いちじく コンポート レシピ。 いちじくコンポートの作り方(レシピ)

きょうの料理 坂田阿希子 いちじくのコンポートのレシピ【6月26日NHKEテレ】

いちじく コンポート レシピ

きょうの料理 「坂田阿希子 初夏の果実の保存食」【6月26日】基本情報 放送日 放送日:2019年6月26日 水 放送時間:夜9:00~9:25 NHKEテレ 再放送:2019年7月1日 月 午前11:00~11:25 NHKEテレ 出演者 料理研究家…坂田阿希子 語り 三木眞一郎 番組内容 「いちじくのコンポート」はやさしい甘みとトロリとした口当たりが上品で、ピンク色に染まるシロップも絶品。 「メロンコンポート」はコロコロとくり抜いたメロンをシロップにつけるだけ。 バニラやマディラ酒の甘い香りがしみている。 「きゅうりシロップ」は数種類のスパイスが効いたシロップで炭酸水で割ると夏にぴったりの一杯!「プラムとしょうがレモンのジャム」は甘酸っぱさとピリッとした後口が楽しいジャム。 引用元:tv. yahoo. jp いちじくのコンポートのレシピ いちじくのコンポートの材料 つくりやすい分量• いちじく 9~10コ• グラニュー糖 160g• 白ワイン カップ1• シナモンスティック 半分に折る 1本• ボウルに氷水を用意しておく。 いちじくは熱湯でサッとゆでて氷水にとり、皮をむく。 ホウロウまたはステンレスの鍋に水と白ワイン、シナモンスティック、グラニュー糖を入れて強火にかける。 沸騰し、グラニュー糖が溶けたら、レモン汁を加える。 火を止めていちじくを加え、ガーゼなどで落としぶたをする。 弱火にかけて10~15分間煮る。 火を止めて冷まし、粗熱が取れたらシロップごと保存容器に移す。 冷蔵庫で冷やして食べる。 メロンのコンポートのレシピ メロンのコンポートの材料 つくりやすい分量• メロン アンデスメロンなど 1コ• グラニュー糖 150g• バニラビーンズ あれば 1本• マディラ酒 大さじ1 メロンのコンポートの作り方• メロンは半分に切って種を取り、くりぬき用スプーンで丸くくりぬいてボウルに入れる。 果汁も一緒に入れる。 バニラビーンズは縦に1本切り目を入れる。 鍋に水とグラニュー糖、白ワイン、バニラビーンズを入れて火にかけ、沸騰してグラニュー糖が完全に溶けたら火を止めてマディラ酒を加える。 1のボウルに2のシロップを注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上おく。 きゅうりシロップのレシピ きゅうりシロップの材料 つくりやすい分量• きゅうり 縦半分に切り薄切り 4~5本• ディルシード 小さじ4• コリアンダーシード 小さじ4• アニスシード 小さじ2• フェンネルシード 小さじ2• ジャスミンの花 乾 小さじ4• ライム ノーワックスのもの/輪切り 2コ• グラニュー糖 800g きゅうりシロップの作り方• すべての材料と水を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にし、40分間煮る。 粗熱が取れたら密閉容器に移す。 炭酸水で割って飲む。 プラムとしょうがレモンのジャムのレシピ プラムとしょうがレモンのジャムの材料 つくりやすい分量• プラム 500g• グラニュー糖 300g• しょうが ごく細いせん切り 20g• レモン汁 大さじ1• しょうがの搾り汁 少々 プラムとしょうがレモンのジャムの作り方• プラムは皮をよく洗い、水けを拭く。 種付きのまま4~6等分に切る。 ホウロウまたはステンレスの鍋に入れてグラニュー糖の半量を加え、全体を混ぜる。 強めの中火にかけてへらで混ぜ続ける。 沸騰したら弱めの中火にし、果肉をへらでくずす。 全体になじんできたらしょうがを加えてざっと混ぜ、火を止めてレモン汁としょうがの搾り汁を加える。 あんずジャムと同様にふたをして1時間~一晩おく。 残りのグラニュー糖を加えて中火にかけ、沸騰したら火を弱めて好みの堅さになるまで煮詰める。 種を除き、あんずジャムと同様に瓶に詰め、保存する。

次の

【みんなが作ってる】 いちじく コンポート 赤ワインのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

いちじく コンポート レシピ

お尋ねします。 ありがたいことにイチジクを何度も頂きました。 今日も30個頂きました、ジャムを作りますが冷凍はできますか? マロン:谷垣さん、はじめまして。 マロンのイチジクジャムのレシピにアクセスしてくださり、ありがとうございます。 フリーザーバックに小分けして入れ、空気をしっかり抜いてから冷凍し、使う分だけ解凍するとよさそうですね。 いちじくの果実そのものも冷凍できるようです。 ただし、、梅ジャムを冷凍したところ、味が変わり臭いがついて今一つだったようです。 冷凍したとしても、やはり早めに食べた方がよさそうですね。 おいしいジャムができるといいですね。 できばえなど教えていただけると、とってもうれしいです。 ご成功をお祈りしていますね。 よくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです いちじくジャムのカロリーは? 完成品は、約330gのジャムができました。 いちじくジャム100gが172kcalです。 いちごジャムなど、一般的な高糖度なジャムの場合、小さじ1杯7gで18kcal。 低糖度のジャムで1杯7gで14kcalあります。 このレシピでは、小さじ1杯が12kcalになりました。 いちじくジャム作りの特徴は? いちじくはペクチンが多いので、わずか 15分の煮込みでジャムを作ることができます。 いちじくの果実は甘いので、砂糖を2割に減らしても十分な甘さです。 低糖いちじくジャムが作れます。 いちじくジャムの使い方、食べ方は?• デザートでは、パンやクラッカーにつけたり、ヨーグルトやバニラアイス、クリームチーズにトッピングするとよいでしょう。 また、ロールケーキの生地に巻き込んだり、パウンドケーキ作りでは、砂糖を減らしてイチジクジャムを練り込むこともできます。 料理では野菜サラダのドレッシングやポークソテーのソースに利用できます。 皮ごとジャムにしてもいいの? 皮ごといちじくジャムにすることもできます。 薬効の高い果物なので、栄養やポリフェノールなど健康効果も高くなります。 ジャムが熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰め、 脱気殺菌もする必要があります。 冷蔵庫で数か月〜半年くらい保存できます。 ただ、甘すぎてパンには向かないと思います。 いちじくは果糖が多いので、砂糖が多いと甘さがしつこく感じられます。 いちじくの甘味や香りを楽しむには、できれば砂糖を 2〜3割と控えめに作り、早く食べ切る方をおすすめします。 ジャムを色鮮やかにする方法は?• いちじくは酸が少ないので、色鮮やかになりません。 クエン酸の多い レモン汁を加えるといちじくに含まれるアントシアニンという色素が反応して赤色が鮮やかになります。 アントシアニンは皮に多く含まれるので、皮ごと煮るとより赤くなります。 また、煮上がったら鍋底を氷水で 手早く冷やすことで、色落ちしなくなります。 イチジクの食べ方は? イチジクはそのまま食べても美味しいですが、生ハムと合わせた前菜、、ジャム、天ぷら、タルトの仕上げなどに使えます。 ピューレにしてソースとしても使えます。 いちじくゼリーにするとゼラチンが固まらない理由は? いちじくにはたんぱく質を分解する酵素が含まれています。 ゼラチンは、動物の皮や骨に含まれるコラーゲンから抽出したたんぱく質なので、生のいちじくを入れると、ゼラチンが 酵素の働きを 壊してしまい、固まらなくなってしまいます。 一度イチジクを 加熱処理してから入れましょう。 パイナップルやキウイも同様です。 いちじくの栄養は? イチジクは、糖質やクエン酸、ビタミンE、カルシウムやカリウムなどのミネラルも含みます。 水溶性食物繊維の ペクチンを多く含みます。 ペクチンは腸の運動を促して排便を促進、コレステロール値や血糖値の上昇抑制を抑制します。 いちじくのカロリーは? 生中1個60gが32kcal 生の可食部100gが54kcal 乾燥(干しいちじく)1個7gが20kcal 乾燥100gが292kcal いちじく1個の重さと可食部はどれくらい? 中位のいちじく1個の重さは70gで、可食部が60g。 大きいいちじく1個は95gで、可食部が81g位。 いちじくの名前の由来は? イチジクの名前の由来は諸説ありますが、そのひとつに、毎日1個ずつ実が熟すことから一熟 イチジク になったという説があります。 イチジクには花が無いの? イチジクは漢字で 無花果と書きますが、花がないというわけではありません。 実の中に赤い粒々とした食感がありますが、あれが花で外から見えないために、この字が当てられました。 粒々の花は二千個もあります。 いちじくの食用部分は果実ではなく、実は 花の房が肥大化したものなのです。 いちじくの効能は? イチジクの主な健康効果は、消化促進、コレステロール値低下、便秘解消、高血圧予防、むくみ改善、抗炎症作用、更年期障害予防、疲労回復など。 カリウムでむくみや高血圧予防…イチジクは比較的多くカリウムを含んでいます。 カリウムは血圧を下げる効果があるので、高血圧の予防に役立ちます。 カリウムは利尿作用としても働き、 むくみも改善します。 消化促進…いちじくには、特有のたんぱく質分解酵素フィシンが含まれます。 肉を食べた後にデザートとして食べれば、 肉の消化を促進します。 食後の胃もたれや二日酔いなどの消化不良を防ぐ効果があります。 痔やイボ取り…葉や茎の切り口から出る白い汁には、たんぱく質分解酵素のフィシンが含まれ、 痔やイボ取りなどの外用薬として利用されています。 いちじくによく触れる栽培者や、料理人の指の指紋がなくなってしまうほどです。 黄疸の治療…フィシンには炎症を抑える働きもあり、喉の痛みを抑えたり、黄疸の治療にも効果的とされます。 疲労回復効果…イチジクの糖質はブドウ糖や果糖などの単糖類です。 単糖類は即効性が高く、激しい運動の後の疲労回復に優れます。 ブドウ糖は、脳のエネルギー補給として即効性があることから、昔から 「知恵の木」と呼ばれています。 更年期障害予防…いちじくには女性ホルモン、エストロゲンに似た成分も含まれ、骨の流出を防いで骨粗鬆症予防になります。 また乳がんや前立腺がんなどの、 性ホルモンの影響を受ける病気の予防効果もあるといわれています。 ポリフェノールで抗がん作用…イチジクの赤っぽい色は、ポリフェノール(抗酸化物質)の一つ、 アントシアニンです。 アントシアニンは活性酸素を無毒化させることから、アンチエイジングやがん予防が期待できます。 ベンズアルデヒドで抗がん作用…イチジクの香り成分である ベンズアルデヒドには、抗がん作用、抗炎症作用、免疫力の向上などの効果があるといわれています。 ベンズアルデヒドは、がん細胞の増殖を抑制するといわれます。

次の

いちじくジャムの作り方(レシピ)

いちじく コンポート レシピ

いちじくをコンポートにして保存する いちじくは、いたみやすく、 日持ちしない果物です。 また、 追熟(時間をおくと熟れて甘くなること)しないので、生食で食べるなら、手に入ったときに、できるだけ早く食べましょう。 たくさんいただいたりして 食べきれない場合や、食べてみたら全然 甘くない果実にあたってしまった場合は、傷みが進む前に保存食に加工してしまうほうが、おいしく食べきることができます。 コンポートは、柔らかくてプチプチとしたいちじく独特の食感を楽しむことができます。 噛むと口の中でジュワっとうまみが広がります。 シロップもバツグンにおいしくて、アイスクリームやレアチーズケーキにかけるだけで立派なデザートに大変身しますし、お肉料理のソースにも応用できます。 いちじくはていねいに洗い、水気をふきとり、へたを切ります。 鍋に全ての材料を入れ、火にかけます。 煮立ったら弱火にし、 落とし蓋をして、15分煮ます。 落とし蓋は、真ん中に穴をあけた紙ぶたでも可です。 もしアクが出てきたら、スプーンでとります。 粗熱がとれたら、保存瓶に移します。 私は赤ワイン入りが一番好みですが、白ワインにしてもおいしいですし、アルコールを使いたくなければ、水のみでも作れます。 赤ワインを入れなくても、 皮ごと煮れば、きれいなピンク色のシロップになりますよ~ さっぱりした味がお好みでしたら、レモンの輪切りを一緒に煮込みましょう。 バニラビーンズを使うと、香り豊かでワンランク上の味わいに仕上がります。 保存期間は、 冷蔵庫保存で1か月ほど。 長期保存したい場合は、容器に詰めた後、脱気殺菌をしてください。 瓶の口いっぱいまで、シロップを入れると溢れます。 8分目くらいにしましょう。 冷凍保存もできます。 フリーザーバッグなどで、 シロップも一緒に冷凍してください。 いちじくをジャムにして保存する いちじくの ジャムは、プチプチとした種の食感が残り、風味を楽しむことができます。 ジャムにしておくと、料理にお菓子に アレンジが効くので、消費しやすいです。 いちじくは酸味が少ないので、酸味のあるヨーグルトやチーズと合います。 タルトやパイの具材としても、使いやすいです。 いちじくは洗って、へたを切り、粗く刻みます。 鍋にいちじくをいれて、レモン汁を加え、砂糖をまぶします。 ラップや蓋をして、1~3時間置きます。 いちじくの水分が出て、しっとりしたら、鍋を強火にかけます。 沸騰してアクが出てきたら、アクをスプーンで取ります。 中火にして、木べらで混ぜながら煮ます。 15分くらいで水分が減り、とろみが出てきます。 お好みの煮詰め加減で火を止めます。 熱いうちに、瓶に詰めます。 瓶に詰めた後は、瓶を逆さにして冷まします。 レモンを入れることで酸味を補い、色鮮やかなジャムに仕上がります。 私のお気に入りのお菓子、いちじくのジャムから作る、簡単羊羹もご紹介しますね! 夏場のおもてなしやおやつに、重宝しています。 用意するもの:いちじくジャム 250ml、水 200ml、粉寒天 4g、型• 鍋に水と粉寒天をいれ、火にかけます。 木べらで混ぜて粉寒天を溶かし、沸騰したら、ジャムを入れます。 木べらでよく混ぜ、再び沸騰したら、火を止めます。 型に流し、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。 保存期間は、 冷蔵庫保存で1週間ほど。 羊羹は、柿ジャムでもおいしく作れます。 ドライいちじくにして保存する 干す時間はかかりますが、 いちばん簡単かつ食べやすい保存方法は、ドライフルーツ。 カチカチになったいちじくは、噛みごたえがあって糖度が高く、一粒でも食べごたえのあるドライフルーツになります。 お酒のおつまみにもいいですし、パンやケーキに練り込んで焼いてもおいしいです。 いちじくは ドライにすると、栄養分の含有量が増えます。 角盆ざるが含まれているセットと、含まれていないネットのみが販売されていて、私はネットのみを買いました。 しかし、ざる付きのほうが絶対に便利だったと思います。 ケチったことを、ちょっと後悔… 干しいちじくは、オーブンで作る方法もありますが、加熱すると酵素が壊れると聞いたので、せっかく手作りするのならば…と、天日干しをしています。 (どこまで本当かは定かではないですw) カラッカラになるまで干して、乾燥材を入れて密閉すれば、 1年くらい長期保存できると思います。 私はちょっとソフトなドライいちじくが好きなため、そこまでカラカラにはせず、 冷蔵庫保存しています。 いちじくの保存食のまとめ 私が実家にいた頃、いちじくは手に入りやすくて、よく食卓にあがっていました。 すぐ傷むから…と連日いちじくのことも。 どうやら実家のあった地域は、いちじくの産地だったようで。 大人になってから知りました。 汗 今回ご紹介したレシピは、皮はむいていません。 どうしても気になるようでしたら、へた(枝についていた方)の方から、バナナのように皮をむいてください。 湯むき(熱湯にさっと浸けてから、冷水につける)をすると、ツルっととてもきれいにむけます。 このブログでは、心豊かな生活をおくるために、知っていると役立つ情報を発信していきます。 あなたの気づきのお手伝いができれば、幸いです。 カテゴリー• 3 最近のコメント• に fukiyose より• に 宗教法人 東慶寺 北鎌倉 担当:梶原 より• に fukiyose より• に 薮内まさ子 より• に 薮内まさ子 より.

次の