赤城 ロマンド。 田舎暮らしと定住 赤城ロマンドの魅力

大人気ログハウス「赤城ロマンド」で登場!

赤城 ロマンド

現地スタッフの峰岸です。 赤城南麓や北軽井沢の魅力を現地からお伝えします。 田舎暮らしの別荘探しをされるとき考えることといえば、 季節限定の滞在か、一年を通じて定住か、 定住の場合は、気候環境や生活インフラが課題になってきます。 赤城南麓のや、物件は、 昨日紹介した仔鹿の里を除き定住可能です。 生活インフラも整備され、積雪や道路凍結の不安も少ないです。 反面、内陸部の猛暑や昔ながらの地域のコミュニティーなどの 煩わしさも伴っています。 そうした悩みをやんわりとかわしているのが、 をはじめとした南麓上部の別荘地だと思います。 サイトに紹介されている物件周辺、猛暑の今はこんな感じです。 管理事務所へ向かうメインストリート、定住者の車が見えます。 沿道には、まだ紫陽花が咲いています。 分譲地西端に建つ 窓辺の広葉樹が室内を木陰のように覆います。 ウッドデッキの先の森、 晴れていれば、赤城山のシルエットと山肌が見えます。 標高800mののような熊笹ではなく、篠の藪といった感じ、 ロマンドのほうが200m程標高低いのです。 比較的温暖な南麓、手入れをしていない山は篠が生い茂り 歩くのも大変なのですが、別荘地内は下草刈りや木の葉の掃除など しっかりされているところは素晴らしいと思います。 自生するヤマユリなど、季節の花も豊富、 自生種と共存させてこんなイングリッシュガーデニンの ようなお庭をつくっているかたもいらっしゃいます。 ヤマユリの葉に、蝉の抜け殻を発見、 既存の周辺の街や集落とは、異なる時間が流れているイメージで、 自分の時間を大切に暮らすことのできる場所だと思います。 田舎暮らし向け物件のNo. 1を目指す 、。 アーカイブ•

次の

赤城ロマンド・・・自然の中で・・・

赤城 ロマンド

主な心霊の噂 約96万㎡(東京ドーム約20個分)という広大なリゾート地では様々な心霊に関する噂されている。 こういったリゾート地では普段とは違って感受性も高くなっていることも多く何かを感じているのかもしれない。 心霊の噂が多いものの、自然豊かで管理もされており、こういったちょっと怖い話も魅力的なリゾート地となっている。 赤い服を着た少女の幽霊 「赤城ロマンド」が出来る前の建設予定地に女子高校生を拉致した不良グループが侵入した。 拉致された女子高校生は性的暴力、強姦された上にアキレス腱を切断された。 その後、 女子高生は建設予定地にあった鉄塔から飛び降り自殺をしたという。 この事件以降に、 飛び降り自殺した女子高生と思われる赤い服を着た少女の幽霊が度々目撃さたという。 その後、女子高生が飛び降りた塔は取り壊され、 慰霊碑が建てられている。 女子高生の幽霊 制服を着た女子高生が乗った原付バイクと乗用車が衝突事故を起こし、余りの衝撃の強さに 原付バイクを運転していた女子高生の首が取れてしまったという。 それ以来、 事故で亡くなった女子高生の霊が出る。 または、 制服を着た首の無い女子高生の幽霊が原付バイクで疾走しているという噂もある。 バイクに飛び乗って首を絞めてくる女の霊 昔にあったプールと展望塔付近をバイクで通過していると 女の霊が飛び乗って首を絞めてくるという。 事故で亡くなった女子高生なのかは不明。 何者かの足音 真冬の深夜に別荘の周りを 枯葉や枯れ枝を踏んで歩く「サク・・サク・・・」という足音が聞こえるが誰も居ないという。 噴水付近で女の幽霊 噴水付近で 女の幽霊の目撃も有るようだが、どういった経緯の幽霊なのか情報が少ない。 プール跡地で子供と男性の幽霊 昔あった、プール付近では 写真を撮ると男の子と男性のが写る事が有るという。 また、プールが有った当時では、 飛び込みをすると金縛りに遭うという噂もあったみたいだ。 赤城ロマンドの概要 1972年(昭和47年)より群馬県の赤城山に「第2の軽井沢」となる「オールシーズン別荘地」として開発・分譲された。 総開発面積は約96万㎡(東京ドーム約20個分)と広大な敷地となっている。 敷地内には「テニスコート」2面、子供たちが遊べる「チビッ子パラダイス」リゾートマンション「アイビーの館」「公園」「遊歩道」などが整備されている。 場所と地図 群馬県みどり市大間々町 上神梅 36. 475563,139. 243044.

次の

赤城ロマンド・・・自然の中で・・・

赤城 ロマンド

主な心霊の噂 約96万㎡(東京ドーム約20個分)という広大なリゾート地では様々な心霊に関する噂されている。 こういったリゾート地では普段とは違って感受性も高くなっていることも多く何かを感じているのかもしれない。 心霊の噂が多いものの、自然豊かで管理もされており、こういったちょっと怖い話も魅力的なリゾート地となっている。 赤い服を着た少女の幽霊 「赤城ロマンド」が出来る前の建設予定地に女子高校生を拉致した不良グループが侵入した。 拉致された女子高校生は性的暴力、強姦された上にアキレス腱を切断された。 その後、 女子高生は建設予定地にあった鉄塔から飛び降り自殺をしたという。 この事件以降に、 飛び降り自殺した女子高生と思われる赤い服を着た少女の幽霊が度々目撃さたという。 その後、女子高生が飛び降りた塔は取り壊され、 慰霊碑が建てられている。 女子高生の幽霊 制服を着た女子高生が乗った原付バイクと乗用車が衝突事故を起こし、余りの衝撃の強さに 原付バイクを運転していた女子高生の首が取れてしまったという。 それ以来、 事故で亡くなった女子高生の霊が出る。 または、 制服を着た首の無い女子高生の幽霊が原付バイクで疾走しているという噂もある。 バイクに飛び乗って首を絞めてくる女の霊 昔にあったプールと展望塔付近をバイクで通過していると 女の霊が飛び乗って首を絞めてくるという。 事故で亡くなった女子高生なのかは不明。 何者かの足音 真冬の深夜に別荘の周りを 枯葉や枯れ枝を踏んで歩く「サク・・サク・・・」という足音が聞こえるが誰も居ないという。 噴水付近で女の幽霊 噴水付近で 女の幽霊の目撃も有るようだが、どういった経緯の幽霊なのか情報が少ない。 プール跡地で子供と男性の幽霊 昔あった、プール付近では 写真を撮ると男の子と男性のが写る事が有るという。 また、プールが有った当時では、 飛び込みをすると金縛りに遭うという噂もあったみたいだ。 赤城ロマンドの概要 1972年(昭和47年)より群馬県の赤城山に「第2の軽井沢」となる「オールシーズン別荘地」として開発・分譲された。 総開発面積は約96万㎡(東京ドーム約20個分)と広大な敷地となっている。 敷地内には「テニスコート」2面、子供たちが遊べる「チビッ子パラダイス」リゾートマンション「アイビーの館」「公園」「遊歩道」などが整備されている。 場所と地図 群馬県みどり市大間々町 上神梅 36. 475563,139. 243044.

次の