新幹線 定期 券 料金。 新幹線の通勤・通学|JR東海

新幹線料金のしくみと内訳|JR新幹線ネット

新幹線 定期 券 料金

皆さんはJR東日本のグリーン車の定期券があることはご存知ですか? 実はあるんです。 でもなんで多くの人がそれを知りません。 なぜなのかまず説明します。 普通列車グリーン車に定期券があることを知らない人が多い謎 知らない人が多いのもそのはず JR東日本からそもそも料金表が公開されていない。 特に宣伝もしていない。 そんなの怖くて買えませんし、駅員さんですらあまり知らなそうだし なぜそんなに情報を公開していないのが謎ですよね。 ということで個人のサイトに料金表が載ってましたのでこちらの方を引用させていただきましたのでご覧ください。 (公式が情報を出しているわけではないので参考程度に考えてください。 ) グリーン車定期券料金表はこちら から引用 20kmまではグリーン定期券を買った方がお得ということになるみたいで、 21km超えると損になるみたいですね。 ただ、宇都宮線と高崎線を大宮で乗り換える場合や、宇都宮線と常磐線を上野駅で乗り換える場合には安くなるかもしれませんね。 通常は2枚買わないと乗れないためグリーン料金を倍くらい払わなきゃならないのが、1枚の場合と同じになるのかもしれません。 グリーン料金は税制上交通費の支給の対象とはならない こちらもデメリットとなります。 通勤定期、新幹線定期の他、特急券や指定席料金、ライナー料金は会社から交通費として支給してもいいということになっています。 しかし、 グリーン料金は交通費として支給することができません。 またその分を手当として支給することもできますが、所得税の課税対象になります。 (そもそも支給する会社はないと思いますが) 普通列車にグリーン車を連結することでJR東日本の思惑として本当はグリーン車も非課税の対象にしてほしかったのかもしれませんね。 (通勤列車で利用する人が多ければそうなってもおかしくないのかなあと) 税制面でもグリーン車は贅沢ってことですよね。 グリーン車について他にも記事を書きましたのでよかったら読んでください。 新幹線定期についても書いていますのでよかったらご覧ください。

次の

新幹線定期券「FREX(通勤用)」・「FREXパル(通学用)」|新幹線の通勤・通学|JR東海

新幹線 定期 券 料金

グリーン料金・グランクラス料金 グリーン車を利用する場合は「グリーン券」が必要です。 グリーン券の値段は「グリーン料金」です。 わかりやすく書くと、以下のようになります。 運賃+特急料金+グリーン料金=新幹線のグリーン料金 このように、グリーン券と特急券は本来は別ものなのですが、実際のチケットでは「グリーン席の指定席特急券」という形で販売されています。 つまり、実際は以下のようになっています。 運賃+グリーン特急料金=新幹線のグリーン料金 東北新幹線には「グランクラス」という席がありますが、これも「グリーン券」と仕組みです。 乗車には「グランクラス券」が必要です。 「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」は別料金 新幹線の特急料金は、原則として、どの列車種別に乗っても同額です。 「ひかり」「こだま」は同料金ですし、「やまびこ」も「なすの」も同料金です。 ただし例外があって、「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」の指定席(グリーン席、グランクラス席含む)に乗る場合は、少し高い特急料金が設定されています。 上記の列車でも自由席に乗る場合は、他の列車と同じです。 そのため、「のぞみ」などに乗るときは自由席だと割安です。 季節や曜日により特急料金の値段は違う 新幹線の特急料金は、季節や曜日により値段が異なります。 分類は「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの時期に分かれています。 「繁忙期」は200円増し、「閑散期」は200円引きです。 時期の区分はその年によって異なります。 おおざっぱなルールとしては、正月、夏休み、ゴールデンウィークが繁忙期、2月、6月、11月などの旅行シーズンでない時期の平日が閑散期です。 それ以外の平日や週末は通常期です。 インターネットの検索などで表示されている値段は、入力した日にちによって、時期の区分を考慮しています。 つまり、日にちを入力した検索は、出てきた結果の価格に200円を足したり引いたりする必要はありません。

次の

新幹線定期FREX(FREX・FREXパル)のおねだん:JRおでかけネット

新幹線 定期 券 料金

グリーン料金・グランクラス料金 グリーン車を利用する場合は「グリーン券」が必要です。 グリーン券の値段は「グリーン料金」です。 わかりやすく書くと、以下のようになります。 運賃+特急料金+グリーン料金=新幹線のグリーン料金 このように、グリーン券と特急券は本来は別ものなのですが、実際のチケットでは「グリーン席の指定席特急券」という形で販売されています。 つまり、実際は以下のようになっています。 運賃+グリーン特急料金=新幹線のグリーン料金 東北新幹線には「グランクラス」という席がありますが、これも「グリーン券」と仕組みです。 乗車には「グランクラス券」が必要です。 「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」は別料金 新幹線の特急料金は、原則として、どの列車種別に乗っても同額です。 「ひかり」「こだま」は同料金ですし、「やまびこ」も「なすの」も同料金です。 ただし例外があって、「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」の指定席(グリーン席、グランクラス席含む)に乗る場合は、少し高い特急料金が設定されています。 上記の列車でも自由席に乗る場合は、他の列車と同じです。 そのため、「のぞみ」などに乗るときは自由席だと割安です。 季節や曜日により特急料金の値段は違う 新幹線の特急料金は、季節や曜日により値段が異なります。 分類は「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの時期に分かれています。 「繁忙期」は200円増し、「閑散期」は200円引きです。 時期の区分はその年によって異なります。 おおざっぱなルールとしては、正月、夏休み、ゴールデンウィークが繁忙期、2月、6月、11月などの旅行シーズンでない時期の平日が閑散期です。 それ以外の平日や週末は通常期です。 インターネットの検索などで表示されている値段は、入力した日にちによって、時期の区分を考慮しています。 つまり、日にちを入力した検索は、出てきた結果の価格に200円を足したり引いたりする必要はありません。

次の