カナヲ全体。 【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

栗花落カナヲ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

カナヲ全体

概要 本来は蟲柱であるの私邸であり、しのぶの意向によりに与えられる邸宅を、負傷した隊士の治療所として開放している。 その名の通り、館の庭には常に沢山の蝶が舞っている。 また、アニメ24話の次回予告によると裏山があり、敷地が広大であることが伺える。 庭には初代花柱が植えたとされる『必勝』と名付けられた桜があることから、初代花柱の在位していた時期によっては建て替えなどがあったとしても、大分長い歴史を持つ館となっている。 にを伝授した育手から継承した、またはカナエが花柱に就任したことからが与えた、などの可能性が考えられる。 現在のしのぶの継子であるなどが、に保護された経緯がある事から、鬼によって家族を失った者(主に女子)や事情があって行き場を失った少女の保護も行い居住させている。 館にはしのぶに似た蝶の髪飾りを着けた幼い少女や、実力不足で前線に立てなかった少女剣士が看護師として働いている。 しのぶは彼女たちを実の妹のように慈しんでおり、看護や薬学の知識を教えている。 また彼女たちの仕事は看護だけでなく、怪我を治療した剣士たちの機能回復訓練の為の教官も務める。 治療所 薬学、医学に秀で、による状態異常を治癒できるまさに専門医であるしのぶによって負傷した隊士の治療所として開放されている。 によって人面蜘蛛に変えられた隊員たちのことを考えれば通常の病院に搬送は出来ない、必要な薬が処方されないため蝶屋敷は鬼殺隊専用の病院、薬局である。 人面蜘蛛に変えられた隊員たちは泣きながらしのぶのもとに向かっていることから、多くの鬼殺隊員たちがしのぶに命を助けられてきたこと、しのぶなら何とかしてくれると信じていることが伺える。 治療中の者たちは、薄緑色のパジャマのような入院着で過ごす。 訓練所 治療のために長期療養をした結果、万全の状態でなくなった隊員たちに体力を戻すための機能回復訓練を施すなどアフターケアも充実している。 マッサージ 寝たきりで硬くなった体をほぐす。 単なるマッサージかと思いきや、きよ、すみ、なほたち三人娘から や などを掛けられる。 反射訓練 座卓に薬湯が入れられた複数の湯飲みが並べられ、二人一組でお互いに薬湯を掛け合う。 湯呑を持ち上げる前に相手に湯呑を押さえつけられたら持ち上げられないというルールのもと行う。 薬湯は匂いが酷いものの、風呂などに混ぜて使うと疲労回復に繋がる優れもの。 全身訓練 端的に言えば。 訓練担当者を捕まえたら勝利。 しかし、上記の内容をうら若き少女達に行われるため、反射訓練、全身訓練でカナヲに敗北を続けた思春期の少年たちの繊細なハートを バッキバキに折れさせてしまう。 諦めず挑戦し続ける炭治郎にきよ、すみ、なほたち三人娘はについて教え、かつてしのぶがカナヲに課していた訓練で通常より硬い特殊な瓢箪を吹いて破裂させて、徐々にそのサイズを大きくしていったことを知る(しかもカナヲが現在割れるのは、 三人娘と同じ身の丈の瓢箪である)。 炭治郎は師匠たるがかつて課した修行メニュー・刀の素振り、山下りの代わりに屋敷の庭をランニング、岩を使った筋力トレーニングなどを日中、全集中の呼吸をしながら行い、夜は座禅を静かな全集中の呼吸で行うこととした。 更に、三人娘たちに夜の就寝中に全集中の呼吸が止まっていた場合は布団叩きで叩くよう依頼し、少女たちは容赦なく実行した。 カナヲに次いで蝶屋敷の中心人物となっているメンバー。 元々は剣士として鬼殺隊に入隊したが、本人曰く「怖くて戦えなくなったため」蝶屋敷で働く。 元々剣士であったことから、重傷を負った剣士の機能回復訓練での初期の教官を務めるなどそれなりの技量を持っているようであるが、主に看護師として鬼殺隊の隊員を支えている。 カナヲが保護される以前から蝶屋敷で暮らしていたた。 (画像中央)(CV:) 看護・訓練担当の三人娘その一。 髪型は前髪を垂らしたおかっぱ。 アニメでは帯の色が桃色。 (画像左)(CV:) 看護・訓練担当の三人娘その二。 髪型はおさげ。 アニメでは帯の色が水色。 (画像右)(CV:) 看護・訓練担当の三人娘その三。 髪型は三つ編み。 アニメでは帯の色が緑。 名もなき継子たち• で両サイドをにした少女(髪飾りは水色)• のの少女(髪飾りは桃色)• のの少女(髪飾りは緑色) しのぶの回想からカナヲ以外に少なくとも三人の継子の少女たちが存在していたが、いずれも殉職してしまった。 しのぶの姉、カナエの納骨のシーンに登場していないことからカナエの継子を引き継いだ可能性は低く(もしくは任務中で納骨に参加できなかったか)、カナエの亡くなった四年前から本編開始前までの間の四年間の間に亡くなったと思われる。 本編での登場 初登場は『蝶屋敷編』。 那田蜘蛛山でのをはじめとした蜘蛛鬼達との交戦後、炭治郎とは柱合裁判にかけられる。 しかし産屋敷の計らいもあって何とか生き残った炭治郎達は、しのぶの提案によって蝶屋敷で戦いの傷を癒し、そして機能回復訓練を行うことになった。 pixivにおける蝶屋敷 pixiv内では蝶屋敷に所属するメンバーが多く登場する作品や、蝶屋敷内での出来事を描いた作品にこのタグがつけられる。 また二次創作などでは負傷や風邪、の治療などのための入院先として、作品の舞台となることが多い。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

『鬼滅の刃』カナヲの奥義「彼岸朱眼」が発動!ついに童磨の首が斬られた件!

カナヲ全体

の髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。 身に着けている羽織は無地の単純なもの。 炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは 傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。 人物 花のように可憐なニヒリスト 常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。 最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。 見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では ・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(当人の言では 『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』らしく精神崩壊に近い)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの 形見である事が後に判明した。 に入った理由は、世話になっているで家事や怪我人の治療を達の様に上手く出来なかったからであった。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。 それは鬼に家族を殺されたアオイや達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、 間違いなく彼女の意志であった。 以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。 『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』 炭治郎との出会いを経てからは 「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。 具体例としては、に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。 その他 なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。 姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。 栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な 絶技。 行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内を意図的に過剰分泌させての、への強制移行も推察される。 ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、が彼岸花の如く朱に染まるほど。 このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 カナヲの隊服は状の特別なものが支給されている(単行本21巻にて正確にはであると判明)。 初期のころは膝下まである長さだったが、なぜか回が進むにつれて短くなった(推察される原因については、を参照)。 更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して城内を駆け回った。 その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。 以降の詳細については、 を参照。 勿論 ネタバレ注意。 ネタバレB 無限城崩壊後は、と共に皆と合流。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって仲間達は戦闘不能となり、運良く直撃を免れたカナヲも札が斬られた事で無惨に見付かってしまう。 絶望的な状況の前に成す術も無く座り込むカナヲに容赦なく無惨が襲い掛かろうとしたその時、死の淵から復活した炭治郎が参戦。 間一髪でカナヲは助かり、炭治郎の手で隠に託された。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

蝶屋敷 (ちょうやしき)とは【ピクシブ百科事典】

カナヲ全体

「静かになさってください!!説明は何度もしましたでしょう いい加減にしないと 縛りますからね」 CV: 概要 氏の漫画『』の登場人物の一人で、古来よりを退治してきた組織『』の隊士である。 また、しのぶから薬学を学んでおり、簡単な薬なら調合できる(アニメ第24話予告より)。 しのぶの継子であるとは親しく、那多蜘蛛山の戦いで負傷して運び込まれたたちが機能回復訓練に挑んだ際は、共に彼らの相手をしている。 ちなみに手先が器用なようで、柱合会議でに破壊された炭治郎の木箱を修理してくれたのは彼女だという事が、単行本6巻の大正コソコソ噂話にて描かれている。 元々は彼らと同様に任務に出て鬼と戦っていたようだが、訓練では病み上がりの善逸やに敗れるなどあまり能力は高くないようで、本人曰く最終選別には運良く生き残っただけで、その後は恐ろしくて戦いに出られなくなったのだという。 そのため「自分は腰抜け」と己を卑下していたが、炭治郎から「 そんなことないよ 俺を手助けしてくれたアオイさんはもう俺の一部だから アオイさんの想いは俺が戦いの場に持っていくし」と激励され、以降は彼を気にかけるようになる。 7巻にて設定が明かされた。 高等部2年の柿組。 華道部に所属する17歳。 実家の定食屋をよく手伝っており、後に の襲来でその日の分の食材を食い潰され、営業が出来なくなるエピソードが描写された。 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 21:16:08• 2020-07-18 21:15:39• 2020-07-18 21:14:20• 2020-07-18 21:14:18• 2020-07-18 21:14:10 新しく作成された記事• 2020-07-18 20:53:09• 2020-07-18 20:47:19• 2020-07-18 20:44:35• 2020-07-18 20:15:58• 2020-07-18 20:45:19•

次の