手に気を使わせずに、伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。 書く場所は手紙に直接ではなく、 香典の裏側や 封筒の住所の横に記載します。 文例 「誠に勝手ながら、お返しなどの配慮は遠慮させていただきたくお願い申し上げます」 「誠に勝手ながら、返礼は辞退申し上げます」 と、書いてくださいね。 会社によってはお返しは受け取らない決まりの所もありますが、辞退の旨を伝えるための文は書いておきましょう。 香典を郵送するタイミングは? 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに送りましょう。 初七日までに着くようにしてくださいね。 連絡を受けるのが遅くなり過ぎてしまったときは、速達を使うといいと思います。 文面にも決まった書き方がありましたね。 故人との思い出が深いと、ついつい手紙にも感情がこもって長くなってしまいそうですが、シンプルにお悔やみの言葉を伝えてくださいね。 四十九日が終わり、片付けなど家族が落ち着いた頃に、電話や訪問をすると良いと思います。 訃報を受けたら、 できるだけ早めに香典と手紙の用意をするよう心がけましょうね。 よくあることではありませんが、正しいマナーを覚えておいて、突然のお悔やみ事にも大人の対応をするようにしましょう。

次の

香典を送る際の手紙の書き方で文例と言い換え例

香典郵送 一筆

拝啓などの頭語や季節を表すあいさつは書きません。 お悔やみ言葉以外の用件は一切書きません。 文字色は黒を使用して華美でない白色単色の縦書きの便箋・一筆箋を使用しましょう。 弔事が重なることが無いよう封筒は二重のものを使用せず、一重のものを使用します。 便箋も2枚にならないよう1枚でお悔やみの手紙を書きましょう。 故人を表す際は尊敬の念を込めて尊称を使用します。 ・受取人の祖父:ご祖父様 ・受取人の祖母:ご祖母様 ・受取人の実父:ご尊父様(ごそんぷさま)、お父様 ・受取人の実母:ご母堂様(ごぼどうさま)、お母様 ・受取人の配偶者:ご主人様、ご令室様 ・受取人の兄:兄上様、ご令兄様(ごれいけいさま) ・受取人の姉:姉上様、ご令姉様(ごれいしさま) ・受取人の弟:御弟様、ご令弟様(ごれいていさま) ・受取人の妹:御妹様、ご令妹様(ごれいまいさま) ・受取人の息子:ご子息様、ご令息様 ・受取人の娘:ご息女様、ご令嬢様 お悔やみの手紙の内容は、まず「お悔やみの言葉」を書き、次に「出席できないことのお詫び」を書き、その後「励ましや遺族を気遣う言葉」を書いて、「遺族があなたと故人との関係の説明」を加えて最後に「香典を同封した旨」を書きます。 )などの説明を入れる ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかと思うと、心が締め付けられるような思いがいたします。 本来であればすぐにでもお伺いしお悔やみを申し上げたいところですが、 遠方のため直接お悔やみにお伺いすることもままならず、誠に申し訳ございません。 同封のものはほんの気持ちですが、 故人のお好きだったお花でもお供えくださいますようお願い申し上げます。 どうかお力をおとされませんようご自愛ください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 香典に関して 香典袋(不祝儀袋)に入れる現金は新札ではなく折り目のあるお札を入れます。 新札を入れたり、しわしわなお札を入れるのは失礼にあたるので気をつけましょう。 香典袋(不祝儀袋)に現金を入れたら、表書きや中袋へ住所や氏名を記入します。 現金書留の封筒にも住所・氏名を記入するのですが、香典袋(不祝儀袋)にも必ず書きます。 香典を郵送する際は現金書留 香典を郵送する際は現金を送るので普通郵便で郵送することは「郵便法」で禁じられています。 必ず郵便局の現金書留を使用してお香典を送ってください。 ・香典を入れた香典袋(不祝儀袋) ・お悔やみの手紙 2点を用意して郵便局に行き、現金書留の封筒に入れて郵便局の窓口で郵送の手続きをします。 現金書留の封筒は現金封筒といい2種類のサイズがあります。 香典を郵送する際は大型現金封筒を使用します。 こちらは有料で1枚21円です。 封筒を購入したら中に香典袋と手紙を入れる前に宛名を書きます。 中に入れてから宛名を書くのは立体的な水引が付いている香典袋の場合、書きにくくなってしまうので中に入れる前に宛名を書きます。 宛名を書いて中に香典袋(不祝儀袋)と手紙を入れたら、封筒を閉じた部分の指定場所に封緘します。 指定された3箇所に捺印しますので印鑑を持参してください。 印鑑が無い場合は署名でもOKです。 封緘したら郵便局の窓口に出します。 街中にある郵便ポストで現金書留を郵送することはできません。 郵送の料金は速達で郵送する場合や中に入っている金額によって変わってしまうので、窓口にて計算してもらいその料金を支払って送ります。 平日の昼間は仕事で郵便局に行けないという人は、土日祝日や夜間でも現金書留の郵送を受け付けている郵便局もありますので、ご近所の郵便局をご確認ください。 香典を郵送する際の宛名 香典を郵送する際の宛名は喪主の自宅宛てにします。 香典は中身が現金ですので直接喪主に届くようにします。 葬儀に間に合わせようと速達で斎場宛てにしても現金書留は受取人本人に手渡すルールがあります。 受取人がいろいろ忙しい斎場に送ってご迷惑をおかけしないためにも、斎場には送らず、喪主の自宅宛てに郵送しましょう。 香典を郵送するタイミング やむを得ない事情で通夜や葬儀に行けなかった場合に香典を郵送するのは一週間以内が良いとされています。 葬儀翌日以降、四十九日までに届くようにしましょう。 四十九日までに郵送するのが良いというのは、ご遺族が四十九日の法要に合わせて香典のお返しの手配をするからです。 それを過ぎてしまうと改めて香典のお返しの手配をしなくてはならなくなるので遺族の方に負担をかけてしまいます。 ご遺族となる家族の方に負担をかけぬよう葬儀から一週間以内に遅くても一ヵ月以内に香典を郵送しましょう。 香典を郵送する際に気をつけること 香典袋の表書きは宗教や宗派によって変わります。 一般的に仏教の場合四十九日までは「御霊前」で四十九日後は「御仏前」となります。 通常は「御霊前」で問題ありませんが、故人が浄土真宗とあらかじめわかっている場合は「御仏前」を使用します。 仏教では四十九日で故人が仏になるとされていますが、浄土真宗の場合は亡くなったときから故人は仏になるという教えがあるからです。 ただ実際には詳しく宗派まではわからないと思いますので「御霊前」で郵送しても不快に思われることはありません。 故人の宗教がわからない場合はキリスト教などの宗教でも使用できる無地の香典袋に「御霊前」の表書きの物を使用しましょう。 蓮の花が印刷されている香典袋は仏教でしか使用できないので注意してください。

次の

郵送する香典に添える手紙のマナー|文例・注意点・送る場所|終活ねっと

香典郵送 一筆

訃報を受けるのはいつも辛いですね。 あなたもしっかりとお通夜やお葬式に参列して、お別れしているんじゃないでしょうか。 でも、なくなった方が遠くに住んでいたり、どうしても外せない用事があって、どちらにも参列するのが難しい場合があります。 そんな時は、お香典だけでも渡しておきたいですね。 手渡しはできなくても、お香典は郵送することができます。 「え、お香典を郵送?」って思いますよね。 なんとなく失礼な感じもするし、罰当たりな感じもしますね…。 でも安心してください。 お香典を郵送することは、全く問題ありません。 しっかりとお香典を送って、あなたのお悔やみの気持ちを遺族に知らせてくださいね。 今回は、 お香典を郵送する方法やマナーをご紹介します。 お香典を郵送するタイミング、宛名と送り先、同封するお悔やみの手紙の文例などもありますので、参考にしてみてくださいね! お香典を郵送する時の宛名と郵送先は? お香典を郵送する場合、2通りの送り方があります。 このように、 日にちに余裕がある場合は、お香典を斎場に送ることができます。 斎場に直接香典を送る場合、お葬式が終わるまでに香典が届かず、受け取ることができないことがあります。 ですから、日にちに余裕のある場合のみ、斎場に送りましょう。 香典を送る際は現金書留()になりますが、通常であれば、翌日か翌々日には配達されます。 ただし、遠方の場合や悪天候(雪など)で遅れることがありますので注意が必要です。 余裕があるのであれば、配達日の指定をするのがおすすめです。 郵便局で聞いてみた所、翌々日以降〜の日にちで指定ができるそうです。 (時間指定はできません。 )ただし、あなたの香典の送り先の県名を告げ、必ず再度郵便局で確認してくださいね。 訃報を受けると、一緒にお通夜やお葬式の日にちと会場の詳細がわかりますよね。 斎場の住所に喪主の名前で送るか、気付で送ります。 喪主の名前で送ると、基本的には喪主の人が受け取らなければなりません。 でも、気付で送ると、斎場のスタッフが受け取ることができます。 ただし、斎場によっては気付でも受け取ってくれない場合がありますので、一度電話で確認するのがおすすめです。 方法2:喪主宛で喪主の自宅住所に送る お通夜が当日に行われる場合は、香典を斎場に郵送しても間に合いませんので、お葬式がすんでから 喪主の自宅住所に直接送ることになります。 「すぐにお香典を郵送してお悔やみの気持ちを伝えたい!」きっとだれでもそう思いますが、葬儀の2-3日後〜を目安に送るようにするのがおすすめです。 葬儀直後はまだバタバタしていますので、ほんの少しだけ余裕を持って送りましょう。 あまり遅くなるのはよくありません。 喪主はいただいた香典をチェックして香典返しなどの手配をしなければなりません。 手配後にあなたの香典をぽつんとうけとることになると、手間が増えてしまいます。 相手の負担にならないように、なるべく早く送るようにしてください。 お悔やみ• 出席できないことへのおわび• 香典を同封した旨 です。 伝えたい事がたくさんある場合は、長くなっても構いませんが、短い文章で問題ありません。 華美でないシンプルな便箋・一筆箋を選びましょう。 ご家族の皆様のご心痛、お察しするにあまりあります。 遠方のため、直接お悔やみに伺うこともままならず、誠に申し訳ございません。 心ばかりではありますが同封させていただきました。 故人のお好きだったものをお供えいただければと存じます。 どうかお力をおとされませんようご自愛ください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 〈例文2〉 突然の訃報に接し、悲しみを深くしております。 もうお元気なお姿を見られないとは未だに信じられません。 本来であればご葬儀に参列してお別れをすべきところですが、 やむを得ない事情により叶わず、誠に心苦しく存じます。 同封のものはほんの気持ちですが、 故人のお好きだったお花でもお供えくださいますようお願い申し上げます。 悲しみは尽きませんが、ご家族の皆様はどうかお疲れが出ませんように、お体を大切になさってください。 心よりお悔やみを申し上げます。 お香典を郵送する時のマナー まとめ お通夜やお葬式に参列できなくても、しっかりとお香典を送って、あなたの気持ちを伝えておきたいですね。 遺族側としても、故人を思うあなたの気持ちが嬉しいはずです。 今回ご紹介してきたように、いろいろなマナーはもちろんありますが、それを基本にした上で、あなたの気持ちを優先して納得のいくお別れをしてくださいね。

次の