今日の天気はどうですか 英語で。 How is the weather?とその回答の仕方を解説

「今日はどうだった」を英語で言うと?

今日の天気はどうですか 英語で

今日や昨日の天気について伝える英語表現 今日の天気は〇〇です。 昨日の天気は〇〇でした。 という時の英語フレーズです。 今日は晴れです。 It's sunny today. 今日は雪です。 It's snowy today. 今日は〇〇です。 という日本語ですが、 Today is ~とは言わず、It's ~と言うのが一般的です。 昨日はくもりときどき雨でした。 It was cloudy with occasional rain yesterday. 昨日のことなので、be動詞はwasです。 with occasional rainで「時々雨」 occasionalは、時折、とか、時々という意味の単語です。 明日は晴れのち曇りでしょう。 It will be sunny and then cloudy tomorrow. 未来のことなので will be~ 晴れのち曇り sunny and then cloudy and thenは、~の後で、という意味なので、 晴れた後で、くもり、ということになります。 It will be partly cloudy tomorrow. partly cloudyは、晴れ時々曇りという意味のお天気用語。 partlyは、半分という意味で、半分晴れて半分くもり、を表現しているのですね。 天気の移り変わりを伝える英語表現 今の天気から、変わっていくことについて話す表現です。 お天気が崩れてきます。 The weather is getting worse and worse. getting を使って、悪くなっていく(worse and worse)、と言います。 お天気は下り坂です。 The weather is going to go downhill. 下り坂、をそのままdownhillというのも面白い表現です。 お天気は回復してきます。 The weather is going to improve. 改善する、という意味のimproveを使います。 雨が降ったりやんだりするでしょう。 It's probably going to rain on and off. on and offは、時々、不規則に、という意味です。 be going to ~で未来の予測を表現します。 英語でお天気について聞く• 天気予報を見ましたか? Have you seen the weather report? weather report で天気予報。 見た経験を聞くので、現在完了のhaveを使います。 今日のお天気はどうですか? How is the weather today? どう?なので、How を使って聞きます。 今日は傘が必要ですか? Do I need an umbrella for today? Should I take an umbrella today? 傘を持って行った方が良いですよ。 と答えるなら You should probably take an umbrella with you. となります。 台風は今どこにいるのでしょう? I wonder where the typhoon is right now. wonderは~かしらと思う、という意味です。 今現在はright now. 最高気温は何度ですか? What's the high temperature today? temperatureは気温。 high temperature で最高気温。 最低気温は low temperatureです。 雨の降る確率は何パーセントですか? What's the chance of rain? 20%です。 Twenty percent. 全然降りませんよ。 None at all today. 英語で暑さ・寒さを伝えるときの言い方 天気、天候に関連して、暑さ寒さについて話題にするときの言い方です。 今日は暑いです。 It's hot today. 今日は暖かいです。 It's warm today. 今日は肌寒いです。 It's chilly today. 今日は涼しいです。 It's cool today. 暑さが厳しいです。 The heat is oppressive. oppressiveは過酷な、蒸し暑い、という意味の単語です。 暑さはそのままheat. 寒さを言う時は、coldを使います。 The heat is terrible today. ひどいという意味の、terribleを使って表現しても良いです。 今日は寒いですね。 It's cold today, isn't it? 会話の中で、付加疑問文を使って「~ですね」と言うのも良いでしょう。 まとめ 英語の天気、天候に関するフレーズをまとめました。 天気に関する単語を覚えておくと表現が広がりますね。 たとえば、.

次の

「天気や天候に関する英語の表現」

今日の天気はどうですか 英語で

「今日はどうだった 」を英語で何と言うでしょうか? was your? (今日はどうだった?) ( )の中に入る単語は何でしょうか? すでに知っている方には簡単かもしれませんが、 そうではない方はには2番目の に何を入れるかが 少し難しいかもしれません。 How was your day? よく使われる表現で、応用範囲も広いです。 ・How was your break? (休暇はどうでしたか?) ・How was the weather? (天気はどうでしたか?) ・How was your trip? (旅行はどうでしたか?) ・How was your flight? (飛行機はどうだった?) ・How was your date last night? (昨晩のデートはどうだった?) ・How was class today? (今日の授業はどうだった?) など無限に文章を組み立てることができる便利な表現です。 また、似た表現として、次の例文を紹介します。 How did you like the movie? (映画はどうでしたか?) 相手に感想を聞く時に How do you like〜を使います。 まだ相手がいいと思っているか悪いと思っているか分からない段階で「like」を使うのは日本語の発想ではあり得ないので、面白い表現だと思います。 今回は、make A's dayを取り上げます。 (あなたのおかげで良い一日になった。 ) ・Go ahead, make my day. (やれるものならやってみろ。

次の

明日の天気は何ですか?は英語でどう言うの?

今日の天気はどうですか 英語で

天候に関する英語表現 「今日はいい天気です」 という場合は、 以下のようなフレーズを使います。 今日は本当にいい天気です。 We have great weather today. なんていい天気なんでしょう! What nice weather we have today! 週末の間、いい天気に恵まれました。 We had a fair weather during the weekend. 天気がいいね。 The weather is good. 来週は穏やかな天気になるでしょう。 It will be a calm weather next week. それぞれのフレーズで 使われている形容詞を その日の天気に合わせて変更することで、 どれだけいい天気なのか、 もしくは悪い天気なのかを表現できます。 せっかくなので、 先ほどと同じようなフレーズを使って 悪い天気を表現してみましょう。 今日は本当にひどい天気です。 We have terrible weather today. なんて悪い天気だろう! What terrible weather we have! 週末の間ずっと嫌な天気が続いてました。 We had lousy weather during the weekend. あまり天気がよくありませんね。 The weather is not so good. 「晴れ」英語表現 「晴れ」を表す 一番基本の単語は 「sunny」です。 「sun(太陽)」という 名詞の形容詞形ということからも、 「日が照っている」 「明るい」といった 意味を持ちます。 晴れ渡った 晴天を表現する際には 最適な単語です。 今日は晴れています。 今日は晴れです。 We have a sunny day today. 他の表現としては、 以下のようなものがあります。 昨日は快晴でした。 It was clear yesterday. 「clear」は「澄み切った」 という意味があり、 そこから転じて 「雲一つない」という 意味になります。 ちなみにこの単語は 日中だけでなく夜空にも使えます。 空には雲一つなくて星がとてもきれいです。 The sky is clear and stars are beautiful. (雨が上がって)晴れたので、散歩に出かけました。 It cleared up so we went outside for a walk. また、 意外と知られていないのが 「fine」を使った表現。 明日は晴れるみたいです。 外はとてもいい天気です。 調子を聞かれた時によく使う 「fine」ですが、 天気の話をするときに使う場合は 「晴天の」「晴れた」 という意味を持ちます。 「曇り」英語表現 「曇り」を表す表現で 一番わかりやすいのは 「cloud(雲)」から派生した 「cloudy(曇り)」ですね。 少し曇ってますね。 午後になるとすこし雲が出てきそうだ。 It seems there will be some clouds in the afternoon. また、 曇ってどんよりしている、 という表現は、 以下のようにものがあります。 今日はどんよりと薄暗い日だ。 一週間ずっと曇り空(一面曇り)だそうですよ。 It will be overcast the whole week. 水曜日は(曇りで)薄暗い日になるって聞きました。 I heard that Wednesday will be dark. どうしよう……空が暗く(灰色に)なってきたよ。 Oh my… the sky is turning gray. 「雨」英語表現 雨を表す単語 「rain」。 そしてそこから派生した 「rainy」という形容詞は、 雨降りを表す時に もっとも使われる単語です。 外は雨が降っています。 It is raining outside. また、 雨の降り具合に合わせて、 以下のような表現も使えます。 軽い雨なら外出するつもりです。 先週はひどい雨でした。 Last week we had heavy rain. 雨の度合いを示す 「light」と 「heavy」は 雪にも同じように使えます。 小雨が降ってますね。 We are having drizzle now. とても暑いですね。 夕立が降ってくるのではないでしょうか。 I suppose there will be an evening shower. 仕事から帰ってきたときには土砂降りでした。 It was pouring when I came back from work. 昨日の停電は雷雨によって引き起こされました。 The thunderstorm caused a blackout last night. 「雪」英語表現 雪を表す単語は 「snow」。 そしてその形容詞形が「 snowy」です。 外は雪が降っています。 雨が雪に変わった。 The rain turned into snow. クリスマスイブには雪が降ってほしいです。 I hope it snows on Christmas Eve. 今週末は吹雪になるよ。 There will be a blizzard this weekend. ニューヨークは今日猛吹雪に見舞われるでしょう。 New York will be hit by a snowstorm today. その他 わかりやすい 晴れ・曇り・雨・雪以外の 天気や気象は 次のようにさまざま。 It was misty this morning. There was thick fog while we were driving. 霞がかった・もやがかかった hazy 山の上からの長めは、霞がかっていて幻想的でした。 The view from the mountain was hazy and fantastical. ひょう・あられ hail 昨夜はひょうが降りました。 There was hail last night. 風が強い windy とても風が強いです。 もしかすると嵐がくるのかもしれません。 Maybe a storm is coming. そよ風 breeze 冷たい風が心地いいです。 The cool breeze is nice. 突風 gusty 外はすごい突風が吹き荒れています。 There was a storm in the town last week. 外はひどい荒れ模様です。 中にいた方がいいですよ。 The outside is stormy; you should stay inside. 嵐にも色々ありますが、 強い雨を伴うものは 「rain」をつけて「rainstorm」に、 激しい雷を伴うものは 「thunder」をつけて 「thunderstorm」と呼びます。 暴風雨 rainstorm 暴風雨により田畑は大きな被害を受けました。 The rainstorm caused huge damage to the fields. 雷雨 thunderstorm 激しい雷雨のせいでよく眠れませんでした(眠りを妨げられました)。 My sleep was disturbed because of the thunderstorm. 台風 typhoon 台風が接近してきており、金曜日には東京に上陸するでしょう。 A typhoon is approaching and it will hit Tokyo this Friday. ハリケーン hurricane 数週間前にハリケーンがフロリダを襲いました。 A hurricane hit Florida a few weeks ago. サイクロン cyclone このサイクロンはあまり大きくないように思えます。 It looks like this cyclone is not too big. ちなみに台風とハリケーン、 サイクロンはまったく同じ 現象なのですが、 発生した場所によって 名前が変わります。 台風 太平洋北西部(東・東南アジア周辺) で発生したもの ハリケーン 大西洋北部・太平洋北東部・北中部 (北アメリカ大陸周辺) で発生したもの サイクロン インド洋(南アジア) で発生したもの 気温・湿度の英語表現 天気の話をしていると 必ず出てくるのが 「暑い」「寒い」といった 気温にまつわる話題と 「むしむししている」 「乾燥している」 といった 湿度に関する話題です。 「暑い」の英語表現 英語で 「暑い」と言えば 「hot」という単語が 一番に思い浮かぶのでは ないでしょうか? この「hot」は、 真夏のように気温が高い時に使います。 今週はずっと暑いですね。 It has been really hot this week. また、 「とても暑い」を 比喩で表現するには 以下のようなフレーズも よく用いられます。 もう溶けちゃいそう(なくらい暑い)。 外は(溶けてしまいそうなくらい)すごく暑いですよ。 「melting」の代わりに 「burning(燃えるような)」 「blazing(燃え上がるような)」や 「boiling(沸騰するような)」 「sweltering(うだるように)」 「scorching(焼け焦げるような)」 「sizzling(じゅうじゅうと焼けるような)」 といった 形容詞を使うことで、 暑さの度合いを 表現することもできます。 暖かい 春の日向のような 心地よい暖かさを表す際には、 「warm」という単語を使います。 今日は暖かくていい天気です。 ちなみに 「hot」と「warm」の違いですが、 単純に気温の高さだけでなく すごしやすいかどうかも含まれるため、 気温自体が高くても 快適な暑さの場合は「warm」を使います。 「涼しい」の英語表現 初夏や初秋の 心地よい涼しさには 「cool」を使います。 日中は暑かったけれど、夜には涼しくなってよかったです。 It was hot during the day, but evening was cool and I liked it. 「肌寒い」の英語表現 涼しいというには寒いけれど、 厚手のジャケットまでは いらないという 肌寒さは 「chilly」や「chilling」 という単語で表現できます。 外はひんやりしています。 朝は肌寒かったです。 It was chilling in the morning. 「寒い」の英語表現 一般的な 「寒い」を意味する 英単語は 「cold」です。 飲み物などでも 「hot(熱い)」と「cold(冷たい)」 の対比が よく使われているので、 感覚的にもわかりやすいですね。 だんだん寒くなってきました。 冬が近づいてきていますね。 It is getting cold. Winter is coming. また、 寒さを表す比喩的表現として、 以下のようなフレーズもあります。 外は凍るような寒さです。 It is frosty outside. 風が氷のように冷たいです。 The wind is icy. 夜の間にヒーターが壊れてしまったので、(寒さに)凍えて目を覚ましました。 The heater went down during the night, and I woke up freezing. 寒さの比較順としては、 「cold(寒い)」<「frosty(霜が降りるような)」 <「icy(氷のような)」<「freezing(凍るような)」 となります。 湿度が高い・湿気の多い 日本の梅雨や夏につきものの 湿気の高さを表すには 「humid」という単語が ぴったり当てはまります。 日本の夏は過ごしにくいです。 とても暑くてムシムシしています。 Summer in Japan is not comfortable. 「humid」以外には、 次のような表現も使えます。 雨のせいでとてもジメジメしていました。 It was very damp because of the rain. この蒸し暑い場所から抜け出したいわ! I want to get out of this muggy place! 湿っぽい天気は好きではありません。 I do not like clammy weather. 昨日の夜は本当に蒸し暑くて、ほとんど寝ることができませんでした。 I could hardly sleep because it was really oppressive last night. 厳寒な気候よりも高温多湿な気候の方がマシです。 I prefer steamy weather than freezing one. 乾燥した 空気が乾燥しているという表現は、 英語では 「dry」という形容詞を使います。 ヨーロッパの夏は暑いですが、乾燥しています。 European summer is hot but dry. 「天気」の英語表現を完全マスター!天気を使って英会話にチャレンジまとめ 一概に天気と言っても、 天候や気候、気象状況などによって、 使える表現はさまざまです。 すべての表現を 一度に覚えるのは難しいので、 まずは 基本のフレーズと 基本的な天気の表現を使うところから 始めていきましょう。 英語の天気予報を 見たり聞いたりするのも 良い勉強法。 行ってみたい地域の 気候の状態かを調べてみる、 またその日の天気を 一言日記に残してみるなど、 練習方法はたくさんあります。 外国人との会話する中で、 それぞれの国の天気・気候の話は 意外と盛り上がるトピックですので、 いざという時に備えて ぜひ身に付けておきましょう!.

次の