スプリト。 ホテル モンド ( スプリト ) の宿泊予約

スプリット=ドブロブニクの移動は飛行機と長距離バス、どちらがおすすめ?

スプリト

東ヨーロッパの南側、内陸部からアドリア海に沿うように細長くリゾート地が点在するクロアチア。 そのリゾート島への拠点となり沿岸最大の都市となるのがスプリットという町です。 今回は、そのスプリットで見られる絶景スポットを10ヶ所ご紹介いたします。 スプリットはどんなところ? 内陸部から「く」の字を描くような地形のクロアチア。 美しいアドリア海に面した部分の中間より少し下に位置しているのがスプリットです。 古代都市が残る神秘的な町で、ローマ皇帝の時代からの様々な建物や史跡群などは1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。 リゾート地として楽しめる場所でもあり、博物館なども多く見所もたくさんあるので、数日かけてゆっくり滞在するのもおすすめです。 スプリットのメインの観光はここ! スプリットを訪れた多くの観光客が真っ先に目指すのは、ディオクレティアヌス宮殿。 この宮殿が造られたのは、古代ローマ時代のことで約1700年も前のことになります。 ディオクレティアヌス皇帝が晩年を過ごすために建てられたもので、皇帝が実際に過ごしたのは6年程だといいます。 皇帝没後は、ローマ帝国は衰退しこの宮殿は数百年の間廃墟となっていたようです。 7世紀頃には、この宮殿の石材などを再利用して人々が住み始めたのが、このスプリットの起源なのだそう。 現在では、この中で生活している人がいるのはもちろんのこと、レストランや土産物店などとして利用されている場所もあり、少々観光色が強くもなっているようです。 宮殿内でもっとも見応えのある大聖堂 ディオクレティアヌス宮殿には、東西南北の4つの門があります。 東側の「銀の門」の傍に建つのが八角形の形をした大聖堂。 かつてのディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられたものですが、後にキリスト教の教会として利用されるようになりました。 173段の階段を上がりきった先には、スプリットの町並みを一望することができますよ。 聖ドミヌス大聖堂の住所・アクセスや営業時間など 名称 聖ドミヌス大聖堂 名称(英語) Katedrala Sv. Duje 住所 Ul. 内装が美しい聖イヴァン洗礼堂 西側の「鉄の門」の近くには、聖イヴァン洗礼堂があります。 ディオクレティアヌス帝によって、ユピテル神殿として建てられ、後に改築がされました。 中央に置かれた洗礼盤には、中世のクロアチア王国の国王クルシェミル4世が掘られています。 天井部分に掘られた美しいレリーフや、洗礼者ヨハネ像なども見応えがあるようですよ。 聖イヴァン洗礼堂の住所・アクセスや営業時間など 名称 聖イヴァン洗礼堂 名称(英語) Sv. Ivan Krstitelj 住所 21000, Ul. 素晴らしい歌声の響く前庭 宮殿内の中心のペリスティルを抜けた先に、ぽっかりと天井が開いた「前庭」に出ることができます。 かっては、ディオクレティアヌス帝の住居の玄関として使われていた場所だといいます。 音響が素晴らしい場所であるため、現在は男性アカペラの「クラパ」のコンサートが行われていることも。 タイミングが合えば、その美しい歌声を耳にすることができるかもしれませんよ! 宮殿内のメインストリート クレシミロヴァ通り ディオクレティアヌス宮殿内には、東西南北に交差する通りが何本もありますが、その中のメインストリートとなるのが「クレシミロヴァ通り」。 この通りは、東側の銀の門から西側の鉄の門を結んでいます。 かつての宮殿内ということもあり、白い建物や石畳に囲まれていかにも世界遺産の場所に来たのだと実感することでしょう。 クレシミロヴァ通りの住所・アクセスや営業時間など 名称 クレシミロヴァ通り 名称(英語) Kresimirova Street 住所 Ul. 宮殿を眺めながら美味しい食事を アドリア海に面したクロアチアの沿岸部では、漁業も盛んなため新鮮な魚介類が食べられるレストランが多くあります。 ここスプリットも然り。 海の幸をふんだんに使ったシーフードリゾットやスープなど自慢の料理が並びます。 お店によっては、クロアチア産のワインを楽しむこともできますよ! 宮殿内の観光の合間に足を止めて、気になったカフェやレストランで一休みしましょう。 旅の始まりと終わりのあるスプリット港 この港がスプリットへの玄関口となるプランを立てるとい人もいるのではないでしょうか。 スプリット港はかなり大きさで、小型ヨットやフェリーの他にも大型の国際航路も出入りするような規模の港です。 ディオクレアヌス宮殿の大聖堂の上からも、この港の様子がよく見えるようですよ。 港に沿って散歩をしてみるのもとても気持ちが良さそうなものです。 スプリット港の住所・アクセスや営業時間など.

次の

スプリトのガイドブック|クロアチア旅行専門・クロアチアツアーズ

スプリト

まだ宮殿だったころのスプリット スプリットの旧市街は、ローマ帝国の皇帝ディオクレティアヌス帝が隠居生活のために建てた巨大な宮殿「ディオクレティアヌス宮殿」をリノベーションすることで発展してきた街です。 皇帝の死後、数百年もの間放置されていたディオクレティアヌス宮殿 ローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が実際にこの宮殿で過ごしたのは、西暦305年から311年の約6年間。 彼の死後、ローマ帝国が衰えていったことも加担して、このディオクレティアヌス宮殿は数百年もの間放置状態に(というより、この宮殿をどう処理したら良いのか誰も分からなかったのかも?)。 巨大な廃墟と化していました。 「この宮殿誰も使ってないから、使っても良いんじゃない?」 宮殿時代の敷地内の様子を再現したジオラマ ディオクレティアヌス宮殿の廃墟状態は約300年もの間続き、7世紀初めにさしかかった頃、「誰も使ってないなら使っても良くない?」と思った一般市民たちがこぞって宮殿内に移り住むように。 これが、スプリットという街が誕生した起源です。 この一般市民たちのほとんどが、スプリットから約6キロ程離れた場所にある「サロナ」という都市から来た人たち。 「サロナ」は、ローマ帝国の皇帝属州「ダルマティア(クロアチアの海沿いエリア一帯)」の首都として発展していた大きな都市です。 ところが西暦639年頃、サロナの街は中央・東欧系の遊牧移民たちに襲撃され、都市全体が崩壊するほどの大ダメージを受けます。 そんな他民族の侵略から命からがらスプリットまで逃げてきたサロナ住民たち。 要塞のように頑丈な造りの宮殿内ならば安全だろうと、避難の意味も込めてディオクレティアヌス帝の元宮殿へと住み始めるようになりました。 ここから、宮殿の大改修も始まります。 宮殿を住みやすいように改修した市民たち 現在のスプリット旧市街のジオラマ。 1つの大きな宮殿から街へ進化しているのが分かります こうして西暦700年頃から、自分たちの住みやすいように宮殿の改築を行ってきたサロナの市民たち。 何百年という時間をかけて改修に改修を重ね、現在のスプリット旧市街が誕生しました。 なのでこのスプリット旧市街では、宮殿が建てられた当時の約1,700年前の名残も感じることができますし、様々な国に支配されてきた中世時代の影響も見ることができます。 そしてそんな1,700年以上も昔の建物の中で、トレンドのアクセサリーや服飾販売、飲食店など、多くの現代的なテナントが軒を連ねています。 まさに、過去と現代が絶妙に融合している街がスプリットです。 とにかくユニークで、ロマンチックな街です! 本題:スプリット旧市街の観光は数時間あれば十分満喫できる そんな過去と現在の空気が入り混じる街・スプリットですが、宮殿エリアの中にある旧市街自体はとてもコンパクトです。 上の地図は、今回紹介する必須立ち寄り観光スポットがある場所です。 線で囲んでいる宮殿の外壁を歩いて1周するのに、かかる時間は約20〜30分ほど。 ちなみに宮殿の形は、南北約215メートル、東西約180メートルの長方形。 宮殿の周りを一周する距離は約720メートルと、そう長くありません。 なので「時間がない」、「半日しか滞在できない」という場合でも、3時間程度もあればスプリットの必見スポットを巡ることは可能です。 ということで今回は、時間がない場合でも絶対に抑えておきたい必見の観光スポット11選を紹介します。 11箇所もあるの?と思うかもしれませんが大丈夫。 ローカルの人たちの合言葉でもある「スプリット旧市街はすべてがコンパクト」という通り、観光スポットすべては近距離。 あっという間に見終わってしまいます。 ちなみに、これから紹介するスポットを1番から11番まで順番に回るのが一番効率が良いので、そちらも合わせて参考にしてみてくださいね(上の地図をクリックすると大きな画面で開くことができます)。 沖縄生まれ、高校生まで沖縄育ち。 月刊ライフスタイル誌の立ち上げ・編集、ブライダル情報誌の編集を経て2015年10月よりフリーランスに。 2017年2月、32歳独身の冬に無期限・暮らしながらの旅を開始。 このサイトで旅先の情報や出来事を雑多に発信し、たくさんの人と体験をシェアできると嬉しいです。 旅はその土地の歴史・自然、人間観察を満喫派。 自然は海、山、星空何でも好きだけど、特に夕日が落ちるタイミングのマジックアワーに幸せを感じる。 人好きで人見知りという面倒臭い性格ながら、沖縄の美徳(と個人的に崇めている)「なんくるないさ(なんとかなるさ)」、「いちゃりばちょーでー(出会った人は皆兄弟)」精神で、日々の新しい体験と出会いを楽しんでいます。

次の

利用者:スプリト/配色

スプリト

「スクリプト」ですが、PCが動作する様に「機械語」に置き換えるプログラム言語「JavaScript」「VBScript」等です。 「スクリプトエラー」ですから、「機械語」に置き換える時に起ったエラーとなります。 通常「99行目99文字目は命令自体が無いまたは命令文(構文)ではありません。 」となります。 「このページのスクリプトを実行し続けますか?」「はい・いいえ」 「はい・いいえ」どちらを選んでも解決しないはずです。 通常以下の様な表示が出ます。 ただお使いのPCの問題でなく、Webサイト側の問題が多いです。 対応策ですが、冒頭の「スクリプトエラー」、「機械語」に置き換える時に起るエラーの修復を無効に(修復しないように)します。 特段PCに影響はありません。 対応策1.(「XP」まで。 「Vista」「Windows 7」は対応策2.へ) 「アクティブ デスクトップ」を解除します。 1.「コントロール パネル」から「画面」を開く。 (またはデスクトップの何もないところで右クリック「プロパティ」クリック) 2.「デスクトップ」タブにある「デスクトップのカスタマイズ」をクリックする。 3.「Web」タブを開く。 4.「Web ページ」のリストの中に、チェックが入っているものがあったらすべてチェックを外す。 5.「OK」 6.「適用」「OK」とクリックして閉じる。 対応策2.(「XP」「Vista」「Windows 7」) 動作終了の原因がweb側でない時、「アプリケーションソフト」を実行する際に必要となる「ソフトウェアモジュール」 部品 エラーで、ブラウザ(ここでは「Internet Explorer」を例えにしています)が、そのエラー解析を強制的に行おうとし、結果「スクリプトエラー」となる場合が多くみられます。 以下対応策です。 但し、前述「スクリプトエラー」の原因が、単に機械語翻訳エラーですので、逆に多岐にわたります。 以下も参照して下さい。 ・「Internet Explorer」のセキュリティーレベルが高すぎる。 ・「Internet Explorer」の機能(スムーズ・スクロール)弊害。 「スタートアップ・プログラム」での回復がなかった場合、以下「Microsoft」社のサポート・オンラインの手順を参考にして下さい。 ・実際アクティブ デスクトップ ファイル 「Desktop. htt」自体に不具合が生じている場合があります。 以下Microsoft社HPに対応策があります。 ご参照下さい。 以上、ご参考まで。

次の