派遣 法 改正 2020。 2020年4月から派遣法が変わります!交通費がでる?【改正ポイントを社労士が解説】

【2020年4月】労働者派遣法改正!派遣先と派遣元が対応すべきこと

派遣 法 改正 2020

働き方改革2020 労務管理はいつから何が変わる? 2020年に企業が対応すべき人事・労務管理の法改正項目は、多岐に渡ります。 表では、従業員数50名未満の中小企業・小規模事業者も例外なく対応すべきポイントを赤字で記していますので、参考にしてみてください。 働き方改革関連法における「大企業」、「中小企業」「特定の法人(電子申請義務化への対応)」の定義については、下記にてご判断いただけます。 中小企業の定義を上回る企業は「大企業」となります。 残業時間の原則は、従来通り「月45時間・年360時間」であることに変わりありませんが、 臨時的な特別の事情があり、労使が合意する場合でも、超えることのできない上限が設定されました(ただし、一部適用猶予・除外とされる業務あり)。 年720時間以内• 月100時間未満(休日労働を含む)• ただし、派遣労働者への待遇改善措置の義務化は、会社規模を問わず全ての企業で2020年4月の施行となる点にご注意ください。 具体的には、派遣元事業主は• 「派遣先均等・均衡方式」(派遣先の通常の労働者との均等・均衡待遇の確保)• 「労使協定方式」(一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保) のいずれかの待遇決定方式により、派遣労働者の待遇確保を実現させなければなりません。 債権の消滅時効が原則5年に統一されることを受け、賃金債権の消滅時効に関しても同様の扱いとするか否かが焦点となっていました。 この点、2019年12月24日に開催された第157回労働政策審議会労働条件分科会において、• 将来的に「5年」とする方向性を示しながらも、• 当面の間は現行の労基法第 109 条に規定する記録の保存期間に合わせて「3年」の消滅時効期間とすることで、企業の記録保存に係る負担を増加させることなく、未払賃金等に係る一定の労働者保護を図るべき 旨の見解が公益委員によって示されました。 2019年12月25日時点で未だ確定事項ではありませんが、この内容でまとまり、2020年4月の施行となる見込みです。 参考:厚生労働省「」 未払賃金問題は多くの企業における労務課題ですから、消滅時効の延長が及ぼす現場への影響は決して小さなものではないでしょう。 改正法施行までの時間は限られていますが、これから対策として重要となるのは• これまでの未払賃金を可能な限り清算しておくこと• 今後、意図せず未払賃金を生じさせないために労働時間制や勤怠管理を見直すこと です。 後者については、労働時間制を誤って運用した結果として、未払賃金が生じることがあります。 また、勤怠管理についても、ガイドラインに定められる「客観的かつ適切な労働時間の把握方法」を実践し、正しく把握できる様にしていかなければなりません。 もちろん、なら、ガイドラインを遵守しつつ、多様な働き方にもしっかり対応可能です。 2020年から始める中小企業の働き方改革対応 その他のポイント さて、これまでは2020年より中小企業において特に重視すべき働き方改革への対応を解説しました。 表中にあるその他の項目については、すでに打刻ファーストにて解説していますので、社内体制整備の際の参考にしてみてください。 〇 ハローワークインターネットサービスがリニューアル 打刻ファースト『』 〇 36協定 新様式での届出(中小企業) 打刻ファースト『』 〇 身元保証契約の極度額(上限額)設定 打刻ファースト『』 〇 職場の受動喫煙防止対策 打刻ファースト『』 「2020年を目前に、何から始めて良いのか分からない」という場合には、労務管理の専門家・社会保険労務士の活用も視野に入れ、御社の働き方改革を総合的かつ戦略的に進めてまいりましょう!.

次の

インフォメーション|一般社団法人日本人材派遣協会

派遣 法 改正 2020

派遣法が再び改正されます 2020年に、派遣法改正が再び起こります。 これは2021年4月までに日本国内の全企業に導入される「同一労働同一賃金」が大きく関わっています。 政府による「働き方改革」に関する今回の改正ですが、正社員と非正規雇用者の待遇格差を改善するのが目的となります。 今回は2020年度から行われる派遣法改正の概要について解説していきます。 派遣先の情報提供義務 派遣社員を受け入れる派遣先の在り方について変化があります。 派遣労働者を受け入れる際に、派遣元との契約…労働者派遣契約が行われるのは周知の筈ですが、この契約の中に新たに記載しなけばならない点が追加されます。 次の法改正後は、労働者派遣契約の中に比較対象となる労働者(比較対象労働者)の賃金及び待遇差を改善する情報を提供することが義務化されます。 比較対象の中には、派遣先になろうとする会社の正社員と、派遣先に派遣される派遣社員が含まれることになります。 そして情報提供義務ですが、コチラは派遣先となった場所で比較対象労働者の情報に何らかの変更があった場合、派遣先は変更内容を直ちに提供しなければなりません。 要するに、給与形態を含む待遇差は会社側しか把握していないわけですから、それらを隠すことなく公開しましょうね…という事です。 この情報を開示しなければ、派遣社員は派遣先の正社員がどれぐらいの待遇で労働に従事しているかというのが判断できないので、このような対応が取られることになるわけです。 待遇差改善と情報開示義務 以前の場合は雇用待遇についてはあくまでも事業者がの目分量でした。 よって待遇差は考慮してください…程度の非常に弱い規制しか存在していなかったのです。 しかし、次の法改正ではパートタイム労働法と同レベルの規制が行われると見込まれます。 その「パートタイム労働者」の内容をまずは厚生労働省発表の情報から見ていきましょう。 〔対象者:すべてのパートタイム労働者〕• 事業主は、パートタイム労働者を雇い入れたときは、速やかに、「昇給の有無」、「退職手当の有無」、「賞与の有無」を文書の交付等により明示しなければならない。 事業主は、1の3つの事項以外のものについても、文書の交付等により明示するように努めるものとする。 労働基準法では、パートタイム労働者も含めて、労働者を雇い入れる際には、労働条件を明示することが事業主に義務付けられています。 特に、「契約期間」「仕事をする場所と仕事の内容」「始業・終業の時刻や所定時間外労働の有無、休憩・休日・休暇」「賃金」「退職に関する事項」などについては、文書で明示することが義務付けられています。 (違反の場合は30万円以下の罰金に処せられます。 パートタイム労働法では、これらに加えて、「昇給の有無」「退職手当の有無」、「賞与の有無」の3つの事項を文書の交付など(3つの事項についてはパートタイム労働者が希望した場合は電子メールやFAXでも可能)により、速やかに、パートタイム労働者に明示することが義務付けられています。 違反の場合、行政指導によっても改善がみられなければ、パートタイム労働者1人につき契約ごとに10万円以下の過料に処せられます。 上記の3つの事項以外については、文書の交付など(パートタイム労働者が希望した場合は電子メールやFAXでも可能)により明示することが努力義務とされています。 1 雇い入れ後、待遇の決定に当たって考慮した事項を説明してください<改正法第13条> (引用:) この情報から分かるようにパートタイム労働法では、情報開示と給与や待遇の記載が行われなければなりません。 よって、次の派遣法改正で同様の改正が派遣社員にも適用されるとなると、同じように待遇の記載であったり、情報開示の義務が派遣会社に課せられることになるわけです。 これによって不透明と言われていた派遣社員の待遇は改善方向に向かうのではと考えられています。 同一労働同一賃金の導入 2020年4月から「同一労働同一賃金」が導入されます。 同一労働同一賃は、非正規労働者に対しての企業の待遇を改善する目的で導入されます。 この改正に伴い、派遣事業における非正規労働者である派遣社員にはどのような待遇改善が約束されます。 同一労働同一賃金とは、全労働者に対して同じ賃金を支払うべきである、同じ待遇で労働義務が与えられるべきであるという点から施行されるように至り、「正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間にある、不合理な待遇差を無くそう」という内容のルールになっています。 両者の賃金バランスや待遇を比較し、前提に基づいて判断させることができるので、非正規雇用と正規雇用の待遇差が改善され、正社員と同様の就労についていても給料が安いといった不満が解消されていくものと見ています。 この辺りの詳しい内容は次の記事でまとめてご紹介していますので、そちらをご覧ください また弊社では、派遣元企業様向けに同一労働同一賃金の動画講座を開講しております。 法改正後に突如社内規定を変更すれば不満は漏れてしまいますし、中々義務に慣れることは難しくなります。 よって今から始められることから行い、法改正に備えましょう。 同時に、法改正について分からない箇所があれば、専門家に相談するなどの対策をしておくことが重要です。

次の

派遣社員も来年4月から退職金がもらえるようになる。契約社員やアルバイトは?

派遣 法 改正 2020

派遣法が再び改正されます 2020年に、派遣法改正が再び起こります。 これは2021年4月までに日本国内の全企業に導入される「同一労働同一賃金」が大きく関わっています。 政府による「働き方改革」に関する今回の改正ですが、正社員と非正規雇用者の待遇格差を改善するのが目的となります。 今回は2020年度から行われる派遣法改正の概要について解説していきます。 派遣先の情報提供義務 派遣社員を受け入れる派遣先の在り方について変化があります。 派遣労働者を受け入れる際に、派遣元との契約…労働者派遣契約が行われるのは周知の筈ですが、この契約の中に新たに記載しなけばならない点が追加されます。 次の法改正後は、労働者派遣契約の中に比較対象となる労働者(比較対象労働者)の賃金及び待遇差を改善する情報を提供することが義務化されます。 比較対象の中には、派遣先になろうとする会社の正社員と、派遣先に派遣される派遣社員が含まれることになります。 そして情報提供義務ですが、コチラは派遣先となった場所で比較対象労働者の情報に何らかの変更があった場合、派遣先は変更内容を直ちに提供しなければなりません。 要するに、給与形態を含む待遇差は会社側しか把握していないわけですから、それらを隠すことなく公開しましょうね…という事です。 この情報を開示しなければ、派遣社員は派遣先の正社員がどれぐらいの待遇で労働に従事しているかというのが判断できないので、このような対応が取られることになるわけです。 待遇差改善と情報開示義務 以前の場合は雇用待遇についてはあくまでも事業者がの目分量でした。 よって待遇差は考慮してください…程度の非常に弱い規制しか存在していなかったのです。 しかし、次の法改正ではパートタイム労働法と同レベルの規制が行われると見込まれます。 その「パートタイム労働者」の内容をまずは厚生労働省発表の情報から見ていきましょう。 〔対象者:すべてのパートタイム労働者〕• 事業主は、パートタイム労働者を雇い入れたときは、速やかに、「昇給の有無」、「退職手当の有無」、「賞与の有無」を文書の交付等により明示しなければならない。 事業主は、1の3つの事項以外のものについても、文書の交付等により明示するように努めるものとする。 労働基準法では、パートタイム労働者も含めて、労働者を雇い入れる際には、労働条件を明示することが事業主に義務付けられています。 特に、「契約期間」「仕事をする場所と仕事の内容」「始業・終業の時刻や所定時間外労働の有無、休憩・休日・休暇」「賃金」「退職に関する事項」などについては、文書で明示することが義務付けられています。 (違反の場合は30万円以下の罰金に処せられます。 パートタイム労働法では、これらに加えて、「昇給の有無」「退職手当の有無」、「賞与の有無」の3つの事項を文書の交付など(3つの事項についてはパートタイム労働者が希望した場合は電子メールやFAXでも可能)により、速やかに、パートタイム労働者に明示することが義務付けられています。 違反の場合、行政指導によっても改善がみられなければ、パートタイム労働者1人につき契約ごとに10万円以下の過料に処せられます。 上記の3つの事項以外については、文書の交付など(パートタイム労働者が希望した場合は電子メールやFAXでも可能)により明示することが努力義務とされています。 1 雇い入れ後、待遇の決定に当たって考慮した事項を説明してください<改正法第13条> (引用:) この情報から分かるようにパートタイム労働法では、情報開示と給与や待遇の記載が行われなければなりません。 よって、次の派遣法改正で同様の改正が派遣社員にも適用されるとなると、同じように待遇の記載であったり、情報開示の義務が派遣会社に課せられることになるわけです。 これによって不透明と言われていた派遣社員の待遇は改善方向に向かうのではと考えられています。 同一労働同一賃金の導入 2020年4月から「同一労働同一賃金」が導入されます。 同一労働同一賃は、非正規労働者に対しての企業の待遇を改善する目的で導入されます。 この改正に伴い、派遣事業における非正規労働者である派遣社員にはどのような待遇改善が約束されます。 同一労働同一賃金とは、全労働者に対して同じ賃金を支払うべきである、同じ待遇で労働義務が与えられるべきであるという点から施行されるように至り、「正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間にある、不合理な待遇差を無くそう」という内容のルールになっています。 両者の賃金バランスや待遇を比較し、前提に基づいて判断させることができるので、非正規雇用と正規雇用の待遇差が改善され、正社員と同様の就労についていても給料が安いといった不満が解消されていくものと見ています。 この辺りの詳しい内容は次の記事でまとめてご紹介していますので、そちらをご覧ください また弊社では、派遣元企業様向けに同一労働同一賃金の動画講座を開講しております。 法改正後に突如社内規定を変更すれば不満は漏れてしまいますし、中々義務に慣れることは難しくなります。 よって今から始められることから行い、法改正に備えましょう。 同時に、法改正について分からない箇所があれば、専門家に相談するなどの対策をしておくことが重要です。

次の