インディジョーンズ魔宮の伝説。 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ホントは怖い!?スピルバーグの映画たち |CINEMORE(シネモア)

映画「インディジョーンズ2魔宮の伝説 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

インディジョーンズ魔宮の伝説

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説とは、に開されたである。 118分。 うわ~すっげ~、ウルトラ概要だ!! に開された『ス 失われた櫃 』に続くの第2作。 当初内での仮は『・と死の宮』とされていたが、後にの邦題になった。 総揮、、演のがそのまま続投し、 要の多くも前作から引き続き担当を続けている。 前作と同じく、考古学者で冒険の・がではあるが、的にはこのの方が前になっており ス6年、魔宮の5年 、実質的なの第一話がこの作品となる 後に本当の第一話として「・」というものも存在している。 これは、が想定していたディが当時のソンより少し年上であったための苦の策であった。 中でも財宝が誇る常的なが大きく描かれた作品で、のモラ・のをもぎ取るを筆頭にのような不思議な、のの藁のようなの存在など的な描写が多い。 また、のも例によって多用され、冒頭の「 オビ・」に始まり、終盤には、前作で士をあっさりでやっつけてしまったのフをやってのけた直後にが勇ましく敵に向かっていき、あまりの軍勢に一散に出す、というを入れた二重もやってのけている。 要なとなるのは、とだが、前作や次回作と異なり敵がではなく、集団であったり、トでは当時あまり見られなかった暗いでのが半分ほどを占めていたことがあまり受け入れられなかった。 特にに関する描写はかなり的なじみた部分が多く、でも時折の的となっている 特にのみそシャーは幼い頃のになった者多数で、後年本物が発売されるなどしている。 このためか、作のうちでは最も筋の評価も低かった。 業的にはこそしたが、的にやや前作という成績で上映を終えており、の3作では一番低い。 自身も本作の評価は否定的なものが立ち、「自分は雇われ」「11に並ぶ失敗作」とっているが、その割には後年の作『 ・の王』では本作へのフとも取れるようなが多数散見された。 しかし、一般客層、ことでの作品のは本作をに推すも多く、「最高」「本作こそだ」とする者も数多い。 それを顕著に示している例として、やにおける回数が内で髄一の回数を誇ること、では一、による版音 が全編現存していることからも伺える 時点。 他2作は版しか現存しない。 ・の放送時にも的には最も関連が深いスを差し置いて本作のが選ばれたほどである。 このほか、上映当初から本作を絶賛するがあったこともまたで、観客が休まる暇のい、溢れる展開ののことを『 』と呼ぶようになったのは本作からである。 また、そのを徴する場面はそのチュアの巧みさが好評を得たほか、直後の崖ののは全盛のでも大きな評価を得ている。 また、の たしか「」だった で好きの登場人物が好きなにディを挙げ、本作をに推しているという場面も存在した。 においても、本作にを受けたことが顕著なものが多数あり、とりわけが新時代のをしてした『ナプ』やの『・』などがよく知られる この両はのやのお宝などは出てくるが、スやにいた軍隊などはほぼ出てこない。 また、つりを切ってを乗り切る、が落ちたにはが待ち構えているといった冒険の面も本作から生したものが多い。 また、では近年だとがディの、とりわけ本作のが大きく見られるほか、での個人は本作のが非常に多い。 からにかけての、やで『の秘宝が眠るを探索する冒険』といった題材が数多く存在していたほか、ののような終盤のチェを題材にしたものも非常に多い。 のでは、に本作のにを受けたと思われるものも多数あり、 では、 本作の自体がの一つに採用されている。 なお、一部の雑誌などで当時・ラウンドを演じた・ホイ・クァンがこのの後に折した、というを掲載したことがあったが、実際のところ『』などに出演後、表で活躍するより裏方の側に回ることを選び、は通訳やとして活躍している。 の・役の・キャプも次回作以降にまったく登場しなかったが、これはとがこのをきっかけにのと同じで本当にになってしまったからである。 ストーリー 5年、・はとの交渉が決裂し、料亭でに陥る。 の、のと共に命からがらでおおせたディだったが、そのもグのするものだった。 その策略に嵌められたディは燃料を抜かれたから脱出し、救命ボートでを漂流、そしてへと漂着してしまう。 そこで出会った奇妙な老人に連れられ、小さな村に案内されるが、ここにあった秘石サンカラ・ストーンが集団に奪われ、さらにたちを全て誘拐されてしまったのだという。 老人たちはディをとして扱い、石とたちを取り戻すため、かつてが支配していたコット宮へと向かうが・・・ 関連動画をこの目で見られるチャンスはもう二度とこないわよ! インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説に関するのを紹介してください。 ジョーンズ先生! 大変だよ商品も売り切れてるよ!! お前は関連コミュニティの信者になる インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説に関するを紹介してください。 関連項目を片隅に並べといたって何の値打ちもないさ•

次の

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説のレビュー・感想・評価

インディジョーンズ魔宮の伝説

の2作目。 劇中の時系列は、前作『レイダース』の1年前に設定された。 特撮はが手がけ、ではを受賞。 また、作曲賞にもノミネートされた。 ストーリー [ ] 1935年、考古学者インディ()は上海のギャングとの取引が決裂しトラブルに陥る。 その場に居合わせた歌手 ウィリー()、相棒の少年 ショート・ラウンド()と共に飛行機で追っ手から逃れるが、その飛行機はギャングの関連会社のものだった。 策略により燃料を排出された飛行機はインディたちを残して墜落させられ、辛くも脱出した彼らはインドへとたどり着く。 インディたちが、偶然出会った老人に小さな村へ案内されると、そこは井戸が干上がり食べるものもままならない状態で、奇妙なことに子供が一人もいなかった。 村にはと呼ばれる秘石が祭られていたが、邪教集団に奪われ、村の子供も連れ去られたという。 老人から「救世主」だと言われたインディたちは、サンカラ・ストーン(シヴァ・リンガ)と子供たちを取り戻すため、邪教集団の根拠地だという、かつてが支配していたパンコット宮殿へと向かう。 無人の筈のパンコット宮殿には新しいマハラジャである ザリム・シンが即位しており、表向きには煌びやかに見え、インディたちは歓待を受ける。 しかしその夜、インディが隠し通路を見つけ、宮殿の地下に潜入すると、そこでは邪教の密儀が行われていた。 邪神カーリーを祭祀する司祭 モラ・ラムは、呪文を用いて人間の心臓を抉り出したり、「悪魔の血」を使って人々を洗脳し、邪神像に生贄を捧げていた。 モラ・ラムは、村の子供たちを奴隷として利用して、地下に隠された残り2つの『サンカラストーン』を探し、同時に資金源となる宝石を採掘していたのだ。 その後、悪魔の血によって洗脳されたインディだったが、ショート少年の機転で体をたいまつで炙られて正気を取り戻し、生贄にされたウィリーを助け、3個のサンカラストーンを奪い返す、そして地下の子供たちを解放するが、インディはザリム・シンの操る呪いの人形により身体の自由を奪われて、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。 ショートは人形を奪い、インディと同様にたいまつで炙り、ザリム・シンも正気を取り戻す。 危機を脱したインディは、敵を打ち倒してトロッコに乗り込む。 疾走するで敵から逃れて脱出したジョーンズらは、モラ・ラムの作戦で壊されたタンクから押し寄せる水流からも逃れ、地上へと戻る。 しかし、司祭モラ・ラムと信者たちによって吊り橋に追い込まれ、インディは吊り橋を剣で切断して、宙吊りになりながらモラ・ラムとの懸命な戦いを繰り広げる。 モラ・ラムはインディの心臓を刳り抜こうとするが、インディが悪しき魂を焼き尽くすシヴァへの祈りを唱えるとサンカラストーンは炎に包まれる。 尚もサンカラストーンに執着したモラ・ラムはその1つを手に取るが熱さに耐えきれず反動で崖下に落下して、ワニの餌食となるのであった。 炎に包まれたサンカラストーンは村の秘石であったため、モラ・ラムと共に崖下に落下する直前にインディがキャッチするが、悪しき魂の持ち主では無かった為か不思議と燃え盛る炎は瞬時に収まり、そのままインディによって回収された。 その直後、軍隊がインディを救済にきて、残党の信者たちを銃撃して鎮圧。 子供たちを解放し、村の秘宝サンカラストーンを取り戻したインディ達は、村に戻り「救世主」として崇められる。 登場人物 [ ] スピルバーグとラトナム(1983年、スリランカ) () インディ・ジョーンズシリーズの主人公。 有名な考古学者にして無類の冒険家。 マフィアとの抗争でを脱出した後、飛行機がインドに墜落して、そこでパンコット宮殿とサンカラストーンを巡る冒険に巻き込まれる。 店の中で起きたインディとマフィアの抗争に巻き込まれ、成り行きでインディに同行することになる。 シリーズヒロインの中では都会派の女性。 インディのせいで危険な目に遭い続けて当初は険悪なムードになるが、ロマンチックな関係を築く。 ショート・ラウンド() インディに拾われた戦災孤児。 インディ、ウィリーと共にパンコット宮殿に向かう。 インディへの尊敬の念が強く、彼の助手として働いているが、今作と前作の間に彼とは別れている模様。 モラ・ラム() 邪神を崇拝する邪悪な教団「」の司祭。 怪しげな呪文を唱え人間の心臓を抉り取る異能の持ち主。 彼に心臓を抉り取られた者はすぐには絶命せず、傷口も一瞬でふさがる。 また、悪魔の血を飲ませる独特の儀式を行うことで人々を洗脳する。 マハラジャのザリムを洗脳することで、実質的にパンコット宮殿そのものを手中に収めている。 部下を犠牲にするくらい自己中心的な性格。 宮殿の深部で子供達を奴隷にし、サンカラストーンを探させている。 サンカラストーンを取り返そうとするインディ達を狙う。 チャター・ラル() マハラジャに仕える、パンコット宮殿の宰相。 サギー教の存在を否認していたが、正体はサギー教団員だった。 フィリップ・ブランバート() 大尉。 定期的にインドに視察に来ている。 終盤で正気を取り戻したザリム・シンの要請でインディ達に加勢し、モラ死後その残党を制圧する。 ラオ・チェ() 「犯罪王」と呼ばれる、上海暗黒街のボス。 インディと「」の遺骨を巡る取引をする。 ウー・ハン() インディの友人。 カオ・カン() ラオの息子。 チェン() ラオの息子。 シャーマン() インディ達が訪れたインドの村「メイアプール」の長老。 インディ達にサンカラストーンの奪還を依頼する。 (、 Zalim Singh) パンコット宮殿の若き王。 眉目秀麗にして国王としての政治意識の高い立派な少年であるが、邪教・の陰謀が為に意図せずして手に落ち、洗脳されてしまう。 その後、サリム・シンは、守護神として煌びやかで華奢な正装に身を包み、インディアナ・ジョーンズとその一団を歓待する。 インディアナにそっくりな姿の呪いの人形をのヘアピンで本人を苦しめるが、後に洗脳が解けショートにの出口を教え、見事に脱出させる。 その後の動向は不明だが、モラの死後、ブランバート率いるライフル部隊を連れてくる場面が見られた。 チーフ・ハンクマン()• アール・ウェバー()• 洋画専門チャンネル『』にて2012年8月17日(金)08:45 - 11:00他にエンド・クレジットを含むノーカット日本テレビ版(地上波時CM前後はブラックフェード加工されている)が放送された5年後に、映画専門チャンネル『』にて2017年12月14日(木)21:00 - 他にエンド・クレジットを含むノーカット日本テレビ版(NEWマスターに吹き替えを入れ直したので地上波時CM前後はブラックフェード加工されていない)が放送された。 吹き替えをで統一するために、BDにはソフト版のほかに版吹き替えも収録された。 フリーテレビ放送履歴 [ ] 回数 放送日 放送時間 放送分数 放送局 番組枠 吹替 1 1987年10月16日 21:00-23:21 141分 日本テレビ版 2 1989年10月20日 21:02-23:24 142分 3 1990年12月29日 21:03-23:24 141分 4 1996年12月29日 21:02-23:19 137分 5 1998年7月26日 21:02-23:09 127分 テレビ朝日版 6 1999年11月7日 21:00-22:54 114分 7 2001年10月19日 21:03-23:24 141分 日本テレビ 金曜ロードショー 日本テレビ版 8 2003年3月30日 21:00-22:54 114分 テレビ朝日 日曜洋画劇場 テレビ朝日版 9 2004年11月18日 21:00-22:54 114分 日本テレビ版 10 2008年6月13日 21:03-22:54 111分 日本テレビ 金曜ロードショー 11 2010年10月10日 21:00-22:54 114分 テレビ朝日 日曜洋画劇場 WOWOW版 12 2017年11月4日 21:00-23:10 130分 フジテレビ 13 2018年4月11日 19:40-21:54 134分 シネマクラッシュ 日本テレビ版 14 2018年8月22日 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:• 製作総指揮:、• 原案:ジョージ・ルーカス• 脚本:、• 撮影:• 特撮:、• 編集:、ジョージ・ルーカス• 音楽:• 美術・プロダクションデザイン:• アートディレクション:、• セット制作:• 衣装デザイン: 特撮 [ ] 作品の「ジェットコースター的イメージ」を決定付けるシーンではミニチュアが多用された。 走行中のトロッコを捉えるロングショットのほぼ全てがミニチュアであり、によるも一部使用されている。 では視覚効果の光学合成に方式を採用しているが、いくつかのシーンではトンネル状の模型セットを通常のビスタビジョン・カメラで移動撮影出来ず、製のスチルカメラを改造して使用している。 宮殿の出口の断崖絶壁は、インディたちの立っている場所以外のほとんどがマット・ペインティング(ILMのクリス・エヴァンスの作品)となっている。 その前後の水が押し寄せる所から、インディー達の輪郭が青っぽくなっているのは、マット・ペインティングを使用しているためである。 影響 [ ] 作品中での暴力シーンや残虐な場面が多く、本作品がアメリカにおけるPG-13制定へときっかけとなった。 また、作品中で描かれる奇妙な食文化や邪教信仰などがやに対する偏見や人種差別に基づくものだとの批判も根強く、やでの撮影をインド政府に拒否された。 このため、スリランカでの撮影を余儀なくされ、村人役のエキストラたちもを話している。 メモ [ ]• この作品がきっかけで、スピルバーグとケイト・キャプショーは結婚した。 撮影中のアクシデントにより、ケイトの目の周りにアザができてしまった際、翌日の撮影時にスタッフ全員がケイトのアザと同じメイクを施して迎えた。 次作『最後の聖戦』公開に合わせてILMやルーカス、スピルバーグの作品が(1989年5月21日放送)にて紹介された際、による音響効果編集の作業を実演するため、本作の削除場面である「(インディが捕われた子供達を逃がす場面で)燃える丸太を渡していく」というシーンが採り上げられた。 映画『』の劇中にて本作をテレビ放映しているシーンがある(チャイニーズフード店の店頭にて演じるカーター刑事が料理を買うシーン)。 アニメ『』のエンディングテーマ「じゃがバタコーンさん」に終盤の吊り橋での本作のヒロインの叫び声(「 OH MY GOD!! 」)が使われている。 1982年のスピルバーグ監督作『』はアカデミー賞9部門にノミネートされたが、視覚効果や音響といった技術関連で4つ受賞した反面、撮影・編集・オリジナル脚本・監督・作品では全て同年の『』に持って行かれた。 スピルバーグはこの悔しさを忘れなかったようで、『魔宮の伝説』では『ガンジー』のロシャン・セスとアムリッシュ・プリを邪教集団トップ役に起用している。 本作から10年後に『』で『ガンジー』の監督を、『』にガンジー役のを出演させ、2作で94年のアカデミー賞主要部門を総なめする事になった。 後のインタビューではこの作品を「自分のフィルモグラフィーの中で一番の失敗作だ」と語った事もある(『』についても同じように語る)。 ハリソン・フォードは中盤で、彫りがある上半身の裸を見せるために、ウェイトトレーニングで鍛えていた。 しかし、寝室で乱闘をするシーンで相手を投げる時に腰を痛めてを患い、撮影が中断した。 ブランバート大尉が率いる現地人兵士たちは、小銃(Rifle No. 4 Mk I)で武装している。 しかし同銃がイギリス軍に採用されたのは1939年のことであり、物語の時代設定である1935年には合致していない。 終盤のクライマックスに登場するワニは、インドなどに棲息するではなく、フロリダで撮影されたである。 脚注 [ ] [].

次の

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』ショーティ役(子役)の現在は?

インディジョーンズ魔宮の伝説

あらすじ 1935年、上海。 ナイトクラブ「オビ・ワン」では歌姫ウィリースコット(ケイト・キャプショー)が「エニシング・ゴーズ」を歌っていた。 あるテーブルでは、考古学者で冒険家のインディ(ハリソン・フォード)が上海の犯罪王ラオ・チェー(ロイ・チャオ)と取引をしていた。 インディがラオの先祖であるヌルハチ皇帝の位牌を入手し、ダイヤと交換したのだ。 だがラオは彼に毒を飲ませ、ダ... 1935年、上海。 ナイトクラブ「オビ・ワン」では歌姫ウィリースコット(ケイト・キャプショー)が「エニシング・ゴーズ」を歌っていた。 あるテーブルでは、考古学者で冒険家のインディ(ハリソン・フォード)が上海の犯罪王ラオ・チェー(ロイ・チャオ)と取引をしていた。 インディがラオの先祖であるヌルハチ皇帝の位牌を入手し、ダイヤと交換したのだ。 だがラオは彼に毒を飲ませ、ダイヤを取り返そうとする。 解毒剤とダイヤをめぐっての乱闘、銃撃騒動の末、インディはウィリーと一緒に逃げ出し、中国人少年ショート・ラウンドことショーティ(キー・ホイ・クァン)を連れて上海空港へ急いだ。 3人を乗せた飛行機は、実はラオのもので、操縦士2人は、インディらが眠ってるうちにバラシュートで脱出してしまう。 危ういところで気がついたインディらは救命ボートに乗り込み、飛行機から脱出。 ボートは雪の斜面をくだって川へ。 3人はインドに不時着したのだ。 それを1人の老人が見ていて、メイアブール村に案内する。 3人が神からつかわされた伝説の救い主だと信じる村人。 村の畑は荒れ果てている。 長老の話ではパンコット宮殿から来た者たちに、村の聖なる石を奪われ、子供たちを連れ去られたという。 インディはその石サンカラ・ストーンを取り戻してくれと頼まれた。 翌朝、三人は象に乗り、パンコット宮殿へ向かう。 森を抜け、壮大な宮殿に入った3人は、宰相チャター・ラル(ロシャン・セス)の出迎えを受ける。 インディは幼いマハラジャの支配するこの宮殿に、邪悪な空気が満ちているのを感じる。 宮殿で会ったイギリス軍のブランバート大佐は、「一世紀前、この地方を恐怖に陥れたカーリ教集団は絶滅したはずだ」と言う。 その夜、寝室にもどったインディを殺し屋が襲うが、逆にやっつけてしまう。 壁の裏に秘密の通路を発見して、インディらは中へ入る。 通路には無数の虫が蠢き、あやうく串刺しにされそうになったりした。 やがて、3人はカーリ神の宮殿を見つけた。 司祭モラ・ラム(アムリッシュ・プリ)は、生け贄をカーリ神に捧げ、多くの信者たちが盲目的に祈っていた。 儀式が終わって皆がいなくなると、インディは祭壇に近づきそこから黄金色に輝く3つのサンカラ・ストーンを取り出し、袋に入れる。 祭壇の裏では子供たちが採掘作業をやらされていた。 衛兵に見つかってインディは捕われの身に。 モラ・ラムは「サンカラ・ストーンは全部で5つあり、100年前にイギリス軍によって鎮圧された時、2つは埋められた。 今、残る2つを子供たちに発掘させているのだ」と言う。 インディはカーリの血を飲まされ、ウィリーが生け贄にされようとしても、空ろな表情をしている。 ショーティは松明でインディを刺激する。 正気を取りもどしたインディは反撃に出る。 子供たちは逃げ出し、インディ、ウィリー、ショーティはトロッコで脱出をはかった。 モラ・ラムが貯水タンクを破壊したので、奔流に襲われ、あやうく難を逃れる3人。 吊り橋で、インディとモラ・ラムは対決した。 モラ・ラムは川に落ち、ワニの餌食になった。 インディら3人が無事にメイアプールの村に戻ると、村人は歓声をあげて出迎えてくれるのだった。

次の