トランペット 高 音域 出し 方。 トランペットの高音が楽に出せないときに確認すること|トランペットおじさんのブログ

「シラブル」に頼りすぎる弊害

トランペット 高 音域 出し 方

高音を出すイメージと練習 腹筋を使い高速で息を出す まずは 息のスピードです。 勢いよく息は出してください。 口から大量の息を高速で放出するのです。 そのためには腹筋を使って横隔膜を押し上げ、肺から息を早いスピードで出すようにしましょう。 具体的なやり方は練習してやってみましょう。 1秒間隔で「ほっほっほっほっ」と口を大きく開けて裏声を出してください。 軽く腹筋に手を当て、「ほっほっ」と裏声を出すたびに腹筋が「グッグッ」とかたく引き締まる感覚を確かめてください。 お腹はへこませるイメージではありません。 お腹がへこむのは腹筋を使った事にはなっていません。 音は頭上から真上に飛んでいくイメージ 後頭部から上にポーンと息を飛ばすイメージです。 イメージは裏声を出す時にそのタイミングで ちょっと背伸びする感覚です。 ただイメージするだけではなかなか難しいので、裏声を出すタイミングで一瞬背伸びをして裏声を頭上に飛ばしてみてください。 あくまでイメージですので顔は前に向けたままでやてください。 また別のところに力が入ってしまうのでジャンプとかははしないでください。 アンブシュアの真ん中だけ震わせる 次に、唇は少し力をこめましょう。 ほんの少しです、口から出てくる空気の圧力で口の形が変わらない程度に、口の形を固定してください。 アンブシュアの真ん中だけを震わせるようにしましょう。 振動する場所が広いと振動が遅くなり低い音になります。 逆に狭いと振動が早くなり高い音が出るようになります。 吹奏楽部の方は打楽器を見れば良い例になります。 木琴や鉄琴は高い音になるにつれて音板が短くなります。 これと原理は同じです。 口の中を狭める 最後に、 口の中を狭めましょう。 アンブシュアは変えませんが、口の中の広さは変えることが出来ます。 低い音の時は舌の付け根をグッと下げて口の中を広げます。 逆に高い音の時は 舌の付け根をグッと上にあげて狭くします。 口の中だけです。 口の形は変えないように注意してください。 やってはいけないこと 口を締めることはダメ まず、口を締めてはいけません。 口の形を変えては演奏自体に支障が出ます。 例えば 口を「イー」っと伸ばす、ということはやめましょう。 音楽にはいろんなメロディがあり、いろんな楽譜があります。 高音低音が続く楽譜でいちいちアンブシュアを変えることは間に合いません。 口を押し付けてはダメ そして、 口をマウスピースに押し付けてはいけません。 ついついやってしまうのが口をマウスピースに押し付けることです。 押し付けることで息が出る領域が息の勢いによって広がってしまうことがなくなります。 そして息に勢いが出て高音が出せるようになります。 ですがこれは唇に負担がかかり疲れてしまい、しばらく唇の感覚がなくなります。 また、下手をすれば口を怪我します。 これはリスクしかありません。 そもそも、 チープな音になります。 これらのやってはいけないやり方でも高い音は出るには出ます。 しかし音が細く、音色は悪いものになります。 しょぼい音になります。 基礎体力・基礎的な技術の取得が前提条件 もしこのやり方でも出せない場合は、そもそもちゃんと音が出せていないのかもしれません。 その場合はまず低い音を出すことから練習を開始してください。 低い音をしっかりと出せるようになった後に、このやり方を改めて試してみてください。 いきなり高音を出したいという気持ちはとてもわかります。 トランペットを買った理由が高い音出してかっこよく演奏したいからという人も多いでしょうから。 というか私がそうですから。 上記の練習やイメージトレーニングをやってみてもうまくいかない場合や練習自体がうまくできない場合は、基礎的な練習が出来ていないか体力が少ないのかもしれません。 物事には順番があります。 ゲームでいきなりラスボスに挑むようなことはしませんよね?まずはレベルが低いキャラから倒していき、徐々に強い敵に挑んでいく順番ですね。 それと同じです。 いきなり高い音を出す練習をするのではなく、 基礎練習や体力づくりに全力を尽くしてください。 基礎さえ出来てしまえば、もう安心です。 自信もつきますしその後の練習もやりやすくなり、上達しやすくなりますから。 まとめ トランペットで高音を出す方法と間違えやすい方法は下記です。 高音を出すイメージと練習をする ・腹筋を使い高速で息を出す ・音は頭上から真上に飛んでいくイメージ ・アンブシュアの真ん中だけ震わせる ・口の中を狭める やってはいけないこと ・口を締めることはダメ ・口を押し付けてはダメ ただし、基礎体力・基礎的な技術の取得が前提条件! 以上が、高音域の出し方でした。

次の

トランペットで高音を出す練習法!HighCまでならこれでイケます

トランペット 高 音域 出し 方

タグ api 教本 演奏会 楽譜 楽団 楽器店 格安 東京 教室 独学 探し方 山野ビッグバンドジャズコンテスト 定期演奏会 安い 失敗談 吹奏楽部 無料で楽器 相場 吹奏楽 運指 音の出し方 難しい 部費 選定 選び方 運指表 赤いきつね 社会人 買い替え 試奏 脱初心者 練習法 練習メニュー 練習 管楽器専門店 吹奏楽団 力加減 Bach カップ トランペットケース トランペットおじさん トランペット セット ストレート コンクール アーバン バルブオイル アンブシュア アクセサリ お手入れ zoom YAMAHA laravel EYS音楽教室 ハーマン プラクティス 力み 中級者 初心者 全日本吹奏楽連盟 値段 係 価格 仲間 中古 プロ ロングトーン レンタル レッスン メンテナンス ミュート マウスピース練習 マウスピース 高音 スポンサーリンク トランペットで高音に悩まないためのコツを音域3オクターブの私が解説 初心者が活動を初めてまもなくぶつかるのがこれだ。 「楽譜にあるこの音、高すぎて出ないんだが・・・」 今でこそ運指表を超えて音が出るようになってきたが、私も常に悩み試行錯誤してきた。 トランペットの高音に近道はない 熟練者は何かシンプルなコツや秘密の特訓をしていると考える人も多い。 しかし、ごく一部の天才を除いて音域を広げることは時間がかかる作業だ。 地道な毎日の積み重ねがあるのみである。 とはいえ、積み重ねるものを間違えれば、成果にならない。 個人的な経験則からくるコツを伝授しよう。 高音では特に力を抜くこと 「そんなこと知ってるよ」 というのは至極もっともで、多くの指導者はまずこう言う。 だが、私もあえて高音を出すためのコツは 「力を抜くこと」 と言わせてもらう。 力を抜く=??? 力を抜くと聞いて完全脱力をしてみると、高音どころかなんの音も出なくなる。 「このコツ間違ってるじゃねーか」 となるが、少し考えてみてほしい。 スポーツでも「力を抜く」=「力まない」ことが必要になる場面がある。 この時に完全脱力するだろうか。 動作に必要な最低限の力が必要になるはずだ。 ということはこの場合 力を抜く=必要最小限の力を加える がアドバイスの意図となる。 高音域における力みの根本解決 ここで一つ図を見ていただきたい。 普通に高音域を出そうとすると矢印が一番右側の最も力が入った状態になる。 「力を抜いて」といわれると最も左側の完全脱力状態になる。 経験的にいい音で高音が出やすい状態はこの間にある。 力んでいることは問題だが、根本はそこではない。 力み具合をコントロールできないことこそ解決すべき問題だ。 力みのコントロールへのアプローチ 完全脱力から強めていく方法をおすすめする。 図でいうと左から攻めていく状態だ。 左から攻めていくと、音が鳴る最小限の力を見極めやすい。 というのも音が鳴らない状態から始まるからだ。 右から攻める場合は音が鳴った状態からスタートするので、音が出るという状態に固執してしまう。 結果必要な力加減まで下げ切れないことが多い。 音が鳴る最小限の力が見えてきたら毎日その加減を研究する。 出したい音域の音が鳴る最小限を繰り返して体にしみこませていく。 すると、高音域が力みなく鳴らせるようになっていく。 参考動画 youtubeにて私の感覚でこれが近いなと思ったものを紹介する。 英語で申し訳ないが、要点をかいつまむとこのような感じだ。 ・息の量最小限でいい。 ほとんどいらない ・力もほとんどいらない。 ・自分の体内で空気の行き来を邪魔させない。 ・唇も空気が出ていくのを阻んでいない。 ・音量を上げたいときだけ少し力がいる。 ぜひ試してみてほしい。 トランペットのレッスンを受けるのも効果的 高音に対する悩みはトランぺッター全員の悩みといっても過言ではない。 ということはレッスンを開講しているプロもそれぞれ何かしらの解決策を持っている。 それを信じて乗っかっていくのも効果的な練習方法だ。 レッスンの大切さはこちらの記事を参考にしてほしい。 高音域はやはり練習の積み重ね 今回紹介したコツを使うにせよ、レッスンを受けるにせよ、最後にものをいうのは毎日続けて積みかさねられるかどうかだ。 数か月後の自分がハイノートヒッターになれることを信じてやり抜こう。

次の

トランペットの高音が楽に出せないときに確認すること|トランペットおじさんのブログ

トランペット 高 音域 出し 方

特にリップスラーや高音域の出し方として強調される事の多い、「シラブルの利用」。 ここでは、「シラブル」に頼りすぎるによる弊害について、私の見解を述べてみたいと思います。 特に、「舌を上げているのに高音が出るようにならない」「これ以上舌は上がらないが、もっと高い音を出したい…」という悩みを持つ方のご参考になればと思います。 よくある「シラブル」論 一般に説明されるのは、 ・「高い音ほど舌の位置を(意識的に)高くする」 ・「高音域に行くにつれて、ア、エ、イ、のように舌を上げていく」 ・「リップスラーは、アイアイアイ…のようにシラブルを使う」 ・「音の高さにより、舌の高さは決まっている」 のようなものであろうと思います。 舌の高さや位置を意識的に動かす事によって、音の高さを変化させる方法です。 これには一定の効果があると思いますが、同時に、これに頼るがあまりに生じる弊害もあろうかと私は思います。 典型的な弊害例 よくある弊害の例は、高い音に行くにつれて舌を上げて行き、例えば高いソやハイBくらいで舌はかなり上がり切っている。 でも、もっと高い音を出したい…。 舌をもっと上げるのはもうすでにできないが……どうしよう…。 という状況。 次の動画のような状態です。 (右手は、舌の高さを示しています。 ) これは典型的な例かもしれません。 こういった場合、よくあるのは、音が上がるにつれてもっと息を強く押し込む事によって対処していくこと(またはそれが方法として推奨される)かもしれません。 しかしながら、それもどこかでやがて限界が来ることになります。 舌の高さ(位置)はバランスの1つに過ぎない このような状況に陥った時に立ち返るべき点は、 ・ 舌自体は音を出さない ・ 舌の高さは音の高さに関わる要素の1つに過ぎない という点ではないかと思います。 舌自体は、音の原動力ではありません。 つまり音に関わる現象の主導をとるものではありません。 そして、 舌の高さは、音の高さを決定づける唯一の要因かと言えば、そうではありません。 例えば、真ん中のソからドに上がる、という同じ結果を作るためには、2つの異なるバランス状態があり得ます。 1つは、舌を結構上げる状態。 もう1つは、舌は少しだけ上がる状態。 次の動画のようになります。 前者は、 シラブルを意識的に操作するあまり、舌の高さの大きな変化を主導として、それとバランスをとるようにして息や唇の状態があります。 後者は、逆に、 息の流れを主導としており、その結果、舌の高さや唇の変化はあまり起きないで済むバランスがとれています。 当然ながら、後者の方が、舌の高さの変化が少なく済んでいるので、広い音域をまかなう余裕があります。 次の動画は、 ・あくまで息を主導とすることにより、舌の高さはそれほど大げさに使わずにハイBまで上がっている状態 ・舌の高さを大げさに使うあまりに、むしろ音が出なくなる状態 を続けて比較したものです。 次は ・ハイBですでに舌が上がりきっているためにそれ以上は無理な状態 ・ハイBではそこまで上がらずに済んでいるのでその先がある状態 とを実演したものです。 さらに次の動画では、音の高さが上下するリップスラーでの、 ・舌の大げさな変化に頼っている状態 ・息の機能によって、舌の動きは最小限で済んでいる状態 との比較です。 私の理解 私の理解は、 ・ 舌の高さは、音の高さを変える主要因にはしない方が良い(なぜなら、 最小限の動きで済む最適なバランスから外れることになるから) ・ 息の機能を理解することにより、舌の高さは最小限で済むようになる ・ 舌の高さの最小限の動きは、すなわち、広い音域をまかなうための余裕となる というものです。 もちろん音が高くなれば、相対的には舌の位置は高くなっていきます。 しかし、 できるだけ息を機能させ、舌の動きが最小限で済むバランスを見つけていくことが、むしろ広い音域をまかなう助けとなる、と私は考えます。 それによって、シラブルの変化はむしろ少なくて済み、より広い音域をまかなう事へつながります。 また、舌の高さと息の強さを手掛かりとして音域を得ていくのではなく、 スムーズで楽な息のまま楽器のツボで楽器を共鳴させる、ということをしていけば、その時、結果的に舌の位置は決まってくるものだと思います。 そしてさらに、ツボで楽器を共鳴させるということが効率よく(無駄なく)できるようになってくればくるほど、舌の大げさな動きは減ってくるものではないでしょうか。 シラブルの大きすぎる動きに頼る事は、実際には、息を主導としてコーディネーションを生むことによる効率性(舌や唇はそれほど動かずに済む)から、自ら外れる状態を作り出す、と私は考えます。 バランス関係の中にある一部分を強制的に操作する事となり、それにより、全体としての最適なバランスは生まれず、限定的な範囲内での結果は得られるものの、ある一定の範囲より外のレベルの事には対応が困難になる、と私は考えています。

次の