うしおととら 最終回。 うしおととら パチンコ 打ち方・保留・信頼度・最終決戦・評価・感想

うしおととらの最終回(33巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も!|終わり良ければすべて良し!あの漫画の最終話集めました

うしおととら 最終回

Why am I not like that? サンフランシスコ・ベイエリア、カリフォルニア州、21歳、女性 白面は女の子だったの?!?! ダラス、テキサス州、アメリカ、34歳、男性 そんな風に感じたね。 でも見た目通りのことではないと思う。 「白面」はただ人間になりたかったんだ。 FromDistant やはり思い出すのはハガレンのホムンクルス。 男性 ヒョウの兄貴!!! FromDistant ヒョウさん、戻ってきたんだね!!!!! と思ったらまた逝っちゃった. FromDistant 十郎が出てきた時、「ぎょわー」と声が出て涙した。 ニュージーランド、20歳、女性 そのシーンはおったまげた。 My name is not Hakumen. The name I want to be called is... 33歳、男性 戦いの最後で白面は名前を持たないと言ってた。 誰かに悪意なしで名前を呼んで欲しかった、とも…… 一体、白面の真の名前って何だ!?!?!? 誰か、ねえ、誰か答えてくれ!?!?!? FromDistant レブロン・ジェームズ。 FromDistant 九喇嘛。 FromDistant 九尾の獣。 FromDistant ウォルター・ホワイト( Walter White)? 白面は悪の化身だから本当の名前は陰( Yin)なんだろう。 そして白面は陽( Yang)と呼んでもらいたかった。 FromDistant 陰陽のように、陽と呼ばれたかった。 善悪のバランス関係がそこにあるから。 25歳、男性 白面が闇だとするなら、輝く光もともにあるはず。 白面が最後に超越して行き着いた先は……。 29歳、男性 白面の名前は数々の変顔とともにネット上で語られていくだろう。 FromDistant 白面を攻撃しようとしない世界は宇宙のどこにもなかったのだろうか。 FromDistant 悪役に感じ入った時、アニメは感動をもたらす。 ツーソン、アリゾナ州、34歳、男性 これパート2や OVAがあるんじゃないかな。 尾のひとつが赤子に変わった。 人間として戻り、新たな戦いが始まっても驚かない。 九尾の人間……はは。 FromDistant 残念だが友よ、原作も白面の死とともに 1996年に終わっているのだ。 23歳 なんかもう白面が不憫で…… なんでうしとらの妖怪たちは皆こんなに「理解」できてしまうんだ?! とにかく凄いアニメで最後も感動した。 27歳、男性 もう白面のことを恐ろしいと思わなくなった。 ……なんでだよおおおお! FromDistant 声優のことを調べてみたら……白面がキティーちゃんとかポケモンのムサシにか見えなくなってしまった。 FromDistant それでも白面はこれからもずっと偉大な悪役として君臨し続ける。 FromDistant 白面はうしおの子供として生まれ変わったりしないかな……「白面」よりもっと強大な悪と戦う中で世界における「彼」の役割と善悪の意味を見つけていくという……。 フラワリーブランチ、ジョージア州、32歳、男性 そりゃ興味深い。 だけど、新しいアニメを作ることになっても 90年代のスタイルは踏襲しなきゃ。 現代式にアップデートしたら台無しになると思う。 別にそれが悪いってことじゃない。 うしおととらの世界観には合わないってだけだ。 ニュージャージー州、男性 白面は自分が知る限り他に類を見ない悪役。 単なる皮肉屋でも傲慢自慢屋でもない。 純粋な悪意だけがある。 それなのに、白面の最後は様々な印象を与えてくれた。 一撃で葬り去って終わりではなく、白面を通して情動が伝わってきた。 涙せずにはいられない。 白面と言えば声優さんも凄みがあった。 これからはよりいっそうの「怖気」が林原めぐみの声に宿ることだろうと思う。 I already did. I'm full. イギリス、27歳、男性 「腹ァ…いっぱいだ 」にやられた……。 FromDistant お別れの時、とらに人間の姿に戻ってほしかった。 サンアントニオ、テキサス州、アメリカ、29歳、男性 とらは過去最高のベストチームプレーヤー!!!! 26歳、男性 俺も「満足」したよ、とら。 いつか とらの名前で店中のはんばっかを食い倒してやるからな! 26歳、女性 とらの死には心の準備ができてると思ってた。 ってできるわけないでしょうが!! とらが死んだ後、残りずっと泣いてたわ。 しばらくハンバーガー食べられそうにない。 22歳、男性 「俺を食うんだろ?! FromDistant 最終話は観たくなかった。 感情の波が怒涛となって押し寄せてくることがわかってたから。 でも今はハッピーな気分だ。 達者でな、とら。 17歳、女性 もうはんばっかを食べるのはやめたんだね。 FromDistant またうしおを「食える」といいねえ。 31歳、女性 Torrraaaaaa!!! 27歳、男性 たくさんの感動がここに溢れてる ;A; ステップ1:横になる ステップ2:泣くのを我慢する ステップ3:涙腺決壊…… FromDistant これからのアニメでとらみたいなツンデレ獣と出会える気がしない :' 39歳、男性 俺、もう十分に泣いたよ…… TORAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 30歳、女性 とらのためにハンバーガーを食べるぞ! FromDistant 俺も続こう。 それでミッションコンプリートだ。 FromDistant とらが小山力也でよかった。 とっても愛らしくなったから。 皆、真由子がベストガールでとらがベストビーストだってこと、ゆめゆめ忘れるでないぞ。 ジャマイカ、23歳、男性 TOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOORRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!! 涙を誘うエピソード。 とら、満足そうだった。 1 年経っても、うしおはとらのこと想ってる。 そうだ。 とらは過去のことを全然覚えていないと思ってたが、獣の槍に刺されるやすぐに過去のことをしゃべり始めた。 全部覚えているみたいに見えた。 とらはいつもわからん振りをしていたの?途切れ途切れの記憶は持っていたの? FromDistant 個人的にとらと真由子が「うしおととら」における最も強力な要素になってる気がする。 二人の関係はあまりに美しく、もうやり取りが見られないと思うと寂しさだけが残る。 なんにせよ、おもしろいアニメだった! アメリカ、19歳、男性 Tora chan!!! FromDistant MISO SOUP! Of course, dear. FromDistant 24 時間毎日。 FromDistant そしてうしおに妹ができて、三期の主役に決定。 それに須磨子を見てみろ。 お母さんなのにあれだけのルックスだぞ。 岩の上に座って、お風呂に入らず何も食べなかったのに。 須磨子は驚嘆すべき引きこもり( hikkikomori)だぜ。 FromDistant うむ。 紫暮は須磨子を選んで大正解だったな。 ヒューストン、テキサス州、25歳 とらかシャガクシャが、かつて愛した女性と一緒にうしおを見守るシーンがあればなあ。 もっと良い終わりになったと思う。 アフリカ系アメリカ人、36歳 エンディングでボロ泣きしそうだった。 来世でとらと真由子が結ばれますように。 FromDistant 最後にとらが人間の姿として現れるのを期待したのは自分だけじゃないよね? 31歳、男性 とらに乾杯。 たくさん笑わせてくれて…… たくさん泣かせてくれて…… 他に何を言えばいいんだ? フロリダ州、アメリカ、33歳、男性 「だけど、おもしろかったよなあ」って。 21歳、男性 最後に手を繋ぐうしおと麻子を見たかった :O 22歳、男性 メインプロットは解決されたが、うしおと麻子の恋愛サブプロットはまだ残されている。 でも、友達とか他のちょっとした家族の触れ合いシーンが見られたことで満足だ。 FromDistant お互い相思相愛だし、うしおも麻子もそれはわかってる。 それでいいじゃないか。 36歳、男性 死角になってる道路を歩くなんてちょっと危険じゃないか? この後トラックに轢かれる展開なんて怖いぞ。 ニューヨーク州、アメリカ、30歳、男性 お前は何を言ってるんだ。 FromDistant 日本「よくぞ悪しき鎖から日本を解き放ってくれた!感謝する!……では貴様らガキどもは学校に行って試験を受けてこい!」 ……なんなんだってばよ、日本って国はよぉ……。 アメリカ 他のヒロインたちはどうなったんだ? 24歳、女性 あやかしの話以来、麻子ととらの絡みにあまり触れなかったのはちょっと残念。 Shut the hell up, Ushio! FromDistant 惹きつけられるストーリー、そして最後は良い締めだった。 あと、最後にちょっとした「差し入れ」があったね。 視聴者への小さな、でも嬉しい「はんばっか」 FromDistant ちょ、ちょっと待ってくれ。 「いつの日か 」だって? とらもそうなったの??? 悲しみでいっぱいだったのが混乱状態に急変化なんですけど XD FromDistant とらはまた妖怪として生まれ変わるさ。 人間は死んだらこの世に戻ることはできないが、それでも「この世に立ち返ってくるもの。 それが妖怪なのだよ」 と鏡の妖怪も言ってたじゃないか。 とらは人間として死んだわけじゃないからな! カリフォルニア州、26歳、男性 このエンドメッセージ好きだな。 とらは妖怪だからね。 新しいキャラかそのままのキャラとして続いていくかも、って思わせる。 26歳、男性 とらは死んでないと思う。 きっといつか戻ってくると信じてる。 FromDistant うしおととらは、夏目友人帳の夏目とニャンコ先生 みたいだ。 FromDistant ハリーポッターみたいなエンドになるのかと思ってた。 15年後、うしおと麻子の家族写真があって、とらと名付けられた子供がそこにいて……。 FromDistant 泣きたいが、今職場でこれ観てたんだよね。 サイコーのエンディングだった! デンマーク、29歳、男性 おい、仕事をサボるんじゃない。 23歳、男性 終わらないでくれ! これからどうやって「うしおととら」が終わった虚無感を埋めればいいんだ? 29歳 うしおととらの音楽。 これが思わぬ収穫物。 ランカスター、イングランド、23歳、女性 たくさん笑ってたくさん泣いた。 全部終わって悲しい。 でも、これまで観たアニメで最高の一つになった。 冒険をありがとう。 Sayonara 😢😢😢😢 FromDistant 物語に整合性があって、正しいところにキチンと収まっていく作品はそうお目にかかれるものじゃない。 テネシー州、アメリカ、33歳、男性 最後の数エピソードだけでティッシュ箱を半分消化した。 まったく凄いアニメだ。 推しアニメとして伝えていこう。 デンバー、コロラド州、20歳、女性 超感動……。 28歳、男性 これ以上の最終回はちょっと思いつかないなあ。 テキサス州、26歳、男性 心にポッカリと穴が空いてしまった。 ヴァージニア州、アメリカ、37歳、男性 なあ兄弟。 この気持ちわかるよな……この… 31歳、男性 これだから最高のアニメの最終回は嫌いなんだ。 胸にでっかい穴を空けたままにしやがる。 でも、うしおととらは大事なことを教えてくれた。 友情と愛情に限界はないということ。 ツーソン、アリゾナ州、34歳、男性 いいかい? 偉大なアニメを作るために、無理に半裸の女の子を走り回らせる必要はないんだよ。 29歳、男性 素晴らしいなあ…… mo Onaka-ippai FromDistant 始まりは「ふーん」てな感想だったけど、次第に忘れられない作品になった。 漫画の英語版を出してくれたら絶対買う。 FromDistant とらが死んだところで喉をひくつかせながら涙した。 いかんことかもしれんが、字伏になったうしおが石化して、皆がそれを見て悲しみの声を上げるというのをほんとにほんとにほんとに見たかった。 もしそのシーンがあったら、感動のあまり両目が陥没していたと思う。 ノルウェー、男性 なぜこれほどの痛みを味わわなくてはならないんだ ; ﹏ ; FromDistant 目から水が溢れてくる……なぜだ? ニューヨーク、30歳、男性 なに?体から水漏れだと? そりゃいかん。 早急に医者に診てもらうがいい。 19歳 物凄いアニメだった。 今できるのは泣くことだけ。 アフリカ系アメリカ人、33歳、女性 ティッシュ箱どこよ。 この必要な時に……。 T 俺たち皆、泣き仲間だ lol……。 21歳 笑って泣いて……なんちゅうアニメだ。 男性 うしおととらを愛してる。 これ以上他に言うことはない。 うおおおお! 獣は泣かないんだ!!! FromDistant 今日は小規模の洪水があちこちで起きてるらしい。 女性 私 64歳だけど、赤子のようにわんわん泣いてる。 傑作アニメに間違いなし。 ナシュア、ニューハンプシャー州、アメリカ、75歳、男性 極上のアニメ、至極のエンディングでありました。 ここまで配信してくれたクランチロールに感謝。 ニュージーランド、22歳、女性 今は大好きなアニメだけど、最初はまったく期待してなかった。 きっかけは高垣彩陽が出ていたからで、後にマイナーキャラの一人(ジュン)を演じることを知った。 うしおととらの関係はよく描かれていた。 あれだけのことを経験しても、うしおはやっぱりいい子のままで、とらはいつも見ていて楽しいキャラだった。 偶然観たアニメとして、たぶんうしおととらが一番評価がひっくり返った作品だと思う。 観て本当に良かった。 アニメは原作をだいぶ端折ったと聞いているので(当然ね)、漫画を読みたい誘惑に駆られているところ。 FromDistant うしおもとらも好きだけど、やっぱり白面が一番。 ハスキーボイスと邪悪な笑みを浮かべる白面はとても恐ろしい悪役だ。 白面が自分の両目を潰してまでうしおととらを消滅しようとしたシーン、あそこで白面がトップキャラに踊り出た。 ストーリーに関しては、カットされたシーンがとても多いとのことなのでそれだけが残念だった。 でも、劇中の感動シーンはどれも完璧に演出されていたのでそのことはとても嬉しい。 FromDistant 最後の 6話は最終話配信まで観ずに取っておいた。 そして今日、一気観した。 この決断はベストでもあったしワーストでもあった。 なにせ、 3話分くらいは泣き通しだったから。 とらの過去、ヒョウの死、真由子ととらの会話、最終回 -特にラストのうしおととらの小さな一コマ。 どの瞬間を切り取っても最高だ。 39 話ハマり込んで観た経験はとてつもなく素晴らしいものだった。 まだ観てないという人、その「過ち」を正す時間はまだ残っている。 是非観て欲しい。 男性 もともと 1992年の OVAに 10話だけ入ってたアニメとは信じられない! これからまた 23~ 24年以内に OVAとしてシリーズ化するんだろうか。 HAHA! FromDistant 次はからくりサーカスがアニメ化しますように。 男性 お気に入りリストに追加完了。 よくやった MAPPA、極上の仕事ぶりだった。 さぁ、俺たちにもっと藤田作品を投下するんだ! コスタリカ、19歳、男性 うしとらが終わった今、金曜日はもうこれまでとは違う。 ずっと寂しく思うだろうから。 1 話からおもしろさが途切れることはなかった。 ここまで観て本当に良かった。 うしおととら、ジョジョ、寄生獣 は、古くても現代にちゃんと通じるということを証明した。 だから、名作だけどもアニメ化に恵まれなかった多くの過去の作品にも光があたってほしい。 FromDistant それなら銃夢のアニメが観たい。 FromDistant こら、出てきなさい! 玉ねぎを詰めこんだバケツを置いたの誰!!!! FromDistant そんなことをするのは忍者だと相場が決まってる :, フレッケフィヨルド、ノルウェー、41歳、男性 近所に住む謎のオニオン忍者のせいだな。 FromDistant 忍者を見つけたら、奴をケバブにして玉ねぎを調味料にするつもりだ。 FromDistant 初めて泣いたアニメがこれ。 FromDistant 次はCLANNAD を観るといい。 FromDistant これだけは言える。 良いアニメだから絶対に観るべきだって。 34歳、男性 おどろき もものき さんしょのき なアニメだった! Haaaaah, 寂しくなるな。 アジア系アメリカ人、25歳、女性 NOOOOOO :' FromDistant 少年漫画が好きな人は観るべき作品。 カナダ、33歳、男性 アニメでこれほど後腐れなく満足したことはない。 これからは、うしおととらが満足度の基準になる。 最終話で 3回足を打ち鳴らした。 そのくらい最高の物語に相応しい圧倒的なフィナーレだった。 クリエイター並びにキャストの皆さんに脱帽。 FromDistant ベストアニメの一つとしてずっと心に残るだろう。 感動、アクション、笑いは本物だ。 最後、主役は二人とも死に、うしおの母ちゃんは本来の年取った姿になって夫と幸せに暮らすのかなって思った。 FromDistant ただただ素晴らしく、最後まで最高だった。 イギリス、27歳、男性 悲しいことにアフターストーリーが語られることはない。 ということで勝手な予想。 完全にハーレムアニメに変貌する。 うしおが関わった女の子たち総出で互いにうしおを巡る戦いが勃発。 その勝者がうしおの真の waifuになる。 多くのハーレムコメディ、すれ違いの人間関係を経て、幼なじみの麻子が正式に勝利する。 (幼なじみは敗北するという)呪われた伝統が今ここに破壊されるのだ。 結婚式当日、サプライズイベントが起こる。 うしおがある物置小屋に入って行くと、裸の男が待っていた。 見慣れたオレンジ色のツンツン髪をしたその男は開口一番「はんばっか」と言うのだった。 ジ・エンド。 FromDistant Oh... god. 衝動が激しくて言葉がうまくまとまらない。 とらの死で心が千千に乱れた。 でも、うしおのハッピーエンドもちゃんとあった。 新しい毎日へと足を踏み出す一方、獣の槍ととらに出会った地下蔵に思いを馳せ、どれほどとらのいない今を寂しく思ったことだろう。 昨日の敵が今日の友になった数々の日々を楽しそうに思い出すうしお。 ビタースイートで心が沈み込みそうでも、こうしたうしおを見れば、嘆きの気持ちも少しは安らぎ、ちょっぴり幸せにもなれる。 白面を倒した今、人間と妖怪は平和にやっているだろうか。 なんにせよ、うしおととらに出会えてとてもうれしい。 39話、どのエピソードも観る価値があった。 さて、感想はここまでにさせて頂きたい。 サンディエゴ、カリフォルニア州、21歳、男性 それは Thank Youってことだと思う。 日本語では、3は san、 9は kyuと言う。 FromDistant 数年後に観返すのが楽しみ。 FromDistant 俺「1話の中にどれくらいの感動を込めることができるのか :' 」 藤田和日郎「知らんよ。 望むだけ全部だxD」 女性 とらに敬意を表して「腹ァ…いっぱいだ 」 コメント一覧 29• ななしのディスタント• 2016年10月29日 08:04• 翻訳最後までありがとうございました。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 09:02• うおおん、全話翻訳ありがとうおつかれさまでしたっ!• ななしのディスタント• 2016年10月29日 09:39• みんなの感想読んでいたら 思い出してこっちも泣けてきた• ななしのディスタント• 2016年10月29日 10:14• お疲れ様でした ここの翻訳サイトを読んで、本当にうしおととらのアニメが 終わったんだなあと、個人的に思います• ななしのディスタント• 2016年10月29日 10:29• 翻訳完走乙でした 個人的には残念なアニメ化だったけど未読の海外勢には好評でなにより 他の作品も無理しない程度に頑張って下さい• ななしのディスタント• 2016年10月29日 10:53• 今のアニメ業界にこういうアニメを作り続ける力は残ってないよな。 1クールの販促アニメばっかり。 たまにあっても外注に頼って無理矢理つくるしかない。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 11:26• やっぱうしとらいいなぁ 最終回の連載をうっかりコンビニで立ち読みしてしまったのが非常に悔やまれる• ななしのディスタント• 2016年10月29日 11:29• お疲れ様でした。 アニメはカットが多過ぎたのが不満で視聴が続けれませんでしたけどこうやって反応の翻訳で見ることでカット部分がぼやけて作品をまともに見ることができた気がします。 やはり伝説級の作品はいいですねぇ。 どうやら下請けだった中国企業の一部が本国での仕事が発生し始めたので安く使えなくなりつつあるとか。 CMやプロバガンダで絶大な効果があるから日本から技術と仕事を貰ってたんですしね。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 13:41• 正直、今更うしおととらの感想? と思って翻訳読んでたけど、改めてストーリーを追えて今は感謝。 最後まで楽しめて感想を読めました。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 13:45• 翻訳お疲れ様でした やっぱり最後の締めがいいよね!• ななしのディスタント• 2016年10月29日 13:59• 翻訳お疲れさまでした あと2クールあれば完璧なアニメになったのに おのれ尺面のものめ• ななしのディスタント• 2016年10月29日 14:46• ついに最終話まで、翻訳完了お疲れ様&ありがとうございました。 しかし……最後まで観た海外勢の評価はバッチリだっただけに、序~中盤で脱落した人が多かったようなのがやっぱり残念だなあ。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 16:07• 全話翻訳お疲れ様でした。 この作品を見て、海外の人がどう思うのか すごく知りたかったので、本当に感謝です。 結論:「うしおととら」という作品は漫画史上に燦然と輝く金字塔である。 どうか各国語に訳されて多くの人に読んでもらえますように。 どうもありがとうございました。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 20:20• 翻訳おつかれさまです。 途中に原作の英語版についての書き込みが あるけど、英語版出てないんだろうか。 これを機に原作も注目されてほしいね。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 20:33• >なんでうしとらの妖怪たちは皆こんなに「理解」できてしまうんだ?! こうなると「ブランコをこいだ日」が削られてなかったら 脱水症状による死者が海外勢から出てたかも分からんな• ななしのディスタント• 2016年10月29日 21:32• 俺の好きな子完全にいなかったな・・・ 設楽水乃緒「お外堂さんおいでませい!!!」 最初の方はまるでダイジェスト版みたいだったから是非漫画読む機会あったら読んでみてほしいもんだ• ななしのディスタント• 2016年10月29日 21:34• 最後までの翻訳お疲れさまでした。 そして海外の人たちにもうしおととらが好評だったようで何より。 しかし度々白面を見てハガレンのエンヴィーを思い出すと言われてるけど 荒川弘も連載時リアルタイムでうしおととらを読んでたそうなので 嫉妬の名を冠するキャラを描くにあたり意識したのかもしれない。 ななしのディスタント• 2016年10月29日 21:49• 俺の少年期の感動、興奮を世界のみんなと共有できたよ…• ななしのディスタント• 2016年10月29日 22:40• 翻訳乙です• ななしのディスタント• 2016年10月30日 00:13• 自分の好きな作品を海外のみんなとすら共有できることの 何という甘美さよ・・・ サンキュー管理人さん• ななしのディスタント• 2016年10月30日 01:05• >おどろき もものき さんしょのきなアニメだった! ブログ主の翻訳センスにわろたw• ななしのディスタント• 2016年10月30日 07:48• 翻訳完走お疲れ様でした。 ななしのディスタント• 2016年10月30日 10:05• ああああ……終わったんだなぁ、という気持ちは 海外の人たちも同様だったんだな。 それを知る事が出来て本当に嬉しい。 そして、今さらではあるけど カットは無しで行って欲しかった。 藤田さんのお気持ちは分かるけど やっぱりカットはしないで欲しかったなぁ…… 何にしても翻訳、お疲れ様でした!• アノンさん• 2016年10月31日 21:21• アノンさん• 2016年10月31日 23:22• 海外の人たちの反応が瑞々しく、自分が始めてこの作品に触れたときの感動を思い出しました 翻訳ありがとうございます• ななしのディスタント• 2016年11月02日 01:33• アノンさん• 2016年11月03日 11:32• 子ども時代に夢中になった作品が海外の人にも伝わって嬉しや 翻訳ありがとう!• アノンさん• 2016年11月05日 01:30• 違うんだ・・・苦労したから老けてるだけで紫暮パパはまだ40代なんだ・・・ まあでもお爺ちゃんにしか見えんよね• アノンさん• 2016年12月12日 18:38• 面白かった 未だに続編待ってる漫画 紫暮パパのスピンオフでもいい….

次の

うしおととらの最終回(33巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も!|終わり良ければすべて良し!あの漫画の最終話集めました

うしおととら 最終回

そして白面とはなにか?それはうしおととらのラスボスで、九尾の妖怪。 半端じゃない大妖怪。 白面退治のために作られたうしおの持つ最強の武器 「獣の槍」と、うしおの相棒の妖怪・とらと因縁を持つ関係。 大妖怪として、同じ妖怪からも恐れられているとらすら警戒心MAXになるような化物です。 ではうしおととらの最終回ネタバレをどうぞ。 記憶を消すことにより、獣の槍の使い手・うしおやとらという希望を忘れさせることが出来る。 その狙いはもう一度白面の恐怖を植え付けるためだった。 しかし今白面は、沖縄の海の底に封印されている。 その白面を封印しているのが うしおの母・須磨子 である。 封印されている場所は、日本を支える地盤となる柱であり、白面を封じるための要ともなっている。 白面はその柱を破壊させるために、日本国家そのものに接触する。 獣の槍を作った技師・ ギリョウの妹で、現在も幽霊として存在する ジエメイ。 白面の分身はジエメイに成りすまし、軍を上手く操り、柱破壊の計画は決行されてしまう。 それを知ったうしおととらは、破壊を止めさせるために二人で沖縄に向かう。 しかしその途中、白面の結界や白面が仲間にした光覇明宗の 秋葉流が立ちはだかる。 光覇明宗とはうしおの父・紫暮が属する妖怪退治の団体。 獣の槍伝承者を育てる場所でもある。 その流との戦いをとらが引き受け、うしおは母の元へ向かう。 とら(シャガクシャ)の過去 一方、壊れた獣の槍はその破片をまき散らし、人々の頭の中にいる婢妖を消滅。 そして、うしおは海の底に沈みながら、誰かの記憶に迷い込む。 その記憶は白面と因縁を持つ人間のもの。 出産時に家に流れ星が落ちたが、生き延びた赤子。 その経験は不吉なこととされ、町では呪われた子として噂された。 その人間は、この世の全てが憎いと感じている シャガクシャという人物だった。 シャガクシャの肩は、憎しみを抱く度になぜか疼く。 そして、シャガクシャは戦いが物凄く強く、国を守る英雄ともされているが、同時に忌み嫌われてもいた。 そう思っていたのはシャガクシャのみであったかもしれないが。 しかし、シャガクシャにも転機が訪れる。 それは町で偶然助けた姉弟である。 その姉弟はシャガクシャを恐れない良い人間であった。 むしろ英雄のシャガクシャに感謝すらしている。 二人と暮らすシャガクシャに暖かい心が生まれるが、温かい日々は続かず、国と国との戦いが始まってしまう。 シャガクシャは自国が勝てないことを分かっていたが、自分と姉弟だけでも逃げようと、まず姉を安全な場所へ連れて行こうと木々の中を駆け抜ける。 だが、すでに待ち伏せていた 敵に いくつもの矢を放たれ、防ごうとするが何箇所か被弾した姉は息をひきとり、シャガクシャは猛烈に怒る。 憎しみのまま全兵士を倒した・・・がその時 シャガクシャの肩に異変が!! 肩から白面の者が飛び出して来たのである。 生まれた時に流れ星が落ちた人間・シャガクシャに白面が寄生していたのだ。 形を持っていなかった白面は 形を形成し、 自らの手で悪さをするために、偶然産声が聞こえただけの、生まれたばかりのシャガクシャを選び寄生。 白面は街を滅ぼしに向かう。 滅ぼされた街には弟も倒れていた。 これにより憎しみを抱き、シャガクシャと白面の因縁が生まれる。 シャガクシャは白面が体に寄生していたため、その影響で同じ体質になり、永遠に生きる存在となる。 そして獣の槍を探す旅に出た。 獣の槍を探し出したシャガクシャは、槍を握る。 するとシャガクシャに変化が! それは獣の槍を使用し続けた者の末路であり、獣の槍に魂を食われ大妖怪に変化する宿命。 (その妖怪を字伏という) それが現在の 「とら」である。 鏢と紅蓮 白面と戦っている者達がいる中、別の場所で戦いが起こっていた。 それは 鏢と紅蓮。 白面の者と手を組んでいる紅蓮は昔、鏢の住んでいた中国で石化していた。 その場に駆けつけていた鏢も、あっけなく片目を切り裂かれている。 その復讐の為に鏢は紅蓮を探していたのだった。 日本国民は全員白面の影響で避難し、人のいない街中で紅蓮と鏢は3日間戦い続け、紅蓮の稲妻によって鏢は気絶して、民家の庭で倒れている。 気が付くと民家にはまだ逃げていない母娘がいた。 母親はアカデミー賞を取った人間であり、人の多い所には顔を出せず避難することをやめている。 そんな中、紅蓮が鏢の前に現れる。 既にボロボロの鏢は紅蓮にかなり押されている。 そして、避難していなかった母娘をかばっているため、更に動きが鈍い。 かなり弱りながら、鏢は紅蓮の稲妻を義眼に取り込み、自分の腕ごと紅蓮の口の中に入れる。 うまいうまいと腕を食べる紅蓮。 その義眼は霊力を持った水晶。 そして、紅蓮の雷を含んでいる。 更に 鏢の身体 には呪符も仕込まれていた。 その三つが含まれた腕と目を食べた紅蓮。 自分の最悪の事態を悟った紅蓮は、 やられたくないともがく。 しかし鏢の合図により、紅蓮の体は内側から破壊される。 倒れこむ鏢は一緒にいた母娘を自分の家族と勘違いし、紅蓮に家族を襲われた日の家に帰る幻影を見る。 そのまま鏢は笑顔でこの世を去っていった。 最終決戦 話は白面との戦いに戻り、うしおはシャガクシャの記憶の旅から戻る。 戦意を取り戻したうしおは、獣の槍は失ったが、それでも白面と戦うことにする。 人々の記憶は壊れた獣の槍の破片が日本中を駆け巡り、寄生していた婢妖を絶滅させたことで戻る。 記憶の戻った、東西の妖怪とうしおは白面のもとへ向かう。 別の場所では白い髪の結界を作る一族・小夜が、あの世とこの世を繋ぐ冥界の門を開いている。 過去に昇天した、うしおと関わりのある人間・妖怪が出てくる。 その者たちの攻撃を受けた白面が口を開けると歯形のついたとらが落ちてくる。 とらの過去を見たうしおは動かないとらに謝る。 戦い続けることを決めたうしおは、とらを抱えたまま獣の槍を呼んでみる。 すると槍の破片がとらの体の中に入り、口から元に戻った獣の槍が出てくる。 再度獣の槍を手にしたうしおはまるで別人の強さで、以前苦戦した白面の分身「シュムナ・くらぎ」をあっという間に倒す。 そして、白面にも一撃。 ひるんだ隙に 妖怪研究所ハマー、ジエメイの子孫の須磨子とうしおの同級生 まゆこ。 更に、光覇明宗の者たちと東西の妖怪が一斉に白面に結界を張る。 ピンチになった白面は紅蓮を呼ぶ。 「今来られるとまずい」とみんなは慌てるが、紅蓮は来ない。 鏢にやられたからである。 しかし、それでも白面は強い。 うしお一人では勝てないのを 母・須磨子は 分かっていたため、真由子に指示を出し、結界を張った状態で霊体になりとらの元へ向かわせた。 そして父・紫暮 から須磨子の櫛を借りてとらの元へ向かう。 ちなみにその櫛は、獣の槍で妖怪になりかける人間を一時的に鎮めることが出来る。 そしてとらの元へたどり着いたまゆこはとらを復活させる。 「うしお、おまえならなんとか出来るだろ・・ おまえとわしなら・・・」 するとハッとした顔で起きたとらの傷は治り 復活する。 白面との最終決戦に備えた、別の字伏達がとらの鎧となり、とらはパワーアップする。 うしおととら復活 復活した「うしおととらVS白面 」の戦いが始まる。 今まで戦った者、関わった者、冥界の者 、うしおととらオールスターズが集結する。 しかし、白面は自分の表面を爆発させ蹴散らす。 その状態で白面を囲う結界の中にうしおととらは入り、白面とタイマンをする。 白面の7、8本目の尻尾から出てくる、槍と稲妻にボロボロにされるうしおととら。 それでも戦い続けるうしおは獣の槍の使い過ぎで妖怪に変身しかける。 とらの鎧となっていた字伏達にも変化があり、白面を憎むあまり、白面の姿に変身した。 しかし白面と同じ身体を持ち、うしおと出会えたとらは、変身しない。 字伏たちは白面に向かっていき、7,8本目の尻尾を壊す。 力の差は明らかだが、戦い続けて手を取り合い戦う人間の姿を白面は羨ましいと感じていた。 とら曰く白面はうしおが眩しいと。 図星をつかれた白面はうしおを攻める。 しかし、白面の攻撃は止められる。 それは冥界の門から来た、 鏢、流、徳野、さとりによって防がれたもの。 四人に一言ずつ激励をもらい、うしおととらの力が増す。 ピンチになった白面は、恐怖で獣の槍ばかりを意識していたことを認め、自分の目を潰し気配だけを感じながら戦い始めると白面に、手も足も出なくなる。 そこで、とらがとった最後の策。 白面と同じ匂いを持ったとらは、自分自身に獣の槍を刺し、槍の気配を封じ込め感じさせない手段に出る。 とらの獣の槍によるダメージを心配し、槍を抜こうとするうしおだが、とらは止める。 「他の奴がやられるのと今倒すのとどっちが大事だ。 」 「目的を忘れるな」 と言う。 うしおと出会ったとらは、他の人間がやられるのも惜しくなり、うしおも「お前にだけかっこつけさせねえ」と納得し、二人で白面に突っ込む。 そして、念願のラスボス、白面は倒され、散りゆく肉体、9本目の尾は赤ちゃんの幻影を残し消えていく。 白面は赤ちゃんになりたかったのかもしれない。 とらも 「そろそろらしいや」と言い始める。 消えていくとらにうしおは 「俺を喰うんだろ」と言う。 しかし、とらは 「もう喰ったさ、腹いっぱいだ」 と名セリフを残しこの世を去る。 獣の槍の影響で化物になりそうなうしおの元へギリョウ、ジエメイが現れ、うしおの変身はくい止められた。 白面のいた地盤には代わりに妖怪たちがその場所に入り、石化することで支えることに成功。 小夜が開いた 冥界の門 は内側からしか閉められないので自ら入ろうとしたが、 代わりに幼い頃からずっと一緒にいた座敷童が入り、泣きながら別れをする。 こうして多くの犠牲をはらいながらも、平和な世界を取り戻しました。 白面決戦の後 戦いも終わり、翌年3月。 その日はうしお達の卒業式。 家を出ようとする真由子は親に、2年生の時みたいにハンバーガー屋によっちゃダメと言われる。 ハンバーガーと聞くと涙が出る。 (とらを思い出して) そんな真由子をキリオが励ます。 一方うしおはというと、母が帰ってきて家族三人で暮らす日々を満足している。 卒業式に遅れそうなのに、母のご飯を絶対に残さないうしおは父と言い合いになる。 慌てて食べたうしおは顔にご飯粒がついていて、母がふいている。 ずーっと母子離れていたため、わだかまりのあるうしおは、カチコチに固まる。 父・紫暮も「須磨子・・・さん」みたいなよそよそしい雰囲気に、まだわだかまりがある。 そして、学校に行く時にとらと出会った蔵の前で立ち止まる。 泣きそうになるが 「おもしろかったよなぁ、なあ、とら」といって、うしおは麻子と真由子とキリオと合流して卒業式に向かう。 ~終わり~ あらすじは以上になりますが、この後少し、妖怪によるナレーションがあって気になった部分があったんですよね。 とらと白面は復活するの? 最終回はすごく感動する内容で、そして、すごくスケールの大きい、日本全土の戦いになっていました。 そして気になる続きなんですが、 雲外鏡っていう鏡の妖怪がナレーションしてるんですよ。 その内容が、 人間は土に生まれて、 土に戻ればもう帰ってこない。 だが、そこから帰って来る者がいる。 それが妖怪!! って言ってるんですよ。 その後、うしおととらは絵に載ってないけど、会話はしてるんですよね。 その時、とら生き返るんじゃん。 よっしゃ!! って喜んじゃったんですよ。 僕は、とらが一番好きなキャラだったんで。 ですが、それって結構な問題じゃないですか? 妖怪そのものは永遠に生き返るんですよ。 ってことは今までいた悪い妖怪、そして、 白面も生き返ることになっちゃうんですからね。 実際、もう一回戦って勝てる相手とも思えないし。 改心しているのかも分からないし。 汗 他にいえばうしおととらの世界は、はっきり言って化け物だらけなんで、復活疑惑のある妖怪は多数なんです。 笑 まあとらが生き返るかもしれない・・・という粋な計らいだったのかもしれませんが、この真相は作者にしか分からない問題ですね。 その後にうしおととらの読み切りを掲載してたんで、いつか、そういう内容の物も、書いてくれたらなーって思ってます。 まとめ うしおととらアニメ放送は、僕の地域では金曜日に放送されているのですが、毎週見ちゃいますね。 まだ1クールなので毎週が楽しみになっています。 でも終わりは来るものなんですよね・・・。 今回は最終回ネタバレとして、つらつらとあらすじ紹介していきましたが、実際にアニメではどのように表現されていくのか? そこが非常に気になっているからです。 まだ最終回を知らない皆さんも、はっきり言って思ったより感動しますよ。 本当なんですから!!笑 でも、アニメも最終回はまだまだ先のこと。 今から言っててもしょうがないですね。 本当に面白いマンガなので、毎週アニメを大事に見ましょう。 それでは以上 「うしおととらの最終回をネタバレ考察!とらと白面は復活するの?」でした。

次の

漫画「うしおととら」最高に泣ける最終回・ネタバレ

うしおととら 最終回

白面との最終決戦 『うしおととら』の最終的なボスに白面の者という、九尾の狐のような大妖がいます。 最終決戦では、人間と西の妖怪、東の妖怪が力を合わせて白面の者を迎えうちます。 最終決戦の一歩手前で、潮ととらは喧嘩別れをしてしまいます。 その理由というのが、潮が慕うナガレという人物をとらが殺してしまうんですね。 これには理由があって、ナガレは最終決戦で白面側に寝返ります。 ここら辺の理由も微妙で、潮の太陽のような人間性が眩しすぎたというもので、闇側につくことを選ぶわけです。 これが原因で仕方なくとらはナガレを倒すのですが、潮は現実を受け入れられずとらを拒絶します。 一人で白面の者に立ち向かったとらは、当然返り討ちに合いとらも瀕死の状態となります。 正確には一回死んだ お互いのわだかまりが解けて、真由子のおかげで復活したとらも白面の者と戦う潮のもとへ急行します。 今まで潮に関わってきた者全員が、白面を倒すために集結し追い詰めますが最終的には白面が出した毒の瘴気で潮ととら以外誰も近づけなくなります。 最終回では、潮ととらvs白面の者とのガチンコ勝負になります。 この時に白面の正体が明らかになりますが、白面が持つ9つの尾はそれぞれ今まで倒してきた化物の化身でした。 シュムナ• 十和子など 今まで倒してきた妖怪達ですが、ここでは潮ととらのコンビが炸裂し問題なく倒していきます。 とらと白面の因縁 とらと白面の者の間には、はるか昔から続く2人の因縁が最終ステージで明らかになります。 とらは元・獣の槍の使い手なのですが、妖怪になる前はシャガクシャと呼ばれる2500年前の古代インドに生きる男でした。 シャガクシャが生まれた時、一つの彗星が落ち周りの人間が全員死んだことから呪いの子として生きていくのですが、この彗星こそが白面の者の原始の姿だったのです。 シャガクシャ とら に憑依した白面の者は彼の怒りや憎悪のエネルギーを餌に成長していきます。 その後、白面の者はシャガクシャから産み落とされ現在の姿に至ります。 この時に大切な人を殺されたシャガクシャ とら は、白面の者に復讐を誓います。 最終決戦、そして潮ととらのその後 最終決戦では、とらと白面の者の因縁という衝撃の事実が明かされるのですが、結論から先に言うともちろん潮ととらが白面の者に勝ちます。 白面は自らの目を潰し、 うしおやとらに考えを悟られないため 反撃をするのですが、ここで一時劣勢になります。 白面は目が見えなくても獣の槍を感知できるわけです。 ここでとらが機転を利かせて、自らの体内に獣の槍を突き刺し白面の者が獣の槍を感知できないようにします。 もともと、とらが蒼月家の蔵に張り付けられていたのもこの理由になります。 先で説明したように、とら シャガクシャ から生まれた白面はとらと同じような体質を持っています。 とらの体内に刺された獣の槍を白面は感知できません。 ここら辺は外伝でとらが蒼月家に張り付けにされていた理由が語られています。 これと同じ手法で、とらは自らに獣の槍を刺し白面が感知できないようにします。 とらの機転で潮ととらは白面の者を倒すことに成功します。 しかし、その時に深手を負ったとらもそのまま消えてなくなります。 消えていくとらに対して、まだ俺を食べてないだろ!?と泣きながら引き止める潮に対してとらが放った一言は名言ですね。 「もう喰ったさ。 腹いっぱいだ」 最後の戦いは終わり、潮には平穏な日常が訪れます。 最終話では、潮の母である蒼月須磨子は無事に家に戻ってきます。 学校に行く時に、とらと出会った蔵を見つめる潮は涙をグッと堪えてるようにも見えます。 しかし、この作品の最終コマではとらと潮が言い争っている部分が言葉だけで、描写され完結を迎えます。 とらが生きていたのかどうかは、藤田先生が読み手に委ねたのでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 『 』はかなり以前に読んだ漫画ですが、今も当時の記憶を振り返ることができます。 これだけ強く印象に残っている作品はそんなにないと思います。 2015年の夏にはアニメ化もされるので、とても楽しみです。 うしおととらは作品自体も長く、ストーリーがそれぞれ複雑に絡み合っていて読み応えがある漫画です。 とらの出生の秘密や正体が知りたい人はこちらの記事もどうぞ。 物語に登場する破魔の霊槍=獣の槍の秘密やうしおとの関係性を知りたい人はこちらもどうぞ。

次の