アメリカ インフルエンザ 予防 接種。 アメリカ薬局CVSでインフルエンザ予防接種フルショットを打つ手順と英会話|ニューヨークのイェイちゃん

インフルエンザワクチン(予防接種)を薬剤師がわかりやすく解説

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

アメリカでは、予防接種に対して懐疑的な人が多い 医療従事者でない、一般的なアメリカ人のなかには、 予防接種否定派の人が、少なからずいます。 理由はさまざまで、副反応・副作用や、宗教上の理由などです。 義務でない予防接種は、出来るだけやらない人もいます。 アメリカ人が、予防接種の副反応・副作用を避けるためにとっている対処法 副反応を避けるため、複数の予防接種を別の日にする 予防接種の副反応は、とっっっても低い確率ですが、存在するようです。 (ほとんどが軽度らしいけど) アメリカ人の中には、 複数の予防接種を、同じ日に受けるのは良くない という考え方をする人がいます。 子供の予防接種の日程を空ける親たち アメリカでは、子供が公立学校に入学する時に、州によって決められた予防接種をしていないと入学できません。 (宗教や信念上の理由で、予防接種の拒否を認める州もあります) 何歳になった時にこれとこれを小児科で打つ、というように決められているのですが、 小児科医に頼めば、 複数の予防接種を別々の日にわけて打つことが出来ます。 これは大人の予防接種でも、できます。 私の息子も、2種類目の予防接種は、数週間あけたよ 私の息子も、予防接種の日程をわけました。 普通は、1回の受診時に2種類の予防接種を打つはずなのですが、 小児科医に頼んで、2つ目の予防接種を2週間後にしてもらいました。 2回にわけた場合、価格は変わる? わたしは、2回目の予防接種の時は何も支払いませんでした。 1日で2種類を一気に打とうが、2種類目を数週間後に打とうが、値段は変わらなかったです。 保険によって違う可能性もあるので、ご自分の保険会社か、医院の窓口で確認してください。 妊婦のインフルエンザ予防接種について 今までは、アメリカの予防接種について書きました。 ここからは、「 妊婦」と「 インフルエンザワクチン」について、書いていきます。 「 インフルエンザ予防接種」は、英語で「flu shot(フルショット)」です。 以下、この記事でも「フルショット」と書きます。 妊婦がインフルエンザ注射をしたら、怒られた?! 息子を妊娠した時に、産婦人科に勧められてインフルエンザの予防接種を打ちました。 帰った時に、そのことをルームメートと遊びに来ていた彼のガールフレンドに言ったら、 怒られちゃいました! 「妊婦なのに、予防接種なんて!!! 体に薬を入れて、産まれてくる子に影響があったらどうするの!バカッ」と。 このように考えるアメリカ人は、けっこう多いですね。 日本でもアメリカでもそうですが、予防接種否定派の意見をネットや実社会でよく聞きます。 予防接種に限らず、食事法や教育法などもそうですが、間違った情報がひとり歩きすることもあるので、どの情報を信じるのかは個人の責任のうえ、よく考えないといけないですね。 (予防接種の善悪についてはわかりません。 私は医者に言われればするタイプですが、やらない人がいるのも、まぁ理解できます) 産婦人科医と薬剤師に、妊娠中のインフルエンザ注射の安全性を聞いたよ 怖がりなイェイちゃん。 フルショットを打つ前に、産婦人科医と薬剤師に妊娠中のフルショットの安全性についてしつこい程聞きました。 詳細は) 薬局の答え: 妊娠中いつでも、フルショットは安全です 毎年、フルショットを打つたびに同じことを別の薬剤師に聞くのですが(しつこい…) どの薬剤師でも答えはいつも一緒。 詳細は) 注意! この答えは、全ての人にあてはまるわけじゃない。 信頼できる医者や薬剤師に相談してね! 注意1: この記事は、医療従事者ではない一般人が書いたものです。 私個人の経験を、シェアしているだけのものです。 注意2: これは私個人が、医師や薬剤師から聞いた答えです。 全ての人には当てはまらないかもしれません。 体質や、持病、または日米の注射事情は違うかもしれません。 注意3: 私が医師や薬剤師に確認したのは、インフルエンザ予防接種(フルショット)についてのみです。 世の中には、妊婦は打たないほうがよい、他の予防接種も存在します。 以上、注意3つを理解し、妊婦の方もそうでない方も 予防接種については、ご自身でお医者さんやお薬剤師さんに確認して、責任を持って行ってください。 一切の責任は負いかねます。 妊活中に朗報!効くまでに2週間かかるけど、1回打てば、フルシーズン効くぞ 妊活中の人は、妊娠前にフルショットを打って、妊娠した後でも免疫が体に残っていると最高ですよね。 なので、フルショットがどのくらいの期間持続するのかを調べました。 日本の複数のサイトには、 「インフルエンザ予防接種は、打っても3~4ヶ月しか効き目がない」と書かれていました。 「それって、今打ってもインフルエンザがピークになる頃には体から抜けちゃってるじゃん!」 「3~4ヶ月後に、もう1回打たないといけないの?もし妊娠したら、妊娠中に打つのはイヤだなぁ」 と思い、ニューヨークの薬剤師に聞いてみました。 すると、答えは 「ワクチンが効くのは、打った2週間後くらいから。 」 「一回打てば、フルシーズン(春まで)カバーされるよ。 だから、1年に1回打てばOK」 とのこと! よかった! 妊活中の人は妊娠前にフルショットを打てば、次のシーズンまで打たなくて良いのね! やっぱりプロに聞いてよかった。 日本とアメリカだと注射液が違うのでしょうか? それとも、ネットで誤報が流れてるのでしょうか? 理由はからないけど、答えがわかってよかった。 次回は、の記事です! アメリカはほとんどが無痛分娩だよ~の記事もチェック!.

次の

アメリカ・インフルエンザの予防接種方法と必要な持ち物|海外生活トリセツ

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

夏も終わりましたね。 そこで冬に備えて、インフルエンザの予防接種を打ちに行く準備を始めるころですね。 え?すこし早すぎる?と思いますか? いえいえ、秋が始まったばかりですが、予防接種では遅くないんですよ。 そこで今回は 「アメリカでインフルエンザ予防接種を受けるには」を紹介します。 インフルエンザの予防接種って、意味があるの? インフルエンザの予防接種のことを、英語では「Flu shot(フル-ショット 」と言います。 この予防接種、予防接種したのにインフルエンザにかかった、って人もたまにいるし、あまり意味がないのかな?と思う人も多いのではないでしょうか。 しかも、もしインフルエンザになってしまったとしても、予防接種をしていなかった場合に比べ、予防接種をしているほうが 症状が深刻ではなくなります (アメリカ疾病管理センター(CDC)による)。 インフルエンザのシーズンはいつ? 予防接種に最適な時期はいつ? インフルエンザのシーズンは10月から5月まで。 ピークは12月下旬から3月上旬に発生します。 それに対して、 ワクチンは通常9月から11月中旬まで提供されます。 インフルエンザの季節が本格化する前に予防接種を受けると、体はウイルスに対する免疫を強化する時間があるので、とても有効です。 予防接種の種類は? インフルエンザ予防接種にはいくつかのタイプがあります。 まず、毎年、どのインフルエンザが流行するのか上位4株が予想されます(Aウイルス2株、Bウイルス1-2株)。 このほかに、 High-Dose Flu Vaccine:通常の4倍もの濃度のワクチンで、通常は65歳以上の人むけです。 Cell-Based Flu Vaccines:細胞ベースのワクチンで、雌鶏の卵ではなく哺乳類の細胞株から作られており、卵ベースのワクチンよりも有効と言われています。 Intradermal Influenza Flu Vaccine:筋肉の代わりに皮膚に注射するもので、通常よりも針が小さい Nasal Spray Flu Vaccine:鼻にスプレーをするタイプ などと種類が豊富です。 予防接種を受ける場所によって、置いてあるワクチン、価格等が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。 予防接種は効果が続くのはどれぐらいの期間? 通常、フル-ワクチンは、インフルエンザの1シーズン続き、時にはそれよりも少し長く効くことがあります。 また、ワクチン接種の2週間後から免疫が働くそうです。 しかしこれは一般的な見解で、免疫機構は個人差があるので、必ずしも保証されているわけではありません。 インフルエンザの予防接種が受けれる場所と費用 インフルエンザの予防接種は、多くの健康保険、または多くの州のMedicare Part B、Medicade でカバーされています(オフィスに出向く場合には、別途費用がかかる場合があります)。 また、保険に入っていない人でも、もちろん費用を払えば接種することができます。 必ずしも医者に行く必要はなく、 政府の保健センター、大学の保健所、CVSといったファーマシー、スーパーマーケットなどでも行っています。 (HMO保険の場合、主治医以外の場所で予防接種を行うことは、保険対象外の場合があります) 政府の保健センターでは、政府や州の補助により、収入に応じた費用(もしくは無料)の予防接種を行う場所があります。 アメリカ疾病管理センター(CDC)による すべてが掲載されているわけではない)はワクチン接種ができる場所を紹介しています。 以下に、接種する場所と価格の一例を掲載します。 店舗によって接種するワクチンの種類、価格が異なりますので、事前に問い合わせをして確認してください。 99 , high-dose 多くの場所で可能。 Costcoでフルショットを打ってきました 10月31日更新 先日、Costcoでフルショットを打ってきました。 そもそも私はCostco会員ではないのですが、ファーマシーは会員でなくても行くことができます。 Costcoの入り口で会員かどうかチェックしている人がいたら、ファーマシーに行きます、と伝えればOKです。 ファーマシーで、フルショットしたいです、と言うと簡単な問診票を書くように言われます。 名前、住所、アレルギーの有無、通院しているか、といった簡単な内容です。 それを渡すと、30分後にまた来てねーと言われました(なぜかはわかりません)。 で、30分後行くと、準備ができたようで、レジで会計。 (カードがVisaしか使えません。 気を付けてください) すぐ横の個室に行き、打ってもらうだけです。

次の

インフルエンザワクチン

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

アメリカのインフルエンザ予防接種(Flu Shot がどれほど便利なのかを解説していきます。 目次【本記事の内容】• 1-1. 1-2. 2-1. 2-2. 3-1. 3-2. アメリカでインフルエンザ予防接種(Flu Shot)の特徴 アメリカのインフルエンザ予防接種が優れているのは、次の2点が大きいです。 予防接種の費用がかからない インフルエンザの予防接種がタダです。 もうこの時点で、アンチワクチンとかどうでもいいので、普通に受けます。 アメリカは皆保険では無いので、無保険の人は費用がかかります。 しかし、 高い保険料を払っている人は、プランに含まれるので、やらなきゃ損な気がします。 アメリカはそれだけでは終わりません。 インフルエンザの予防接種を受けるとお金をくれるところまであるのです。 保険会社からも、Publixに対して処置代が支払われます。 (全店舗では無いようです) このようなキャンペーンは数と時期に限りがあるので、見つけたら早めに済ますことをおすすめします! クーポンが無いとしてもタダは大きいですよね。 スケジュールや予約などの手間がかからない 予約も入りません。 スケジュールもシーズン前から長くやっているので、混雑することも無く、時期を逃した!なんてこともありません。 全国の薬局やスーパーなどで、ちょっと時間が空いた時に、すっと行くことが出来ます。 保険のカードがあれば、その場で申し込めます。 多少待ち時間が発生する場合がありますが、病院でなくてもいいので、スーパーなどであれば、 買い物などをして時間をつぶすことが出来ます。 他の用事で病院に行った際などにも、時期になると医者が、Flu Shot打っとく?と勧めてきます。 すると帰り際にナースさんがサクッと売ってくれて終わりです。 アメリカではインフルエンザの予防接種へのアクセスが良すぎで、躊躇なく済ませることが出来ます。 アメリカで実際にスーパーで予防接種を受けた体験談 実際にスーパー(Publix でインフルエンザの予防接種を受けてきたので、その様子を紹介します。 夜7時半と遅かったのですが、店内にある薬局も開いていて、 待ち時間30分だけど今日出来るよ、と教えてくれました。 保険カードを提出して、薬局の保険カードもあった方が良さそうでしたが、結局無しでも大丈夫でした。 問診票(体調が悪くないか、アレルギーは無いかなど)を提出すると、30分後にまた来てね、と言われました。 去年、薬局のCVSでFlu Shotを打った時は、待ち時間が無かったので、ひょっとしたらこのスーパーはわざとお客さんを待たせて、買い物させようとしているのかもしれません。 私は買い物が済んでいたので、これ以上散財しないぞと、一旦家に帰ってご飯を食べました。 いい運動になるかなと思ったので、スーパーに戻るときは走っていくことにしました。 走りながら、(インフルエンザの予防接種前後の激しい運動はいいんだっけ、、、?)と一抹の不安がよぎりました。 薬剤師の方による皮下注射 30分後、Publixに戻ると、すぐに呼ばれて椅子に座らされました。 他に待っている人も無く、絶対30分待つ必要なかったと思う、、、笑 薬剤師と思われるお姉さんが出てきて、 一瞬でプスっとやって終わりでした。 皮下注射だから、血管を探したりする必要もなく、正直これだったら自分でも出来る気がします。 ゲットしたギフトカードがこちら。 特に何ドル以上使用などといった条件はありません。 日本のインフルエンザ予防接種に物申す アメリカでのインフル予防接種がここまで簡単だと、日本の予防接種はなんだったんだという気がします。 インフルエンザ予防接種高すぎ 日本にいた当時、 一発8000円くらい払った記憶があります。 ちょっと考えてみましょう。 (希望的観測) 32000円払ってインフルを1回かからなくなると考えると、周りへの迷惑を考えれば、決して高くはありません。 でも、本当にその価値があるのか?と考え、決心がついても医者の予約に時間がかかったりすれば、今年はいいやとなっても仕方ないです。 一人一人の意識が低いことが大流行を招くという批判もあるでしょう。 下の図は集団免疫の重要性を示す有名な図です。 NATIONAL INSTITUTE OF ALLERGY AND INFECTIOUS DISEASES NIAID でも結局、個人個人が、自分にとって得だと思えば普及するし、割に合わないと思えば普及しません。 自己中心的な考えが周りに迷惑をかける、などと攻撃して、同調プレッシャーや忖度パワーに期待するところが日本らしいな、と思います。 そんな面倒なことをするより、さっさと保険に組み込んで、タダにすればいいのに、、、という感じです。 1人1人の意識が問題、ではなく、普及させたいのかさせたくないのかの行政の違いですよ、これは。 アメリカ人に、日本では予防接種にお金がかかるよと言ったら、ビックリしていました。 WHAT?? 権威重視で分業が進まない日本 病院でなければ予防接種できないのも大いに問題と思います。 薬剤師に注射されるのが不安という人もいるようです。 アメリカでは薬剤師の待遇も良く、何万種類もある薬については医者より詳しいです。 仮に日本で、医者の出した処方箋が間違っていると薬剤師が指摘していたら、患者であるあなたはどう思いますか? アメリカでは車のディーラーでも、車を直すメカニックと、パーツを扱う部門は分かれています。 パーツだけ購入したい場合も、パーツ屋さんに聞いたほうが細かいことが良く分かっています。 分業と専門化はどの業界でも日本より進んでいます。 日本では、医者が全てを知っているだろうという前提で、医者に全部任せたいという意識があるのだと思います。 せめて皮下注射ぐらい、薬局でやってもいいと思いますね。 まとめ アンチワクチンと言っても、不活性化ウイルスがどうとか、難しい話はどうでもいいです。 手間やらコストやら面倒だから受けなかっただけです。 タダといわれたら、やりますよ、それは。 強制にしたら、ディープな反ワクチン団体の活動が盛り上がりそうですが、タダにしても任意にしておけばいいわけです。 日本でもワクチンが安くなっているみたいですが、帰るころにはもっと状況が変わっていると良いですね。 さもなくば、反ワクチンに出戻りです笑 <その他リンク> スーパーでのお買い物に4倍ポイントが付くアメックスゴールドを使い倒した記事。 読者の方の紹介リンクも募集中! 冒険大好きデュースアメリカ在住5年目です。 アメリカでの日々の生活の中からお得な情報や役に立つ情報を紹介していきます。 毎日は更新できませんが、書き溜めたメモの中から週末等に厳選して執筆し、不定期に投稿していきます。 最近の投稿• 2020年5月30日• 2020年5月17日• 2020年5月14日 よく読まれている記事• 14,348ビュー• 7,664ビュー• アメリカでクレジットカードを貴方は何枚持っていますか? クレジットカードをたくさん持っていると、年会費... 6,556ビュー• 250ドルを払ってクレジットカードを作ったら1000ドルもらえます!と聞いたらどう思いますか? 悪徳商... 5,271ビュー• 渡米直後に作った1つの銀行口座で満足していませんか?? 違う銀行の口座を開設して、ガツンとボー... 3,641ビュー アーカイブ アーカイブ 検索 PVアクセスランキング にほんブログ村.

次の