ミニモンスター。 ソフトバンク「ミニモンスター」を初心者向けに解説。料金が高くなる原因とは?

ミニモンスターのショールーム|中古車なら【グーネット中古車】

ミニモンスター

ソフトバンクから、ミニモンスターという「使った分だけ」が売りのプランが登場しています。 これまでデータプランは定額制のものが主流でしたが、果たしてミニモンスターはお得なプランなのでしょうか? 当記事ではミニモンスターのメリットやデメリットについて詳しくご紹介していきます。 ミニモンスターってどんなプラン? ミニモンスターとは、 使ったデータ量によって請求金額が変わるプランです。 データ使用量が少なければ安くなりますし、多ければ高くなる、という感じです。 良く言えば「無駄なく使える」ということになりますが、果たしてメリットばかりなのでしょうか? 料金プランの詳しい内容を次に見ていきましょう。 料金プラン内容 ミニモンスターというのは、「通話基本プラン」と「ウェブ使用料」と「データ定額ミニモンスター」で構成されます。 つまり、ミニモンスターを申し込むためには上記3つの加入は必須と言うことになります。 通話をほとんどしない人はオプションをつける必要はありませんが、毎月通話をたくさんする人は プラス料金を支払うことでオプションをつけることができる仕組みです。 ウェブ使用料 「ウェブ使用料」というのは、インターネット接続料金のことです。 これに加入していないとネットができないのはもちろん、ゲームやメール、LINEやSNSは一切できません。 一律、毎月 300円(税抜)かかります。 データ定額ミニモンスター データ利用料 定額料 〜1GB 2480円 〜2GB 4480円 〜5GB 5980円 〜50GB 6980円 毎月の締め日までのデータ通信量がどれくらいかによって、4段階制で金額が変わります。 「使った分だけ」が指している内容ですね!1GB未満に抑えることができればお得に利用できます。 毎月の料金は? これまでお伝えした内容はあくまで基本的な部分です。 実際には機種代金がかかったり、オプションをつければその金額も追加されます。 逆にキャンペーンの適用で割引が入ることもあります。 それではここで、パターン別に料金を計算してみましょう! 1 社会人Aさん:一人で申し込み、割引などなし、iphoneXsを購入 通話基本プラン 1200円 準定額オプション 500円 ウェブ使用料 300円 データ定額ミニモンスター 〜1GB 2480円 iphoneXs 64GB 24分割 5700円 非課税 ユニバーサルサービス料 2円 合計 10182円(税抜) 2 大学生B君:家族4人で申し込み、ネット割や1年割あり、iphoneXsを購入 通話基本プラン 1200円 準定額オプション 500円 ウェブ使用料 300円 データ定額ミニモンスター 〜1GB 2480円 iphoneXs 64GB 24分割 5700円 非課税 -1000円 -1000円 ユニバーサルサービス料 2円 合計 8182円 税抜 このように、割引を受けられる場合と、そうでない場合では金額が変わってきます。 どちらのパターンでも言えることですが、機種代金の有無で毎月のランニングコストが大きく左右されます。 これは自前でスマホを用意するか、安い機種にすることで抑えることができます。 毎月1980円で使えないの? ソフトバンク最安値プランということで大きく打ち出しているミニモンスターですが、先ほど計算した内容だと、全く安さを感じません笑 「毎月1980円〜」という広告はウソなの?と思ってしまいますよね。 実際に1980円で利用するためには、複数の条件がクリアできないとダメなんです! そのパターンがこちらです。 通話基本プラン 1200円 ウェブ使用料 300円 データ定額ミニモンスター 〜1GB 2480円 iphoneXs 64GB 一括払い 136800円 非課税 おうち割光セット -1000円 1年おトク割 -1000円 合計 1980円 税抜 このように、• 機種代が毎月支払う料金に入っていないこと• 通話基本プランのみを選択していること• 通信量が1GB以内で収まっていること• 自宅にソフトバンク系列のWifiを引いており割引されていること 複数の条件が重なって初めて1980円という金額にたどり着きます。 また、1980円は契約して1年間だけなので注意してください。 2年目からは1年おトク割がなくなってしまい1000円アップの2980円 税抜 となるので注意しましょう。 ミニモンスターのデメリット なんとなく料金プランの計算方法は理解できたかと思います。 ここでミニモンスターのデメリットを紹介します。 データを使いすぎると高額になる• 月々割が適用対象外• 繰り越し対象外 データを使いすぎると高額になる プラン 金額 ミニモンスター(〜5GB) 5980円 ミニモンスター(〜50GB) 6980円 ウルトラギガモンスタープラス 50B 5980円 毎月50GB使える「ウルトラギガモンスタープラス」というプランがあるのですが、こちらの金額は毎月 5980円 (税抜)です。 5980円というのは、ミニモンスターで2GBを超えた場合にかかる「〜5GB」と同じ金額なんです。 つまり、毎月2GBを超えるようであればウルトラギガモンスタープラスを検討した方が良いでしょう。 つまり、よく家族全員で加入するとお得になる、というような割引制度にはミニモンスタープランのユーザーは除外されるということです。 月々割が適用対象外 iphoneXs 64GB 24分割で契約 通常料金 月月割 実質支払い額 毎月かかる料金 5700円 -3450円 2250円 「月月割」というのは、ソフトバンクで機種購入すると受けられる割引です。 表のように適用されれば 2250円の支払いで済むものが、適用されなければ 5700円をダイレクトに支払うことになってしまいます! つまり、ミニモンスタープランでは端末代金の割引を受けることができません。 これはかなり痛いですよね。 もし、ソフトバンクで最新のiPhoneを分割で入手したい人は向いてないプランと言えます。 繰り越し対象外 余ったデータ量を次の月に繰り越しできるプランがありますが、ミニモンスターは対象外です! 例えば5GBプランで、その月の利用が3GBに収まったとします。 しかし、残りの2GBを来月に繰り越して来月は7GB使えるような繰り越しはできないのでご注意を。 ミニモンスターのメリット ここまでミニモンスターのデメリットを紹介しました。 しかし、ミニモンスターは、条件さえ当てはまれば月々の電話料金を安く抑えることができます。 さらに「」というものを組み合わせると、1年間は0円で利用することも可能です。 ミニモンスターはこんな人におすすめ! ミニモンスターは条件さえ当てはまればお得に利用できるプランと説明しましたが、具体的にはどういった人におすすめのプランなのでしょうか? ミニモンスターはこのような方におすすめしたいプランになります。 通話もほとんどしない• ネットはほとんどWi-fiで使用する• 自宅で使用しているネットがソフトバンク系列• 機種を自前で用意できる 上記の条件が揃っていれば、毎月かなりお安く使用できるのでおすすめです! 機種代金が入ってくると、どうしても1980円を超えてしまいます。 つまり「機種は自分で準備してくださいね。 その代わり安くしますよ」ということですね。 【関連記事】 haruharu5.

次の

ソフトバンク ミニフィットプランの料金は?ミニモンスターと比較するよ

ミニモンスター

ソフトバンクの最安プラン 家族回線としてカウントされる ミニモンスターのメリットは2点です。 ウルトラギガモンスター+をよく見せるための プランともいえる、ミニモンスターにはあまりメリットがないのが事実です。 ではミニモンスターの少なからずあるメリットを紹介していきます。 ソフトバンクの最安プラン ミニモンスターはソフトバンクの最安プランです。 ウルトラギガモンスター+と一緒に出た 1,980円から利用できる従量制プランですね。 機種購入をすること、 ソフトバンク光を契約していることが 条件になりますが、 2つの条件を満たしていれば1,980円から利用できます。 1年間1,980円割引されて上記の割引もあわせれば、 ミニモンスターを1年間無料で利用することができます。 家族回線としてカウントされる ソフトバンクを安く利用するなら みんな家族割+の存在は無視できません。 みんな家族割+とは家族の加入人数が多いほど、 月額料金の割引額が多くなるお得な割引となっています。 家族が4人以上いるなら 一人-2,000円節約することができます。 ミニモンスターのデメリット デザリングが有料 家族回線にカウントされるが、割引は適用されない 従量制プランで月額料金が高くなる可能性がある ミニモンスターはおてがるプランの劣化版 ミニモンスターのデメリットは4つです。 では4つのデメリットを順に紹介していきます。 デザリングが有料 ソフトバンクを今まで利用してきた方は一度でも デザリングを使ったことがあるのではないでしょうか? それもそのはず、 2年間無料でデザリングが使えたからです。 しかし、ミニモンスターとウルトラギガモンスター+では、 2年間無料のデザリングがなくなってしまいました。 今まで無料だったこともあるため、 デザリングに 月額500円かかるのに躊躇いを持つ方もいるのではないでしょうか。 家族回線にカウントされるが、割引は適用されない ミニモンスターのメリットで紹介したみんな家族割+ですが、 ミニモンスターには割引が適用されません。 家族4人以上の方にとっては、 1年間おトク割やおうち割光セットが適用されない代わりに みんな家族割+が付いたほうがメリットは大きかったのではと思います。 月額料金が高くなる場合がある ミニモンスターは従量制プランです。 1,980円というのは、データ使用量が1GB超えない場合。 つまりデータ使用量によって、毎月料金が変わるということです。 ですからデータ量をどんどん使ってしまうと、 ウルトラギガモンスター+より月額料金が高くなる可能性があるのです。 Androidではモバイルデータ通信の制限ができるので 多く使ってしまうことを防げますが、iPhoneでは注意しなければなりません。 ミニモンスターはおてがるプランの劣化版 ミニモンスターが発表される前に おてがるプランというとても似たプランがありました。 おてがるプランは5分以内かけ放題の通話オプションつきで 1,980円でしたが、ミニモンスターでは5分以内かけ放題がなくなりました。 5分以内かけ放題を利用したいなら、 ミニモンスターの月額料金が+500円高くなります。 またミニモンスターは割引額を多くしていますが、 割引を適用しない場合は実質値上げともいえるでしょう。 まとめ ソフトバンクのミニモンスターはデメリットが多いのが事実です。 キャリアで従量制プランを選ぶなら、 大容量プランか格安SIMに乗り換えたほうが得策なのです。 1GBも使わないライトユーザーであっても、 格安SIMに乗り換えたほうが大きな恩恵が受けられるでしょう。

次の

ソフトバンクのライト層向け新定額「ミニモンスター」を徹底紹介

ミニモンスター

ソフトバンク 2年縛りなし・違約金なしへ 10月1日に改正電気通信事業法が施行されることになり、 ソフトバンクは 2年縛りを廃止し違約金もなくすことにしました。 違約金がかかるから更新月まで待っていた方が多いと思いますが、 これからは自分が好きな時に、いつでもすぐ解約することができます。 また2年縛りなしの料金プランでは基本プランが安くなり、 データ定額サービスが高くなりましたが 料金は旧プランと同じです。 旧プランを利用している方に関しては違約金なしで新プランに変更できます。 2年縛りがなくなった2つの基本プランとは ソフトバンクの料金プランは、 基本プラン+データ定額サービスの2つで構成されています。 ミニモンスターやウルトラギガモンスター+を契約するにしても、 基本プランは必ず申し込まなければいけないプランとなっています。 旧プランの通話基本プランは3種類ありましたが、 新プランの基本プランでは2種類から選ぶことができます。 また旧プランと違ってどちらを選んでも料金は変わりません。 基本プラン 音声 と基本プラン データ の違いは、 格安SIMと同じく 通話ができるか・できないかだけです。 基本プラン 音声 を条件としたプランもありますが、 他プランで割引に違いはないので好きな方を選ぶとよいでしょう。 個人的には通話が使えない分、 基本プラン データ を安くして欲しかったですね。 2つの通話オプション 基本プラン 音声 を選んだ方は、 通話オプションを利用することができます。 通話オプションは2種類あり、 準定額 スマ放題ライト と定額 スマ放題。 準定額:月額500円 5分以内の国内通話料が無料 定額:月額1,500円 24時間いつでも国内通話料無料 毎月12分以上通話をする方なら、 準定額オプションを利用した方がお得ですね。 毎月どのくらい通話しているかチェックして、 通話オプションで安くなるか調べてみるとよいでしょう。 ソフトバンクのSNS放題「ウルトラギガモンスター+」とは 引用: ウルトラギガモンスター+は、 毎月50GB使える大容量プランです。 また対象のSNSや動画サービスのデータ消費がされず、 使い放題になる「 ギガノーカウント」機能があります。 カウントフリー対象サービスは12個あり、 プラン開始から少しずつ追加されております。 旧プラン 通話基本プラン 1,500円 データ定額50GBプラス 5,980円 合計 7,480円 新プラン 基本プラン 980円 データプラン50GB+ 6,500円 合計 7,480円 旧プランと比較しても料金は変わっていませんね。 さてウルトラギガモンスター+に適用できる割引は3つ。 割引の詳細は後ほど• ただ1年おトク割は名前の通り、 1年で割引がなくなるので2年目以降1,000円高くなります。 ギガ使い放題キャンペーン 終了 引用: キャンペーン期間 2018年9月6日~2019年9月30日 ウルトラギガモンスター+に申し込むことで 全てのデータ通信が使い放題になるキャンペーンです。 キャンペーン期間中は50GB以上使っても速度制限になりません。 キャンペーン期間がとても長く、 一人で契約したとしても5,480円からなので 固定回線代わりとして思う存分使えるでしょう。 追記: また、 ギガ使い放題キャンペーン+として 2018年11月30日までに契約or機種変更した人に限り、 2019年4月請求分まで -1,000円の割引が適用されるようになりました。 データ 旧プラン 新プラン 基本プラン込 ~1GB 2,480円 3,000円 3,980円 ~2GB 4,480円 5,000円 5,980円 ~5GB 5,980円 6,500円 7,480円 ~50GB 6,980円 7,500円 8,480円 ミニモンスターで適用できる割引は2つ。 1年おトク割 1,000円• おうち割光セット 1,000円 ミニモンスターは家族回線としてカウントされますが、 悲しいことにみんな家族割+の割引対象外となっています。 またミニモンスターは2GB以上利用すると ウルトラギガモンスター+と同じ料金になってしまいます。 2GB以上利用する方はウルトラギガモンスター+を契約しましょう。 ミニモンスターよりお得?スマホデビュープランとは 引用: ケータイからスマホに乗り換える方が利用できるプラン。 ミニモンスターと違って1GBまでしか利用できず、 1年間 月額980円で利用できるプランとなっています。 ミニモンスターと同じ料金で準定額が使えるので、 ケータイを使っている方はスマホデビュープランがおすすめ。 スマホデビュープラン 月額 基本プラン 音声 980円 データプラン1GB スマホ 1,500円 1年おトク割 -1,000円 1GB専用割引 -1,000円 合計 980円 スマホデビュープランの割引は2つ。 1年おトク割 1,000円• 1GB専用割引 1,000円 1GB専用割引を受けるには準定額・定額オプションいずれかの加入が必要になります。 通話オプションが不要な方でも500円安くなるので、 スマホデビュープランを使うなら1GB専用割引を適用させましょう。 スマホデビューPayPayキャンペーン キャンペーン期間 2019年10月1日から12月31日 スマホデビュープランを契約して半額サポート+で スマホを購入するとPayPayボーナスが付与されます。 オンラインショップで簡単申込み 半額サポート+ トクするサポート 引用: プログラム利用料:390円x24ヶ月 48回払いでスマホを購入して25ヶ月目に機種変更すると、 最大24回分の残債が免除されるプログラムとなっています。 回線契約なしでも半額サポート+を利用でき、 クレジットカード払い限定ですが 即日SIMロック解除ができます。 また総務省や消費者庁から実質半額にならない指摘を受け、 10月10日からトクするサポートに名称を変更することになりました。 ソフトバンクの割引 2年縛りなしで何が変わったのか 1年おトク割 引用: ミニモンスター・ウルトラギガモンスター+ を契約した方が対象の割引となっています。 契約した翌月から1年間、 毎月1,000円割引されます。 旧プランの1年おトク割はスマホの購入が条件でしたが、 新プランではスマホの購入をしなくてよくなりました。 ミニモンスター・ウルトラギガモンスター+を 契約するなら、絶対ついてくる割引と覚えておきましょう。 おうち割光セット 引用: ミニモンスター・ウルトラギガモンスターと一緒に、 固定回線などを利用すると 毎月1,000円安くなる割引です。 ただ大容量プランを契約している方には固定回線は必要ないかもしれませんね。 Softbank光でおうち割光セットを適用させる場合、 光BBユニットレンタル・ Wi-Fiマルチパック・ 電話サービスの契約が必須です。 みんな家族割+ 引用: ウルトラギガモンスターのみんな家族割と一緒で、 家族の契約人数が多いほど割引額が増える割引です。 docomo withのようにずっと割引されるのが特徴。 割引が適用されるのは2プランのみで、 ウルトラギガモンスターと ウルトラギガモンスター+です。 家族割 割引 2人 500円 3人 1,500円 4人以上 2,000円 家族回線としてカウントされますが、 割引適用外のプランは下記になります。 ミニモンスター• スマホデビュープラン• ケータイ100MBプラン 新プラン発表後の変化とは 新プランには月月割が適用されない 引用: ウルトラギガモンスター、ミニモンスターの 新プランには月月割が適用されません。 これから出てくる新プランも適用外となるでしょう。 ですが、 2年契約なしの通話基本プランでは適用されるようです。 2年契約と2年契約なしの差額は2,700円。 2年契約では機種購入で、1年オトク割-1000円が適用 されるので3,700円の差になります。 月月割が適用されても、3,700円の差を埋められるとは 到底思えませんので、メリットはあまりないでしょうね。 月月割の終了 引用: 月月割が適用される旧プランの受付は9月5日をもって終了します。 受付終了するプラン スマ放題 スマ放題ライト データ定額ミニ1GB データ定額ミニ2GB データ定額5GB おてがるプラン ギガモンスター ウルトラギガモンスター また、旧プランを契約している方の 機種変更で 適用される月月割も、 2019年1月31日をもって終了します。 終了する前に機種変更していれば適用されますが、 それ以降に機種変更した場合には月月割が適用されません。 カウントフリーSIMの料金は 引用: カウントフリー機能は格安SIMにも存在します。 現在、カウントフリーSIMを提供しているMVNOは6社あります。 では安さに定評がある格安SIMのカウントフリーSIMと ソフトバンクの新プランのSNS放題ではどちらの方がお得なのでしょうか? ウルトラギガモンスター+はデータ定額50GBなので 最もデータ容量が多いプランを選び、表にまとめてみました。 また格安SIMにも50GBのプランはありますが、1万円以上と高い料金です。 カウントフリー対象サービスはそれぞれ違いますが、 ウルトラギガモンスター+の対象サービスの数は12個と多いほうでしょう。 この結果から格安SIMといっても大容量プランは高くなってしまい、 ソフトバンクの方が安く利用できることがわかりました。 ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は カウントフリーSIMの大容量プランとしてはコスパ最高といえるでしょう。

次の