ナイト モード カメラ。 iPhone 11シリーズのナイトモードはすごいの? 使い方と実際に撮った写真を評価

iPhone11 Pro買った!!ナイトモード最高!望遠微妙。結論iPhone11でもよかった。。。

ナイト モード カメラ

さらにWebサイトでもiPhone11シリーズの最大の特徴の一つとして紹介しています。 確かにイベントで映し出された ナイトモードで撮影された写真やWebサイトに掲載されている写真を見る限り、本当に夜に撮影されたのか?と思うほど鮮明な写真に仕上がっています。 プロモーション用に撮影されたものだと、確かに暗い場所での撮影なのかもしれませんが、各種条件を揃えて綺麗に写るように調整しているのではないかと勘繰ってしまうほどです。 しかし iPhone 11を先行入手したユーザーが実際にこのナイトモードを試した写真がTwitterに投稿され、Appleが ナイトモードの写真の美しさを誇張していないことが判明しました。 Swipe through to see the difference between the 11 and the X in low light. — Coco Rocha cocorocha Coco Rochaさんは「どのように入手したかは聞かないで」とした上で、iPhone11を先行入手し、ナイトモードでの写真撮影を試しています。 上のツイートにもあるように、同じ場所でiPhone Xで撮影した写真とは全く別物といっていい仕上がりです。 iPhone Xも暗所での撮影に強いとされた機種ですが、明るさの全く違う写真が撮れていることを考えると、 iPhone11のナイトモードの性能はかなり高いと考えて良さそうです。 A13 Bionicによる画像処理 ナイトモードは露光時間を長くする、明るいレンズを使うなどのように光学的に明るさを追求するのではなく、一度の撮影で複数の写真を撮影することで画像処理に使うデータを増やし、A13 Bionicチップの高い処理能力に任せて明るくノイズが少ない、シャープな写真を現像する仕組みになっています。 今日の午後9時からのですが、まだ従来機種を使い続けるか、最新のiPhoneに機種変更するかを迷っている人も多くいるでしょう。 この完成度の高いナイトモードはそうした人たちを最新機種購入へと向かわせる、 iPhone11シリーズの大きな魅力の一つになっています。 Source: KAZ.

次の

iPhone11/11 Proのカメラは「ナイトモード」が凄い

ナイト モード カメラ

iPhone 11シリーズのナイトモードの使い方と仕組み iPhoneのナイトモード(引用:) ナイトモードは、iPhone 11シリーズからの新機能。 シャッタースピードを遅くしたり、明るいレンズを使ったりなど光学的に写真を明るく撮っているわけではなく、 一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから処理をしています。 画像の動きを補正、コントラストや色の調整、ノイズ除去などの処理をした後、最終的な画像が生成されます。 ナイトモードのアイコンが表示される 横持ちなら左に表示される 写真をナイトモードで撮影するかどうかはiPhoneが勝手に判断してくれます。 この状態で撮影するとナイトモードでの撮影になります。 露出時間は周囲の明るさからiPhoneが決めてくれるので、シャッターボタンを押すだけでOKです。 撮影時間は変更可能 月のアイコンをタップするとスライダーが表示されて、それを移動させることでオフ~最長まで選ぶことができ、自分で露出時間を調整することもできます。 ただし、 最大秒数の指定はできず、周囲の明るさや三脚の有無に応じて時間が変わります。 大体の場合、撮影時間には短くても1~3秒程度かかるので、なるべくiPhoneを動かさないように撮影する必要がありますが、その間ずっとシャッターを開いているわけではないので、少しぐらいであれば動いてしまっても大丈夫です。 体感ですが、5秒くらいまでなら手持ちでも問題なく撮影できるかなという感じがします。 実際にナイトモードで撮影してみた 実際にナイトモードで撮影した写真の作例を通常のモードとの比較を交えながら紹介します。 通常のモードとの比較の場合は左がナイトモード、右が通常の撮影モードです。 タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。 牛のフィギュア(左がナイトモード、右が通常モード) 部屋の電気を消して、PCのディスプレイだけが点いている状態で牛のフィギュアを撮影してみました。 通常モードでも存在が分かりますが、ナイトモードだとより明るく、ノイズも少なく写っているのが分かります。 新宿駅からコクーンタワー方面(左がナイトモード、右が通常モード) 建物の明かりが結構あるので通常モードでもそれなりに写っているのが分かりますが、ナイトモードだと空やビルがよりはっきりと写っていますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) 別の場所からコクーンタワーを。 ナイトモードの方が雲がハッキリ写っているのが分かりますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) これも別の場所から。 真ん中にある看板などの明る部分はそのままで、その他の暗い部分だけが持ち上がっています。 新宿の交差点(左がナイトモード、右が通常モード) これもそれなりに明るさがある場面です。 こちらも暗い部分の明るさだけが変わっているのが分かります。 とはいえ薄暗いレベルであれば通常の撮影モードでも十分撮れていると思います。 夜の学校(左がナイトモード、右が通常モード) 光源は奥の方にある街灯と、筆者が立っていたところにある街灯くらいです。 これはナイトモードが活躍する場面なのがハッキリ分かりますね。 通常の撮影モードでは黒く潰れている校舎の壁なども、ナイトモードではしっかり写っています。 公園(左がナイトモード、右が通常モード) 真ん中に強めの光源があるシーン。 これも木の葉っぱなどの黒つぶれしてしまっている箇所もナイトモードではちゃんと写せています。 別角度の公園(左がナイトモード、右が通常モード) こちらも同様。 通常の撮影モードの写真がかなりブレてしまっていて申し訳ないですが、画面右側の暗い部分がナイトモードでは金網が認識できるレベルまでになっていますね。 寝てる子ども ナイトモードはシャッター音が通常の撮影モードよりも小さいので、こういった写真も撮れます。 部屋の電気は消えていて、隣の部屋の常夜灯がついてるくらいの明るさですが、毛布の質感も残っていてスゴいと思います。 ナイトモードを上手く撮るコツと注意点 iPhone 11シリーズではもともとの暗所性能が向上しているのか、多少明かりがある環境だとナイトモードと通常モードでほとんど写真に変化がないということもありますし、薄暗い程度の店内や光のある夜景くらいだとそもそもナイトモードになりません。 また、 新しく搭載された超広角カメラではナイトモードが使えないので頭に入れておきましょう。 撮影するときも、その部分の白飛びを防ぐためにも 構図の中になるべく強めの光源を入れないほうが全体的にキレイに写るんじゃないかと思います。 いい写真というのは人によって違うと思うので、実際にいろんなシーンで撮影することが大切ですね。 iPhone XSシリーズと暗所撮影を比較 ナイトモードの使えないiPhone XS Maxと暗所撮影の比較をしてみました。 iPhone 11 Proはナイトモードでの撮影です。 左がiPhone 11 Pro、右がiPhone XS Maxの写真です。 クリック・タップをすると大きな画像で表示できます。 iPhone 11のナイトモードはよく撮れています 室内の明かりを全て消した状態 部屋の明るさを変えて牛のフィギュアを撮影しました。 1枚目と2枚目が隣の部屋の常夜灯とPCのディスプレイが点灯している状態、3枚目と4枚目が全ての明かりを消した状態です。 多少明かりがあれば、ナイトモードはノイズが少ない写真を撮れますし、真っ暗でも何があるかは判別できるくらいの写真が撮れました。 ナイトモードを使うとXS Maxで写せなかった雲まで写せている ナイトモードを使うと、XS Maxだとほぼ真っ暗な空でもiPhone 11シリーズは雲が分かるレベルまで写すことができます。 見比べると全然違いますね。 こちらの写真でもナイトモードのほうが明るく表現できてます ほんのり明かりがある場面でも、XS Maxでは光のあまり届いていないところまでは流石に写せていませんが、iPhone 11シリーズのナイトモードはかなり頑張っていますね。 多少明かりがある場合はiPhone XS Maxも健闘していますが、明かりのほとんどない場面ではiPhone 11シリーズのナイトモードが圧勝です。 そもそも撮影の仕組みが違うので仕方がないことですが、 ナイトモードはかなり暗めな環境でこそ真価を発揮してくれます。

次の

iPhone11 Pro買った!!ナイトモード最高!望遠微妙。結論iPhone11でもよかった。。。

ナイト モード カメラ

iPhone標準カメラアプリの弱点 iPhoneの標準カメラアプリはUIも使いやすく、どんな人でも最高の1枚が撮影できるというのが最大の魅力です。 そんな旧型のiPhoneでもナイトモードが使いたい!と思っている多くのiPhoneユーザーにオススメのアプリをついに見つけることができました。 ちなみに以前同ブログでiPhoneのポートレート撮影に特化したオススメアプリもご紹介したのでご参考に。 無料!と言いたいところですが、お値段は250円です。 ですが、250円払う価値のあるアプリだと思いましたのでさっそく機能や撮り比べたのを見ていきましょう。 機能&UI まずUIについてはこんな感じ。 とにかくシンプル!• シャッターボタン• シャッタータイマー• ですが機能が足りないという感覚はなく、ナイトモードに特化しているということもあり、カメラに詳しくない人でもすぐに使い始めることができますね。 ナイトモード撮り比べ(ブツ) まずは薄暗い室内での撮り比べです。 前回のカメラアプリのレビューでもおなじみのゴーヤちゃん。 NeuralCamで撮影 どうでしょう!? ぜんぜん違いますよね?笑 正直初めて撮影したとき自分でもビックリしました… 撮影の方法としてはカメラを向けてオートフォーカスにてシャッターボタンを押しただけ。 明らかにiPhoneXsの標準カメラは薄暗く、ゴーヤちゃんの毛並みもノイズが出てしまいディティールは潰れてしまっていますが、NeuralCamで撮影したゴーヤちゃんはそもそも明るく撮れており、毛並みのディティールもしっかりと捉えていることがわかります。 ゴーヤちゃんだけでなく、背景の壁紙の凹凸感もNeuralCamで撮影した方がより鮮明に撮れており、質感もしっかりと写っていますよね。 ちなみにiPhoneの標準カメラで明るさを上げて撮影したものがこちら。 NeuralCamで撮影 望遠レンズの場合は取り込める光の量が少ないのでそもそも暗くなりがちなのですが、NeuralCamで撮影した写真はしっかりと光を取り込んでおり、肉眼と同等か少し明るく撮れているという印象です。 望遠レンズは画質を落とさず撮影できるのが魅力なのですが、光量の少ないところだと使いモノにならないのがネックでした… それがNeuralCamで使える代物になったので、様々なシーンで活躍してくれそうです。 撮影の仕組み どうしてここまで綺麗な写真が撮れるかというと、シャッターを押してから複数の写真を撮影しそれをAIを使って合成しているようです。 光の量によってこの処理は時間がかかるため、本当に真っ暗なところだと撮影するのにかなり苦戦するかもしれませんね… しかし現在のナイトモードを搭載しているAndroidやiPhone11シリーズも本当に真っ暗な場所ではしばらくスマホ本体を動かしてはいけないなどの制約もあるので十分許容できると思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? アプリとしての性能は素晴らしいのですが最近のハイエンドAndroid機(HuaweiのP30シリーズ)やiPhone11Pro等に比べると、やはり画質や細かい部分は見劣りしてしまうのは事実… ですが、旧型のiPhoneでここまでの暗所撮影が可能になるのはかなり驚きました… それもたったの250円でこの機能が手に入るのですから、来年の新型iPhoneを待っている方や夜景をiPhoneで綺麗に撮りたいという方にはかなりおすすめのアプリです! 僕も今まであらゆる夜景カメラやナイトカメラを無料も有料も使ってきましたが、このアプリが断トツで使いやすく綺麗に夜景を撮影することができると思いました。 表記は英語で取っつきにくい部分もありますが、操作感はかなりシンプルなので詳しくない方でも使いこなせるのは魅力です。 これからの時期イルミネーションや夜景を撮影するシーンは増えてくると思うのでぜひ! 今日はこのへんで! Bye!.

次の