オセロニア 納涼 メフィスト。 【逆転オセロニア攻略】納涼メフィスト以上の火力!シエンティアの評価 [ファミ通App]

【オセロニア】納涼メフィストデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

オセロニア 納涼 メフィスト

速攻竜デッキ、呪いデッキ、回復耐久デッキ 戦い方とデッキコンセプト 様々なデッキバリエーションの可能性がありますが、今回は神属性駒を多めにし、高HPを巧みに使う毒耐久型と魔属性駒を多めにして相手のHPを削りに行く攻撃型の2パターンを紹介します。 納涼メフィストが実装された頃は高HPの毒耐久型が多くみられました。 しかし、最近は「[闘化]ティターニア」や「[闘化]ベルゼブブ」など攻撃スピードの速い駒が多く実装されたため、攻撃型のデッキが増えています。 毒耐久型は回復やシールドなどを多く編成し、納涼メフィストの毒を最大限に活かすのがベスト。 攻撃型は吸収や毒、特殊ダメージなど様々な攻撃パターンで相手のHPを削りにいきましょう。 おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 B駒を編成するとHPがB駒なしの編成より大幅に下がってしまいます。 そのため、あまりおすすめしません。 コスト200 毒耐久型 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]ティターニア/[闘化]ヴィクトリア/[闘化]サマー・シュクレ A駒 アイドル・アンナプールナ/山登りアラジン/ハロウィン・メーティス/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/サマー・ピリキナータ/[魔闘化]心核の守護者/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/テラーナイト/[進化]ルキア コスト200 攻撃型 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]ヴィクトリア/[闘化]サマー・シュクレ/[闘化]ベルゼブブ A駒 アエンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/碧音/クリスマス・ピリキナータ/[魔闘化]心核の守護者/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]アルカード/[闘化]リッチ/テラーナイト/イヴェット/[進化]ルキア コスト180 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]サマー・シュクレ/[進化]ヒアソフィア A駒 ハロウィン・メーティス/メルノガイス/オーフェル/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/碧音/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/イヴェット/[進化]ルキア B駒 ヒカゲ/エンジェルナイト デッキ編成のポイント3選! 【その1】リーダーの納涼メフィストにATKフェアリーを振ろう [お茶目な金魚]メフィスト 納涼メフィストはHPがとても高く優秀なのですが、その分、ATKがそれほど高くありません。 そのため、[進化]ルキアでつられてしまう可能性があります。 そのため、 ATKフェアリーこと「リトルゴールドエリクシール」と「ゴールドエリクシール」でATKを上げることをおすすめします。 それをするだけでつられる確率がぐんと低くなります。 もちろん、ATKをMAX +50 振っても納涼メフィストよりATKが高い駒もいます。 その時はちょうせいするのもいいかもしれません。 調整すべき駒、ATKを振れば納涼メフィストよりATKが高くなる代表的な駒をピックアップしました。 調整おすすめ駒 [進化]ルキア71 76 、テラーナイト52 63 、[闘化]リッチ64 MAX 、[闘化]アルカード66 MAX 、[魔闘化]心核の守護者76 MAX 、[闘化]ブランジェッタ77 MAX 【その2】高ステータス駒や回復駒でHP管理をする.

次の

【オセロニア】納涼・メフィスト|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア 納涼 メフィスト

速攻竜デッキ、呪いデッキ、回復耐久デッキ 戦い方とデッキコンセプト 様々なデッキバリエーションの可能性がありますが、今回は神属性駒を多めにし、高HPを巧みに使う毒耐久型と魔属性駒を多めにして相手のHPを削りに行く攻撃型の2パターンを紹介します。 納涼メフィストが実装された頃は高HPの毒耐久型が多くみられました。 しかし、最近は「[闘化]ティターニア」や「[闘化]ベルゼブブ」など攻撃スピードの速い駒が多く実装されたため、攻撃型のデッキが増えています。 毒耐久型は回復やシールドなどを多く編成し、納涼メフィストの毒を最大限に活かすのがベスト。 攻撃型は吸収や毒、特殊ダメージなど様々な攻撃パターンで相手のHPを削りにいきましょう。 おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 B駒を編成するとHPがB駒なしの編成より大幅に下がってしまいます。 そのため、あまりおすすめしません。 コスト200 毒耐久型 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]ティターニア/[闘化]ヴィクトリア/[闘化]サマー・シュクレ A駒 アイドル・アンナプールナ/山登りアラジン/ハロウィン・メーティス/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/サマー・ピリキナータ/[魔闘化]心核の守護者/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/テラーナイト/[進化]ルキア コスト200 攻撃型 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]ヴィクトリア/[闘化]サマー・シュクレ/[闘化]ベルゼブブ A駒 アエンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/碧音/クリスマス・ピリキナータ/[魔闘化]心核の守護者/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]アルカード/[闘化]リッチ/テラーナイト/イヴェット/[進化]ルキア コスト180 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]納涼メフィスト/[闘化]サマー・シュクレ/[進化]ヒアソフィア A駒 ハロウィン・メーティス/メルノガイス/オーフェル/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/碧音/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/イヴェット/[進化]ルキア B駒 ヒカゲ/エンジェルナイト デッキ編成のポイント3選! 【その1】リーダーの納涼メフィストにATKフェアリーを振ろう [お茶目な金魚]メフィスト 納涼メフィストはHPがとても高く優秀なのですが、その分、ATKがそれほど高くありません。 そのため、[進化]ルキアでつられてしまう可能性があります。 そのため、 ATKフェアリーこと「リトルゴールドエリクシール」と「ゴールドエリクシール」でATKを上げることをおすすめします。 それをするだけでつられる確率がぐんと低くなります。 もちろん、ATKをMAX +50 振っても納涼メフィストよりATKが高い駒もいます。 その時はちょうせいするのもいいかもしれません。 調整すべき駒、ATKを振れば納涼メフィストよりATKが高くなる代表的な駒をピックアップしました。 調整おすすめ駒 [進化]ルキア71 76 、テラーナイト52 63 、[闘化]リッチ64 MAX 、[闘化]アルカード66 MAX 、[魔闘化]心核の守護者76 MAX 、[闘化]ブランジェッタ77 MAX 【その2】高ステータス駒や回復駒でHP管理をする.

次の

【逆転オセロニア】“オセロニアンの宴 2019 Welcome TOUR”リポート [ファミ通App]

オセロニア 納涼 メフィスト

【逆転オセロニア】初心者の方が最初にやるべき7つのこと 初心者のやるべき事 オセロニアの、初心者の効率的な進め方と最初にやるべきことをまとめました。 最初にやることや進め方がわからない方は、参考にしてください。 【逆転オセロニア】闘化ヴィーナスの新スキルフォースで納涼メフィストが環境復帰!?闘化ヴィーナス入り納涼メフィストデッキで負け終わりシーズンマッチ! 最下の行にオセロニア教室の動画もアップしてありますので参考にしてください。 非常に強力な毒スキルを持っているため、初心者から上級者まで使い勝手の高いキャラになるのでスペシャルガチャで入手しておこう。 クエストを進める際、 「アズリエル」をリーダーにして1手目に置くことで、1ターンで勝つことができ効率よく進めることができる。 オセロニアガイドを進めよう クエスト進めるのと同時進行でオセロニアガイドを進めよう。 オセロニアガイドをクリアすると 育成済の決戦駒を入手することができ、デッキの即戦力として使用することができる。 ガチャに使用する「星のかけら」はクエストやミッションをクリアすると入手可能だ。 ガチャを引いたり、クエストをクリアしたりしてキャラが揃ってきたら、 使用頻度の高いキャラS駒・A駒から強化をしていこう。 キャラを進化させよう 強化が終わったら、キャラを進化させよう。 進化すると ステータスがUP し、 スキルLvの上限が解放され、より強力なスキルに育成できるぞ。 進化素材はクエストを進めれば自然と手に入る、足りなくなったら 進化素材が手に入る曜日限定イベントを周回しょう。 交換可能なキャラは毎日更新され、 非常に強力なキャラもラインナップに入る日があるのでチェックをしておこう。 特に「ヴァイセ」や「ルキア」は、非常に強力な性能があり上級者でも必須のキャラなので、最優先で獲得しょう。 「ヴァイセ」はどのクラスでも神で累計100勝すればゲットできるので、 まずは神デッキで100勝を目指していこう! 定石を習得して勝率アップ オセロニアの対人戦では 「定石」が重要だぞ!オセロニアの定石の種類を知っているかで勝敗が分かれるので、 クラスマッチをやりながら定石も確認しておこう。 序盤から火力で攻めていけるので、HPが低いがATKの高い竜デッキにおいては必須だ。 序盤〜中盤は不利だが、 しっかり相手の攻めを受けきる事が大切だ。 しかし攻めを受け切られるとかなり不利な状況になってしまうので、2手目からのどんな攻め方があるかを、覚えておこう。 参考になりましたでしょうか?興味があれば是非トライしてみてください。

次の