ローズ マリー チンキ。 【手作り】ハーブの濃縮エキス!ローズマリーチンキ作り

庭で採れたローズマリーでハーブチンキを作る

ローズ マリー チンキ

2016. 09 2019. 21 DIY・レシピ 小田ゆき ハーブの有効成分がたっぷり。 チンキの作り方とおすすめの使い方 こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき()です。 ドライハーブはハーブティーだけでなく、ハーバルバスや手作りコスメ、アロマクラフトなど幅広く利用できますが、今回はハーブの活用法のなかでも、最も有効成分を活かすことができる「 ハーブチンキ(ハーブティンクチャー)」についてご紹介します。 チンキ(ティンクチャー)ってなに? チンキとは、 ハーブをアルコールにつけて有効成分を抽出したエキスのこと。 チンキ剤、 ティンクチャーとも呼ばれています。 ハーブティーであればハーブの水溶性成分だけ、ドライハーブをオイルにつけた浸出油では脂溶性成分だけしか得ることができませんが、 チンキはハーブの水溶性成分と脂溶性成分の両方をたっぷり取り出せるのが特徴です。 ・つけ込み用のガラス容器 1つ 広口で200ml程度のもの。 ・保存用の遮光ガラス容器 1つ が使いやすくて便利。 ・茶こし 1つ コーヒーフィルターでもOKです。 ・ラベル 1つ 日付を書いて容器に貼るもの。 マスキングテープでも代用可。 作り方 1. 熱湯消毒したつけ込み用ガラス容器にドライハーブを入れて、ハーブが完全につかるようにウォッカを注ぐ。 ふたをしっかりとしめて、日付ラベルを貼る。 1日1回容器を振って中身を混ぜながら、2週間つけ込む。 2週間たったら茶こし、もしくはコーヒーフィルターを使ってハーブをこして、保存用容器に入れたら完成。 *保存する場合は冷暗所や冷蔵庫に置く。 どんどんハーブの成分がアルコールに溶け出しています。 チンキの使い方 チンキは内用、外用両方に使え、いろんなことに活用できます。 アルコールを使っているので、1年くらい保存可能です。 飲み物に加える お湯やハーブティーにチンキを数滴(1〜2ml)たらして飲みます。 チンキはアルコールを使っているため体内への吸収が早く、体を温める働きもあります。 スキンケアとして使う チンキを精製水やで薄めると化粧水になります。 グリセリンをほんの少し加えれば、保湿効果もアップ。 化粧水の作り方 チンキ5mlに精製水を45ml加える。 保湿効果のあるグリセリンを加える場合は1ml程度を目安に。 保存期間は冷蔵庫などに入れて約1か月。 入浴剤としてお風呂で楽しむ お風呂にチンキを入れると薬草風呂に。 おすすめのハーブ チンキはどのようなハーブでも使えます。 1種類だけでなく、数種類をミックスしてもOK。 美肌に ・ローズ 開いた毛穴を引き締める成分が含まれています。 保湿成分も。 ・ヒース 美白作用のあるハーブ。 シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制するアルブチンという成分が豊富に含まれています。 別名エリカ。 ・ローズヒップ ビタミンCの爆弾といわれるほど、ビタミンCがたっぷり含まれているハーブ。 シミやくすみが気になる肌に。 ・ローズマリー 強い抗酸化作用があり、古くから若返りのハーブとして愛されてきました。 免疫力アップに ・エキナセア 免疫力を高めるハーブとしてよく知られているほか、ウイルスへの効果もあるとされているので、風邪やインフルエンザの予防に効果的。 内服がおすすめです。 *エキナセアは免疫力を高めるため、自己免疫疾患をもっている方(リウマチ、膠原病、1型糖尿病など)は要注意。 冷え性に ・ジャーマンカモミール 冷え性や生理痛など婦人科系の症状に用いられるハーブ。 心身をリラックスする効果もすぐれています。 注意点 チンキはアルコールを含むので、子供や高齢者の誤飲、火気に十分注意してください。 おわりに さて、今回はハーブの有効成分がたっぷり詰まった「ハーブチンキ」についてご紹介しました。 チンキはハーブの水溶性成分、脂溶性成分両方を取り入れることができ、いつものお茶に数滴入れたり、うがいに使ったり、薄めて化粧水に使うなどあらゆることに活用できます。

次の

ローズマリーの効能・効果を紹介しています

ローズ マリー チンキ

前回の記事「ローズマリー・チンキ」の作り方の補足です。 フレッシュのローズマリーを使う方法もありますが 私の試行錯誤の結果では 面倒でも1度ドライにしてから 無水エタノールに漬け込んだ方が綺麗な色に上がると思います ネットの記事では無水エタノール100mmに対して ドライローズマリー20gと言うレシピも多いですが 個人的にはそれだと多いです。 保存瓶の中に漬け込んだ時に ドライローズマリーが無水エタノールから出てしまいます。 保存上&衛生上、無水エタノールはドライローズマリーに ひたひた位で出ていない方が良いと思います ドライローズマリーは電子レンジで簡単に作れます 私はお皿の上にキッチンペーパーを敷き その上に水気を切ったローズマリーを並べて 500wで約3分20秒〜3分40秒くらいチンします こんな感じ チンして粗熱が取れると手でポロポロと葉の部分を取る事が出来ます はい 出来ました 10gと簡単に言ってますがこの小さな乾燥した葉です 10gはけっこうな量になります 700wでチンすれば2分くらいですが その場合は一応安全のために キッチンペーパーではなくてクッキングシートが良いと思います。 コーヒーのドリッパーで濾して ローズマリーの葉っぱや余分な物を濾過しましょう 私はコーヒーフィルターを2重にして ポタポタゆっくりと落とします これを消毒した保存便に入れて冷蔵庫で保存します。 ローズマリーには抗菌・防腐作用もあり また無水エタノールを使用しているので 保存期間は1年〜2年と言われています。 我が家は家族全員が使っているので 100mmくらいはすぐに無くなってしまいます。 3ヶ月以上保存した事は無いので 経験上1. 2年は大丈夫よ とは言えません。 レシピをUPしましたが ローション1本に10mmlしか使いません (チンキをそのまま使ってはダメですよ) まずは少量からトライしてみてはいかがでしょう もう一つ良い事があります チンキを作った後に残ったかさかさになった ローズマリーの葉っぱはゴキ避けに なりますよ〜 私は洗面所やキッチン収納の隅っこに 空き缶に入れて置いてあります。

次の

ローズマリーの効能・効果を紹介しています

ローズ マリー チンキ

生薬やハーブの成分をエタノール、またはエタノールと精製水の混合液に浸すことで作られる液状の製剤である。 ローズマリーは昔から「若返りの妙薬」といわれていて、シワに効果のあるウルソール酸という成分を含んでいるのだそう。 このウルソール酸、融点が高いので水では抽出できず、高濃度のエタノールでのみ抽出できるものなのです。 ハーブチンキにすれば、このシワ効果の高いエキスが沢山とれるということ。 これはやるしかない・・・! ローズマリーチンキの作り方 色々な作り方があるけれど、今回は一番簡単なレシピでやります。 ・ローズマリー:20g ・無水エタノール:100CC ・容器 ビンなど 容器はキレイに洗浄します。 煮沸消毒もしくは無水エタノールでビン内を消毒しておきます。 ローズマリーを細かくしビンに入れます。 本当は細かく刻むのがいいらしいけど、まぁフレッシュだし大丈夫だと^^; ビンの中にエタノールを入れて蓋をします。 これを冷暗所で2週間程度寝かせます。 エタノールに成分が抽出されると、綺麗なエメラルドグリーンになるらしい。 それまで楽しみにしておこう。 ローズマリーチンキの使い途 できたチンキは、ワセリンと混ぜるとシワ効果ありの美容クリームに。 その他、 グリセリンと精製水を混ぜれば化粧水 ハンガリーウォーター に、 お風呂に入れいれば入浴剤、 スプレーに入れてシュッとかければルームスプレーに と色々な使い途があります。 匂いが爽やかなので、うまくできたら夏に向けて量産しようと思います。

次の